深谷隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記石井“隆”一.PNGと異なる可能性があります。
日本の旗元衆議院議員 深谷 隆司
生年月日 1935年9月29日(79歳)
出身地 日本の旗 日本 東京府東京市浅草区(現・東京都台東区浅草
出身校 早稲田大学第二法学部
学位・資格 法学士
前職 東京都議会議員
世襲
選出選挙区 旧東京8区→)
東京2区
当選回数 9回
所属党派 無所属→)
自由民主党山崎派
党役職 TOKYO自民党政経塾塾長
ウェブサイト ふかや隆司オフィシャルウェブサイト
テンプレートを表示

深谷 隆司(ふかや たかし、1935年9月29日 - )は、日本政治家。TOKYO自民党政経塾塾長。

衆議院議員(9期)、郵政大臣第52代)、自治大臣第47代)・国家公安委員会委員長第57代)、通商産業大臣(第6465代)、自由民主党総務会長(第39代)等を歴任した。

来歴・人物[編集]

東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草)に生まれ、のちに旧満州ハルピンへ一家で移住。第二次世界大戦敗戦後、日本へ引き揚げ、台東区立小学校内の引揚者住宅で育った。1954年、19歳で東京都立江北高等学校を卒業し、1956年に21歳で早稲田大学第二法学部法学科に入学する。1963年、早大在学中ながら台東区議会議員選挙に出馬し、初当選を果たした。1965年、早稲田大学第二法学部を卒業。1969年、2期目の途中で台東区議を辞職。東京都議会議員選挙に台東区選挙区から出馬し、当選。自由民主党に所属した。

1972年、都議会議員を辞職し、第33回衆議院議員総選挙保守無所属旧東京8区(定数3)から出馬し、当選(当選同期に小泉純一郎加藤紘一山崎拓石原慎太郎村岡兼造保岡興治瓦力三塚博越智通雄野田毅など)。のちに自民党に復党し、1976年第34回衆議院議員総選挙では自民党公認で再選をめざしたが、ロッキード事件のあおりを受け次点で落選した。1979年第35回衆議院議員総選挙では旧東京8区トップで返り咲きを果たす。1980年労働政務次官1982年総理府総務副長官に就任。1990年第2次海部内閣郵政大臣に任命され、初入閣した。

1993年細川内閣の成立により、自民党は1955年の結党以来、初めて野党に転落した。深谷は予算委員会筆頭理事に就任し、同じく予算委員会の理事に就任した野中広務と共に予算委員会で細川内閣を追及し、1994年5月23日の質疑では、創価学会名誉会長の池田大作ローマ法王に宛てた親書が、連立与党である公明党を通じ、首相の羽田孜イタリアを訪問した際に羽田によりバチカンに渡された疑惑を追及した。後年、深谷は東京都議会議員時代に美濃部亮吉都政で野党を経験したことが役立ったと述べている[要出典]

1995年村山改造内閣自治大臣国家公安委員会委員長に就任し、2度目の入閣。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年第41回衆議院議員総選挙では、東京2区旧民主党鳩山邦夫に敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活した。

1998年自由民主党総務会長に就任し、初めて党三役入りした。翌1999年、東京2区選出の鳩山邦夫が東京都知事選挙への出馬を表明し、衆議院議員を辞職。深谷は補欠選挙への出馬を模索するも、断念した(鳩山は石原慎太郎に敗れ、次点で落選した)。同年10月、小渕再改造内閣通商産業大臣に就任。2000年第42回衆議院議員総選挙では、東京2区で民主党中山義活に敗れ、比例復活もならず、現職閣僚でありながら落選した。そのため投票日の翌日からパリで開かれるOECDの閣僚理事会への出席を急遽取り止め、経済企画庁長官堺屋太一のみが出席した。2003年第43回衆議院議員総選挙でも落選。落選後、東洋大学大学院経済学研究科客員教授に就任。

