端島 (長崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
端島
Nagasaki Hashima 01.png
端島(南西側、2009年撮影)
座標 北緯32度37分40秒 東経129度44分18秒 / 北緯32.62778度 東経129.73833度 / 32.62778; 129.73833座標: 北緯32度37分40秒 東経129度44分18秒 / 北緯32.62778度 東経129.73833度 / 32.62778; 129.73833
面積 0.063 km²
海岸線長 1.2 km
最高標高 47.7[1] m
所在海域 五島灘
所属国・地域 日本長崎県
テンプレートを表示

端島(はしま)とは、長崎県長崎市(旧高島町)にあるである。明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄え、東京以上の人口密度を有していたが、1974年昭和49年)の閉山とにともなって島民が島を離れてからは、無人島である。軍艦島(ぐんかんじま)の通称で知られている[2]

地理[編集]

左下が端島、右上が中ノ島。閉山の1974年撮影。(国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
 
端島(軍艦島)の位置

長崎港から南西の海上約17.5キロメートル[3]の位置にある。旧高島町の中心であり同じく炭鉱で栄えていた高島(の南端)からは南西に約2.5キロメートル[2]の距離にあり、長崎半島(野母半島)からは約4.5キロメートル離れている。端島と高島の間には「中ノ島」という小さな無人島があり、ここにも炭鉱が建設されたが、わずか数年で閉山となり、島は端島の住民が公園や火葬場・墓地として使用していた。そのほか端島の南西には「三ツ瀬」という岩礁があり、端島炭鉱から坑道を延ばしてその区域の海底炭鉱でも採炭を行っていた。

端島は本来は、南北約320メートル、東西約120メートル[4]の小さな瀬であった[5]。その小さな瀬と周囲の岩礁・砂州を、1897年(明治30年)から1931年(昭和6年)にわたる6回の埋め立て工事によって、約3倍の面積に拡張した[4][6]。その大きさは南北に約480メートル[4][6]、東西に約160メートル[4][6]で、南北に細長く、海岸線は直線的で、島全体が護岸堤防で覆われている。面積は約6.3ヘクタール[7]、海岸線の全長は約1200メートル[8]。島の中央部には埋め立て前の岩山が南北に走っており、その西側と北側および山頂には住宅などの生活に関する施設が、東側と南側には炭鉱関連の施設がある。

年間平均気温は15から16[9][10]。平均降水量は2000ミリメートル[9]、冬は比較的雨量が多い[10]。夏は南東風・南風、冬は北西風・北風が多い[10](いずれも旧高島町についてのもの)。

端島を舞台とした1949年(昭和24年)の映画『緑なき島』のタイトルにも現れているが、この島には植物がとても少なく、住民は本土から土砂を運んで屋上庭園を作り、家庭でもサボテンをはじめ観葉植物をおくところが多かった。また、主婦には生け花が人気であったという。西山夘三も草木はほとんどないと述べているが、これについては誇張的という指摘がある[11]。閉山後の調査では二十数項目の植物が確認されており、特にオニヤブマオイラクサ科)、ボタンボウフウセリ科)、ハマススキイネ科)の3種が端島の主な植物として挙げられている[11]

歴史[編集]

19世紀まで[編集]

端島の名がいつごろから用いられるようになったのか正確なところは不明だが、『正保国絵図』には「はしの島」、『元禄国絵図』には「端島」と記されている[12]。『天保国絵図』にも「端島」とある[13]

端島での石炭の発見は一般に1810年文化7年)のこととされる(発見者は不明)[14][15][16]が、『佐嘉領より到来之細書答覚』によると、1760年宝暦10年)に佐賀藩深堀領の蚊焼村(旧三和町・現長崎市)と幕府領の野母村・高浜村(旧野母崎町・現長崎市)が端島・中ノ島・下二子島(のちに、埋め立てにより高島の一部となる)・三ツ瀬の領有をめぐって争いになり[17]、その際に両者とも「以前から自分達の村で葛根掘り、茅刈り、野焼き、採炭を行ってきた」と主張[17]、特に後者は「四拾年余以前」に野母村の鍛冶屋勘兵衛が見つけ、高浜村とともに採掘し、長崎の稲佐で売り歩いていたと述べている[17][12]。なお当時は幕府領では『初島』と、佐賀領では『端島』と書いていたようである(『佐嘉領より到来之細書答覚』『安永二年境界取掟書』『長崎代官記録集』)[12]

端島(軍艦島)の埋立の歴史

このように石炭発見の時期ははっきりしないが、いずれにせよ江戸時代の終わりまでは、漁民が漁業の傍らに「磯掘り」と称し、ごく小規模に露出炭を採炭する程度であった[14]1869年(明治2年)には長崎の業者が採炭に着手したものの、1年ほどで廃業し、それに続いた3社も1年から3年ほどで、大風による被害のために廃業に追い込まれた[18]。36メートルの竪坑が無事に完成したのは1886年(明治19年)のことで、これが第一竪坑である[18]

