五十嵐広三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
五十嵐 広三
いがらし こうぞう
生年月日 1926年3月15日
出生地 日本の旗 北海道旭川市
没年月日 2013年5月7日(満87歳没)
死没地 日本の旗 北海道札幌市
出身校 北海道庁立旭川商業学校卒業
前職 北海道民芸品社長
現職 ほくみん会長
所属政党 日本社会党→)
無所属→)
(日本社会党→)
社会民主党
称号 勲一等瑞宝章
旭川市名誉市民
柔道三段
公式サイト ほくみん [会社概要]

内閣 村山内閣
任期 1994年6月30日 - 1995年8月8日

日本の旗 第59代 建設大臣
内閣 細川内閣
任期 1993年8月9日 - 1994年4月28日

選挙区 旧北海道2区
当選回数 5回
任期 1980年 - 1996年9月27日

当選回数 3回
任期 1963年 - 1974年
テンプレートを表示

五十嵐 広三(いがらし こうぞう、1926年3月15日 - 2013年5月7日)は、日本実業家政治家勲等勲一等

企業組合ほっかい民芸舎理事長、北海道民芸品株式会社代表取締役社長北海道旭川市長衆議院議員(5期)、建設大臣第59代)、内閣官房長官第58代)、株式会社ほくみん代表取締役会長などを歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1926年生まれ。1943年北海道庁立旭川商業学校を卒業後、愛別村立愛山国民学校の助教として勤務した[1]。その後、陸軍第7師団に入営し訓練を受けていたが[2]1945年太平洋戦争が終結した。その後、1953年民芸品販売店を開き、ほっかい民芸舎の理事長、北海道民芸品の社長などを歴任した[1]。以来、実業家として、雑穀商、民芸会社、地方新聞社などを手広く経営した。

地方政界にて[編集]

1963年、37歳で日本社会党から旭川市長選挙に立候補して当選[1][3]。当時の全国最年少首長となる[1]。アイディア市長として全国に知られ、3期12年の市長在任中には日本初の恒久的な歩行者天国平和通買物公園」の開設(1972年)、旭山動物園の開業(1967年)などを実現した[1][3]。地元の財界とも協力し、北海道東海大学旭川医科大学の誘致に成功した[1][3]。また、中原悌二郎賞小熊秀雄賞を創設した[1]

旭川市長辞職後に、1975年1979年の2度にわたり北海道知事選挙に革新統一として立候補するも、いずれも保守系現職の堂垣内尚弘に敗れた。

国政にて[編集]

1980年第36回衆議院議員総選挙に日本社会党より出馬し、旧北海2区にて初当選[1][3]。以後通算当選5回[1][3]1991年日本社会党委員長田邊誠を首班とする「社会党シャドーキャビネット」において、自治・環境委員会の委員長に就任した。1992年からは自治委員会の委員長となり、日本社会党委員長が田邊から山花貞夫に交代して以降も、引き続き再任された。

1993年細川内閣において建設大臣として初入閣した[1][3]。歴代大臣として初めて長良川河口堰事業の見直しに着手する。ただし、撤回・廃止等には至らず、2代あとの建設大臣である野坂浩賢が運用開始に踏み切る。1994年村山内閣内閣官房長官として再び入閣し、自社さ連立政権を支える[1][3]。戦後処理問題や地方分権の推進に取り組んだ[3]

1996年、政界を引退。1997年勲一等瑞宝章を受章。翌年、旭川市名誉市民に推挙された[4]。晩年は再び実業家として、自身が創業した民芸会社「ほくみん」の会長を務めていた[5]2013年5月7日、午前5時過ぎに肺炎のため札幌市内の病院にて死去。87歳没[6]。政府は5月24日の閣議で歿日付で従三位に叙することを決めた。

政策[編集]

アイヌ
旭川市長時代からアイヌについて関心を持っており、政府に対する働きかけを行っていた[1]衆議院議員となってからもアイヌ文化振興法の制定を推進した[1]。また、萱野茂に国政に挑戦するよう勧め、アイヌ初の国会議員の誕生に尽力した[2]
在日韓国人政治犯解放の要望書について
1989年在日韓国人政治犯29名の釈放の要望書に署名した。この中には北朝鮮による日本人拉致の実行犯である辛光洙を始めとする北朝鮮スパイ容疑者10名が含まれていた[7]
地方自治
地方分権推進論者として知られ、関連する著書も複数上梓している。衆議院参議院で地方分権推進を全会一致で議決するよう働きかけるとともに、地方分権推進法の制定に尽力した[1]村山富市は五十嵐の地方自治に対する識見を高く評価するとともに[8]、内閣官房長官在任中の五十嵐について「村山内閣で初めての地方分権推進法をつくったんじゃが、首長の経験がある野中(広務)さんが自治大臣自治省出身の石原(信雄)さんが官房副長官で、2人とともに五十嵐さんが官房長官としてやってくれたから成立できた」[8]と語っている。
ソビエト連邦
旭川市長を務めていた1967年に、旭川市を本来日本では所属未定地であるはずの「サハリン州ユジノサハリンスク市」(樺太豊原市)と姉妹都市にした。ソ連崩壊後のクレムリン秘密文書公開により、1975年の五十嵐の北海道知事選挙出馬時には、社会党の北海道本部長(当時)の関田伸男からソ連大使館への最大1億5千万円の秘密の選挙資金援助の要請があった(資金援助が実際に行われたかは不明)[9]などのソ連との秘密交渉が明らかにされた。
北方ジャーナル事件
1979年の北海道知事選挙に立候補したとき、『北方ジャーナル』に中傷記事を書かれそうになったため、出版前に差し止めを裁判所に申請し認められた。この件は「北方ジャーナル事件」として、表現の自由をめぐる判例として著名である。
選択的夫婦別姓制度

