徳洲会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徳洲会(とくしゅうかい、Tokushukai Group[1])とは、医療法人徳洲会を中心とし、66の病院をはじめとして総数280以上の医療施設を経営する日本最大の医療グループである[2]。創設者は医師で衆議院議員も務めた徳田虎雄

概説[編集]

1973年昭和48年)、医師・徳田虎雄が大阪府松原市に開設した病院、徳田病院(現在の松原徳洲会病院)をはじまりとする[3]。医療法人徳洲会はその翌々年に設立され[3]、その後は西日本を中心に全国に次々に病院や各種医療施設を設立、「西の徳洲会、東の中央医科グループ(中央病院)」と評される[4][5]、日本最大規模の医療事業グループとなった。 24時間年中無休の理念を掲げる徳田虎雄は、各都道府県で病院設立に難儀したため政界入りを果たし病院設立に執念を燃やしたが、日本医師会からの反対にもあった。

「生命だけは平等だ」「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」「ミカン1個も貰わない(「お礼」として金品の授受を受け付けない)」などをモットーに全国各地で66の病院や、200を超える診療所や医療施設を運営しており、その規模は世界第3位とも言われる[6]。事業展開は関西九州をはじめ、主に西日本を中心としているが、2005年平成17年)9月には東京都で初めてとなるグループ病院、東京西徳洲会病院昭島市に開業した[7]

規模の経済を活かし、株式会社徳洲会などを通じた一括大量購入などによる合理化でコスト減を行い、離島などの僻地医療、夜間、救急医療などに力を入れた[8]

徳洲会の理念「生命だけは平等だ」[編集]

徳洲会グループは、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指し以下の理念を掲げ、年中無休・24時間体制で患者と向き合っている。

  • 「生命だけは平等だ」
  • 「生命を安心して預けられる病院」
  • 「健康と生活を守る病院」[9]

また、国外で起きた災害への救援活動にも力を入れ、NPO法人TMATを設立し、1999年台湾大地震、2010年ハイチ大地震、チリ大地震に累計400名以上のスタッフを現地に派遣した。厚生労働省からも、高く評価された。 この理念は、命が尽きる幼い弟に何も出来なかった少年時代の徳田虎雄の“悲しみ”と“悔しさ”から生まれたものだと考えられる[10]

徳洲会の評価[編集]

徳洲会の評価は様々。以下の様な評価もある。

 医療ジャーナリストの富家孝氏は「時に強引な病院建設で地域医療を混乱させたかもしれない。だが、医師会の既得権益に抵抗したことで、各地で救急医療が受けられるようになった。医療界に残した足跡は大きい」と評する。(つなごう医療 中日メディカルサイト より[11])

教育[編集]

2008年平成20年)3月、徳洲会グループは鹿児島県霧島市隼人町に3年制の看護学科と2年制のホスピタリティ経営学科からなる短期大学を新設する計画を明らかにした[12]。また、6月には静岡市駿河区に4年制の看護学部のみの静岡徳洲大学(平成23年度開学予定)の設置を計画していることを明らかにした[13]が、学生の実習先が確保できないという理由で白紙に戻された[14]。2010年(平成22年)4月、仙台市立看護専門学校から看護師養成事業を承継し仙台徳洲看護専門学校を開学した。

政治活動[編集]

徳洲会代表・徳田虎雄1990年平成2年)より衆議院議員を務め、保守系の政党「自由連合」を設立している[15]。同党の主な地盤である鹿児島県第2区薩摩地方南部と奄美群島)には、徳洲会傘下の医療施設が多数ある[16]。徳田虎雄は1993年平成5年)の再選時、いったん自由民主党に入党するも、徳洲会と対立する日本医師会の反発で3日で同党を追われている。

徳田虎雄代表が立候補した奄美群島選挙区の選挙戦では買収合戦となり、対立候補保岡興治の名前と合わせ「保徳戦争」と呼ばれた[17]

徳田虎雄の息子で、徳洲会理事を務めていた非医師の徳田毅2005年平成17年)に衆議院議員に就任し、自由連合代表を務めた。毅は当選翌年、自由連合から自民党入りし、徳洲会と日本医師会との対立関係の変化が伺われた。また、2007年第21回参院選では、徳洲会は内密に医師会(日本医師連盟)の推薦候補である武見敬三の支援を要請され、支持者名簿の提出に応じたという[18]。なお、武見は落選した。