明治後期の端島

1890年(明治23年)、端島炭鉱の所有者であった鍋島孫太郎(鍋島孫六郎、旧鍋島藩深堀領主)が三菱社へ10万円で譲渡[19]。端島はその後100年以上にわたり三菱の私有地となる。譲渡後は第二竪坑と第三竪坑の開鑿もあって[20]端島炭鉱の出炭量は高島炭鉱を抜く(1897年)[20]までに成長した。この頃には社船「夕顔丸」の就航、蒸留水機設置にともなう飲料水供給開始(1891年)、社立の尋常小学校の設立(1893年)など基本的な居住環境が整備されるとともに、島の周囲が段階的に埋め立てられた(1897年から1931年)。

20世紀[編集]

長崎で建造された戦艦「土佐」

1916年(大正5年)には日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅「30号棟」が建設された。この年には大阪朝日新聞が端島の外観を「軍艦とみまがふさうである」と報道[21]しており、5年後の1921年(大正10年)に長崎日日新聞も、当時三菱重工業長崎造船所で建造中だった日本海軍戦艦土佐」に似ているとして「軍艦島」と呼んでいる[21][15]ことから、「軍艦島」の通称は大正時代ごろから用いられるようになったとみられる。ただし、この頃はまだ鉄筋コンクリート造の高層アパートは少なく(30号棟日給社宅のみ)、大半は木造の平屋か2階建てであった。

大正期から朝鮮人労働者が増え、第二次世界大戦中には徴用と吉田飯場(朝鮮人の吉田が経営する飯場)を合わせて500人から600人ほど、自由渡航で来た所帯持ちの朝鮮人労働者も80人ほど働いていた[22]。中国人労働者も、1944年(昭和19年)に204人が徴用されてきた[22]。給料や食事、休日などの虚偽の好条件で騙されてやってきた労働者が多く[23]、劣悪な環境に耐えられず「島抜け」(泳いで島を脱出すること)や自殺をする者もおり[24]、日本人の場合は自殺(縊死)が多かったのに対して、朝鮮人の場合は島抜けを試みる者が多かった[24]。ただし、実際に「島抜け」が成功した例は少なく、大半は溺死するか、警察や監視する職員に捕まって連れ戻され、見せしめに拷問された[24]。野母半島の住民は、端島や高島から労働者たちが命懸けで逃げ出してくるのを見て、それらを「監獄島」と呼んだ[25]。端島炭鉱から後に長崎市内の造船所へと移された朝鮮人労働者によると、同じ三菱の経営ながら造船所では危険な仕事もなく十分な食事が与えられ、端島炭鉱とは「天と地の差」であったという[26]。朝鮮人と中国人が手を組んで日本人に抵抗しないよう、朝鮮人は端島の北端、中国人は端島の南端の寮にそれぞれ収容され、作業現場も交代時間も重ならないようにされた[22]

昭和初期の端島

1945年(昭和20年)6月11日にアメリカの潜水艦「ティランテ」が、停泊していた石炭運搬船「白寿丸」を魚雷で攻撃し撃沈したが、このことは「米軍が端島を本物の軍艦と勘違いして魚雷を撃ち込んだ」という噂話になった[27]

端島炭鉱は良質な強粘炭が採れ、隣接する高島炭鉱とともに、日本の近代化を支えてきた炭鉱の一つであった。石炭出炭量が最盛期を迎えた1941年(昭和16年)には約41万トンを出炭[28]。人口が最盛期を迎えた1960年(昭和35年)には5,267人の人口がおり、人口密度は83600人/km²と世界一を誇り東京特別区の9倍以上に達した[29]。炭鉱施設・住宅のほか、小中学校・店舗(常設の店舗のほか、島外からの行商人も多く訪れていた)・病院(外科や分娩設備もあった)・寺院「泉福寺」(禅寺だがすべての宗派を扱っていた)・映画館「昭和館」・理髪店・美容院・パチンコ屋・雀荘・社交場(スナック)「白水苑」などがあり、島内においてほぼ完結した都市機能を有していた。ただし火葬場墓地、十分な広さと設備のある公園は島内になく、これらは端島と高島の間にある中ノ島に(端島の住民のためのものが)建設された。

1960年以降は、主要エネルギーの石炭から石油への移行(エネルギー革命)により衰退。1965年(昭和40年)に三ツ瀬区域の新坑が開発され一時期は持ち直したが、1970年代以降のエネルギー政策の影響を受けて1974年(昭和49年)1月15日に閉山した。閉山時に約2000人まで減っていた住民は4月20日までに全て島を離れ、端島は無人島となった。しかしその後すぐに人がいなくなったわけではなく、高島鉱業所による残務整理もあり、炭鉱関連施設の解体作業は1974年の末まで続いた[30]

閉山後[編集]

端島の北東側(2006年撮影)
上空からの俯瞰(2008年撮影)
ドルフィン桟橋から端島に上陸する観光客(上陸解禁2日目の2009年4月23日)

