福田昭夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
福田 昭夫
ふくだ あきお
生年月日 1948年4月17日(66歳)
出生地 日本の旗 栃木県今市市(現日光市
出身校 東北大学教育学部
前職 地方公務員今市市
所属政党 無所属→)
民主党
称号 教育学士(東北大学 1971年)
公式サイト 福田あきお オフィシャルウェブサイト

選挙区 比例北関東ブロック→)
栃木2区→)
(比例北関東ブロック→)
栃木2区
当選回数 4回
在任期間 2005年9月11日 - 現職

栃木県の旗 公選第15代 栃木県知事
当選回数 1回
在任期間 2000年12月9日 - 2004年12月8日

当選回数 3回
在任期間 1991年4月21日 - 2000年9月20日
テンプレートを表示

福田 昭夫(ふくだ あきお、1948年4月17日 ‐ )は、日本政治家民主党所属の衆議院議員(4期)、民主党栃木県連代表。

総務大臣政務官野田内閣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣)、栃木県知事(公選第15代)、栃木県今市市長(3期)等を務めた。

来歴[編集]

栃木県今市市(現日光市)生まれ。栃木県立今市高等学校東北大学教育学部卒業[1]1971年今市市役所に就職。1991年、今市市財政課長を最後に退職。今市市長選に無所属で出馬し、初当選した。以後3期9年にわたり今市市長を務め、1997年には全国青年市長会会長に就任した。

2000年、今市市長を3期目の任期途中で辞職し、無所属栃木県知事選挙に出馬する。この栃木県知事選挙は、保守陣営から5選を目指す現職の渡辺文雄、福田の両名が出馬する保守分裂選挙であり、また渡辺が既成政党5党推薦(自民民主公明自由保守)の相乗りで出馬したのに対し、福田は政党の推薦や支持を得ていなかったため、無党派ブームに乗る形で支持を広げ、875票の僅差で渡辺を破り、栃木県知事に初当選した。ダム事業の見直しを掲げ、栃木県鹿沼市の東大芦川ダム建設の中止(その後、ダム中止顕彰碑が建立された)、南摩ダム建設推進を決定。また行財政改革にも取り組み、2年連続で栃木県の財政黒字化を図った。2004年の栃木県知事選に再選を目指して出馬したが、宇都宮市長を辞職して立候補した福田富一に12万票超の大差で敗れ、落選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙民主党公認で栃木2区から出馬。自由民主党で元法務大臣森山眞弓に栃木2区で敗れたが、重複立候補していた比例北関東ブロックで復活し、当選した。当選後は民主党新人議員勉強会の初代会長を務める。2009年第45回衆議院議員総選挙では、森山の引退に伴い、前回までは比例北関東ブロック単独で立候補していた自民党前職の西川公也比例復活を許さない大差をつけて破り、栃木2区で再選。

2011年9月、野田内閣総務大臣政務官に任命される。2度の内閣改造においても再任されたが、2012年6月26日消費税増税を含む税・社会保障一体改革関連法案の衆議院本会議における採決では、党の賛成方針に反して投票を棄権した。その後、総務大臣政務官を辞任。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、栃木2区で自民党元職の西川公也に9千票あまりの差で敗れたが、重複立候補していた比例北関東ブロックで復活し、3選。

2014年第47回衆議院議員総選挙では、現職の農林水産大臣である自民党の西川公也を199票の僅差で破り、4選(西川も比例復活)。2015年民主党代表選挙では長妻昭の推薦人に名を連ねる[2]が、長妻は1回目の投票で最下位に終わった(当選者は岡田克也[3]

政策・主張[編集]

活動[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
浜田和幸逢坂誠二森田高
日本の旗 総務大臣政務官
主濱了森田高と共同
加賀谷健森田高と共同

2011年 - 2012年
次代:
稲見哲男加賀谷健森田高
先代:
渡辺文雄
Flag of Tochigi Prefecture.svg 栃木県知事
民選第15代:2000年 - 2004年
次代:
福田富一
先代:
猪瀬征次郎
Flag of Imaichi Tochigi.JPG 栃木県今市市長
第9代:1991年 - 2000年
次代:
斎藤文夫