2005年第44回衆議院議員総選挙の大きな争点の1つであった郵政民営化に関しては、自民党の郵政相経験者である野田聖子自見庄三郎八代英太らが反対を唱えて離党する中、早々に賛意を表明し東京2区から自民党公認で出馬。民主党の中山義活に比例復活すら許さない大差をつけて圧勝し、5年ぶりに国政へ復帰した。なお、自民党の内規では小選挙区で2回連続で敗退し比例復活も出来なかった候補者は公認を受けられないが、この総選挙は解散そのものが突発的に行われたため後継者の擁立もままならず、また深谷自身が自民党東京都連の幹部で候補者を選任する立場にあったため[要出典]、特例で立候補が認められた。

2007年第21回参議院議員通常選挙では、東京都選挙区から出馬した保坂三蔵の選挙対策本部長を務めるが、保坂は次点で落選した。2008年自由民主党総裁選挙では、同じ東京選出で72年衆院選当選同期である石原慎太郎の息子石原伸晃の推薦人代表を務める(石原は5人中4位で落選)。

2009年第45回衆議院議員総選挙では東京2区で中山義活に敗れ、落選。なお自民党は73歳以上の候補者の比例区への重複立候補を認めていなかったため、比例復活も実現しなかった[1]

2012年6月22日、党公認の条件である支部長選任の年齢制限に抵触することから、次期総選挙には出馬せず、引退を表明した。深谷は「潮時だ。なすべきことをなした後は自ら身を引き、次の世代に渡すことが天の道だ」と述べた[2]

エピソード[編集]

表彰等[編集]

  • 2005年 - 政経文化人画人展芸術議員連盟会長賞
  • 2006年 - 衆議院議員在職25年表彰
  • 2007年 - 政経文化人画人展国際芸術文化振興会副会長賞
  • 2010年 - 旭日大綬章

著書[編集]

  • 「時代に挑む-与党から野党へ、そして与党へ-」東都書房、1996年9月。
  • 「大臣日記」角川書店、1991年12月。
  • 「ちょっとアメリカ急ぎヨーロッパ-代議士の妻・聞き書き亭主のヨーロッパ便り-」朝日出版社、1989年1月。(共著)深谷慶子。
  • 「深谷隆司のさわやかトーク-あなたとこんにちわPart2-」サンケイ出版、1983年3月。
  • 「~江戸っ子議員世界を往く~世界のきょうと明日」行政通信社、1971年。
  • 「あなたとこんにちは-下町議員の一口評論-」行政通信社、1974年。
  • 「保革逆転-チリ軍事クーデターの意味するもの-」浪曼、1974年。

所属していた団体・議員連盟[編集]

参考文献[編集]

  • 山口朝雄「深谷隆司・全人像」行研出版局、1997年12月。

脚注[編集]

  1. ^ 【速報】東京2区で自民・深谷氏が落選確実 産経新聞 2009年12月31日
  2. ^ “深谷元通産相が引退表明 「次の世代に渡すのが天の道」”. 産経新聞. (2012年6月22日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120622/stt12062222200010-n1.htm 2012年6月24日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
与謝野馨
日本の旗 通商産業大臣
第64・65代:1999年 - 2000年
次代:
平沼赳夫
先代:
野中広務
日本の旗 自治大臣
第47代:1995年 - 1996年
次代:
倉田寛之
先代:
野中広務
日本の旗 国家公安委員会委員長
第57代:1995年 - 1996年
次代:
倉田寛之
先代:
大石千八
日本の旗 郵政大臣
第52代:1990年
次代:
関谷勝嗣
議会
先代:
丹羽雄哉
日本の旗 衆議院国家基本政策委員長
第8代:2006年
次代:
衛藤征士郎
先代:
上原康助
日本の旗 衆議院予算委員長
1996年 - 1997年
次代:
松永光
先代:
宮崎茂一
日本の旗 衆議院逓信委員長
1986年 - 1987年
次代:
塚原俊平
党職
先代:
森喜朗
自由民主党総務会長
第39代 : 1998年 - 1999年
次代:
池田行彦