また、徳洲会病院に勤務した経験のある小児科医阿部知子衆議院議員にも、選挙事務所に職員を派遣し支援していた[19]

選挙違反事件[編集]

徳洲会公職選挙法違反事件も参照

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では鹿児島県第2区に立候補し当選した徳田毅議員の陣営に多数の職員を給与・日当を払い運動員として派遣したとして、総務省から公職選挙法違反の可能性があることが2013年9月16日に明らかになった[20]。2012年11月26日の衆院解散後から投票日前日の12月15日まで、徳洲会傘下の病院や社会福祉法人などの看護師や職員を運動員として派遣するよう指示。1億1470万円相当の現金や金券の支給をし、戸別訪問やポスター張りなどに従事させた疑いが持たれている[21]。徳洲会の選挙システムは、3億円を横領や反社会的勢力との関係を理由に2013年2月に懲戒解雇された元徳洲会事務総長が確立したとされる。元事務総長は、解雇後東京地方裁判所に解雇無効確認の訴えを提起し、徳洲会との間で訴訟関係が生じていた[22]

徳田虎雄グループ代表は、2012年の選挙で「(対立候補が)2度と出馬できないようにしろ」と伝え、次男の徳田毅の圧勝を目指すようグループ幹部に指示[23]、「20年もすれば、その内に総理もとれるかも」などとし、「落選なら全員クビ」と幹部職員に告げていたとされる[24]

2013年10月20日、混乱の責任をとって、徳田虎雄グループ代表が、医療法人徳洲会及び特定医療法人沖縄徳洲会の理事長職から退任するとともに、社会医療法人社団木下会、医療法人静仁会、埼玉医療生活協同組合、札幌医療生活協同組合の理事長職からも退くことを明らかにした[25][26]。一方、同年11月3日付で株式会社徳洲会、徳洲会建物管理株式会社、インターナショナル・ホスピタル・サービス株式会社など6社の社長に就任しており、グループ内では院政を敷くのではないかとの観測が流れた[27]。10月20日の医療法人徳洲会臨時理事会では、代表の親族が利益を抜いていることに対する批判が起きた[28]

2013年11月12日には、東京地検特捜部警視庁刑事部捜査第二課の捜査で、徳田虎雄代表の子女のうち、株式会社徳洲会社長を務める医師(長女)及び関連会社GPホールディングス社長を務める眼科医(次女)のほか、株式会社徳洲会経営企画室室長、東京西徳洲会病院事務局長、静岡徳洲会病院事務局長、南部徳洲会病院事務局長、株式会社徳洲会経営企画室長の計6名が公職選挙法違反の容疑で逮捕され、さらに徳田夫人の徳田秀子も逮捕に至り、次男の徳田毅衆議院議員も、これを受け自由民主党に離党届を出した[29]

トラブル[編集]

徳洲会は地方進出時に地方自治体や日本医師会との意見対立が起こる事も少なくない。病院建設計画では住民とのトラブルが多い(神奈川県茅ヶ崎市東京都町田市大阪府岸和田市吹田市など)[要出典]

2006年平成18年)10月1日、宇和島徳洲会病院にて臓器売買あっせんの疑いがあり、臓器移植法違反の疑いで警察が家宅捜索。関係者の取り調べが行われ、腎臓を移植した患者とドナー仲介者が逮捕された(宇和島臓器売買事件)。その後の経緯の中で徳州会は一貫して病気腎移植の有用性と、問題に関わった万波誠医師擁護の立場を貫いており、厚生労働省と対立を深めている。

親族への利益移転[編集]

グループ創設者の徳田虎雄が1999年に1億円を出資して設立された株式会社徳洲会は、徳洲会系の施設への医療用品・介護用品販売などを行い、年商は800億円を超えていた[30]。同社は、創設者の親族や親族の経営する会社と顧問契約を結び、年1億円を超える報酬を供与していたが、監査報告書でアスカ監査法人から内部統制上の問題があると指摘され、顧問契約を解除した。また、創設者の親族である社長夫妻は、年1億800万円の役員報酬を得ていた他、7名の取締役は全て、創設者の親族だった[31][32][33]

また2012年に設立され、徳田虎雄グループ代表の親族が代表取締役などの役員を務める徳洲会建物管理株式会社(千代田区麹町)は、徳洲会グループ施設工事などの交渉を代行していたが、利益の一部が親族の管理下に置かれ、裏金などとして使われていたとみられる[34]

