杉田水脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 杉田 水脈
生年月日 1967年4月22日(47歳)
出身地 日本の旗兵庫県神戸市垂水区
出身校 鳥取大学農学部林学科
前職 地方公務員
世襲
選出選挙区 比例近畿ブロック兵庫6区
当選回数 1回
所属党派 日本維新の会
会館部屋番号 衆議院第1議員会館907号室
ウェブサイト 衆議院議員 杉田水脈(すぎたみお)公式webサイト
テンプレートを表示

杉田 水脈(すぎた みお、1967年4月22日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

兵庫県神戸市垂水区生まれ[1]親和中学校・親和女子高等学校を経て、1990年鳥取大学農学部林学科卒業後、積水ハウス木造入社。1992年西宮市役所入所。2010年、退職[2]

同年10月、みんなの党兵庫6区支部長に就任。その後、維新政治塾に参加し[3]2012年12月16日、第46回衆議院議員総選挙で兵庫6区に日本維新の会より出馬。自由民主党大串正樹に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し初当選した。

「水脈」は父親が万葉集からとった名前である[4]

政策・主張[編集]

  • 婚外子の相続における差別の撤廃に反対[5]最高裁判所が、2013年9月4日に相続において婚外子を差別する民法の規定が違憲であるとの判断を下した[6]ことに対し、「裁判官も人間なので、いつも正しい判断をするというわけではない。それに対して我々立法府が非常に無力であると感じている」と批判した[5]
  • 男女共同参画社会基本法に反対[5]
  • 女性差別撤廃条約に反対[5]
  • 日本の核武装については、今後の国際情勢によっては検討すべきとしている[7]
  • 日本のTPP参加に賛成[7]
  • 女性宮家の創設に反対している[7]
  • 日本維新の会が党内に設置した「歴史問題検証プロジェクト・チーム」の事務局長を務める[8]。2014年2月3日の衆議院予算委員会では、慰安婦問題に関する「河野談話」について、「反日の格好の情報発信源になっている」とし、談話を発表した当時の内閣官房長官だった河野洋平の参考人招致を要求した[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]