近代化遺産として、また大正から昭和に至る集合住宅の遺構としても注目されている。廃墟ブームの一環でもしばしば話題に上る[31]。無人化以来、建物の崩壊が進んでいる[32]。ただし外壁の崩壊箇所については、一部コンクリートで修復が行われている。

島は三菱マテリアルが所有していたが、2001年(平成13年)、高島町(当時)に無償譲渡された[33][34]。所有権は、2005年(平成17年)に高島町が長崎市に編入されたことに伴い、長崎市に継承された。建物の老朽化、廃墟化のため危険な箇所も多く、島内への立ち入りは長らく禁止されていた。2005年(平成17年)8月23日、報道関係者限定で特別に上陸が許可され、荒廃が進む島内各所の様子が各メディアで紹介された[35][36]。島内の建築物はまだ整備されていない所が多いものの、ある程度は安全面での問題が解決され、2008年に長崎市で「長崎市端島見学施設条例」と「端島への立ち入りの制限に関する条例」が成立したことで、島の南部に整備された見学通路に限り、2009年(平成21年)4月22日から観光客が上陸・見学できるようになった(条例により、見学施設以外は島内全域が立入禁止[37])。解禁後の1か月で4,601人が端島に上陸した[38]。その後も、半年間で34,445人[39]、1年間で59,000人[40]、3年間で275,000人[41]と好調である。なお、上陸のためには風や波などの安全基準を満たしていることが条件になっており、長崎市は上陸できる日数を年間100日程度と見込んでいる[38]。軍艦島上陸ツアーによる経済波及効果は65億円に上る[41]

一部で世界遺産への登録運動が行われ、2006年8月には経済産業省が端島を含めた明治期の産業施設を地域の観光資源としていかしてもらおうと、世界遺産への登録を支援することを決定した。2008年9月に「九州・山口の近代化産業遺産群」の一部として、世界遺産暫定リストに追加記載されることが決まり[42]2009年(平成21年)1月に記載された。

長崎市の協力のもと、立入禁止区域や屋内を含む島内全域を撮影した端島のGoogle ストリートビューが、2013年6月28日に公開された[43]

長崎市は2014年1月から5月にかけて長崎大学インフラ長寿命化センターに委託し島の3次元データでの記録化を行う方針である[44]

人口の推移[編集]

端島の人口の推移[45]
1920年(大正9年) B100.pngB50.pngB10.pngB03.pngB01.png 3,271 国勢調査による推計人口
1925年(大正14年) B100.pngB30.pngB05.pngB03.png 2,750
1930年(昭和5年) B100.pngB50.pngB10.pngB05.png 3,290
1935年(昭和10年) B100.pngB50.pngB10.pngB01.pngB01.png 3,231
1940年(昭和15年) B100.pngB50.pngB10.pngB05.pngB01.pngB01.png 3,333
1945年(昭和20年) B50.pngB30.pngB03.png 1,656
B100.pngB100.pngB01.png 4,022 高島町端島支所による人口
1950年(昭和25年) B100.pngB100.pngB30.png 4,600
1955年(昭和30年) B100.pngB100.pngB30.pngB05.pngB01.pngB01.png 4,738
1960年(昭和35年) B100.pngB100.pngB50.pngB05.pngB03.png 5,151
1965年(昭和40年) B100.pngB50.pngB10.pngB10.png 3,391
1970年(昭和45年) B100.pngB50.png
1973年(昭和48年) B100.pngB05.pngB03.png 2,150
1975年(昭和50年) 0

行政区域の変遷[編集]

江戸時代は幕府領の彼杵郡高浜村に属していた[12][46]。ただし前述のように境界をめぐる争論があり、1773年安永2年)に「幕府領・佐賀領とも端島に干渉しない」とされ、帰属先は定められていない[17]1889年(明治22年)4月1日町村制施行により西彼杵郡高浜村端島名となる。1955年(昭和30年)4月1日に高浜村が野母村・脇岬村・樺島村と合併して野母崎町(現・長崎市)となった際、端島は高浜村から分離し、高島町に編入された。2005年(平成17年)1月4日に高島町が長崎市に編入され、長崎市高島町字端島[37][47]となる。

島内の建築物[編集]

端島の地図。紫は炭鉱関連施設(ほとんどが閉山時に破壊されたか、風雨により自然に倒壊している)、青は鉱員社宅、水色は職員社宅、緑はその他の住宅・公共施設等。2009年4月現在、立ち入りが許可されているのは赤色の見学通路・見学広場のみ。
1930年代の端島の集合住宅

端島に残る集合住宅の中には、保存運動で話題になった同潤会アパートより古いものがいくつか含まれている。7階建の30号棟1916年(大正5年)の建設で、日本初の鉄筋コンクリート造の高層アパートである[48](ただし1916年の竣工時は4階建て)。

