麻生内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
麻生内閣
内閣総理大臣 第92代 麻生太郎
成立年月日 2008年(平成20年)9月24日
終了年月日 2009年(平成21年)9月16日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
施行した選挙 第45回衆議院議員総選挙
衆議院解散 2009年(平成21年)7月21日
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

麻生内閣(あそうないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁麻生太郎が第92代内閣総理大臣に任命され、2008年(平成20年)9月24日から2009年(平成21年)9月16日まで続いた日本の内閣である。

第91代内閣総理大臣福田康夫(第22代自由民主党総裁)の辞任、およびそれに伴う福田内閣総辞職を受けて発足した。2009年7月21日に衆議院を解散し、8月30日の総選挙にて代表鳩山由紀夫率いる民主党に過半数を奪われ、9月16日の本内閣総辞職と共に自民党・公明党は政権を明け渡した。従って本内閣は、約9年続いた第1次自公政権の最後の内閣である。

経過[編集]

組閣[編集]

第170回国会において2008年9月24日内閣総理大臣指名選挙が行われた。前任の福田康夫就任時と同じくねじれ国会のあおりを受け、前回同様に衆参で首班指名が異なり、衆議院自由民主党総裁の麻生を指名し、参議院民主党代表小沢一郎を指名した。両院協議会でも成案を得るに至らず、衆議院の優越により衆議院で指名された麻生太郎を国会の指名として衆議院議長奏上した。指名当日に宮中における内閣総理大臣親任式、ならびに国務大臣及び内閣官房副長官認証官任命式を経て正式に成立した。

通例は記者会見において閣僚名簿を読み上げるのは内閣官房長官であるが、今回は麻生自らが閣僚名簿を読み上げ、併せて「それぞれの閣僚に具体的にやってもらいたい仕事」についても説明した。

2008年9月25日閣議では内閣法第9条にもとづき、首相に事故があった場合の臨時代理就任順位を内閣官房長官河村建夫内閣府特命担当大臣与謝野馨総務大臣鳩山邦夫財務大臣中川昭一、内閣府特命担当大臣甘利明、とすることを決定した。また、同日の閣僚懇談会では行財政改革の一環として、歴代内閣と同様に閣僚給与の1割を国庫に返納することを申し合わせた。

9月29日、麻生は記者団から内閣の名前を聞かれ、「ネーミングはみなさん(報道機関)がすること」と、自らは内閣へのネーミングは行わないことを表明した[1]

解散総選挙を求める声[編集]

自民党内の圧倒的人気を得た麻生は「選挙の顔」として[2]、解散ができなかった福田にかわり[3]「解散・総選挙を行うことを前提に」首相になったとも言われ[4]、野党も速やかな衆議院解散総選挙の実施を要求した。「選挙管理内閣」などと、当初からメディア[5]および野党[6]はレッテル攻勢に終始し衆院解散に追い込むことを企図しており、また自民内部でも足並みが乱れ、当初から議会において独自の政策を開陳する機会に恵まれなかった(→麻生おろし)。

記者の首相に対する「ぶら下がり」取材では、9月24日の内閣発足後1か月間に、28回中少なくとも17回で解散が話題になったが、麻生はいずれも解散・総選挙の時期の明言を避けた[7][8]が、麻生自身も自らの論文で「国民に信を問おうと思う」との表現を使い、当初は就任直後臨時国会冒頭の解散を思い描いていたと見られる[9]。すでに総裁選の最中、9月半ばには政務担当秘書官・村松一郎に、衆院解散の際に読み上げる「解散原稿」の準備を指示、また、民主党代表小沢一郎に所信表明への回答を10月3日までに要求する所信表明演説も準備され、この時点では各党の代表質問が終わる10月3日の解散を念頭に置いていたとされる[10]。しかし、リーマン・ショックに端を発する世界金融危機により、10月16日に東京株式市場が史上2番目の急落を記録。麻生は中川昭一財務・金融担当大臣らと協議して、金融危機に対応するため、解散の先送りを決定した[11]が、「解散の先送り」が問題視され、内閣支持率は急落した。朝日新聞によれば、麻生は11月19日夜、年末年始の解散の可能性について細田博之幹事長らと相談したが、内閣支持率の急落に伴い「今は麻生では戦えない」とする自民党内の懸念を感じた細田らに真っ向から反対されて断念した[12]

支持率の推移[編集]

麻生内閣の支持率推移
発足から半年間の内閣支持率推移。12月調査で大きく支持を落とした。共同通信による電話世論調査結果に基づく

組閣直後の内閣支持率は50%前後と振るわず、その後も低迷した。2008年12月8日に公表された各新聞の世論調査では、内閣支持率が21%(読売・毎日)・20%(朝日)まで下落した。この頃には自民党内での分派行動も目立ち[13]、麻生は選挙の顔としての評価を大きく落とした[14]

麻生内閣発足直後にはサブプライムローン問題に端を発した世界金融危機の影響を日本も受け始めており、麻生は、「当面は『景気対策』、中期的には『財政再建』、中長期的には『改革による経済成長』」という経済対策を表明した[15]が、その財源の裏付けとなる第二次補正予算案が年内の臨時国会ではなく、年明けの通常国会に提出するという国会運営が朝日新聞から批判された(読売新聞[16]や産経新聞[17]は与野党合意ができなかった自民党と民主党を共に批判した)。 低支持率の背景には、麻生が国会答弁で踏襲を『ふしゅう』と読み間違えたこと[18]が大きく問題視され、強い批判を受けた[19]こともあるが、支持率の急落は麻生のみの責任とは言えず、前任者(安倍福田)2代連続の「政権投げ出し」で国民が自民党に不信感を持ったことも背景にあった。また、参議院で第1党の地位にある最大野党の民主党は当初、協力的な姿勢を見せていたが、解散総選挙の先送りが表明されると対立路線を明確にし国会運営が困難になった(ねじれ国会)。また、自民党の内部からも速やかな政策実現を求める有志議員の会が麻生内閣の政策を積極的に批判し、党内の重鎮津島雄二から「敵(民主党)に塩を送っている」と評された。

国会における与野党の対立や自民党内における麻生おろしは、麻生内閣のみならず自民党への支持を一層失わせることになったが、この時点では民主党が圧倒的に支持を得ている状況にはなっておらず、大連立や政界再編の可能性があると見られていた[20][21][22][14]

言論NPO』が2009年1月6日に発表した「麻生政権100日評価アンケート」によれば、支持率は11.0%、不支持率は70.8%だった[23]。また、読売新聞社が2009年1月上旬におこなった調査では不支持率が前回と比べ5.6ポイント増の72.3%となった。

2月17日には財務大臣の中川昭一ローマでの「もうろう会見」への批判を受けて辞任、直後の調査では9.7%まで支持率が低下した[24]。3月には、民主党代表小沢一郎に関するスキャンダルなどの影響で内閣支持率が若干回復傾向となり、日本経済新聞テレビ東京が4月26日に実施した合同世論調査では32%(前回比7ポイント増)[25]産経新聞FNNが4月25日と26日の両日に実施した合同世論調査では28.2%(前回比7.4ポイント増)に上昇した[26]。しかし、5月に入ると、鳩山由紀夫の民主党代表就任や日本郵政社長の進退問題に端を発して総務相の鳩山邦夫が更迭されたことを境に再び下落に転じ、毎日新聞が6月中旬に実施した全国世論調査では19%(前回比5ポイント減)[27]、産経新聞とFNNが実施した合同世論調査でも17.5%(前回比9.9ポイント減)[28]となり、再び20%を割り込む事態となった。両紙は共に、「麻生内閣は再び危険水域に入った」と報じた[27][28]

「麻生おろし」の暗闘と衆議院解散[編集]

2009年2月の中頃から、自民党内でも「麻生おろし」の動きが表面化してきた。この状況下で民主党幹部の中には「私たちがやるべきことは首相を守ることだ。いたぶるけど辞めさせないことが大事だ」としてあくまで辞任に追い込みたい他の野党から一歩引いた姿勢を示すものもあった[29]

6月になると、日本郵政社長西川善文の続投人事をめぐって、麻生が退任を要求する総務相の鳩山邦夫と対立し、事実上更迭した。また、月末には総選挙前の党四役の交代人事に着手[30]しようとするも党内からの反発で断念するなど決断にぶれが多く出た結果[31]、麻生離れは進行した。元幹事長の中川秀直が「自ら降りていただきたい」と述べるなど、党内からも公然と退陣要求が出た[32][33]

麻生は7月13日、21日に衆議院を解散し、8月30日投開票の日程で総選挙を断行する意向を異例の「解散予告」の形で表明した。民主党の首相問責決議案が参院で可決されることを想定し、7月14日の衆院解散も検討したが、東京都議選で与党が大敗し、立ち直るのに日にちをあけたいという事情に配慮して、与党幹部と協議し憲法の規定でもっとも遅くなる8月30日投開票で合意した。なお14日の問責決議案可決の結果、野党が審議に応じず、国会は会期末を待たず事実上閉幕した[34]

7月13日の「解散予告」の後は、各種調査の議席予測等を受け、2008年秋に解散しておけばよかったという与党議員の不満も出た[35]。解散直前まで自民党が首相に麻生を擁するか混乱した影響は大きく、前官房長官の町村信孝も地元で「自民が勝てば麻生政権が続くのか」と問われるなど、情勢悪化に歯止めがきかなかった[36]