選択的夫婦別姓制度導入に賛同[10]

人物[編集]

交友
三浦綾子と親しく、三浦綾子記念文学館の設立に尽力した[1]
趣味・特技
趣味は油彩画で、1947年には道展や自由美術展にて入選した経験を持つ[1]。また、柔道は三段の段位を持つ[1]
首相に直談判
太平洋戦争のさなかに北海道旭川市を訪れた内閣総理大臣東條英機は、視察先で塵箱を調べ「食べられる物を捨てている。暮らしにまだ余裕がある」[2]と発言した。この発言を新聞で知った五十嵐は「そんなことはない。みんな苦労しながら頑張っているんだ」[2]と言いたくなり、友人と連れ立って東條が宿泊する旅館を訪ねたという[2]。五十嵐らは東條との面会を求めたものの、商業学校の学生に過ぎない五十嵐らの要望は取り合ってもらえず、そのまま派出所で叱られたという[2]

略歴[編集]

表彰[編集]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『市民運動の証言 ドキュメント旭川』 1970年10月 鶴書房
  • 『人間都市復権 都市新時代を先導する旭川方式』(高橋芳郎との共編著) 1973年 大成出版社
  • 『北斗七星 随筆集』 1974年11月 五十嵐広三の本を出版する会
  • 『掘る・耕す・創る 北海道にひらく自治の実践と論理』 1978年10月 楡書房
  • 『官邸の螺旋階段 市民派官房長官奮闘記』 1997年8月 ぎょうせい ISBN 4-324-05244-1
  • 『まちづくり・国づくり』(西尾六七との共著) (北海道町村会企画調査部企画編集・地方自治土曜講座ブックレットNO.9) 1997年2月 北海道町村会企画調査部 ISBN 4-87555-304-8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 「訃報:五十嵐広三さん87歳=元官房長官、元北海道・旭川市長」『訃報:五十嵐広三さん 87歳=元官房長官、元北海道・旭川市長- 毎日ip(毎日新聞)毎日新聞社2013年5月8日
  2. ^ a b c d e f 「五十嵐広三さん」『五十嵐広三さん-北海道新聞[卓上四季]北海道新聞社2013年5月8日
  3. ^ a b c d e f g h 「五十嵐広三・元旭川市長が死去」『五十嵐広三・元旭川市長が死去 : 北海道発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2013年5月8日
  4. ^ 「旭川市名誉市民」『旭川市名誉市民旭川市役所
  5. ^ 「創業者の略歴」『ほくみん [会社概要]』ほくみん。
  6. ^ “五十嵐広三元官房長官 死去”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年5月7日). オリジナル2013年5月7日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0507-1826-41/www3.nhk.or.jp/news/html/20130507/t10014397751000.html 2013年5月7日閲覧。 
  7. ^ 辛光洙#在日韓国人政治犯釈放の要望書について参照
  8. ^ a b 「『五十嵐元長官、手堅い政治家だった』――村山元首相」『朝日新聞デジタル:「五十嵐元長官、手堅い政治家だった」 村山元首相 - 政治朝日新聞社2013年5月8日
  9. ^ 1994年 名越健郎『クレムリン秘密文書は語るー闇の日ソ関係史』中央公論社 ISBN 4-12-101207-0
  10. ^ 第123回国会 衆議院法務委員会 議事録15号

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 張明秀『裏切られた楽土』 1991年8月 講談社 ISBN 4-06-205074-9
  • 新井佐和子『サハリンの韓国人はなぜ帰れなかったのか 帰還運動にかけたある夫婦の四十年』 1998年1月 草思社 ISBN 4-7942-0798-0

外部リンク[編集]

公職
先代:
熊谷弘
日本の旗 内閣官房長官
第58代:1994年 - 1995年
次代:
野坂浩賢
先代:
中村喜四郎
日本の旗 建設大臣
第59代:1993年 - 1994年
次代:
羽田孜 (臨時代理)
森本晃司
先代:
前野与三吉
日本の旗 旭川市長
第2代:1963年 - 1974年
次代:
松本勇