二田孝治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 二田 孝治
生年月日 1938年5月4日(75歳)
出身地 秋田県
出身校 中央大学法学部法律学科
学位・資格 法学士
前職 秋田県議会議員
世襲
父・二田是儀(元衆議院議員)
選出選挙区 秋田1区
当選回数 7回
所属党派 自由民主党古賀派
テンプレートを表示

二田 孝治(ふただ こうじ、1938年5月4日 - )は、日本の元政治家自由民主党所属の元衆議院議員(7期)。父は元衆議院議員・第2代天王町長を務めた二田是儀。

来歴[編集]

秋田県生まれ。1963年中央大学法学部法律学科卒。佐々木義武衆議院議員秘書、秋田県議会議員(3期)を経て、1986年第38回衆議院議員総選挙で初当選し、以降7回連続当選。

その時からの佐藤敬夫とのライバル関係は有名である。ただし、1996年に小選挙区制度に移ってからは、4度中3回が比例代表からの選出で、2005年からは民主党寺田学に連敗を喫した。

内閣・衆院にて、農林水産政務次官、経済企画政務次官、文教委員長、内閣委員長、テロ対策委員長、党にて農林部会長、広報局長、副幹事長、団体総局長、広報本部長、宏池会副会長を歴任。

政治家の年金未納問題が注目された際に国民年金の未納が発覚した(1986年の衆議院議員初当選から18年間)[1]

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙で落選。その後2010年12月24日に次期総選挙への不出馬と事実上の引退を表明した。

人物[編集]

  • 当選7回の自民党議員でありながら、一度も入閣しなかった。同様の議員は他に仲村正治がいる。現職では、逢沢一郎木村義雄が当選7回以上の自民党議員でありながら入閣していない。

所属していた主な団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “自民二田氏が18年間未加入 寺田、御法川氏も”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年5月1日). http://www.47news.jp/CN/200405/CN2004050101001078.html 2013年8月22日閲覧。