その後も自民党では署名により両院議員総会を開催しての総裁選前倒しなどが企図されたが、開催は見送られ懇談会となった。不満な議員が別のマニフェストを作る分裂的な動きなども出たが[37]、小選挙区制では党非公認だと比例区での復活の可能性がなくなることで牽制され[38]、7月21日に予定通り衆議院は解散された[2]。しかし、党利党略でさえない、「麻生おろし」を封じるための解散だったとも評された[39]

退陣[編集]

2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では自民党が記録的大敗を喫した。財務大臣の与謝野馨、総務大臣の佐藤勉、文部科学大臣の塩谷立、国家公安委員長の林幹雄、行革担当大臣の甘利明、消費者担当大臣の野田聖子と6人の現職閣僚が小選挙区で落選した(6人全員比例復活した)。

その夜に麻生が選挙対策本部でのNHKとの中継会見にて事実上の退陣を表明した。

選挙後の9月に組まれていた国際会議について、G20財務大臣・中央銀行総裁会議では財務・金融大臣の与謝野が体調不良を理由に欠席し、WTO閣僚会合では経産相の二階、農相の石破が欠席したことに対して「閣僚としての責務と、最後の仕事を放棄した」として批判された[40]

2009年9月16日、特別国会の召集に当たり、憲法の規定に従い内閣総辞職を臨時閣議で決定した[41]。麻生は退任記者会見で「残念ながら道半ばで退任することになった」と述べ、内閣総理大臣官邸を去った[42]

政策[編集]

経済[編集]

麻生内閣は景気対策最優先の政権運営で日本経済の立て直しを目指した。就任直後の平成20年度第1次補正予算成立(2009年10月16日)を皮切りに、2009年明けに同第2次補正予算、平成21年度予算、同第1次補正予算と半年余りで4回の経済対策を行った。特に平成20年度第1・2次補正予算と平成21年度予算の3つを合わせて政府は「景気対策の3段ロケット」と称した。各対策の要点は以下の通り。

【平成20年度第1次補正予算】‐総額11.5兆円(「安心実現のための緊急総合対策」)
  • 生活者への支援 ・高齢者の医療費負担軽減など‐2500億円
  • 中小企業への支援
    • 緊急保証枠‐6兆円
    • 政府系金融の緊急貸出枠‐3兆円
  • 地方の活性化
    • 緊急防災・災害復旧等‐4400億円
【平成20年度第2次補正予算】‐総額27兆円(「生活対策」)
  • 生活者への支援
    • 定額給付金の実施‐2兆円
    • 自治体による雇用機会創出‐4000億円(基金)
    • 妊婦健診の無料化‐800億円
    • 離職者への住宅・生活支援
  • 中小企業への支援
    • 保証・貸出枠‐30兆円に拡大
    • 金融機関への資本注入枠‐10兆円追加
  • 地方の活性化
    • 地方活性化交付金‐6000億円
    • 高速道路料金の大幅引き下げ‐5000億円
【平成21年度予算】‐総額37兆円(「生活防衛のための緊急対策」)
  • 生活者への支援
  • 中小企業への支援
    • 省エネ設備等の投資促進減税‐1900億円
    • 中小企業への税率引き下げ等‐2400億円
  • 地方の活性化
    • 雇用創出のための交付金増額‐1兆円
    • 地域活力基盤創造交付金‐9400億円
【平成21年度補正予算】‐総額15.7兆円(「経済危機対策」)
  • 生活者への支援
    • 雇用調整助成金、再就職支援、能力開発、雇用創出、住宅・生活支援等‐1.9兆円
    • 社会保障、消費者政策の抜本的強化、防災・安全対策、治安体制の整備等‐1.7兆円
  • 金融対策
    • 中小企業等資金繰り、株式市場、住宅・土地金融等‐3兆円
  • 地方の活性化
    • 地方自治体への財政支援等2.6兆円
  • 成長戦略
    • 低炭素革命‐1.6兆円  
    • 底力発揮・21世紀型インフラ整備‐2.6兆円   
    • 健康長寿・子育て‐2兆円
    • 家電エコポイント制度創設 - 2946億円

このほかにも、金融機能強化法改正、国民年金法改正、労働者派遣法改正、外貨準備高からIMFへ10億円の貸出など行った。 また、「当面は景気対策、中期的に財政再建、中長期的には改革による経済成長」と述べ、社会保障と税財政に関する「中期プログラム」と景気回復後に遅滞なくかつ段階的に消費税を含む税制抜本改革を行うとした税制改正に意欲を示した。

中小企業に対する支援[編集]

中小企業を金融危機の被害から保護するため、金融機関に対して日本政策金融公庫からの信用供与を実施し、中小企業に対する長期資金貸付・新発社債購入・コミットメント・ラインの設定、大企業向け融資を通じた関連の中堅・中小企業への資金供給および保証などを実施した[43]。また、中小企業向けの税金の優遇制度として、中小企業に対して、当期の欠損金を前期に繰戻すことで、前年度に納めた法人税の還付を受けることができる優遇制度である繰戻し還付金を導入した。

外交[編集]

自由と繁栄の弧」構想の下で、価値の外交を推進した。代表的な例として、安保、経済、環境、エネルギーなど幅広い分野で両国の戦略的協調を進めるため、訪日したインドのシン首相との首脳会談で日印安全保障協力共同宣言に署名した。また、12月18日、防衛協力と情報共有を推進する日豪の安全保障協力促進の共同文書を発表した。

ロシア連邦に対しては、大統領ドミートリー・メドヴェージェフの招きに応じ、南樺太を訪問した。南樺太は帰属未確定地のため、日本政府はロシアの領土とは公式に認めておらず、戦後の歴代政権は内閣総理大臣が訪問することを避けてきた[44]が、麻生はロシア側の出入国手続きに則り南樺太を日帰りで訪問し、さらに帰京後に皇居で記帳を行った[44]。皇居での記帳は「外国」から帰国した際に行われるため、麻生が南樺太をロシア領だと事実上認めたと受け止められ議論となった。第171回国会では、古本伸一郎が麻生の一連の行為を疑問視し「記帳はダメを押したのではないか」[44]と発言するなど、南樺太がロシア領だと追認したことになるとの指摘がなされた。これを受け、内政地方自治を所管する鳩山邦夫総務大臣が、麻生の行為について「正直、実に微妙な問題だなと思う」[44]と答弁した。さらに、南樺太での日露首脳会談では、麻生が北方領土問題について面積二等分論に言及し、四島一括返還論の放棄を示唆した。戦後の日本の歴代政権は一貫して四島の一括返還を主張しており、大きな方針転換となった。

2008年12月13日九州国立博物館で初の単独開催となる日中韓首脳会議(「第1回日中韓サミット」)が開催された。

韓国が導入を目指し積極的に推進していたサマータイム制度については、日韓首脳会談において麻生が「やるなら一緒にやるというのは極めて効果が大きい」[45]と発言し、韓国と同時に日本でも導入すればより高い効果が見込めるとの考えを示した。

麻生首相は、いち早く日本の手持ちのドルのIMFへの融資を発表した。IMFはアイスランドに緊急融資を行い、同国外相の政治顧問は「日本のおかげ」と感謝した。11月14日ドミニク・ストロス・カーンIMF専務理事は、日本の資金提供・リーダーシップ・多国間協調主義などの取組みを人類の歴史上最大の貢献だと評価した。11月15日、日本と世銀が途上国の銀行支援ファンド設立決定をするなど経済危機に対し、世界のリーダーシップを取り、各国から高い評価を得るが、日本国内ではほとんど報道されなかった[要出典]

2009年2月14日、ローマで開催されたG7財務大臣・中央銀行総裁会議で、世界的同時不況を乗り越えるため、各国共財政出動をすることが確認された。 その会議で、日本がIMFに1000億ドル(10兆円)相当のドルを融資したことが評価された[要出典]

ユーラシア・クロスロード構想[編集]

麻生は2009年6月に、中央アジア・コーカサス地方のインフラ整備を支援する「ユーラシア・クロスロード構想」を発表し、「この地域で安定と繁栄が相乗効果を上げれば、世界経済を大きく押し上げる。中国、インド、ロシアは、そのための重要なパートナーで、こうした構想に、今申し上げた国々が関心を持つことを歓迎する」と周辺国に参加を呼びかけた。この構想の具体的な支援内容としては「中央アジアからアフガニスタンを経て、アラビア海に至るルートの道路や鉄道の整備」「中央アジアからコーカサスを経て欧州に至るルートにあるカスピ海沿岸の港湾整備」の2点が挙げられている[46]

人事[編集]

特徴[編集]

本内閣の特徴としては、閣僚の平均年齢は58.2歳と前内閣から4歳近く若返ったことがあげられる。これは、内閣府特命担当大臣で初入閣した小渕優子が任命時34歳と9か月と戦後最年少での閣僚就任となったことを含めて50代以下が10人を占めたことによる。しかし、前内閣からの再任者が5名おり、初入閣も5人と安倍内閣の11人の半分以下で、平均当選回数(衆院議員のみ)は6.5回で安倍内閣と同じで小泉内閣の5.8回を上回り、必ずしも「若返り」を意図した結果ではない[47]

父または祖父が内閣総理大臣経験者である閣僚が、吉田茂の孫である麻生首相を筆頭に、鳩山、中曾根、小渕と4人おり、これらを含めた“世襲政治家”が福田改造内閣の9人を上回る11人の多数に及び[47]マスコミや野党は“世襲内閣”“若旦那内閣”などと称し[48]、安倍に次いで“おぼっちゃま内閣”とまで揶揄した[49]。また、小泉以来4代続いて地盤を世襲した政治家であること、安倍以来3代続いて父祖に内閣総理大臣経験者を持つことも批判された[50]