暴力団との関係[編集]

2008年1月、医療法人徳洲会が生駒市立病院計画において指定管理者に内定した際、生駒市議会で、徳洲会と暴力団の関係が問題視された。徳洲会側は当初関係を否定していたが、2013年に、徳洲会専務理事兼事務総長が「反社会的勢力に属する者と協力関係」を理由に、解任、懲戒解雇された。解任された専務理事は、暴力団との関係は徳田虎雄代表が始めたものだとし、東京地方裁判所に解雇無効等を求める訴えを提起した[35]

沿革[編集]

グループ法人[編集]

全国に66の病院を含め、老人ホームクリニックなど280以上の施設を有している(2007年11月1日現在)。

  • 医療法人徳洲会(理事長:徳田虎雄)
  • 特定医療法人沖縄徳洲会(理事長:徳田虎雄)
  • 社会医療法人社団木下会(理事長:徳田虎雄)
  • 医療法人社団千葉光徳会
  • 医療法人社団愛心会(理事長:徳田哲)
  • 医療法人秋田愛心会
  • 医療法人社団山形愛心会
  • 医療法人三重愛心会
  • 医療法人大阪愛心会(理事長:徳田哲)
  • 医療法人奈良愛心会
  • 医療法人鳥取愛心会(理事長:徳田哲)
  • 医療法人聖ベテスダ会
  • 社会医療法人鹿児島愛心会(理事長:徳田哲)
  • 医療法人秀明会
  • 医療法人正和会
  • 医療法人博道会(理事長:徳田哲)
  • 医療法人静仁会(理事長:徳田虎雄)
  • 医療法人聖山会(理事長:徳田眞理)
  • 医療法人茨城愛心会(理事長:徳田哲)
  • 社会福祉法人札幌徳洲会
  • 社会福祉法人徳和会
  • 社会福祉法人函館共愛会
  • 社会福祉法人湘南愛心会
  • 社会福祉法人愛心会(理事長:徳田秀子)
  • 社会福祉法人陵風会(理事長:徳田恵子)
  • 社会福祉法人茅徳会
  • 社会福祉法人恵心会
  • 札幌医療生活協同組合
  • 埼玉医療生活協同組合
  • 財団法人徳洲会国際奨学財団(理事長:徳田虎雄)
  • 特定非営利活動法人TMAT(理事長:徳田哲)
  • 特定非営利活動法人ひまわり・ネットワーク(理事長:徳田秀子)
  • 有限責任中間法人徳洲会
  • 有限会社ソフィア・インターナショナル
  • インターナショナル・ホスピタル・サービス株式会社
  • 株式会社ケアネット徳洲会(代表取締役社長:徳田恵子)
  • 株式会社ダイエタリーケア
  • 株式会社未来医療研究センター
  • 株式会社徳州会(代表取締役社長:徳田徳美(旧姓))
  • 徳洲会インフォメーションシステム株式会社(代表取締役社長:尾崎勝彦)

徳洲会の特徴(理念の実行方法)[編集]

  • 年中無休24時間オープン
  • 健康保険の3割負担も困っている人には猶予する
  • 入院保証金・総室(大部屋)の室料差額等一切無料
  • 医療技術・診療態度の向上に絶えず努力する
  • 患者からの贈り物は一切受け取らない
  • 生活資金の立替・供与をする[36]

関連項目[編集]

関連人物
関連病院

脚注[編集]

