森田高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
森田 高
もりた たかし
生年月日 1967年7月22日(47歳)
出生地 富山県富山市
出身校 筑波大学医学専門学群
前職 医師
所属政党 無所属→)
国民新党→)
無所属
称号 学士(医学)
公式サイト 公式サイト

選挙区 富山県選挙区
当選回数 1回
任期 2007年7月29日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

森田 高(もりた たかし、1967年7月22日 ‐ )は、日本政治家医師

参議院議員(1期)、総務大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣野田内閣野田第1次改造内閣)などを歴任。

兄はプログラマーゲームクリエイター森田和郎

来歴[編集]

富山県富山市生まれ。富山大学教育学部附属中学校富山県立富山高等学校理数科)、筑波大学医学専門学群卒業。1992年筑波大学附属病院泌尿器科ジュニアレジデント、1997年に筑波大学附属病院泌尿器科チーフレジデント修了。その後東京逓信病院泌尿器科医員、住友生命保険医務査定室医長・同保険医事研究室医長、晋真会ベリタス病院泌尿器科医長兼健康管理科長を務める。

2007年7月、第21回参議院議員通常選挙富山県選挙区から無所属民主党社会民主党国民新党推薦)で出馬。同い年で現職の野上浩太郎自由民主党公認)を破り、初当選を果たした。同年8月31日、参議院院内会派である民主党・新緑風会に入会。2008年12月、国民新党に入党[1]。入党後は党代表特別補佐に就任し、第45回衆議院議員総選挙では綿貫民輔代表の選挙対策本部長を務めるが、綿貫は比例北陸信越ブロックで議席を獲得できず、落選した。

2010年2月、国民新党政務調査会長に就任。同年9月、菅第1次改造内閣総務大臣政務官に任命され、党政調会長を退任。菅第2次改造内閣野田内閣野田第1次改造内閣においても再任された。

2013年1月16日に国民新党を離党。同年2月14日に第23回参議院議員通常選挙に富山県選挙区から出馬せず、政界を引退して本業である医師に専念すると共に、参議院選挙では自民党より出馬予定の堂故茂氷見市長)を応援する意向を示した。堂故は森田と同じく綿貫門下にあたる[2]

政策・主張[編集]

  • 自ら医療に携わった経験から、日本の医療制度の問題にかかわる[3]
  • 2008年3月の日本銀行総裁に関する同意人事問題では、日銀総裁が不在となるリスクを懸念し、1度目の武藤敏郎、2度目の田波耕治の同意人事では棄権。また、3度目の同意人事の際は欠席している[要出典]
  • 2008年6月、池尾和人の日本銀行政策審議委員に関する人事採決の際、国民新党は「池尾氏は郵政民営化や小泉改革に賛成した人物だ」という理由で反対を表明した。森田もこれに賛成し「採決が通過した場合、統一会派からの離脱も辞さない」と述べ、国民新党と同調する方針を強調。これが契機となり、12月17日に国民新党へ正式に入党した。
  • みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会に参加しており、2010年8月15日終戦記念日靖国神社を参拝した(当時、森田は国民新党政務調査会長在職中)。また総務大臣政務官在任中、2010年10月19日の秋季例大祭に靖国神社を参拝。政務三役の参拝は、民主党中心の政権発足後初めてであった。2011年にも靖国神社に数度参拝している[要出典]
  • 現職の総務大臣政務官である森田が「国難のさなか、何の信念もなく政争をやる民主党は日本の恥。富山の有権者には二度と民主に投票すべきでないと言いたい」と発言した、と報道された[4]
  • 選択的夫婦別姓制度導入に反対[5]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国民新党:森田高参院議員の入党認める 毎日新聞 2008年12月17日
  2. ^ 残る任期、無所属で活動の森田議員…医師復帰へ 読売新聞 2013年2月14日閲覧
  3. ^ 世界岩波書店)2008年2月号
  4. ^ 富山新聞 2011年6月3日
  5. ^ http://www.ganbare-nippon.net/22_1.html

外部リンク[編集]

公職
先代:
長谷川憲正階猛小川淳也
日本の旗 総務大臣政務官
内山晃逢坂誠二と共同
浜田和幸逢坂誠二と共同
福田昭夫主濱了と共同
福田昭夫と共同
加賀谷健福田昭夫と共同
加賀谷健と共同
加賀谷健稲見哲男と共同
石津政雄稲見哲男と共同

2010年 - 2012年
次代:
北村茂男片山さつき橘慶一郎