平岡秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
平岡 秀夫
ひらおか ひでお
Hideo Hiraoka 20120731.jpg
生年月日 1954年1月14日(60歳)
出生地 日本の旗 山口県岩国市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員大蔵省
現職 民主党総務委員長
所属政党 民主党→)
無所属→)
民主党
称号 法学士(東京大学・1976年
弁護士
公式サイト 元衆議院議員 平岡秀夫ホームページ

日本の旗 第88代 法務大臣
内閣 野田内閣
任期 2011年9月2日 - 2012年1月13日

選挙区 山口2区→)
比例中国ブロック→)
山口2区
当選回数 5回
任期 2000年 - 2012年
テンプレートを表示

平岡 秀夫(ひらおか ひでお、1954年1月14日 - )は、日本大蔵官僚弁護士政治家

衆議院議員(5期)、内閣法制局参事官内閣府副大臣菅内閣)、総務副大臣菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)、法務大臣第88代)、民主党総務委員長などを歴任。

来歴[編集]

山口県岩国市生まれ。山口県立岩国高等学校東京大学法学部卒業。東大在学中の1975年10月、司法試験に合格した。東大卒業後、大蔵省に入省。東海財務局国税庁東京国税局、在インド日本大使館一等書記官内閣法制局参事官等を経て1998年に退官。退官後は山口県(後に広島県)で弁護士登録[1]し、岩国市で平岡秀夫法律事務所を開設した。1999年4月、岩国市長選挙に無所属で出馬したが、岩国高校の同窓生である井原勝介に敗れた。

2000年第42回衆議院議員総選挙民主党公認で山口県第2区から出馬し、一部の保守系地方議員の支援も受けて自由民主党佐藤信二元通産相らを破り初当選した。2003年第43回衆議院議員総選挙でも佐藤らを破り再選。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、山口2区で自民党新人の福田良彦に惜敗し、重複立候補していた比例中国ブロックで復活し、3選。2008年、福田が岩国市長選挙に立候補するため衆院議員を辞職したのに伴い、平岡も一旦議員辞職し、補欠選挙への出馬を表明。平岡の議員辞職に伴い、比例中国ブロックで和田隆志繰り上げ当選した。補選では自民党新人の山本繁太郎を下し、2年半ぶりに山口2区の議席を奪還した。比例復活した衆議院議員が議員辞職して衆議院補選に立候補をした事例は平岡以前には過去に2件[2]あるが、いずれも落選しており、当選した例は平岡が初[3]2009年第45回衆議院議員総選挙では再度山口2区で山本を破り4選。

2010年6月、菅内閣内閣府副大臣国家戦略室長に就任。同年9月、菅第1次改造内閣総務副大臣に任命され、菅第2次改造内閣でも再任された。 2011年8月19日民主党代表選への立候補に意欲を見せ[4]25日に行われた立候補予定者への事前説明会に出席した[5]が、翌26日に出馬を断念した[6]。 2011年、野田内閣法務大臣に任命され、初入閣した。しかし就任後間もなく、前科を有する人物の法務大臣秘書官への起用などが問題視され、2012年1月の野田改造内閣発足によりわずか4ヶ月で法務大臣を退任した。後任の法相は同じ菅グループ所属の小川敏夫。同年1月24日、民主党総務委員長に就任。

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙では自民党新人の岸信夫に山口2区で敗れ、比例復活もならず議席を失った。

2013年4月11日告示、同4月28日投票の参議院山口県選挙区補欠選挙に立候補。民主党の公認は受けず、無所属で出馬した[7]。民主党のほか、「『穏健保守から中道リベラルまで』の政治勢力の集合」の呼びかけに応じたみどりの風が推薦し、社民党も支持を表明[8]。また、前回の衆院選に山口1区から出馬した飯田哲也らが政策アドバイザーを務める日本未来の党の推薦を取り付けた[9]。その一方で民主党県連の主要な支持母体である連合山口は推薦ではなく「支持」に留まった[10]。選挙の結果、129,784票(得票率28.6%)にとどまり、6割以上の得票を集めた自民党新人の江島潔に敗れ落選した[11][12]