首相を除く無派閥が4人と小泉以降の4内閣の中では最も多かったが、麻生が自民党内少数派閥出身で他の多数派閥の支持により成立した経緯の上での派閥均衡・論功行賞人事とも指摘された[47][51]。女性閣僚は野田と小渕の2人で、非議員閣僚総務大臣増田寛也の退任により1人もいなくなった。

また、政治改革によって“財政と金融行政の分離”(財金分離)が実行されて以降初めて、財務大臣と金融担当特命大臣が兼務となった。麻生はこの点を「役所を1つにするかは(兼務を)やってみなければ分からない」と旧大蔵省の復活を示唆した[52]

小泉内閣以降、組閣人事情報は一切漏らさない秘密主義が続いてきたが、麻生内閣の組閣に当たっては自民党総裁選の最中から、事前に人事情報が外部に漏れたためにたびたび報道され、総裁選から休日を挟んでの首相指名・組閣当日の朝には報道各社が閣僚名簿を発表するという、近年では異例の事態となった[53]

9月29日の臨時閣議で決められた副大臣と大臣政務官の人事は、外務副大臣に橋本聖子、厚生労働副大臣に大村秀章を充てた以外は全員が再任された[54]

相次ぐ離任[編集]

内閣の発足から一年も経たないうちに、主要な役職に就く者の離任が相次ぐ事態となった。

組閣から5日後、失言問題を理由に中山成彬国土交通大臣を辞任した。2009年1月には、松浪健太定額給付金制度に反対し第2次補正予算案採決を棄権したため、内閣府大臣政務官を罷免された。2月には、中川昭一先進7か国財務大臣・中央銀行総裁会議にて酩酊状態で会見を行い、財務大臣内閣府特命担当大臣(金融担当)を辞任した。3月には平田耕一の「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」違反が発覚し、財務副大臣を辞任した。5月には鴻池祥肇の女性問題と議員歳費法抵触が発覚し、内閣官房副長官を辞任した。6月12日には鳩山邦夫日本郵政社長西川善文の続投に抗議し、総務大臣内閣府特命担当大臣地方分権改革担当)を辞任した。同日、戸井田徹が鳩山の更迭に抗議して、厚生労働大臣政務官を辞任した。

また、麻生の郵政民営化見直し発言に反発した早川忠孝法務大臣政務官の辞任を表明する[55]が、慰留を受け撤回した[56]。鳩山の更迭に反発した古川禎久環境大臣政務官を辞任する考えを近未来政治研究会に伝えたが、その後撤回した[57]

閣僚の辞任が相次いだが、2009年7月1日までに新任されたのは金子一義のみであり、それ以外は既存の閣僚に兼任させる手法を採ったため、同日までは中央省庁再編後としては最少の閣僚数の内閣であった[58]。その後、7月2日前内閣で入閣した林芳正林幹雄の2名がそれぞれ、与謝野財務・金融相の経財相職及び佐藤総務相の国家公安委員長職の兼務解消のため補充入閣した。

国務大臣[編集]

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣 Taro Aso in World Economic Forum Annual Meeting in Davos (cropped).jpg 麻生太郎 衆議院
自由民主党
麻生派
自由民主党総裁
総務大臣
内閣府特命担当大臣
地方分権改革担当
Hatoyama Kunio 1-2.jpg 鳩山邦夫 衆議院
自由民主党
津島派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位 2009年6月12日辞任
Replace this image JA.svg 佐藤勉 衆議院
自由民主党
古賀派
2009年6月12日任命
法務大臣 Replace this image JA.svg 森英介 衆議院
自由民主党
麻生派
外務大臣 Hirofumi Nakasone.jpg 中曽根弘文 参議院
自由民主党
伊吹派
財務大臣
内閣府特命担当大臣
金融担当
Nakagawa Shoichi 1-2.jpg 中川昭一 衆議院
自由民主党
伊吹派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位 2009年2月17日辞任
Kaoru Yosano cropped 20080911.jpg 与謝野馨 衆議院
自由民主党
無派閥
内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位 2009年2月17日任命
文部科学大臣 Replace this image JA.svg 塩谷立 衆議院
自由民主党
町村派
国立国会図書館連絡調整委員会委員
厚生労働大臣 Masuzoe 210 Herman.jpg 舛添要一 参議院
自由民主党
無派閥
再任
農林水産大臣 Ishiba Shigeru 1-3.jpg 石破茂 衆議院
自由民主党
津島派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位[59]
経済産業大臣 Nikai Toshihiro 1-1.jpg 二階俊博 衆議院
自由民主党
二階派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位[60]→第3位[61] 再任
国土交通大臣 Nakayama Nariaki 1-1.jpg 中山成彬 衆議院
自由民主党
町村派
2008年9月28日辞任
Replace this image JA.svg 河村建夫 衆議院
自由民主党
伊吹派
(臨時代理) 2008年9月28日指定
2008年9月29日
Replace this image JA.svg 金子一義 衆議院
自由民主党
古賀派
2008年9月29日任命
環境大臣 Replace this image JA.svg 斉藤鉄夫 衆議院
公明党
再任
防衛大臣 Hamada Yasukazu 1-3.jpg 浜田靖一 衆議院
自由民主党
無派閥
内閣官房長官 Replace this image JA.svg 河村建夫 衆議院
自由民主党
伊吹派
拉致問題担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位第1位
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
沖縄及び北方対策担当
防災担当
Replace this image JA.svg 佐藤勉 衆議院
自由民主党
古賀派
2009年7月2日
Replace this image JA.svg 林幹雄 衆議院
自由民主党
山崎派
2009年7月2日任命
内閣府特命担当大臣
経済財政政策担当
Kaoru Yosano cropped 20080911.jpg 与謝野馨 衆議院
自由民主党
無派閥
再任
2009年7月2日免
Y. Hayashi.png 林芳正 参議院
自由民主党
古賀派
2009年7月2日任命
内閣府特命担当大臣
規制改革担当
Amari Akira 1-3.jpg 甘利明 衆議院
自由民主党
山崎派
行政改革担当
公務員制度改革担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位[62]→第4位[63]→第3位[64]
内閣府特命担当大臣
科学技術政策担当
食品安全担当
消費者担当
Replace this image JA.svg 野田聖子 衆議院
自由民主党
無派閥
消費者行政推進担当 再任
内閣府特命担当大臣
少子化対策担当
男女共同参画担当
Obuchi Yuko 1-5.jpg 小渕優子 衆議院
自由民主党
津島派
  • 2008年9月24日任命。
  • 組閣時の平均年齢:58歳
  • 2009年9月1日、野田聖子は国務大臣としての特命事項である「消費者行政推進担当」を解かれ、同日「内閣府特命担当大臣(消費者担当)」を命じられた。

内閣官房副長官・内閣法制局長官[編集]

職名 氏名 担当 所属等 備考
内閣官房副長官 松本純 政務担当 衆議院
麻生派
鴻池祥肇 参議院
麻生派
2009年5月13日辞任
浅野勝人 参議院
麻生派
2009年5月13日任命
漆間巌 事務担当 警察庁長官
内閣法制局長官 宮﨑礼壹 内閣法制次長 再任

内閣総理大臣補佐官[編集]

職名 氏名 担当 所属等 備考
内閣総理大臣補佐官 中山恭子 拉致問題担当 参議院町村派 2008年9月27日任命
山口俊一 地方再生担当 衆議院麻生派 2008年9月30日任命

副大臣[編集]

職名 氏名 所属等 備考
内閣府副大臣 増原義剛 衆議院伊吹派 再任
宮澤洋一 衆議院、古賀派 再任
谷本龍哉 衆議院、町村派 再任
総務副大臣 石崎岳 衆議院、町村派 再任
倉田雅年 衆議院、津島派 再任
法務副大臣 佐藤剛男 衆議院、山崎派 再任
外務副大臣 伊藤信太郎 衆議院、高村派 再任
石崎聖子 参議院、町村派
財務副大臣 石田真敏 衆議院、山崎派 2009年3月30日任命
竹下亘 衆議院、津島派 再任
平田耕一 衆議院、津島派 再任
2009年3月26日辞任
文部科学副大臣 松野博一 衆議院、町村派 再任
山内俊夫 参議院、山崎派 再任
厚生労働副大臣 大村秀章 衆議院、津島派
渡辺孝男 参議院、公明党 再任
農林水産副大臣 近藤基彦 衆議院、古賀派 再任
石田祝稔 衆議院、公明党 再任
経済産業副大臣 山本早苗 衆議院、町村派 再任
吉川貴盛 衆議院、津島派 再任
国土交通副大臣 金子恭之 衆議院、山崎派 再任
加納時男 参議院、古賀派 再任
環境副大臣 吉野正芳 衆議院、町村派 再任
防衛副大臣 北村誠吾 衆議院、古賀派 再任

大臣政務官[編集]