30号棟を皮切りに、長屋を高層化したような日給社宅(16号棟から20号棟、1918年)など、次々に高層アパートが建設された。第二次世界大戦前頃、国内では物資が不足し統制が行われ、鉄筋コンクリート造の建物は建設されなくなったが、この島では例外的に建設が続けられ、1945年竣工の65号棟は端島で最大の集合住宅である。なお、端島で鉄筋コンクリート造の住宅が建設されたのは、狭い島内に多くの住人を住まわせるため建物を高層化する必要に迫られていたため[49]であり、鉱長や幹部職員などのための高級住宅は木造であった[49]

高層アパートの中には売店や保育園、警察派出所、郵便局、パチンコ屋などが地下や屋上に設けられたものがいくつかあった。また、各棟をつなぐ複雑な廊下は通路としても使われ「雨でも傘を差さずに島内を歩ける」と言われたという。

どの建物にも人員用エレベーターは設置されておらず[50](1945年建設の65号棟に計画されたが、資金不足で結局設置されなかった。なお小中学校には、閉山までのごく短い期間、給食用エレベーターが設置された)、また個別の浴室設備(内風呂)を備えるのは鉱長社宅の5号棟(1950年)および幹部職員用アパートの3号棟(1959年)、職員用集会宿泊施設の7号棟(1953年)、そして島内唯一の旅館「清風荘」だけであった。トイレも多くが落下式であった[51]が、閉山時には半数ほどの住宅で水洗式が導入されていた。炊事場は閉山まで共同のところが多かった。

岩山の南端、貯水槽の隣に灯台があるが、これは閉山によって夜間の島の明かりが無くなったため、その翌年(1975年)に建てられた[52]もので、正式名称は『肥前端島灯台』[52]。灯台は、1998年に強化プラスチック製の「2代目」に建て替えられた[52]

木造鉄骨造で建設された建物は、元から荒波に晒され続けた(酷い時には島全体を波が覆う事すらあった)上に、風雨のほか、防水技術の問題[53]や無人化によって維持管理がなされなくなったこと[53]から急速に劣化しており、1号棟(端島神社)の拝殿をはじめ完全に崩壊したものが多い。なお、潮害対策として、建物外部に鉄製の部品が用いられることはほとんどなかった。鉄筋コンクリート造の場合も、その技術が未熟な時期のものも多く、配筋計画の問題[53]のほか、建材の入手難から海砂を混ぜていたこと[53]もあり劣化が進んでいる。56・57号棟に設けられたキャンチレバー(張り出しベランダ)は、その設計に不備があったため亀裂が入り、鉄パイプの支柱で補強されていた[53]が、閉山後その支柱も消失し、キャンチレバーが崩落するのは『時間の問題』とみられる[53]。70号棟(小中学校校舎)は波で土台の土が浚われ基礎杭が剥き出しになっている。30号棟を筆頭に古い鉄筋コンクリート建造物が取り壊される事無く手付かずのまま放棄されているため、建築工学の観点からも経年劣化などの貴重な資料として注目されている。

建造物(住宅等)の一覧[編集]

「建設年代」は、大正時代を赤、昭和(戦前・戦中)を緑、昭和(戦後)を青で色分けしている。「構造・階数」の背景色は木造を赤、鉄筋コンクリート造(RC造)を青、その他を緑とし、「建物用途」は上記の図に同じ。

