保岡興治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
保岡興治
やすおか おきはる
生年月日 1939年5月11日(75歳)
出生地 東京都千代田区
出身校 中央大学
前職 判事補
衆議院議員秘書
現職 弁護士
所属政党 無所属→)
自由民主党→)
自由改革連合→)
新進党→)
自由民主党(石原派
親族 父・保岡武久
公式サイト 保岡興治 公式ホームページ

日本の旗 第81代 法務大臣
内閣 福田康夫改造内閣
任期 2008年8月2日 - 2008年9月24日
議員会館 衆議院第2議員会館501号室

日本の旗 第69代 法務大臣
内閣 第2次森内閣
任期 2000年7月4日 - 2000年12月5日

選挙区 奄美群島選挙区→)
旧鹿児島1区→)
鹿児島1区
当選回数 12回
任期 1972年12月11日 - 1990年1月24日
1993年7月19日 - 2009年7月21日
2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

保岡 興治(やすおか おきはる、1939年5月11日 - )は、日本政治家弁護士自由民主党所属の衆議院議員(12期)。元法務大臣第69代第81代)。司法の畑を歩き続けてきた法務族議員のひとり[要出典]

来歴・人物[編集]

東京都に生まれた(中学の途中までは鹿児島市内で育つ)。父は衆議院議員保岡武久鹿児島大学教育学部附属中学校から転校して千代田区立麹町中学校東京都立日比谷高等学校卒業(高校の同期に政治家加藤紘一黒岩秩子らがいる)。1964年中央大学法学部を卒業する。同年10月、24歳で司法試験合格(中大法学部の同窓で司法修習19期同期生に三瀬顕)。1967年判事補に任官し、鹿児島地方裁判所裁判官として赴任するが、翌1968年に退官し、父親の選挙を手伝う。選挙後に弁護士登録。

1969年第32回衆議院議員総選挙で父・武久が落選し引退を決めたため、総選挙に立候補することを決め、仲人の橋本登美三郎の秘書の肩書きを得る。1972年第33回衆議院議員総選挙奄美群島区から無所属で立候補し、初当選(当選同期に小泉純一郎山崎拓石原慎太郎村岡兼造三塚博越智通雄野田毅深谷隆司など)。当選後、自民党追加公認され田中派に所属する。1976年ロッキード事件田中角栄通常逮捕されると、保岡は弁護士として田中弁護団の一員に加わった。

大平正芳内閣国土政務次官鈴木善幸内閣大蔵政務次官や衆議院建設委員長などを歴任。田中派の分裂にあっては、当初小沢一郎らから創政会に勧誘されるが、不参加。竹下登率いる経世会ではなく、同郷の二階堂進のグループに参加し、1989年自民党総裁選挙では二階堂グループの林義郎の選対責任者となった。

1990年第39回衆議院議員総選挙で、無所属の特定医療法人徳洲会理事長・徳田虎雄に敗れ、落選。選挙区の旧奄美群島区は、中選挙区制の時代に於いて、唯一の1人区であったが、通称「保徳戦争」と呼ばれ、死人が出るとまで言われるほどの汚い選挙戦が行われる場所として知られていた。この時の選挙で二階堂グループは所属議員の落選・引退で大きく議席を減らして消滅、保岡は落選後に田中派の流れを汲む経世会へ移籍し、自民党政治改革本部の顧問として選挙制度改革に関与することになる。

1993年に行われた第40回衆議院議員総選挙に奄美群島区と統合された旧鹿児島1区から立候補し、当選。国政に復帰した。当選後は小渕派に所属するが、1994年羽田孜首相後の首班指名選挙では、自民党が推す日本社会党委員長村山富市ではなく、元首相の海部俊樹に投票し、海部に従い離党

海部を代表とする院内会派自由改革連合を経て、1994年12月の新進党結成に参加したが、翌1995年に新進党を離党し、自民党に復党する。1998年に山崎派の結成に参加。憲法改正が政治課題として浮上し、衆議院に「憲法調査会」が設置されると保岡は同調査会の幹事に就任。

2000年第2次森内閣法務大臣として初入閣(政務次官は公明党上田勇)。法務大臣在任中に3人の死刑囚に対して死刑執行を命令した。加藤の乱では、閣僚として身動きの取れない中で、自身と当選同期の山崎拓・加藤紘一の行動を支持することを模索する。加藤らが本会議に出席して森内閣不信任案に賛成した場合、加藤派運輸大臣森田一と共に、その場で閣僚の辞表を首相の森喜朗に手渡して不信任案に賛成票を投じるため、辞表を胸に忍ばせて不信任案採決に臨んだ。しかし、採決前に加藤らが折れてしまったため、不信任案には反対票を投じた。