職名 氏名 所属等 備考
内閣府大臣政務官 宇野治 衆議院伊吹派 再任
並木正芳 衆議院、町村派 再任
松浪健太 衆議院、伊吹派 再任
2009年1月14日罷免
岡本芳郎 衆議院、津島派 2009年1月14日任命
総務大臣政務官 坂本哲志 衆議院、山崎派 再任
鈴木淳司 衆議院、町村派 再任
中村博彦 参議院、町村派 再任
法務大臣政務官 早川忠孝 衆議院、町村派 再任
外務大臣政務官 柴山昌彦 衆議院、町村派 再任
西村康稔 衆議院、町村派 再任
御法川信英 衆議院、無派閥 再任
財務大臣政務官 三ツ矢憲生 衆議院、古賀派 再任
末松信介 参議院、町村派 再任
文部科学大臣政務官 萩生田光一 衆議院、町村派 再任
井之上智子 参議院、公明党 再任
厚生労働大臣政務官 金子善次郎 衆議院、二階派 再任
戸井田徹 衆議院、津島派 再任
2009年6月16日辞任
農林水産大臣政務官 江藤拓 衆議院、伊吹派 再任
野村哲郎 参議院、津島派 再任
経済産業大臣政務官 谷合正明 参議院、公明党 再任
松村祥史 参議院、津島派 再任
国土交通大臣政務官 谷口和史 衆議院、公明党 再任
西銘恒三郎 衆議院、津島派 再任
岡田直樹 参議院、町村派 再任
環境大臣政務官 古川禎久 衆議院、山崎派 再任
防衛大臣政務官 武田良太 衆議院、山崎派 再任
岸信夫 参議院、町村派 再任

内閣の動き[編集]

2008年[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

2008年11月15日EST)、20ヶ国首脳会議に出席した麻生首相(後列右から3人目)

12月[編集]

  • 12月4日 - 日本政府の配信する動画にて、麻生首相が「1941年12月第二次世界大戦真珠湾攻撃で始まる」[67][68]と発言。参議院議員田中康夫が発言の訂正を要求するなど騒動となったが、翌年2月24日に訂正を拒否する答弁書を閣議決定[68]
  • 12月5日 - 日本人と外国人の間に生まれた子どもの国籍取得要件から父母の婚姻を外すことを柱とする国籍法改正案、残業代を引き上げる改正労働基準法が成立した。
  • 12月9日
    • 政府は「新たな雇用対策に関する関係閣僚会議」を開き、追加雇用対策を決定。3年間で2兆円規模の事業費を投入して、140万人の雇用の下支えを目指す。
    • 政府は、雇用情勢の悪化を受け、契約が終わった非正規労働者を社宅から退去させずに無償で貸与する企業に助成金を支給する制度の創設を決定した。また、12日には非正規労働者救済のため、住居費や生活費など最大186万円を低利で融資することを決めた。
  • 12月12日
    • 衆議院の再議決により新テロ特措法の1年延長、金融機能強化法改正案が成立。
    • 政府の青少年育成推進本部が青少年育成大綱を決定。
    • 国立がんセンターなど6センターが独立行政法人になることを決定。
    • 麻生首相が急激な景気後退や雇用悪化に対応するため、総額23兆円規模の追加景気対策「生活防衛のための緊急対策」を発表。
  • 12月13日 - 日中韓首脳会議。3カ国間の未来志向で包括的な協力の探求をうたった共同声明に署名した。
  • 12月16日 - 鳩山総務相は、全府省に対し、民間企業などとの随意契約を競争性の高い一般競争入札に移行するよう改善を勧告した。
  • 12月18日
    • 政府の教育再生懇談会は、教科書の質・量の充実などを求める第2次報告を麻生首相に提出した。
    • 日本とオーストラリアの外務、防衛担当閣僚による定期協議(2プラス2)が東京で開催。相互の協力を盛り込んだ共同声明を発表。
  • 12月19日
    • 保護者が国民健康保険料を滞納し、保険証のない「無保険」となった子供が必要な治療を受けられるよう保険証を交付する改正国民健康保険法が成立
    • 在職中の不祥事などが発覚した国家公務員に、退職金を強制的に返納させることを可能にする改正国家公務員退職手当法が成立
    • 中小企業に障害者雇用を促すための改正障害者雇用促進法が成立。
  • 12月22日 - 文部科学省が高校の学習指導要領改定案を発表。08年3月の小中学校の改定に続き、「ゆとり教育」からの転換を目指す内容。
  • 12月24日
    • 税財政抜本改革への道筋を示した「中期プログラム」が閣議決定される。同日、麻生首相は、社会保障費の安定財源を確保するため、2011年度から消費税率を引き上げる考えを改めて表明した。
    • 衆議院本会議で、民主党が提出した衆院解散要求決議案が否決される。
  • 12月25日 - 臨時国会が閉会(会期は93日間)。政府が新規に提出した15法案のうち、成立したのは10本。
  • 12月26日
    • 麻生首相は衆院予算委員会で「尖閣諸島は日本固有の領土である以上、日米安全保障条約の対象となる」と発言。中国外務省から強い抗議を受ける。[69]
    • 2009年度の介護報酬が決定。介護職員の待遇改善のため、全体で3.0%引き上げられる。
    • 鳩山総務相が、地方圏から大都市圏への人口流出防止を目指す「定住自立圏構想」の推進要綱を発表した。
  • 12月27日
    • 「非正規」支援へ雇用促進住宅3万戸供給
    • 竹島問題パンフレットを新たに7か国語で作成
  • 12月28日 - 農業法人への出資制限緩和。企業の参入促す

2009年[編集]

1月[編集]

  • 1月3日 - 麻生首相は、イスラエル軍によるパレスチナガザ空爆について、パレスチナ自治政府大統領のマフムード・アッバース議長と電話で協議。空爆で被害を受けたガザ地区の救済のため総額1000万ドル規模の人道支援を行う考えを表明した。
  • 1月4日
    • 麻生首相が念頭の記者会見で今上天皇の即位20年、御成婚50周年のお祝いを述べた後、書初めとして「安心」「活力」の文字を披露[70]。また、年頭の所感では、米国発の世界的な金融・経済危機に触れ、「国民の景気や生活に対する不安を取り除くため、政府は全力を尽くす。世界で最も早くこの不況から脱出するのは日本だ」と危機脱出に向けた決意を表明した。また、「日本、日本人はその底力にもっと自信を持っていい」とし、持論である「日本の底力」を強調。「望むべき未来を切りひらくために、行動を起こさなければならない」と国民に協力を呼びかけた。
    • 中国のガス田「樫」単独開発に対し、「合意違反」と抗議
  • 1月5日
    • 第171回国会召集。平成20年度第2次補正予算が提出され、中川財務大臣が「生活対策」、「生活防衛のための緊急対策」などの経済対策について説明する財政演説が行われる。
    • 派遣村のために旧学校施設を宿泊用に開放
  • 1月6日 - 麻生総理が総理大臣官邸で経済財政諮問会議を開催。「経済財政の中長期方針と10年展望」について議論。「短期の計画(2011年まで)として、世界経済の混乱から国民生活を守り、景気回復を最優先で図ること」「中期の計画として、『中福祉・中負担』による継続的な社会保障制度と、その安定財源の確保を行う」「長期の計画として、積極的な規制改革によって、新しい産業と雇用を生み出す」という3つの方針が確認される。
  • 1月8日
    • 麻生総理は衆議院予算委員会で「1次補正予算、2次補正予算、平成21年度予算を切れ目なく実施していくことが、不況からの脱出にとって極めて重要」との認識を述べた。また、予算の内容は、雇用問題および資金繰りを最重要課題にしていることを説明した。
    • スーダン共和国における武装解除・動員解除・社会復帰計画」に関する書簡の交換
    • 年金記録漏れ対応処理の迅速化のため、対応職員を280人から500人に増やす
  • 1月9日 - 麻生総理は総理大臣官邸で安全保障と防衛力に関する懇談会を開催。2004年に閣議決定された「防衛計画の大綱」を、周辺諸国の変化などに伴って見直すことが目的[71]
  • 1月11日
    • 麻生首相が韓国を訪問。日本経団連会長の御手洗富士夫会長やトヨタ自動車の張富士夫会長など18人の財界人が同行する。日本の財界人が首相に同行して韓国を訪問するのは初めてであり、李明博大統領の要望を受けて、麻生総理が財界に呼びかけて実現した[72]
    • カンボジアに対する無償資金協力「ローレンチェリー頭首工改修計画(詳細設計)」及び「感染症対策強化計画」
  • 1月12日 - 麻生首相と李明博韓国大統領は「国際社会で共に貢献する日韓関係」を表明。日韓首脳会談共同記者会見で、アフガニスタン北朝鮮、世界の金融危機などに対してを具体化して取り組むと発表した。
  • 1月13日
    • 麻生首相が総理官邸で「新型インフルエンザ対策本部会合」を開催。国内進入を防ぐための「水際対策」の最優先の課題としながらも、国内に進入した場合の対策についても検討を行った。
    • 内閣府大臣政務官松浪健太が、衆議院での2008年度第2次補正予算案採決を棄権[73]。同日、松浪は辞表を提出し、内閣官房長官河村建夫により受理された[74]。しかし、内閣は松浪の辞任を認めず、翌日松浪を罷免し、後任に岡本芳郎を任命[75]
  • 1月14日 - 麻生首相はオルメルト・イスラエル首相に特使を派遣し、パレスチナ自治区ガザでの即時停戦を強く要請した。
  • 1月15日 - 主要国の交通担当閣僚らが、交通分野での地球温暖化や大気汚染対策を話し合う初の国際会議「交通分野における地球環境・エネルギーに関する大臣会合」が東京で開催。金子一義国土交通大臣が参加し、産業分野ごとの二酸化炭素削減可能量を算出する「セクター別アプローチ」への理解も求めた。
  • 1月21日 - 障害福祉サービスの資産要件撤廃
  • 1月23日
  • 1月25日 - 航空機からロケット打ち上げ、実用化研究に着手
  • 1月27日
    • 平成20年度2次補正予算が成立。
    • 環境省が処分半減を目的に犬猫収容施設拡充
  • 1月29日 - 食品偽装業者をすべて公表するため、JAS法の運用指針を改正