政策・主張[編集]

死刑[編集]

人命を奪う重大な刑罰である死刑の執行には慎重な立場であり、法務大臣就任後も一貫して慎重な姿勢を取り続けた。在任中に死刑執行命令書への署名を行わなかった。

取り調べ可視化[編集]

刑事事件捜査について「取り調べの可視化」の推進を主張している[13]

外交・安全保障[編集]

  • 日本の外交はいかなる国家も敵視せずに平和主義を掲げ、国際問題の解決は出来る限り平和的な手段で解決するよう主張している。また日本の安全保障に関しては、国連中心の集団的な安全保障に頼るよう主張している[14]
  • 2008年、日朝間の国交正常化をめざす朝鮮半島問題研究会の立ち上げに参加した。
  • 2009年6月19日、衆議院本会議において、ソマリア沖の海賊から日本籍の船舶を保護するための海上自衛隊の海上警備行動や、ODAによるソマリア国内情勢の安定をめざす海賊対処法案[15]への反対討論を行った[16]
  • 2011年10月25日法務委員会において、韓国による竹島の不法占拠に対する見解を問われたが、終始して「外務省が管轄する問題」と回答した。
  • 2012年に開催された「憲法理念の実現をめざす第49回大会」において、日中日韓の関係悪化について、「3国間でさまざまな問題が生じる背景に日本政府の①相手の立場を考えず自身の立場やメンツにこだわる②米国追随、いいなりの姿勢があると」と説明した[17]

その他[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成[18]。「国際的にみれば、夫婦同氏が義務付けられている国は少数。長期にわたって同氏姓を維持してきたドイツも別氏を選択できるように法改正した。家制度の厳格な韓国ですら2005年の法改正で子供の姓について弾力的になってきている」と述べている。
  • NEWSポストセブンの報道によれば、パチンコ換金合法化を訴えている[19]

人物[編集]

  • 妻は山口県下松市出身。亡父は元岩国市農業協同組合組合長、元岩国市消防本部消防次長。
  • 民主党左派護憲派の中堅・若手議員による政策グループ「リベラルの会」の代表世話人を務め、民主党代表選挙でも影響力を発揮している[20][21]
  • 2006年4月26日に東京・永田町の参議院議員会館で行われた「『共謀罪』に反対する超党派国会議員と市民の緊急院内集会」で呼びかけ人を務めた。
  • 2006年11月15日朝鮮大学校創立50周年記念祝賀宴に出席した[22][23]2007年10月3日、緊急集会「東北アジアの平和と日朝国交正常化―制裁をやめ対話と人道支援へ」(主催=緊急集会実行委員会、呼びかけ=東北アジアに非核、平和の確立を!日朝国交正常化を求める連絡会)に、平岡を含む民主党、社民党所属の国会議員らが参加した[24]
  • 2009年5月6日1932年中国で起きた平頂山事件について日本政府に公式謝罪を求める議員団に参加[25]
  • 光市では、2008年10月の光市長選挙に元高村正彦衆議院議員秘書の河村龍男前市議(元市議会副議長)を民主党推薦で擁立したが、実質的に自民党・公明党などの支援を受けた前市議会議長市川熙に惜敗した。2009年3月の柳井市長選挙では、平岡の元秘書である井原健太郎が元自民党県議の長谷川忠男を破り初当選した。

不祥事等[編集]

外国人献金問題[編集]

2011年9月6日の記者会見で、日本の政治家に対する外国人献金問題について「ほかの先進国と比べて、日本はかなり厳しい」「金を受けてしまうことで、影響を受けてしまうのかが問題。そういう懸念をどこまで制度化していくかが問題の基本ではないか」と述べた[26]

大臣秘書官の起用について[編集]

