江田憲司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 江田 憲司
Kenji Eda Sakado 20141203.JPG
生年月日 1956年4月28日(59歳)
出身地 日本の旗 岡山県岡山市
出身校 東京大学法学部
学位・資格 法学士
行政書士
前職 国家公務員通商産業省
桐蔭横浜大学客員教授
所属委員会 懲罰委員会
世襲
選出選挙区 神奈川8区
当選回数 5回
所属党派 自由民主党→)
無所属→)
みんなの党→)
(無所属→)
結いの党→)
維新の党
会館部屋番号 衆議院第2議員会館610号室
ウェブサイト 江田けんじNET
テンプレートを表示

江田 憲司(えだ けんじ、1956年4月28日 - )は、日本政治家通産官僚維新の党所属の衆議院議員(5期)。

維新の党代表(初代)、結いの党代表(初代)、みんなの党幹事長(初代)、内閣総理大臣秘書官橋本内閣)等を歴任した。

来歴[編集]

岡山県岡山市生まれ。父は警察官岡山大学教育学部附属中学校岡山県立岡山操山高等学校東京大学法学部卒業。大学在学中の1976年公務員試験及び旧司法試験の第二次試験択一式試験及び論文式試験に合格し、1979年には司法試験に合格したが、法律家の道には進まず、通商産業省(現経済産業省)に入省した。立地公害局、資源エネルギー庁大臣官房、生活産業局を経て、1987年から1年間、ハーバード大学国際問題研究所研究員を務める。帰国後は工業技術院、産業政策局総務課長補佐、資源エネルギー庁環境対策室長、通商政策局経済協力課企画官を経て、1994年村山内閣通商産業大臣であった橋本龍太郎の下で通商産業大臣秘書官事務取扱を務める。これがきっかけになり、1996年第1次橋本内閣の発足に際して内閣総理大臣秘書官(首席秘書官)に当時39歳で抜擢された。1998年、橋本の退陣により通産省へは戻らず、退官した。

2000年第42回衆議院議員総選挙神奈川8区から自由民主党公認で出馬したが、無所属の会前職の中田宏に4万票弱の大差で敗れ、落選した。落選後、自民党を離党し、2001年より桐蔭横浜大学客員教授2002年、中田宏の辞職(横浜市長選挙出馬)に伴う補欠選挙無所属で出馬し、自民党新人の山際大志郎らを破り初当選した。2003年第43回衆議院議員総選挙にも無所属で神奈川8区から出馬したが、約2千票差で民主党前職の岩國哲人に敗れ、落選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から無所属で出馬。小泉純一郎に先駆けて、1997年当時から提唱していた郵政民営化を選挙戦で訴え[1]、前回敗れた民主党の岩國哲人、自民党新人の福田峰之らを破り国政に復帰した。2007年第168臨時国会に際し、テロ対策特別措置法に基づく海上自衛隊の給油活動をはじめ安全保障政策に関する質問主意書を多く提出した。

2008年官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)を結成し、代表幹事に就任。2009年1月、自民党を離党した渡辺喜美の呼びかけにより政治団体「国民運動体」の立ち上げに参加。同年5月、国民運動体は「国民運動体 日本の夜明け」に改称し、この組織を母体に8月8日みんなの党が結党された。渡辺、江田に加え、民主党を離党した浅尾慶一郎、自民党を離党した山内康一広津素子が合流。同年8月の第45回衆議院議員総選挙では神奈川8区からみんなの党公認で出馬し、民主党新人の山崎誠を5万票超の大差で破り、3選。なお結党時の党役職は「パートナー(党務)」(幹事長相当)であったが、同年9月の役員名称の変更によりみんなの党幹事長に就任した。2012年第46回衆議院議員総選挙では神奈川8区からみんなの党公認で出馬し、自民党元職の福田峰之を6万票超の大差で破り、4選。

2013年8月、みんなの党幹事長を渡辺喜美代表の発議により解任される。同年12月、みんなの党に離党届を提出し、みんなの党を離党(離党届は受理されず、除名処分が下った)[2]。その後、江田を含む離党届を提出した13人に加え、江田が幹事長を解任された際に離党していた柿沢未途が合流して結いの党を結党し、代表に就任した[3]

2014年9月、結いの党・日本維新の会の合流により維新の党の結党に参加し、旧日本維新の会代表の橋下徹、旧結いの党代表の江田が、維新の党の共同代表に就任した[4]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙では、比例南関東ブロックへの重複立候補を辞退し、維新の党公認で神奈川8区から出馬[5]。自民党前職の福田峰之を4万票超の大差で破り、5選。選挙後、橋下が共同代表を辞任したため、共同代表の役職が廃止され、新設された代表に江田が就任した[6]

政策・主張[編集]

麻生政権[編集]

2008年9月、麻生内閣に関して自身の公式サイトに「今日から、一日も早い麻生政権打倒に向けて行動を起こそうと思う。なぜなら、麻生政権が続く限り、日本の将来はないと考えるからだ」と記した。その理由について、麻生太郎第2次橋本内閣マクロ経済上の影響を判断する責任者の経済企画庁長官を務めていながら、総裁選で「橋本政権で13兆円の目論み違いがあった。ここから学習しないのは愚かだ」と発言したことや、麻生の部下だった大来洋一が、麻生は「万事、よきにはからえ」だったと証言していること、麻生が政界入りする以前に社長を務めていた麻生セメントや麻生病院の経営を立て直したのは麻生の弟・であり、麻生が政界入りに際して経営から退いた時に父・太賀吉が「太郎が早く会社をやめてくれてよかった」と話したことなどを挙げ、麻生が日本を90年代の「失われた10年」に引き戻す危険性が極めて高いと批判した[7]