建物名 建設年代 構造・階数 建物用途 住居戸数・増築歴・内部の公共施設・倒壊の有無
01号棟 1936年
(昭和11年)
RC+木造1F 端島神社 拝殿は木造(全壊)、本殿と境内はRC造(現存)
02号棟 1950年
(昭和25年)
RC造3F 職員社宅 /009戸
03号棟 1959年
(昭和34年)
RC造4F 職員社宅 /020戸。幹部用。内風呂あり(集合住宅では3号棟のみ)
05号棟 1950年
(昭和25年)
木造2F 鉱長社宅 /001戸。内風呂あり。ほぼ全壊
06号棟 1936年
(昭和11年)
木造2F 職員単身寮 全壊
07号棟 1953年
(昭和28年)
木造2F 職員クラブハウス ほぼ全壊
08号棟 1919年
(大正8年)
RC+木造3F 職員社宅 /004戸。1階に共同浴場
12号棟 1925年以前
(大正14年)
木造+鉄筋3F 職員社宅 /003戸。半壊
13号棟 1967年
(昭和42年)
RC造4F 町営住宅
(教職員用)
/012戸
14号棟 1941年
(昭和16年)
RC造5F 職員社宅
(中央住宅)
/015戸
16号棟 1918年
(大正7年)
RC造9F 鉱員社宅
(日給社宅)
/066戸。1階に外勤詰所
17号棟 1918年
(大正7年)
RC造9F 鉱員社宅
(日給社宅)
/054戸。屋上に簡易遊園地
18号棟 1918年
(大正7年)
RC造9F 鉱員社宅
(日給社宅)
/050戸。屋上に農園
19号棟 1918年
(大正7年)
RC造9F 鉱員社宅
(日給社宅)
/045戸。屋上に弓道場
20号棟 1918年
(大正7年)
RC造7F 鉱員社宅
(日給社宅)
/026戸
21号棟 1954年
(昭和29年)
RC造5F 鉱員社宅 /015戸。1階に警察派出所
22号棟 1953年
(昭和28年)
RC造5F カモメ荘
(町営住宅・公務員用)
/012戸。1階に老人クラブ。2階に町役場端島支所
23号棟 1921年
(大正10年)
木造2F 寺院(泉福寺) /006戸。1階は社宅、2階が泉福寺。ほぼ全壊
25号棟 1931年
(昭和6年)
RC造5F 職員社宅 /006戸。2階に宿泊所。スナック「白水苑」・旅館「清風荘」も
26号棟 1966年
(昭和41年)
プレハブ2F 下請作業員飯場
(旧船頭小屋)
/008戸。全壊
30号棟 1916年
(大正5年)
RC造7F 下請飯場
(旧鉱員社宅)
/140戸。竣工時は4階建て(その後まもなく7階建てに増築)。日本最古のRC造アパート
31号棟 1957年
(昭和32年)
RC造6F 鉱員社宅 /051戸。1階に端島郵便局、地下に共同浴場。2階部分をボタ捨てベルトコンベアが貫通
39号棟 1964年
(昭和39年)
RC造3F 町立端島公民館
48号棟 1955年
(昭和30年)
RC造5F 鉱員社宅 /020戸。地下にパチンコ屋・雀荘など
50号棟 1927年
(昭和2年)
鉄骨レンガ造2F 映画館
(昭和館)
閉山までの数年間は卓球場。1991年の台風によりほぼ全壊
51号棟 1961年
(昭和36年)
RC造8F 鉱員社宅 /040戸。地階に個人商店
56号棟 1939年
(昭和14年)
RC造3F 職員社宅 /006戸
57号棟 1939年
(昭和14年)
RC造4F 鉱員社宅 /008戸。地下にピロティ商店
59号棟 1953年
(昭和28年)
RC造5F 鉱員社宅 /017戸。昭和40年代、屋上にプレハブ1階分を増築。地下に生協の購買所(60号棟地下と連結)
60号棟 1953年
(昭和28年)
RC造5F 鉱員社宅 /017戸。昭和40年代、屋上にプレハブ1階分を増築。地下に生協の購買所(59号棟地下と連結)
61号棟 1953年
(昭和28年)
RC造5F 鉱員社宅 /017戸。昭和40年代、屋上にプレハブ1階分を増築。地下に共同浴場
65号棟 1945年
(昭和20年)
RC造9F 鉱員社宅 /317戸。竣工時は北側の棟のみ、7F建て(1947年から1958年にかけて増築)。屋上に幼稚園。端島で最大のアパート
66号棟 1940年
(昭和15年)
RC造4F 鉱員合宿
(啓明寮)
67号棟 1950年
(昭和25年)
RC造4F 鉱員合宿
(単身寮)
/048戸
68号棟 1958年
(昭和33年)
RC造2F 高島鉱業所端島病院(隔離病棟)
69号棟 1958年
(昭和33年)
RC造4F 高島鉱業所端島病院
70号棟 1958年
(昭和33年)
RC造7F 町立端島小中学校 1961年に7階部分を増築(鉄骨)
71号棟 1970年
(昭和45年)
RC造2F 町立端島小中学校体育館 1階が武道場・給食室、2階が体育館
ちどり荘 1958年以降
(昭和33年)
木造2F[54] 教員用住宅 /006戸。RC造2Fとする資料も[55]

30号棟[編集]

30号棟

30号棟は、1916年(大正5年)に建設された日本初の鉄筋コンクリート造アパートである[56][57](日本初の鉄筋コンクリート造「高層」アパートとも)。当初は4階建てであったが、完成後まもなく7階建てに増築されている。島の南西部、岩山の南端の山麓に位置する。中央に吹き抜けをもち、上から見るとほぼ正方形に近い「ロの字形」をした建物である[58]。吹き抜けの周りを囲むようにロの字形の廊下があり、階段も吹き抜けに面している[58]。その周囲に巴形に住居が配置されている[58]。鉱員社宅として建てられたが、閉山時には下請飯場として用いられていた。7階建てだが部分的に地階もあり[58]、閉山時は売店が入っていた。戸数は140戸[58]、総床面積は3808.0平方メートル[58]。基本的な階の構造は、1K(6畳)が19戸と1K(4畳)が1戸と共同トイレ[58]。25号棟・26号棟・緑道(山通り)とは通路で繋がっている[58]。建物の南東側には、船着場に直通のトンネルの出口がある[58]。当時はまだ技術的に未熟であり、また材料や環境の悪さゆえ、最初に造られた下層階の劣化が速かったため、1953年(昭和28年)、上層階をそのままに下層階の鉄筋を取り替え、コンクリートを打ち直して改築している[59]

日給社宅[編集]