2011年9月1日の法務大臣就任に伴い、平岡が大臣秘書官に起用した公設第一秘書が、長崎県の児童養護施設長を務めていた2004年、虚偽の申請により長崎県から約582万円を詐取した疑いで、2006年2月に懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けていたことが判明した。SAPIOは、秘書官が自民党議員の公設秘書を務めた後2009年頃から夫人の姓を名乗り出していたため平岡は気付かなかったのだろうと書いている[27]。平岡も前科について知らなかったと話し、執行猶予期間が経過しているので「(政務秘書官の職務につくことが)問題があるかどうか、今後調査したい」と述べた[28]。平岡によると9月の採用段階で過去の有罪判決について伝えていなかったことを重く見て「(採用の段階で男性秘書官から)伝えるべきことが伝えられていなかったということで、けじめをつける必要があると考えた」と述べた。男性秘書官は10月19日付で辞任[29]。平岡はこの男性とは信頼関係は継続していきたいと述べたが、雇用関係は清算したことで秘書として採用しない方針。またこの件について法務省秘書課は「執行猶予期間が過ぎており、問題ないと考えている」との見解を示しており[30]、平岡も「執行猶予期間を過ぎており、有罪判決自体は理由ではない」と述べている。

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 弁護士法第5条の特例措置により司法修習を経ずに法曹資格を取得している。
  2. ^ 2002年福岡県第6区古賀一成2004年埼玉県第8区木下厚
  3. ^ 2010年、小林千代美の議員辞職に伴う北海道第5区補欠選挙に比例北海道ブロック選出の町村信孝が出馬し、当選した。
  4. ^ 日テレNEWS242011年8月19日
  5. ^ 毎日jp2011年8月25日
  6. ^ 毎日jp2011年8月28日
  7. ^ 平岡前衆院議員公認を民主見送り、参院山口補選 読売新聞2013年3月21日
  8. ^ みどりが平岡氏推薦=社民は支持-参院補選 時事通信2013年4月3日
  9. ^ 【推薦】参院山口選挙区補選(4/11告示、4/28投票)で平岡秀夫さんの推薦を決定
  10. ^ 平岡氏「無所属」戦術裏目 崩れる民主支持層 MSN産経ニュース2013年4月7日
  11. ^ 平成25年4月28日執行参議院山口県選挙区選出議員補欠選挙の投開票の状況”. 山口県選挙管理委員会事務局. 2013年4月29日閲覧。
  12. ^ 自民新人の江島氏が当選確実…参院山口補選 読売新聞 2013年4月28日
  13. ^ 「取り調べ可視化が持論」『朝日新聞』45024号、12版、朝日新聞東京本社2011年9月3日、5面。
  14. ^ 平岡秀夫は考える!!めざすべき「国のかたちについて」”. 2008年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月2日閲覧。
  15. ^ 外務省: 海賊対処法案の閣議決定について[1]
  16. ^ 民主党:【衆院本会議】海賊対処法案 平岡議員が再議決反対討論 [2]
  17. ^ 2500人参加し「『生命の尊厳』をもとに、原発も基地もない平和な社会へ 憲法理念の実現をめざす第49回大会(護憲大会)」[3]
  18. ^ 自身のブログ
  19. ^ NEWSポストセブン|菅氏「パチンコ換金合法化」の平岡秀夫氏を内閣に押し込む[4]
  20. ^ 「リベラルの会」が安全保障で政策提言 朝日新聞 2008年7月16日19時55分 [5]
  21. ^ [【民主代表選】リベラルの会が4項目の政策提言まとめる] - 産経新聞(2010.8.30 12:22)[6]
  22. ^ 朝鮮大学校創立50周年記念祝賀宴 世界平和に貢献する大学に 朝鮮新報 2006/11/15
  23. ^ 2011/9/27 衆院予算委員会
  24. ^ 東京で日朝問題緊急集会 「制裁やめ対話と支援を」朝鮮新報 2007/10/10
  25. ^ http://news.liao1.com/newspage/2009/05/4286321.html
  26. ^ 産経新聞 2011.9.6 12:20 平岡法相も品川美容外科側から献金 外国人献金「日本は厳しい」[7]
  27. ^ NEWポストセブン2011年10月6日
  28. ^ asahi.com2011年10月5日
  29. ^ 平岡法相「けじめ必要」 詐欺で有罪の秘書官辞任で 産経新聞 2011年10月21日
  30. ^ 時事ドットコム2011年10月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]