2001年第1次小泉内閣で自民党国家戦略本部が設置されると、同本部事務総長に就任、2004年には自民党憲法調査会会長に就任する。同年11月「憲法改正大綱」の原案を党内に提示。ところが、この大綱における衆議院議員の優越性(閣僚就任を衆議院議員に限定)などを巡って党内の参議院議員を中心に反発が相次ぎ、撤回に追い込まれた。これに関連して、2007年4月16日の参議院本会議における国民投票法案の質疑で「ゼロから議論を始めるのではなく、衆議院での審議を踏まえ足りない部分を集中的に補っていただきたい」と発言したことに対して与野党を問わず反発が相次ぐなど党内の参議院議員との関係悪化が依然として尾を引いている。

2005年7月の郵政国会では郵政法案に賛成票を投じ、続く9月11日第44回衆議院議員総選挙で当選するが、郵政民営化法案の賛否をめぐる党組織内混乱の責任を取って、同年12月に自民党鹿児島県支部連合会会長職を辞した(後任は南野知惠子)。

2008年8月、福田改造内閣において再び法務大臣に就任。在任中に3人の死刑囚に対し、死刑執行の命令を下した。第2次森内閣の際の3人と合わせて、合計6人の死刑執行を命令したことになる[要出典]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙には公明党の推薦を受けて出馬した[1][2]が、過去4度比例復活に退けてきた民主党川内博史に敗れ、比例復活も出来ずに落選した。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙で当選、国政へ復帰した。

政策[編集]

不祥事[編集]

  • 2004年5月、本人自ら自身の年金未納期間を明らかにしている(9年10ヶ月間)[6]
  • 1983年、1986年、1990年、中選挙区で全国唯一の1人区だった旧奄美群島区で、保岡と徳洲会創設者の徳田虎雄が選挙で戦ったが、見張り小屋を設けての監視などが横行。親族や集落を二分する戦いとなり、両陣営から逮捕者が続出した[7]。なお、1996年衆院選から小選挙区制が導入され、保岡は鹿児島1区に移った[7]

人物[編集]

エピソード[編集]

  • 鹿児島が舞台となっている映画「チェスト」では、清水原小学校のPTA会長役としてエキストラ出演している[要出典]
  • 小泉政権時代には国家戦略本部の事務総長として党側から改革路線を強く支えた、といわれている[要出典]

献金[編集]

統一教会との関係[編集]

1974年5月7日の『希望の日』晩餐会と題する文鮮明世界基督教統一神霊協会=統一教会教祖)の講演会に安倍晋太郎中川一郎らとともに出席。(世界基督教統一神霊教会の年表参照)

2000年8月30日、かつて勝共活動に携わっていた統一教会信者を、そのことを知りながら法務大臣の秘書官として受け入れていたことが確認された[9]日本共産党の機関紙しんぶん赤旗は、その秘書が1975年に韓国のソウルで開かれた合同結婚式で結婚しており、70年代には統一教会系大学新聞の全国組織の事務局長を務め、その後統一教会系企業(宝石販売業)で働き、そして保岡議員事務所の秘書であった統一教会メンバーの代わりとして保岡の個人事務所に勤務していたと報じている[10]

主な所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞
  2. ^ “公明、比例15人を公認…自民128人も追加推薦”. 読売新聞. (2009年8月6日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090806-OYT1T00970.htm 2009年11月25日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f “2012衆院選 鹿児島1区 保岡興治”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A46001004004 2014年4月15日閲覧。 
  4. ^ 第154回国会請願2071号
  5. ^ [1]
  6. ^ 2004年5月14日読売新聞
  7. ^ a b 朝日新聞 2014年04月23日 朝刊
  8. ^ http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b169030.htm
  9. ^ 第149回国会 決算委員会 第2号 2000年8月30日
  10. ^ しんぶん赤旗2000年8月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
加藤公一
日本の旗 衆議院政治倫理の確立
及び公職選挙法改正
に関する特別委員長

2012年 - 2014年
次代:
山本拓
先代:
浜田幸一
日本の旗 衆議院建設委員長
1984年 - 1986年
次代:
瓦力
公職
先代:
鳩山邦夫
臼井日出男
日本の旗 法務大臣
第81代:2008年
第69代:2000年
次代:
森英介
高村正彦