  1. ^ About Tokushukai Group Tokushukai Group website
  2. ^ 徳洲会グループ概要 徳洲会グループ ウェブサイト、平成23年3月15日閲覧
  3. ^ a b 徳洲会グループ沿革 徳洲会グループ ウェブサイト、平成23年3月15日閲覧
  4. ^ 戸田中央病院 駆け足訪問記 永田町時評『NewsSUN』 2010年9月7日、平成23年3月15日閲覧
  5. ^ 戸田中央総合病院 『敬天新聞社』 2005年、平成23年3月15日
  6. ^ 週刊ダイヤモンド2012年6月9日号「特別レポート」ページより
  7. ^ 病院紹介 医療法人徳洲会 東京西徳洲会病院、平成23年3月15日閲覧
  8. ^ 「質問なるほドリ:「徳洲会」はどんな組織?=回答・武本光政」毎日新聞 2013年10月05日 東京朝刊
  9. ^ 徳洲会グループHP 概要を参照
  10. ^ トラオ 徳田虎雄 不随の病院王 [著] 青木理 [出版]小学館
  11. ^ 中日新聞「病院王・徳田虎雄氏の実像 公選法違反容疑の徳洲会トップ」2013年9月28日
  12. ^ 『毎日新聞』鹿児島県版 2008年3月6日付「徳洲会グループ:霧島市に短大を開校 来年4月、看護など2学科/鹿児島」[リンク切れ]
  13. ^ 『静岡新聞』 2008年6月22日付「徳洲会が看護大、静岡市に計画 23年度開学目指す」[リンク切れ]
  14. ^ 『静岡新聞』 2008年11月12日付「徳洲会、静岡の看護大開設断念 実習先確保できず」[リンク切れ]
  15. ^ 徳洲会、日本最大の医療グループに走る激震」『東洋経済オンライン』2013年2月4日
  16. ^ 徳田の出身地である徳之島を含み、1983年に徳田が初めて国政選挙に立候補した奄美群島選挙区がある奄美群島地域では特に顕著で、2013年4月現在で奄美大島喜界島・徳之島・沖永良部島与論島の5島に計7カ所の病院、奄美大島・加計呂麻島・徳之島に計5カ所のクリニック・診療所を開設している。人口約12万人の地域としては高密度な施設配置を行った結果、同群島内の99%以上の住民は島内で徳洲会の医療機関が利用できるようになった。これは保岡興治との「保徳戦争」で徳田を支える強い基盤ともなった。
  17. ^ 「徳洲会公選法違反事件 徹底した全容解明を 原資は保険料」しんぶん赤旗2013年11月13日
  18. ^ 辰濃哲郎 「医薬経済」特別取材班「日本医師会「解体新書」 第1回 権力欲にまみれた"白い巨塔"」(『月刊現代2008年3月号)
  19. ^ 「徳洲会、他党候補も選挙応援 虎雄氏、影響力拡大ねらう」朝日新聞2013年11月14日
  20. ^ 医療法人「徳洲会」選挙運動員を多数派遣かNHK NEWSWEB 2013年9月17日 2013年9月17日閲覧[リンク切れ]
  21. ^ 「徳洲会公選法違反:徳田議員姉ら6人逮捕 買収指示の疑い−−東京地検」毎日新聞 2013年11月12日 東京夕刊
  22. ^ 「徳洲会事件:徳田氏親族が選挙指揮 側近と内部対立」毎日新聞 2013年11月12日
  23. ^ 「「2度と出馬できないように」=前理事長、圧勝指示-徳洲会公選法違反・東京地検」時事通信2013/11/14
  24. ^ 「「徳洲会」選挙違反事件 前理事長「医師は選挙させると成長する」」FNN11/14
  25. ^ 「「徳洲会」公選法違反事件 創設者・徳田虎雄理事長が辞任」FNNニュース10/21
  26. ^ 「医療法人徳洲会・特定医療法人沖縄徳洲会の臨時理事会冒頭での挨拶文」徳洲会グループ
  27. ^ 「徳洲会関連6社、虎雄氏が今月社長就任 院政に内部反発」朝日新聞2013年11月14日
  28. ^ 「親族企業が裏金プールの疑い 選挙活動に流用か、徳洲会事件」2013/11/14 12:27日本経済新聞
  29. ^ 「徳洲会公選法違反:徳田議員姉ら6人逮捕 買収指示の疑い−−東京地検」毎日新聞 2013年11月12日 東京夕刊
  30. ^ 会社概要株式会社徳洲会
  31. ^ 「徳洲会公選法違反:グループ企業、親族側に月850万円 長女が社長、不透明な報酬」毎日新聞 2013年11月13日 東京夕刊
  32. ^ 「徳洲会、日本最大の医療グループに走る激震」東洋経済2013年02月04日
  33. ^ 「徳田一族に多額利益 議員の姉2人、グループ私物化」朝日新聞2013年11月13日
  34. ^ 「親族企業が裏金プールの疑い 選挙活動に流用か、徳洲会事件」2013/11/14 12:27日本経済新聞
  35. ^ 「徳洲会に翻弄、生駒市立病院建設の行方 日本最大の医療グループに懸念の声」東洋経済2013年03月27日
  36. ^ http://www.tokushukai.or.jp/group/outline.html

外部リンク[編集]