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

  • 4月1日
    • 麻生首相がイギリス・ロンドンでブラウン英国首相、ベルルスコーニイタリア首相と会談。北朝鮮によるミサイル発射実験が行われた場合、国連安全保障理事会決議違反として対応することを三者で確認した。
    • 麻生首相がイギリス・ロンドンで韓国の李明博大統領と会談。北朝鮮によるミサイル発射実験は、国連安全保障理事会決議違反であることを確認しあう。また、日本のミサイル防衛について、李大統領は「日本は国民を守るためにいかなる措置も取ることができるし、韓国としても認めている」と述べ、迎撃を容認する考えを示した。その後、インドネシアのユドヨノ大統領と会談し、北朝鮮によるミサイル発射実験を日本政府は認めないことを説明。ユドヨノ大統領も「地域の平和と安定を損なうものだ。発射を強行するなら、安保理の議題に乗せ、話し合うべきだ」と理解を示した。
    • 河村官房長官が、スーダンバシール大統領の特使と会談。国際刑事裁判所ダルフール地方での大量虐殺で逮捕状を発付したことについて「日本は国際刑事裁判の締約国であり、その決定を尊重する立場にある」と表明。スーダン側から「反政府勢力に誤ったメッセージを与え、和平プロセスに悪影響を与える」と批判を受けた。
    • 麻生首相が郵政民営化の進捗状況を監視する郵政民営化委員に斎藤聖美を起用(冨山和彦の退任に伴う後任人事)。
  • 4月2日
    • 麻生首相が第二回金融サミットに参加。経済回復には「アジアが開かれた成長センターとして成長する必要がある」と強調。アジア各国を対象に緊急財政支援円借款3000億円を含む最大2兆円のODAを供与する方針を正式に表明した。途上国に対し、貿易保険を活用して2年間で220億ドルを支援する考えも明らかにした。閉幕後、国際連合の潘基文事務総長と会談。潘事務総長は日本のイニシアティブを高く評価すると述べた。
    • 麻生首相はロンドンの記者会見で、オバマ大統領と北朝鮮のミサイル問題をめぐり意見交換をし、北朝鮮によるミサイル発射実験が実施された場合、国連安保理決議違反として、安保理に上程することについて、賛意を受けたことを明らかにした。
    • 北朝鮮経済制裁について、拉致問題などの進展がないことから、政府は1年延長する方針を決定した。
  • 4月3日
    • 麻生首相はイギリス・ロンドンで中国の胡錦濤国家主席と会談し、毒餃子事件や東シナ海ガス田の共同開発問題などについて意見交換を行った。また、北朝鮮によるミサイル発射実験について、国連安保理決議違反であることを訴えたが、胡国家主席は「冷静な対処をすることが重要だ」と懸念を示すだけに留まった。
    • 麻生首相が本部長を務める政府の宇宙開発戦略本部が、宇宙基本計画5ヵ年計画の骨子案を有識者で構成される専門調査会に提出する。月面調査に2速歩行ロボットの起用を検討するなど、日本の得意分野を活かす一方で、防衛目的を含む施策に踏み込んでいることなどが特徴。
  • 4月5日 - 北朝鮮がテポドン2号を発射する。麻生首相は、情報集約会議、安全保障会議を相次いで開催し、日本国の領域の安全確認等を行うとともに、北朝鮮に対しては厳重な抗議を行い、国連に対しては安全保障理事会緊急会合の召集を要請した。
  • 4月6日
    • 麻生首相が与謝野馨財務・金融・経済財政相と会談し、追加経済対策の財政支出について、国内総生産(GDP)比で2%を超える規模(10兆円)とするよう指示した。経済対策に伴う補正規模としては、1998年度第3次補正の7.6兆円を上回る過去最大規模となる。麻生首相は「日本の経済成長率見込みは先進諸国で一番落ちている。国際協調という点では、ロンドンサミットでも皆で財政出動をしていこうという結論が出ている」と意義を説明した。
    • 麻生首相がベネズエラチャベス大統領と会談。ベネズエラのオリノコ油田開発などエネルギー分野における協力を一層強化していくことで一致した。
    • 麻生首相が、総理大臣官邸で知的財産戦略本部の会合を開催し、「日本ブランド戦略」や知的財産についての議論し、国際的な競争力強化を目標とした「第3期知的財産戦略の基本方針」を決定した。
  • 4月7日
    • 麻生首相は国と地域との役割分担や各分野での政策目標などを提示するための有識者会議を設置することを表明。会議の名称は「安心社会実現会議」。人事は首相主導で行われ、増田寛也前総務相、張富士夫トヨタ自動車会長、宮本太郎北大大学院教授(故宮本顕治元共産党議長の長男)や、薬害C型肝炎集団訴訟山口美智子全国原告団代表など15名。
    • 衆議院本会議において、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射に抗議する決議が賛成多数で可決。共産党や社民党は「ミサイルか人工衛星か現時点で判断できない」として反対をし、全会一致での可決は成らなかった。
    • 麻生首相、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相、鳩山邦夫総務相らは経済財政諮問会議で、吉川洋・東大大学院教授ら有識者たちと経済危機の克服に必要な財政支出の規模を協議した。危機を回避するためには、最大15兆円前後の需要を創出する必要があり、そのために10兆円程度の財政支出が必要との試算を示した。
  • 4月8日 - 第43回国家公務員合同初任研修の開講式に出席し、「私は公務員バッシングにくみしない。公務員は内閣の従業員だ。優秀さを疑ったことはない」と激励した。
  • 4月9日
    • 麻生首相が日本記者クラブで、2020年までの日本の国家戦略として、「低炭素革命で、世界をリードする国」「安心・元気な健康長寿社会」「日本の魅力発揮」を掲げて、説明を行った。同時にアジア戦略として「アジア経済倍増へ向けた成長構想」についても説明を行った。この中で麻生首相は日本の優れた面として「額に汗して働く。そして、チーム全体として、高い成果をあげていく組織力」と述べ、「この組織力の伝統がある限り、日本の未来は明るい」と強調した。
    • 麻生首相が本部長を務める政府のIT戦略本部は、景気対策と生活の利便性向上を目的とした「デジタル新時代に向けた新たな戦略 3か年緊急プラン」を決定した。電子政府(住民票の申請などを自宅から行うことができる「国民電子私書箱」の開設)や医師不足に対応したネットによる遠隔地診断、教育分野(デジタル教科書などITを活用した最先端の教育モデルの推進)などの施策によって3年間で3兆円規模のIT関連投資を行い、50万人の雇用創出を目標としている。
    • 麻生首相がジョン・マケイン上院議員と会談。北朝鮮問題を含むアジア太平洋の地域情勢、金融・国際経済などについて意見交換し、日米同盟の強化が重要との認識で一致した。
    • 麻生首相がラグビーワールドカップ招致委員会の最高顧問として、視察のため来日した国際ラグビーボードのラパセ会長と会談した。ラパセ会長は「政財界のサポートや、アジアでラグビーを普及させる計画に好印象を持った」と評価した。
    • 麻生首相が退任するジェームズ・ケリー在日米海軍司令官に対して、「原子力空母の配備は日米同盟の力強さを世界に示しており、配備を円滑に進めたケリーの功績に政府として感謝を表明したい」とメッセージを送る。
  • 4月11日 - 麻生首相はASEAN+3出席のためタイ王国パタヤを訪問したが、タイのアピシット・ウェーチャチーワ現政権に反対するグループ(タクシン・チナワット元首相派)がデモンストレーション活動を行い、国際会議場を取り囲んだため、ヘリコプターで現地を脱出し、日本国政府専用機で緊急帰国した。
  • 4月25日 - 麻生首相がアジア・エネルギー産消国閣僚会合に出席する。
  • 4月28日 - 国立メディア芸術総合センター計画について、衆議院本会議で鳩山由紀夫から「国営漫画喫茶、アニメの殿堂。巨額の国費を投じて設置すべきものなのか」と批判される(のちに自民党が下野したため計画は中止された)。

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

中国・九州北部豪雨により氾濫した剣川

8月[編集]

駿河湾地震により崩壊した駿府城址外堀

9月[編集]

不祥事[編集]

2008年[編集]