憲法[編集]

憲法改正[編集]

憲法改正論議において、自民党が環境権、財政規律条項、緊急事態条項の3項目について優先的に議論する方針を打ち出したことについては、「国民的な合意が得やすいところからやっていこうというのは一つのやり方だ」と述べ、理解を示している[8]

自主憲法制定[編集]

2014年5月24日東京都内で記者団に対し、合流を志向する日本維新の会結いの党の間で調整していた共通政策に「自主憲法制定」を盛り込む方針について、「自主憲法制定という言葉はイデオロギー色が強い。民主党をはじめ他の野党を含む再編を目指すうえで大きな障害になる」と述べ、反対意見を表明した[9]

集団的自衛権[編集]

2014年5月12日BS11のテレビ番組に出演し、自らが代表を務める結いの党及び日本維新の会の合流により結成される新党に関して、「新党の基本政策や綱領に『違うよ』と言って出て行く人は仕方ない」と述べ、憲法改正や集団的自衛権の行使容認をめぐり見解を異にする日本維新の会の所属議員は引き留めない考えを示した。また、集団的自衛権の行使容認について「本当に行使を容認しなければ国民の生活が脅かされるならば考えるが、個別的自衛権の範囲で対応できるのではないか」「意図を持って今は限定と言っているが、将来丸々集団的自衛権を認めたい勢力がいる。この際、蟻の一穴でも開けておこうと思っているのではないか」と述べ、行使容認に慎重な姿勢を示した[10]

消費増税[編集]

2014年11月9日消費税率の10%への引き上げを先送りする方針を決定した安倍晋三首相に対し、「これまでの方針の大転換だから、やはり国民に信を問うべきだ」と述べ、衆議院の解散による総選挙の必要性を主張した[11]。一方で、同年11月21日衆議院解散後には「何のための解散なのか、国民そっちのけ解散では?」と、安倍首相による衆議院の解散を批判した[12]

選択的夫婦別姓[編集]

民法改正による選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかといえば賛成[13]

年譜[編集]

テレビ出演[編集]

著書[編集]

人物[編集]

  • 趣味は「食べ歩き」「温泉旅行」。議員になる前は「テニス、スキー、ゴルフ」[14]
  • 家族は妻と男の子2人[14]

脚注[編集]

  1. ^ 経歴と実績 - 江田けんじNET
  2. ^ “みんな、江田氏を除名処分 その他の離党届け13人には辞職勧告”. 産経新聞. (2013年12月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131218/stt13121813270006-n1.htm 2014年12月31日閲覧。 
  3. ^ “結いの党旗揚げ 江田氏、再編へ「党解消も辞さず」”. 日本経済新聞. (2013年12月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1802E_Y3A211C1000000/ 2014年12月31日閲覧。 
  4. ^ “「維新の党」が結党大会 衆参53議員で船出”. 朝日新聞. (2013年9月22日). http://www.asahi.com/articles/ASG9P5R2CG9PPTIL00V.html 2014年12月31日閲覧。 
  5. ^ “維新、比例名簿を発表=近畿1位に小沢氏【14衆院選】”. 時事通信. (2014年12月1日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120100831 2014年12月31日閲覧。 
  6. ^ “橋下氏が維新共同代表を辞任、江田氏が代表に”. 産経新聞. (2014年12月23日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141223-00000538-san-pol 2014年12月31日閲覧。 
  7. ^ 今日から麻生政権打倒に立ち上がる(1)江田けんじNET2008年9月29日
  8. ^ “維新・江田氏、改憲3項目優先に理解”. 産経ニュース. (2015年3月12日). http://www.sankei.com/politics/news/150312/plt1503120045-n1.html 2015年4月26日閲覧。 
  9. ^ “結い・江田代表:自主憲法制定は野党再編の障害”. 毎日新聞. (2014年5月24日). http://mainichi.jp/select/news/20140525k0000m010033000c.html 2014年5月25日閲覧。 
  10. ^ “結い江田氏、石原氏念頭に「基本政策違うと出る人は仕方ない」 集団的自衛権行使容認勢力も批判”. 産経新聞. (2014年5月13日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140513/stt14051300030001-n1.htm 2014年5月18日閲覧。 
  11. ^ “「増税先送りなら解散を」維新・江田共同代表”. 産経新聞. (2014年11月9日). http://www.sankei.com/politics/news/141109/plt1411090008-n1.html 2014年12月31日閲覧。 
  12. ^ 2014年11月22日朝日 “「国民そっちのけ解散では」維新・江田代表”. 朝日新聞. (2014年11月22日). http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/elex/ASGCP62KRGCPUTFK01W.html 2014年11月22日朝日 2014年12月31日閲覧。 
  13. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  14. ^ a b 公式プロフィール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
共同代表制より
維新の党代表
初代:2014年 - 2015年
次代:
松野頼久
先代:
結成
維新の党共同代表
橋下徹と共同
初代:2014年
次代:
単独代表制へ
先代:
結成
結いの党代表
初代:2013年 - 2014年
次代:
維新の党
先代:
結成
みんなの党幹事長
初代:2009年 - 2013年
当初はパートナー(党務)
次代:
浅尾慶一郎