日給社宅とは、1918年(大正7年)に建設された鉱員社宅、16号棟から20号棟の通称である。「日給社宅」という名前は、当時の鉱員が日給制だったことによる(職員は当時から月給制だった)[60]。30号棟に続いて建てられた、島内でも特に古い住宅である。同じ向きに並んだ各棟の西側(海側)が「防潮大廊下」と呼ばれる連絡通路で繋がっており、全ての階が一体となっている。地下には店舗が、屋上には公園や農園があった。トイレは各棟の大廊下側に共同トイレが設置されていた。この住宅の特徴は、大廊下があったこともあって、戸外床面積の割合が約4割も占めていたことである(同時期の同潤会アパートや戦後の公団住宅では最大で2割ほど)[61]

65号棟[編集]

左:65号棟(鉱員社宅/屋上幼稚園)、右:70号棟(端島小中学校)、手前:資材倉庫

65号棟は鉄筋コンクリート造の鉱員社宅で、端島で最大のアパートでもある[62]。コの字型をしており、最初に建設された北側の7階建て『報国寮』は、第二次世界大戦中にも関わらず建設が進められ1945年(昭和20年)に完成した[63]。その後8階・9階部分を増築(1947年)、東側を9階建てで増築(1949年)、東側に10階部分(屋上保育園)を増築(1953年)、南側を10階建てで増築(1958年)と、段階的に拡張している[63]。最終的には317戸、総床面積16895.5平方メートル(屋上・地下含む)[58]となった。計画時は北側の棟にエレベーターが設置される予定だったが、中止となりそのスペースは住居に転用された。上層階には、1941年完成の中央住宅(14号棟)で本格的に採用されたカンチレバー(張り出しベランダ)が設けられている[62]。基本的な部屋の構造は2K(6畳2間)。4階と7階には緑道(山通り)への連絡通路が[63]、地下1階には理容室がある[58]

1958年(昭和33年)に完成した南側の棟は「新65号」と呼ばれていた[64]。端島では最も高い建物(10階建て)で、各戸に水洗式のトイレが完備されていた(北側・東側の棟は共同トイレ)。

その他の建築物[編集]

交通アクセス[編集]

端島には飛行場がなく、また別の陸地とをつなぐ橋梁もないため、端島へ至る交通機関は船舶に限られる。

かつては三菱が社船「夕顔丸」を運航していた(1962年まで)ほか、野母商船長崎港より、伊王島高島を経由して端島に至る航路を運行していた。1970年の時点では1日12往復、長崎までの所要時間は50分であった。

これらの航路は島の無人化により廃止され現存しないが、廃墟や近代化遺産として端島が注目されるようになると、島の周囲を巡る遊覧船長崎港などから運航されるようになった。上陸は禁止されていたが、それでも上陸を試みる無法者は多く[34][65]、その場合は海上タクシーなどが利用されていた。

長崎市の「長崎市端島見学施設条例」と「端島への立ち入りの制限に関する条例」により、見学可能エリアは一部に限られるものの、2009年4月22日から観光客が上陸・見学できるようになった。旅行会社や海運会社が上陸ツアーを行っている。軍艦島コンシェルジュ、 やまさ海運や、高島海上交通の上陸ツアー(長崎港→端島→長崎港)の場合、料金は(長崎市に払う施設使用料込みで)大人が4,300円。2010年8月には伊王島からの上陸ツアーも開始された。

ただし悪天候の場合、すなわち風速が秒速5メートル超、波高が0.5メートル超、視程が500メートル以下のいずれかに該当する場合には、ドルフィン桟橋が利用できず上陸できない。そのような場合でも、欠航でなければ、施設使用料300円以外の料金の払い戻しはない(やまさ海運では1割返金)。やまさ海運の2009年度の統計によると、(月によってだいぶ異なるが)全体的に欠航便や上陸中止便がそれぞれ数割ほど発生しており、2月と9月はほぼ9割が上陸できているのに対し、7月の「上陸率」は僅か34%にとどまる[66]

舞台とした作品[編集]

映画
音楽
ドラマ
  • 2000年放送のNHK制作連続ドラマ『深く潜れ〜八犬伝2001〜』の主なロケ地ともなった[75][76][77]
  • 2011年放送のフジテレビ制作ドラマ『浅見光彦シリーズ』の第40弾『棄霊島』の舞台であり、ロケ地。2009年4月に観光客の上陸が解禁されて以降、テレビドラマの撮影が行われたのは初。
小説
漫画
ゲーム
  • Erinyes』(2003年、Pleiades Company) - 無人島からの脱出ゲーム。舞台である隅島は端島がモデルとなっており、背景にもその写真素材が多く用いられている[81]
  • SIREN2』(2006年、SCE) - 物語の舞台は、端島をモデルとした『夜見島(やみじま)[82]
その他
  • 1982年にTV-CMや新聞広告等で公共広告機構(現:ACジャパン)が端島を題材にした資源問題キャンペーン(「私たちの資源」)を行い、反響を呼んだ[83][75]
  • 2014年6月4日放送のNHK総合探検バクモン』では、爆笑問題が元島民(島生まれ、閉山まで坑夫として産炭に従事)や長崎市の関係者とともに立入禁止エリアに分け入り、崩壊が進む島の現状を調査した。その際、元島民が暮らしていたアパートの部屋にも入っている。