  • 9月25日 - 国家公安委員会委員長佐藤勉が「私も今、選挙運動ということで農家などを訪れると、この件(事故米不正転売)については本当に真剣に考えてくれという話がある」[115]と発言し、公職選挙法に違反する事前運動と指摘され、同日警察庁を通じ発言を訂正。
  • 9月25日 - 国土交通大臣中山成彬が三里塚闘争の空港反対派を「ゴネ得」[116]と指摘したり「日本は随分内向きな、単一民族[116]と発言するなどし、同日撤回。
  • 9月25日 - 内閣官房長官河村建夫が代表を務める自由民主党山口県第三選挙区支部にて、談合容疑で検挙された企業から摘発後も献金を受領していたことが発覚し、河村が謝罪[117]
  • 9月26日 - 財務大臣中川昭一の資金管理団体にて、建設業法違反で指名停止処分を受けた企業の経営者から献金を受領していたことが発覚し[118]、同日の会見で返還を表明[119]
  • 9月27日 - 国土交通大臣中山成彬が「日本の教育のがんは日教組(日本教職員組合)だ」[120]「日教組は解体しなきゃいかんと思っている」[121]と発言。同日、中山が代表を務める自由民主党宮崎県第一選挙区支部にて、談合で公正取引委員会から排除勧告を受けた企業から献金を受領していたことが発覚[122]
  • 9月28日 - 国土交通大臣中山成彬が三里塚闘争に関する発言の責任を取って辞任、内閣官房長官河村建夫が臨時代理に就任し[123][124]、翌日、衆議院議員金子一義を後任に任命[125][126]
  • 9月29日 - 財務副大臣竹下亘が代表を務める自由民主党島根県第二選挙区支部にて、中国地方整備局より指名停止処分中の企業から献金を受領していたことが発覚し、同支部が返金を表明[127][128]
  • 9月30日 - 麻生首相が代表を務める自由民主党福岡県第八選挙区支部にて、独占禁止法違反で排除勧告を受けた企業や国立病院汚職事件で逮捕者を出した企業から献金を受領していたことが発覚[129]
  • 10月1日 - 内閣官房長官河村建夫が、元公設秘書の自宅マンションをの政治団体3団体の事務所として届け、家賃を無償としていたが事務所費として2200万円を計上したことが発覚[130]
  • 10月2日 - 外務大臣中曾根弘文が代表を務める自由民主党群馬県参議院選挙区第一支部にて、独占禁止法違反で排除勧告を受けた企業から献金を受領していたことが発覚[131]し、翌日の記者会見で返還を表明[132]
  • 10月2日 - 国土交通大臣金子一義が代表を務める自由民主党岐阜県第四選挙区支部にて、独占禁止法違反で排除勧告を受けた企業から献金を受領していたことが発覚[133]し、翌日の記者会見で返還を表明[132]
  • 10月2日 -内閣府特命担当大臣野田聖子が代表を務める自由民主党岐阜県第一選挙区支部にて、独占禁止法違反で排除勧告を受けた企業から献金を受領していたことが発覚[133]し、翌日の記者会見で返還を表明[132]
  • 10月3日 - 内閣官房長官河村建夫の政治団体が、事務所を無償貸与されながら政治資金収支報告書に記載していなかったと発表[134]
  • 10月3日 - 総務大臣鳩山邦夫が講演で「アメリカ地下水を掘って農業をやる。井戸を深く掘れば最後にヒ素が出てくる。和歌山ヒ素カレー事件があったが、和歌山に行かなくたってヒ素入りの穀物ができる」[135]と発言し[136]10月9日和歌山市市長大橋建一に謝罪[137]
  • 10月4日 - 経済産業大臣二階俊博が代表を務める自由民主党和歌山県第三選挙区支部にて、営業停止処分や指名停止処分を受けた企業から献金を受領していたことが発覚[138]
  • 10月8日 - 携帯電話の持込を禁止した参議院規則に違反し、財務大臣中川昭一が参議院本会議中に携帯電話でテレビ鑑賞していたことが発覚し、参議院議長江田五月に謝罪[139][140]。また、携帯電話の持ち主であり本会議中に中川に貸した内閣府特命担当大臣与謝野馨も江田に謝罪[139][140]

2009年[編集]

再評価[編集]

