北側一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
北側 一雄
きたがわ かずお
生年月日 1953年3月2日(61歳)
出生地 大阪府大阪市
出身校 創価大学法学部法学科
前職 弁護士
現職 公明党代表
所属政党 (公明党→)
(公明新党→)
新進党→)
(新党平和→)
公明党
親族 父・北側義一
公式サイト 北がわ一雄|大阪16区 弁護士・税理士

日本の旗 第5・6代 国土交通大臣
内閣 第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣
任期 2004年9月27日 - 2006年9月26日
議員会館 衆議院第1議員会館508号室

選挙区 (旧大阪府第5区→)
大阪府第16区
当選回数 7回
任期 1990年2月19日 - 2009年7月21日
2012年12月17日 - 現職
テンプレートを表示

北側 一雄(きたがわ かずお、1953年3月2日 - )は、日本政治家弁護士税理士公明党所属の衆議院議員(7期)、公明党副代表

大蔵政務次官細川内閣)、公明党政務調査会長国土交通大臣(第56代)、公明党幹事長などを歴任した。

経歴[編集]

人物[編集]

現在の役職[編集]

衆議院[編集]

公明党[編集]

  • 代表
  • 憲法調査会長
  • 両院議員総会長
  • 税制調査会顧問
  • 国土交通部会顧問
  • 外交安全保障調査会顧問
  • 関西方面協議会議長

過去の役職[編集]

内閣[編集]

衆議院[編集]

公明党[編集]

主な所属議員連盟[編集]

政策[編集]

政策評価[編集]

  • 国土交通大臣就任中に一級建築士らの耐震強度偽装事件、豪雨災害など事件事故災害やJALのトラブルの多発、JR福知山線脱線事故JR羽越本線脱線事故など重大事故が頻発していたが、2005年に国土交通大臣に再任されている。
  • 関西圏に続いて首都圏の鉄道会社に対しても女性専用車の設置を推進した。
  • 日本における外国人参政権の積極的な推進者であり、国会開催中の2007年11月8日に、在日本大韓民国民団が開催した決起大会に参加して「永住外国人地方参政権の立法化に全力をあげて取り組む」という趣旨の発言をおこなった[6]
  • 地元堺市や大阪の経済振興、地域活性化施策に熱心なことで知られ、堺市の政令指定都市移行を強力に後押しした。また、シャープ液晶パネル堺工場など大型企業の堺浜臨海部への誘致を積極的に推進した。国土交通大臣時代には、日本の主要港湾を拡大し物流国際競争力を高める「スーパー中枢港湾プロジェクト」において、堺泉北港をスーパー中枢港湾に指定した。
  • 北側は前述の通り鉄道よりも道路を重視する為、[独自研究?]2009年3月から始まった「千円高速」を大いに評価し、「これからはマイカーの時代。エコカーをどんどん普及させよう」と発言。さらに、「エコカー普及の為には夫の小遣いを減らしその分クルマに費やすなど、男性が大いに協力しなくてはならない」とも発言した。
  • 国土交通大臣時代に成田国際空港のB滑走路の延伸を認可したが、本来の計画に対して北西方向へ延伸したことと北側の姓をかけて、この延伸は俗に「北側延伸」と呼ばれた。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
小宮山洋子
日本の旗 衆議院総務委員長
2012年 - 2013年
次代:
高木陽介
先代:
大野由利子
日本の旗 衆議院科学技術委員長
1999年 - 2000年
次代:
田端正広
公職
先代:
石原伸晃
日本の旗 国土交通大臣
第5・6代: 2004年 - 2006年
次代:
冬柴鐵三