その他[編集]

  • 端島出身の人物として、歌手・作曲家の岡崎律子声優石森達幸がいる。
  • やまさ海運が「軍艦島クルーズ」として商標登録している

脚注[編集]

  1. ^ 『軍艦島実測調査資料集 追補版』626頁。
  2. ^ a b c 日本離島センター編 『SHIMADAS : 日本の島ガイド』 日本離島センター、2004年(第2版)、848頁。
  3. ^ 『軍艦島の遺産』13頁。
  4. ^ a b c d 『軍艦島の遺産』38頁。
  5. ^ 『軍艦島の遺産』33-34頁。
  6. ^ a b c 『軍艦島の遺産』158頁。
  7. ^ 注目浴びる日本一小さな町 艦船に間違えられ「軍艦島」に」『月刊地域づくり』2001年4月号。
  8. ^ 共同通信長崎の軍艦島35年ぶり上陸解禁 元島民ら70人訪問47NEWS、2009年4月22日。
  9. ^ a b 『高島町の足跡』、2頁。
  10. ^ a b c 『高島町政三十年の歩み』、47頁。
  11. ^ a b 『軍艦島実測調査資料集 追補版』623頁。
  12. ^ a b c d 平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系43 長崎県の地名』 平凡社、2001年、ISBN 9784582490435、250-251頁。
  13. ^ 天保国絵図 肥前図 - 国立公文書館デジタルギャラリー
  14. ^ a b 『軍艦島の遺産』34頁。
  15. ^ a b 『軍艦島実測調査資料集 追補版』625頁。
  16. ^ 『長崎県大百科事典』 長崎新聞社、1984年、700-701頁。
  17. ^ a b c d 三和町 『三和町郷土史』 三和町、1986年、250-257頁。
  18. ^ a b 『軍艦島の遺産』34-35頁。
  19. ^ 『軍艦島の遺産』35頁。
  20. ^ a b 『軍艦島の遺産』36頁。
  21. ^ a b 『軍艦島の遺産』40-42頁。
  22. ^ a b c 『写真記録筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』、162頁。
  23. ^ 『写真記録筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』、144頁。
  24. ^ a b c 『写真記録筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』、174頁。
  25. ^ 『写真記録筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』、164頁。
  26. ^ 林えいだい『写真記録筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』、199頁。
  27. ^ 『軍艦島の遺産』52-55頁。
  28. ^ 『軍艦島の遺産』51頁。
  29. ^ 『軍艦島の遺産』61-62頁。
  30. ^ 『軍艦島の遺産』172頁。
  31. ^ 「[アングル]軍艦島再び脚光 炭鉱遺産-廃虚ブーム」『読売新聞西部本社版』2002年9月27日付夕刊、3面。
  32. ^ 長崎沖の軍艦島、35年ぶり上陸解禁 元島民ら一歩 - YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2009年4月23日付
  33. ^ 「“軍艦島”町に譲渡 長崎・高島 観光活用へ」『読売新聞西部本社版』2001年11月23日付朝刊、34面。
  34. ^ a b 「炭鉱跡、産業遺産で再出発 長崎・高島町が『軍艦島』取得」『朝日新聞西部本社版』2001年11月26日付朝刊、31面。
  35. ^ 「軍艦島の姿、2005年夏 長崎市の無人島・端島」『朝日新聞西部本社版』2005年8月24日付朝刊、1面。
  36. ^ 「軍艦島:公開 炭鉱閉山、無人31年-長崎」『毎日新聞西部本社版』2005年8月24日付朝刊、1面。
  37. ^ a b 端島への立ち入りの制限に関する条例(平成20年長崎市条例第44号)
  38. ^ a b 軍艦島 上陸解禁から1か月、来島者の9割「満足」 - YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2009年5月24日付
  39. ^ 上陸解禁から半年 軍艦島観光 上げ潮 来島者 年間予測大きく突破 若者多く、波及効果小粒? - 西日本新聞朝刊 2009/10/23付
  40. ^ “廃虚・軍艦島に5万9000人上陸…解禁1年”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年4月23日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100422-OYT1T00699.htm 2010年4月23日閲覧。 
  41. ^ a b “軍艦島人気、全国区に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年6月13日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/history/20120613-OYS8T00833.htm 2012年10月5日閲覧。 