2010年4月、『東京スポーツ』は「エコポイント制度やエコカー減税などを実行した麻生内閣への再評価が始まっている」と報じた[161]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣の名前?「興味がない」と麻生首相 2008年9月29日MSN産経ニュース
  2. ^ a b 朝日新聞、2009年7月21日、東京版夕刊、1面。
  3. ^ 朝日新聞、2009年7月14日、東京版朝刊、39面。
  4. ^ 御厨貴は2008年10月28日 TBS時事放談 、朝日新聞、2009年7月14日、東京版朝刊、15面でこう述べた。
  5. ^ 「決戦へ陣形が整った 麻生『選挙管理』内閣が発足」東京新聞社説2008年9月25日[1]、「「麻生カラー」前面に 事実上の「選挙管理内閣」」2008年9月24日朝日新聞、その他社説等・日本新聞協会[2]
  6. ^ 第170回衆議院予算委員会平成20年10月07日岡田克也(発言者番号197)、第170回参議院外交防衛委員会平成20年10月28日牧山ひろえ(発言者番号163)、第170回衆議院本会議平成20年11月28日保坂展人(発言者番号9)
  7. ^ 「首相VS記者団」アーカイブ毎日.jp、毎日新聞社.
  8. ^ 報道メディアが解散時期を探った背景に、テレビ局が選挙関連特番の日程を決められない、新聞社が投票日まで人事異動を凍結したといった事情を指摘する報道もある。Gendai.net大手マスコミ全部を敵に回した麻生首相
  9. ^ 朝日新聞、2009年7月15日、東京版朝刊、3面。
  10. ^ 「混沌政局」読売新聞、2008年10月31日、東京版朝刊、1面。
  11. ^ 朝日新聞、2008年11月2日、東京版朝刊、2面
  12. ^ 「麻生首相では戦えない―党内懸念」朝日新聞、2008年12月2日、東京版朝刊、1面
  13. ^ 朝日新聞、2008年12月9日、東京版朝刊、1面。
  14. ^ a b 前田幸夫(東大准教授)、『自民の信頼喪失 底流に』、神戸新聞、2008年12月28日、14版朝刊、2面
  15. ^ "当面は「景気対策」など3段階で経済財政政策進める=基本方針案" ロイター
  16. ^ 臨時国会閉幕 解散政局で「政策」が沈んだ[リンク切れ]
  17. ^ 【主張】国会閉幕 機能回復し経済対策競え[リンク切れ]
  18. ^ 朝日新聞 2008年11月10日22時9分 「村山談話をフシュウ?」首相誤読 議事録は「踏襲」(藤田直央)[3]
  19. ^ 毎日新聞 2010年5月9日 東京朝刊 [4]""(毎日新聞論説副委員長・与良正男 「麻生前首相が資質を問われ始めたのは漢字の誤読が発覚してからだ」)
  20. ^ Dickie, Mure (2008年12月8日). “Japanese premier’s fumbles leave LDP vulnerable” (英語). FT.com. Financial Times. 2008年12月25日閲覧。
  21. ^ 時事通信社 (2008年12月23日). “解散先送りの代償深刻=麻生政権3カ月、誤算の連鎖”. IBTimes. 財経新聞社. 2008年12月27日閲覧。
  22. ^ 野党の雇用法案、衆院解散決議案を否決”. MSN産経ニュース. 産経新聞社 (2008年12月24日). 2008年12月27日閲覧。
  23. ^ “「麻生政権100日」評価 結果公表” (プレスリリース), 言論エヌピーオー, (2009年1月6日), http://www.genron-npo.net/aso100days/003380.html 2009年12月28日閲覧。 
  24. ^ 2009年2月定例世論調査”. 日本テレビ (2009年2月15日). 2010年3月1日閲覧。
  25. ^ “(4/26)内閣支持率32%、7ポイント上昇 日経世論調査”. 日本経済新聞. (2009年4月26日). http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt22/20090426AS3S2600L26042009.html 2009年12月29日閲覧。 
  26. ^ “【FNN合同世論調査】内閣支持率28・2%に上昇 衆院選の比例投票先では自民が民主上回る (1/2ページ)”. 産経新聞. (2009年4月27日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090427/stt0904271144004-n1.htm 2010年1月17日閲覧。 
  27. ^ a b “毎日世論調査:麻生内閣支持率下落19%…再び危険水域に”. 毎日新聞. (2009年6月15日). http://megalodon.jp/2009-0615-1336-28/mainichi.jp/select/wadai/news/20090615k0000e010012000c.html 2009年12月29日閲覧。 
  28. ^ a b “内閣支持率急落17・5% 7割「鳩山氏更迭は不適切」 本社・FNN世論調査”. 産経新聞. (2009年6月22日). http://megalodon.jp/2009-0623-1805-40/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000072-san-pol 2009年12月29日閲覧。 
  29. ^ 「麻生降ろし」戸惑う民主 本音は“麻生首相のままで選挙”2月19日 産経新聞
  30. ^ 自民党:役員人事で一部閣僚交代も 麻生首相方針 2009年6月26日 毎日新聞
  31. ^ 麻生首相:党人事を断念…自民内反発受け 2009年6月30日 毎日新聞
  32. ^ 「麻生降ろし」へうごめき=首相サイドは警戒2009年6月29日 時事通信
  33. ^ 首相に退陣要求=「自爆解散」絶対阻止-中川秀氏 2009年6月29日 時事通信
  34. ^ 朝日新聞、2009年7月14日、東京版朝刊、1面。同15日朝刊、1、3面。
  35. ^ 朝日新聞、2009年7月18日、東京版朝刊、17面。
  36. ^ 朝日新聞、2009年8月30日、東京版朝刊、2面。
  37. ^ 朝日新聞、2009年7月18日、東京版朝刊、3面。
  38. ^ 朝日新聞、2009年7月19日、東京版朝刊、1面。
  39. ^ 朝日新聞、2009年7月22日、東京版夕刊、1面。
  40. ^ 『読売新聞』「編集手帳」2009年9月6日、東京版朝刊、1面。
  41. ^ 麻生内閣が総辞職 読売新聞 2009年9月16日閲覧
  42. ^ “麻生内閣が総辞職、首相会見「道半ばの退任、残念」”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年9月16日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090916/plc0909161040006-n1.htm 2009年12月7日閲覧。 
  43. ^ 企業の資金繰り支援のための危機対応業務の内容を拡充しました(平成21年7月3日):財務省 [5]
  44. ^ a b c d “首相のサハリン訪問後の記帳、総務相「微妙な問題”. 産経新聞. (2009年2月20日). http://megalodon.jp/2009-0228-1407-01/sankei.jp.msn.com/politics/policy/090220/plc0902202136016-n1.htm 2010年1月16日閲覧。 
  45. ^ “【日韓首脳共同会見(下)】麻生首相「サマータイムやるなら日韓同時で」(28日夕) (2/2ページ)”. 産経新聞. (2009年6月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090629/plc0906290018001-n2.htm 2010年1月16日閲覧。 
  46. ^ ブルームバーグ (2009/06/30 18:36 JST) 麻生首相:中央アジア支援に新構想、中印ロに連携呼び掛け-講演 -[6]
  47. ^ a b c 麻生新内閣:2世議員、最多の10人…過去3内閣比較 2008年9月24日毎日新聞
  48. ^ 中日春秋 2008年9月27日中日新聞
  49. ^ J-CAST テレビウォッチ麻生新内閣「親が大臣です。あっそう」2008年9月26日
  50. ^ 辛貞録 特派員(東京) (2008年9月24日). “「世襲」首相が4代続く日本”. 朝鮮日報. 2008年10月11日閲覧。
  51. ^ 「文教族のお友達内閣」総裁選圧勝の論功行賞も 2008年9月25日読売新聞
  52. ^ 財務省と金融庁の再統合も 大臣兼務、両立に懸念 2008.09.24共同通信
  53. ^ ドタバタ二転三転、組閣の舞台裏…森元首相が強権 2008年9月25日夕刊フジ
  54. ^ 外務副大臣に橋本氏、厚労副大臣に大村氏を起用 2008年9月29日日本経済新聞
  55. ^ 「自民・早川氏が政務官辞任の意向――ブログでは麻生首相批判」『自民・早川氏が政務官辞任の意向 ブログでは麻生首相批判 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年2月10日
  56. ^ 「早川政務官が一転『辞意撤回』――ブログでは麻生首相批判」『早川政務官が一転「辞意撤回」 ブログでは麻生首相批判 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年2月10日
  57. ^ 「戸井田政務官が辞表提出――古川氏は辞任撤回」『戸井田政務官が辞表提出 古川氏は辞任撤回 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年6月12日
  58. ^ 「閣僚数、省庁再編後で最少に=麻生内閣、相次ぐ兼務で」『時事ドットコム:閣僚数、省庁再編後で最少に=麻生内閣、相次ぐ兼務で時事通信社2009年6月12日
  59. ^ 2009年(平成21年)6月12日 - 2009年(平成21年)9月16日
  60. ^ 2009年(平成21年)2月17日 - 2009年(平成21年)6月12日
  61. ^ 2009年(平成21年)6月12日 - 2009年(平成21年)9月16日
  62. ^ 2009年(平成21年)2月27日まで
  63. ^ 2009年(平成21年)2月17日 - 2009年(平成21年)6月12日
  64. ^ 2009年(平成21年)6月12日 - 2009年(平成21年)9月16日
  65. ^ “竹島も「わが国固有の領土」は明確 政府が答弁書”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2008年10月3日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081003/plc0810031126007-n1.htm 2009年11月1日閲覧。 
  66. ^ 日本人父と外国人母の婚外子、国籍取得要件から「婚姻」外す - MSN産経ニュース 産経デジタル 2008年11月4日
  67. ^ 第10回太郎ちゃんねる内閣官房内閣広報室
  68. ^ a b 西田進一郎「麻生首相:『第二次世界大戦は真珠湾攻撃が始まり』――『訂正しません』答弁書閣議決定」『麻生首相:「第二次世界大戦は真珠湾攻撃が始まり」 「訂正しません」答弁書閣議決定 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月25日[リンク切れ]
  69. ^ 時事通信 尖閣めぐる首相発言に抗議=中国
  70. ^ 麻生総理の動き-麻生内閣総理大臣年頭記者会見-内閣官房内閣広報室、2009年1月4日
  71. ^ 防衛省[7]
  72. ^ “11日訪韓の麻生首相、「会長、一緒にソウルに行きましょう」”. 中央日報 (47NEWS). (2009年1月10日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=109835&servcode=A00&sectcode=A10 2009年11月5日閲覧。 
  73. ^ 「自民、松浪健太氏が棄権――2次補正予算案採決」『自民、松浪健太氏が棄権 2次補正予算案採決 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年1月13日
  74. ^ 「造反の松浪氏、政務官の辞表提出――自民離党は否定」『造反の松浪氏、政務官の辞表提出 自民離党は否定 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年1月13日
  75. ^ 「採決棄権の松浪政務官は『罷免』――後任に岡本氏」『採決棄権の松浪政務官は「罷免」 後任に岡本氏 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年1月14日
  76. ^ “朝は「続投」夕方に辞任…迷走・中川氏に大ブーイング”. 読売新聞. (2009年2月18日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/20081208-188927/news/20090217-OYT1T01213.htm 2009年11月22日閲覧。 
  77. ^ 毎日新聞 2009年2月10日[リンク切れ]
  78. ^ 毎日新聞 2009年2月18日[リンク切れ]
  79. ^ 「首相のサハリン訪問後の記帳、総務相『微妙な問題』」『首相のサハリン訪問後の記帳、総務相「微妙な問題」 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年2月20日
  80. ^ 「甘利行革相『いずれ大幅改造も』」『NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで日本経済新聞社2009年2月24日[リンク切れ]
  81. ^ 「行革相の内閣改造発言に波紋――『命取り』との指摘も」『NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで日本経済新聞社2009年2月24日[リンク切れ]
  82. ^ 「内閣改造発言を釈明=甘利行革相」『時事ドットコム:内閣改造発言を釈明=甘利行革相時事通信社2009年2月27日[リンク切れ]
  83. ^ a b 及川正也・川上克己「日米首脳会談:共同会見空振り、米メディアも反応冷ややか」『日米首脳会談:共同会見空振り、米メディアも反応冷ややか - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月25日[リンク切れ]
  84. ^ 小川聡「得意のはずが…麻生さんの英語、米側『聞き取れない』」『得意のはずが…麻生さんの英語、米側「聞き取れない」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2009年2月25日[リンク切れ]
  85. ^ 藤沢志穂子「麻生首相がドイツを名指しで『批判』」『麻生首相がドイツを名指しで「批判」 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年4月2日
  86. ^ "Transcript: FT interview with Taro Aso", FT.com / World - Transcript: FT interview with Taro Aso, Financial Times, March 31, 2009.
