岡部英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 岡部 英明
生年月日 1959年3月31日(55歳)
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
前職 茨城青年会議所会頭
世襲
父・岡部英男(元衆議院議員)
選出選挙区 比例北関東ブロック茨城5区
当選回数 1回
所属党派 自由民主党
テンプレートを表示

岡部 英明(おかべ ひであき、1959年3月31日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。父は衆議院議員、第77代茨城県議会議長を務めた岡部英男

経歴[編集]

茨城県立日立第一高等学校卒業、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。デンバー大学経営大学院留学。茨城青年会議所会頭を務める。

2003年第43回衆議院議員総選挙に父・英男の後継として茨城5区から自由民主党公認で出馬したが、民主党公認の大畠章宏に敗れ落選。2005年第44回衆議院議員総選挙では再び大畠に敗れるも比例北関東ブロックで復活し初当選。2009年第45回衆議院議員総選挙では三たび大畠に敗れ、比例復活もならず落選した。

2010年8月、自身の力不足を痛感したとして、次期総選挙に出馬せず、政界引退することを表明した[1]

政策・主張[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “自民・岡部氏 次期衆院選出馬せず”. 読売新聞. (2010年8月22日) 
  2. ^ 全面広告画像