  42. ^ 九州・山口の近代化産業遺産群が世界遺産暫定リスト入り 軍艦島など本県4カ所長崎新聞、2008年9月27日。
  43. ^ Google Japan Blog: "軍艦島”をストリートビューで歩いてみよう”. Google Japan (2013年6月28日). 2013年7月19日閲覧。
  44. ^ “軍艦島を三次元データに”. 長崎新聞. (2013年12月7日). http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2013/12/07091942012048.shtml 2013年12月7日閲覧。 
  45. ^ 『軍艦島実測調査資料集 追補版』566頁。
  46. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会 『角川日本地名大辞典42 長崎県』 角川書店、1987年、ISBN 9784040014203、769-770頁。
  47. ^ 高島行政センター:合併に伴うお知らせ
  48. ^ 『軍艦島の遺産』184頁。
  49. ^ a b 『軍艦島実測調査資料集 追補版』630頁。
  50. ^ 『軍艦島の遺産』188頁。
  51. ^ 『軍艦島の遺産』106-107頁。
  52. ^ a b c 長崎海上保安部「肥前端島灯台
  53. ^ a b c d e f 『軍艦島実測調査資料集 追補版』634-635頁。
  54. ^ 『軍艦島実測調査資料集 追補版』 669頁。
  55. ^ 『軍艦島 : 住み方の記憶』 7頁。
  56. ^ 鈴木博之 『近代建築史』 市ヶ谷出版社、2008年、ISBN 9784870711471、153頁。
  57. ^ 『軍艦島 : 海上産業都市に住む』 44頁。
  58. ^ a b c d e f g h i j k 『軍艦島実測調査資料集 追補版』
  59. ^ 『軍艦島 : 海上産業都市に住む』 44頁。
  60. ^ 『軍艦島 : 住み方の記憶』 17頁。
  61. ^ 『軍艦島 : 海上産業都市に住む』 46頁。
  62. ^ a b 『軍艦島 : 海上産業都市に住む』 47頁。
  63. ^ a b c 『軍艦島 : 住み方の記憶』 5頁。
  64. ^ 『軍艦島の遺産』94頁。
  65. ^ 『軍艦島の遺産』81頁。
  66. ^ 軍艦島上陸クルーズ 運航率・上陸率 (PDF) - やまさ海運
  67. ^ 『軍艦島の遺産』58頁。
  68. ^ - KINENOTE
  69. ^ 「初秋の霧ヶ峰高原テーマ曲「「冒険者たちのメロディー」を流してロケ撮影」 (パンフレット) 、『冒険者 (アドベンチャー) カミカゼ』、東映株式会社映像事業部、1981年11月7日、 12 - 13頁。
  70. ^ 「内田裕也の都知事選映画『魚からダイオキシン!』 グローバルに自画像を描く」『毎日新聞東京本社版』1991年11月26日付夕刊、9面。
  71. ^ 「007最新作 悪の本拠地のモデルは長崎県の軍艦島だった」『週刊文春』2012年11月22日号、p.162
  72. ^ 「007最新作に軍艦島」『AERA』2012年12月17日号、p.37
  73. ^ B'z、ニューシングル「MY LONELY TOWN」は軍艦島で撮影”. BARKS (2009年9月1日). 2009年9月1日閲覧。
  74. ^ WHV Japan・KOTOKO『Light My Fire』Music Video making(2011-11-16)
  75. ^ a b 心も失ってきたのか西日本新聞、2001年12月。
  76. ^ 「哀愁の軍艦島 かつての炭鉱、TVドラマ舞台に(報!)」『朝日新聞西部本社版』2001年3月8日付夕刊、1面。
  77. ^ a b 酒井竜次監修・編 『ニッポンの廃墟』 インディヴィジョン、2007年、ISBN 9784990371203、212頁。
  78. ^ 九州物語委員会「九州物語 小説国土交通省九州運輸局、2008年。
  79. ^ 大沢在昌『海と月の迷路』560頁の「後記」に、N県H島のモデルは長崎県長崎市の端島とある。
  80. ^ 『フィラメント―漆原友紀作品集』(2004年)に収録。
  81. ^ Vector 新着ソフトレビュー 「Erinyes ハイグレード版」 - 自由度も難易度も高い本格サスペンスアドベンチャーゲーム
  82. ^ SCE監修 『サイレン2 オフィシャルアートブック』 イースト・プレス、2006年、ISBN 9784872576504
  83. ^ ACジャパン「1981年度作品

参考文献[編集]

  • 後藤惠之輔・坂本道徳 『軍艦島の遺産 : 風化する近代日本の象徴』 長崎新聞社、2005年、ISBN 9784931493537
  • 阿久井喜孝・滋賀秀實 『軍艦島実測調査資料集 追補版』 東京電機大学出版局、2005年、ISBN 9784501620707
  • 阿久井喜孝 『軍艦島 : 海上産業都市に住む』 岩波書店、1995年、ISBN 9784000084956
  • 軍艦島を世界遺産にする会 『軍艦島 : 住み方の記憶』 軍艦島を世界遺産にする会、2008年、ISBN 9784990452407
  • 高島町役場総務課企画振興班編 『高島町の足跡 高島町閉町記念誌』 高島町、2004年。
  • 林えいだい『写真記録筑豊・軍艦島 朝鮮人強制連行、その後』 弦書房、2010年。ISBN 9784863290334

関連項目[編集]

外部リンク[編集]