  87. ^ Mure Dickie, "Aso lays bare G20 split on downturn", FT.com / Global Economy - Aso lays bare G20 split on downturn, Financial Times, March 31, 2009.
  88. ^ 小谷守彦「メルケル独首相:麻生首相発言に不快感」『メルケル独首相:麻生首相発言に不快感 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年4月2日[リンク切れ]
  89. ^ ロイター「経済危機対応で主導的な役割強調、麻生首相の批判に反論=ドイツ政府」『経済危機対応で主導的な役割強調、麻生首相の批判に反論=ドイツ政府 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reutersトムソン・ロイター2009年4月1日
  90. ^ 平成21年5月15日(水)安心社会実現会議(第3回)2009年5月15日、2頁。
  91. ^ 平成21年第12回経済財政諮問会議議事要旨2009年5月19日、18頁。
  92. ^ 「与謝野大臣の諮問会議レポート」『平成21年会議結果 第12回会議 会議レポート:内閣府 経済財政諮問会議内閣府政策統括官(経済財政運営担当)経済財政ウェブサイト室2009年5月19日
  93. ^ 上田宏明「麻生首相:厚労省分割の具体案の検討指示――与謝野財務相に」『麻生首相:厚労省分割の具体案の検討指示 与謝野財務相に - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年5月19日[リンク切れ]
  94. ^ 鈴木直「厚労省分割:『解体』で不信解消…首相、政権公約に」『厚労省分割:「解体」で不信解消…首相、政権公約に - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年5月20日[リンク切れ]
  95. ^ 坂口裕彦・影山哲也「厚労省分割:当面断念――関係の6閣僚で合意できず」『厚労省分割:当面断念 関係の6閣僚で合意できず - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年5月28日[リンク切れ]
  96. ^ 「厚労省分割、結論出ず=関係閣僚協議」『時事ドットコム:厚労省分割、結論出ず=関係閣僚協議時事通信社5月28日[リンク切れ]
  97. ^ 「迷走再現? 首相、厚労省分割『最初からこだわってない』」『asahi.com(朝日新聞社):迷走再現?首相、厚労省分割「最初からこだわってない」 - 政治朝日新聞社5月28日
  98. ^ 「厚労省分割取り下げ――首相『最初からこだわらず』」『日本経済新聞』44307号、14版、日本経済新聞社2009年5月19日、2頁。
  99. ^ a b 「厚労省分割めぐり――安心会議が紛糾『党利党略』『無礼だ』」『日本経済新聞』44307号、14版、日本経済新聞社2009年5月19日、2頁。
  100. ^ 「都議選敗北で陳謝=麻生首相」『時事ドットコム:都議選敗北で陳謝=麻生首相時事通信社2009年7月13日
  101. ^ 「浜岡原発、排出ガスから微量の放射性物質」『浜岡原発、排出ガスから微量の放射性物質 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2009年8月20日[リンク切れ]
  102. ^ 舟津進「静岡・浜岡原発:5号機、排ガスに微量放射性物質」『静岡・浜岡原発:5号機、排ガスに微量放射性物質 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年8月21日[リンク切れ]
  103. ^ a b 「静岡沖地震、『政府一丸で対策』と林防災相」『静岡沖地震、「政府一丸で対策」と林防災相 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2009年8月11日
  104. ^ 「静岡県沖地震――官邸に対策室」『東京新聞:静岡県沖地震 官邸に対策室:政治(TOKYO Web)中日新聞社2009年8月11日[リンク切れ]
  105. ^ 「【麻生日誌】11日」『【麻生日誌】11日 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年8月12日
  106. ^ http://www.asahi.com/politics/update/0818/TKY200908180219.html
  107. ^ http://www.asahi.com/politics/update/0820/TKY200908200219.html
  108. ^ a b 橋田正城「日本郵政会長に西岡氏――社外取締役から『内部昇格』」『asahi.com(朝日新聞社):日本郵政会長に西岡氏 社外取締役から「内部昇格」 - ビジネス・経済朝日新聞社2009年8月28日
  109. ^ a b 「日本郵政会長、西岡・三菱重工相談役が就任」『日本郵政会長、西岡・三菱重工相談役が就任 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2009年8月27日[リンク切れ]
  110. ^ 影山哲也「郵政会長人事:『取締役会の意思尊重』河村長官」『郵政会長人事:「取締役会の意思尊重」河村長官 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年8月28日[リンク切れ]
  111. ^ 麻生首相、総裁も辞任へ 日本経済新聞 2009年8月30日閲覧
  112. ^ 「衆院選――自民・麻生総裁、『自民党に対する積年の不満や不信が積み重なったもの』」『FNNニュース: 衆院選 自民・麻生総...フジニュースネットワーク2009年8月30日[リンク切れ]
  113. ^ 「【09衆院選】麻生首相が党総裁辞任を正式表明」『【09衆院選】麻生首相が党総裁辞任を正式表明 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年8月31日
  114. ^ http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090903/stt0909031817018-n1.htm
  115. ^ MSN産経ニュース『【麻生内閣誕生】国家公安委員長の佐藤氏、献金疑惑を釈明 「事前運動」発言も』2008年9月25日
  116. ^ a b MSN産経ニュース『「成田反対ゴネ得」「日本は単一民族」 中山国交相「誤解招く」と撤回』2008年9月26日
  117. ^ MSN産経ニュース『河村官房長官に談合摘発企業から寄付 事実認め謝罪』2008年9月25日
  118. ^ MSN産経ニュース『建設業法違反の違反建設業者から献金 中川財務相の団体に』2008年9月26日。
  119. ^ トムソン・ロイター『違反建設業者からの献金は事実、返還したい=財務・金融相』2008年9月26日。
  120. ^ 毎日新聞『中山国交相:「がんは日教組、解体しなければ」宮崎で発言』2008年9月27日[リンク切れ]
  121. ^ MSN産経ニュース『「日教組は解体すべき」中山国交相、自らの進退「推移見守りたい」』2008年9月27日
  122. ^ 時事通信『談合2社から献金72万円=中山国交相の自民支部-宮崎』2008年9月27日[リンク切れ]
  123. ^ 毎日新聞『中山国交相:問題発言で引責、辞任 官房長官が臨時代理』2008年9月28日[リンク切れ]
  124. ^ 日本経済新聞『首相、国交相辞任「任命責任あった。心からおわび」』2008年9月28日[リンク切れ]
  125. ^ 日本経済新聞『金子国交相が正式就任』2008年9月29日[リンク切れ]
  126. ^ 毎日新聞『金子国交相:中山氏、閣僚として不適切な発言…就任会見』2008年9月29日[リンク切れ]
  127. ^ MSN産経ニュース『指名停止企業から献金 竹下副大臣の自民支部』2008年9月29日
  128. ^ asahi.com『指名停止企業から献金20万円 竹下亘副大臣の政党支部』2008年9月30日[リンク切れ]
  129. ^ http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008093000533 2008/09/30[リンク切れ]
  130. ^ 事務所費:河村官房長官の政治団体、元秘書の自宅で計上[リンク切れ]
  131. ^ 四国新聞『外相の自民支部に125万/排除勧告の企業から献金』2008年10月3日。
  132. ^ a b c 「処分企業から献金発覚――閣僚、相次ぎ返還表明」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2008年10月4日、2面。
  133. ^ a b 共同通信『談合関与企業から献金 金子、野田2閣僚の党支部』2008年10月2日。
  134. ^ 「無償貸与の政治団体事務所――官房長官、寄付報告せず」『日本経済新聞』日本経済新聞社、2008年10月4日、2面。
  135. ^ 石川貴教『鳩山総務相:毒物カレー発言、和歌山市長に謝罪毎日新聞社2008年10月10日[リンク切れ]
  136. ^ asahi.com『鳩山総務相の「ヒ素」発言 和歌山市長が抗議文』2008年10月9日。[リンク切れ]
  137. ^ asahi.com『ヒ素発言「不愉快な思い抱かせた」 鳩山氏が謝罪の書簡』2008年10月9日。[リンク切れ]
  138. ^ 読売新聞『二階経産相の支部も、談合企業などから253万寄付受ける』2008年10月5日。[リンク切れ]
  139. ^ a b 毎日新聞『中川財務相:参院本会議でワンセグ観賞 江田議長に陳謝』2008年10月8日。[リンク切れ]
  140. ^ a b MSN産経ニュース『中川財務相、与謝野経済財政担当相が議場ワンセグ視聴問題で陳謝』2008年10月8日。
  141. ^ 稲垣衆史・秋山信一・中村かさね「労働保険:5閣僚事務所が未加入――強制知らず秘書分など」『労働保険:5閣僚事務所が未加入 強制知らず秘書分など - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年1月26日[リンク切れ]
  142. ^ 坂口裕彦「不適切と認め『厳正に対応』…官房長官」『労働保険未加入:自民本部の指示を放置 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年1月26日[リンク切れ]
  143. ^ 野口武則『山口首相補佐官:「09年度補正」発言で陳謝 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月3日[リンク切れ]
  144. ^ 藤原章生「中川財務相:変調?――G7会見でろれつ回らず」『中川財務相:変調? G7会見でろれつ回らず - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月15日[リンク切れ]
  145. ^ 清水憲司・坂口裕彦「中川財務相:陳謝、『機内で風邪薬、酒も…相乗効果で』」『中川財務相:陳謝、「機内で風邪薬、酒も…相乗効果で」 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月16日[リンク切れ]
  146. ^ Chisa Fujioka, Yuzo Saeki and Tetsushi Kajimoto, "REFILE-UPDATE 2-Japan finmin denies drunk at G7,faces call to go", REFILE-UPDATE 2-Japan finmin denies drunk at G7,faces call to go | Currencies | Reuters, edited by John Chalmers, Thomson Reuters, February 162009.
  147. ^ 医学部進学口利き:「紹介、何が悪い」麻生氏秘書 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月20日[リンク切れ]
  148. ^ 医学部進学口利き:麻生氏秘書、文科相が調査の意向 官房長官「細心の注意を」 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月20日[リンク切れ]
  149. ^ 野口武則『麻生氏秘書口利き:首相「報道その通り」 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年2月20日[リンク切れ]
  150. ^ 「西松献金事件『自民党に及ばぬは本意でない』――政府高官が釈明」『NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで日本経済新聞社2009年3月8日[リンク切れ]
  151. ^ 「『自民には及ばない』政府高官発言は漆間氏――官房長官明かす」『NIKKEI NET(日経ネット):政治ニュース-政策、国会など政治関連から行政ニュースまで日本経済新聞社2009年3月8日[リンク切れ]
  152. ^ 「違法献金:『自民党に波及せず』発言は漆間官房副長官」『違法献金:「自民党に波及せず」発言は漆間官房副長官 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年3月8日[リンク切れ]
  153. ^ 鴻池官房副長官が辞任、女性問題報道で 後任は浅野氏 (1/2ページ) - MSN産経ニュース産経デジタル2009年5月13日
  154. ^ 首相、鴻池氏の任命責任を否定 野党は強く批判 - 47NEWS(よんななニュース)2009年5月13日
  155. ^ 坂口裕彦「麻生首相:『任命責任ある』鴻池官房副長官辞任で発言撤回」『麻生首相:「任命責任ある」鴻池官房副長官辞任で発言撤回 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年5月14日[リンク切れ]
  156. ^ 長野宏美「林公安委員長:寄付20万円記載漏れ」『林公安委員長:寄付20万円記載漏れ - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年7月2日[リンク切れ]
  157. ^ a b 長野宏美「林国家公安委員長:地元団体、寄付20万円記載漏れ――『業者からホテル代』は否定」『林国家公安委員長:地元団体、寄付20万円記載漏れ 「業者からホテル代」は否定 - 毎日jp(毎日新聞)毎日新聞社2009年7月2日[リンク切れ]
  158. ^ 「秘書の接待、一部認める=口利き、パー券記載漏れも-林国家公安委員長が就任会見」『[8]時事通信社2009/07/02-19:19
  159. ^ 「大臣規範、近藤氏が抵触=農水副大臣就任後も月給188万円」[9]
  160. ^ 「近藤副大臣が兼職報酬を返還」NHKニュース 近藤副大臣が兼職 報酬を返還、NHK、2009年6月30日[リンク切れ]
  161. ^ “鳩山支持率30%割れで麻生前首相に意外な再評価”. 東京スポーツ. (2010年4月14日). http://www.tokyo-sports.co.jp/hamidashi.php?hid=7984 2010年4月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]