田嶋要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 田嶋 要
生年月日 1961年9月22日(52歳)
出身地 日本の旗愛知県名古屋市
出身校 東京大学法学部
ペンシルベニア大学ウォートン・スクール
学位・資格 法学士
MBA
前職 NTT従業員
所属委員会 法務委員会
世襲
選出選挙区 千葉1区
当選回数 4回
所属党派 民主党前原グループ
党役職 千葉県総支部連合会代表
国会対策副委員長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館1215号室
ウェブサイト 民主党 衆議院議員 千葉一区 たじま要
テンプレートを表示

田嶋 要(たじま かなめ、1961年9月22日 - )は、日本政治家民主党所属の衆議院議員(4期)、民主党千葉県連代表。元経済産業大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)。情報労連の組織内議員である。

概要[編集]

愛知県名古屋市生まれ。愛知県立旭丘高等学校東京大学法学部卒業。東大在学中は陸上ホッケー部に所属していた。東大卒業後、NTTに入社。その後、アメリカ合衆国ペンシルベニア大学ウォートン・スクールに留学し、MBAを取得。大前研一が主宰する一新塾の第11期塾生を経て、2003年第43回衆議院議員総選挙民主党公認で千葉1区から出馬。自由民主党前職で元法務大臣臼井日出男を破り、初当選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙では前回破った臼井日出男に敗れたが、比例南関東ブロックで復活し2選。2009年第45回衆議院議員総選挙では、臼井日出男の長男で元千葉県議会議員の臼井正一を破り、3選。同年11月、鳩山由紀夫内閣の下に設置された行政刷新会議の事業仕分け・第3ワーキンググループに参加した。

2010年9月、菅第1次改造内閣経済産業大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務める。経済産業大臣政務官在職中の2011年6月、原子力災害現地対策本部長に就任。同年9月の菅内閣総辞職まで福島県福島市において除染対策、避難住民の一時帰宅オペレーション等の指揮を執った。同年9月、民主党政策調査会副会長(経済産業部門会議座長)に就任。2012年2月より民主党千葉県総支部連合会代表。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では民主党公認、国民新党推薦で出馬。与党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、千葉1区で自民党の門山宏哲日本維新の会田沼隆志の猛追を受けるも次点の門山に約7,000票の差をつけ、4選。

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

政治資金[編集]

  • NTT労働組合アピール21の組織内候補者に選ばれており[2]、資料費の名目で3年間に750万円の寄付を、2009年には別枠で1000万円の寄付を受けている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院法務委員会2013年11月19日
  2. ^ [1]
  3. ^ NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入 2010年5月10日1時37分配信 産経新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
近藤洋介高橋千秋
日本の旗 経済産業大臣政務官
中山義活と共同

2010 - 2011
次代:
北神圭朗柳澤光美