日韓議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日韓議員連盟(にっかんぎいんれんめい)は、日本の超党派の議員連盟

前身は1972年にアメリカの意向で発足した日韓議員懇親会で、1975年に現在の名称に改称。韓国の議員との交流などを積極的に行い、友好関係促進により、アジアでのアメリカの影響力の促進を目的としている。他に日韓関係の議員連盟としては朝鮮通信使交流議員の会日韓海底トンネル推進議員連盟民主党日韓議員交流委員会等が存在する。

活動[編集]

  • 2013年11月29日、日本東京で合同総会。韓国側から日本における外国人参政権を実現するように要請し、日本側は「法案の実現に向けて努力する」と声明を発表した[1]
  • 2014年10月25日、韓国ソウルで合同総会。「日本側は河野談話、村山談話など歴代政権の立場を継承することを再確認した」「日本側は河野談話、村山談話の精神にふさわしい行動をとることにした」などの声明を発表した。なお、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして起訴され、拘束されている問題(産経新聞韓国大統領名誉毀損問題)については、韓国側の反対によって日韓の懸念事項として扱わないことで、日韓で合意した[2]

役員[編集]

会長
副会長
幹事長
副幹事長

メンバー[編集]

衆議院議員[編集]

自由民主党[編集]

公明党[編集]

民主党[編集]

次世代の党[編集]

維新の党[編集]

日本共産党[編集]

無所属[編集]

参議院議員[編集]

自由民主党[編集]

公明党[編集]

民主党[編集]

維新の党[編集]

日本共産党[編集]

在籍していた役員・メンバー[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 「第36回日韓・韓日議員連盟合同総会」共同声明[1]][2]
  2. ^ 朝日新聞 2014年10月25日22時11分 日韓の議連総会、共同声明で慰安婦問題に言及 [3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]