不破哲三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
不破哲三
ふわ てつぞう
生年月日 1930年1月26日(84歳)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市中野区
出身校 東京大学
現職 日本共産党常任幹部会委員、党付属社会科学研究所所長
所属政党 日本共産党
称号 日本共産党名誉役員
日本共産党50年党員
親族 父・上田庄三郎
兄・上田耕一郎
配偶者 妻・上田七加子

選挙区 東京都第6区→)
比例東京ブロック
当選回数 10回
任期 1969年12月29日 - 2003年10月10日

任期 2000年11月24日 - 2006年1月14日

任期 1982年7月31日 - 1987年11月29日
任期 1989年5月29日 - 2000年11月24日
テンプレートを表示

不破 哲三(ふわ てつぞう、1930年1月26日 - )は、日本政治家日本共産党前中央委員会議長。元衆議院議員。現在、党中央委員会常任幹部会委員で、党付属社会科学研究所所長。“不破”はペンネームで本名は上田 建二郎(うえだ けんじろう)。東京大学理学部物理学科卒業。日本共産党元副委員長の上田耕一郎は実兄。『道ひとすじ 不破哲三とともに生きる』(中央公論新社)の著書上田七加子は妻[1][2]

来歴・人物[編集]

当時上田家には「跡取り」がいなかったため、父子共々養子として引き取られる。 両親は高知県の出身[3]

旧制東京府立第六中学校(現都立新宿高等学校)、第一高等学校を経て、東京大学理学部物理学科卒業。

1970年、40歳で日本共産党の書記局長に就任し[4]、当時マスコミから「共産党のプリンス」と呼ばれた。1974年1月29日の予算委員会では、日本分析化学研究所が実施していた放射能測定で、データがねつ造されていることを指摘した(「米原子力潜水艦放射能測定不正事件」)[5]

1982年宮本顕治が中央委員会議長になり、不破が幹部会委員長に就任した。1987年に心臓手術のため幹部会委員長を降り、中央委員会副議長になった。村上弘委員長退任後、幹部会委員長に復帰した。選挙で党の躍進が続いた頃、マスコミから「スマイリング・コミュニスト」(微笑する共産主義者)(1998年流行語大賞特別賞受賞)と呼ばれた[6]。1998年に、31年間対立・絶縁していた中国共産党との交流を再開した。

2000年の党大会で中央委員会議長に就任。2004年の党大会で全面的な綱領改定の提案をおこなった。2006年1月の党大会で高齢などを理由に議長職を退任し、党付属社会科学研究所の所長に就任した。

130冊以上の著作がある。また、「赤旗」の評論員論文・無署名論文の多くを執筆したともいわれる。

筆坂秀世の批判[編集]

日本共産党をセクハラ問題などで離党した筆坂秀世は、離党後行った共産党批判のなかで、不破が2000年に日朝国交正常化交渉で拉致問題を事実上棚上げにすることを求めた、と主張した。不破は、(拉致問題が疑惑だった段階では)それに応じた緻密な外交努力をするべきと主張したのであって、これを拉致棚上げの主張と非難するのは曲解である、と反論している[7]

経歴[編集]

名前の由来[編集]

  • 『私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言』の中で本人が「不破哲三」の由来について、自宅付近にあった塗装業者「不破建設」と、当時の職場である鉄鋼産業労働組合の「鉄」から名付けたと語っている。鉄鋼労連は総評系で日本社会党員(特に右派)が多数を占めていたため、機関誌「前衛」などへの寄稿の際このペンネームを使用していた。
  • 実兄・上田耕一郎は、一郎と二郎とで労農同盟を意味する命名であると語っている。(経済2004年1月号での鶴見俊輔との対談での発言)

エピソード[編集]

子ども向けのテレビ番組ウゴウゴルーガフジテレビ他)において政治家ではなく、登山の講師(「やまのぼりのえらいひと」)として出演したことがあるほど山登りが好き。[要出典]時代小説も好きで、少年時代はその方面での作家にもなりたかったと語っている[8]。またテレビ時代劇を愛好し、時代劇専門チャンネルを視聴している[9]

TBSクイズダービー』に、「野党の委員長と1年生議員大会」で、当時1年生議員の高崎裕子と出場し見事10万点を達成した。[要出典]

2010年、読売新聞の連載企画、「時代の証言者」で、「昔は軍国少年だった」と語った[10]

メガネが最も似合う各界の著名人として、1998年日本メガネベストドレッサー賞(政界部門)を受賞した[11]

著書[編集]

著書は140冊以上にのぼり、日本の政治家としては最も多い。消しクズが散らからなくてよいからと、早くからワープロでの執筆も始めている。回顧録を共産党とは対極の保守系出版社である新潮社から出版したことは話題になったが、本人は「それも面白いかな」と述べている。政治以外に山岳関係の著書もあり、両ジャンルの中から近年発刊されたものを掲載する。

政治


経済学
  • 『エンゲルスと「資本論」上』(新日本出版社 1997年)ISBN 9784406025027
  • 『エンゲルスと「資本論」下』(新日本出版社 1997年)ISBN 9784406025034
  • 『レーニンと「資本論」[1]―市場理論とロシア資本主義―』(新日本出版社 1998年)ISBN 9784406026116
  • 『レーニンと「資本論」[2]― 一九〇五年革命前後―』(新日本出版社 1999年)ISBN 9784406026369
  • 『レーニンと「資本論」[3]―マルクス主義論―』(新日本出版社 1999年)ISBN 9784406026642
  • 『レーニンと「資本論」[4]―戦争と帝国主義―』(新日本出版社 1999年)ISBN 9784406026840
  • 『レーニンと「資本論」[5]―一九一七年・『国家と革命』―』(新日本出版社 2000年)ISBN 9784406027236
  • 『レーニンと「資本論」[6]―干渉戦争の時代―』(新日本出版社 2000年)ISBN 9784406027595
  • 『レーニンと「資本論」[7]─最後の三年間─』(新日本出版社 2001年)ISBN 9784406028097
  • 『マルクスと『資本論』1 再生産論と恐慌 上』(新日本出版社 2003年)ISBN 9784406029711
  • 『マルクスと『資本論』2 再生産論と恐慌 中』(新日本出版社 2003年)ISBN 9784406029872
  • 『マルクスと『資本論』3 再生産論と恐慌 下』(新日本出版社 2003年)ISBN 9784406029933
山岳
文学

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「生きることも、愛することも、女にとっては革命です 瀬戸内寂聴×上田七加子」、『婦人公論』(2012年8月22日号)、中央公論新社 pp. 50p-55p
  2. ^ 読売新聞・本よみうり堂(『道ひとすじ 不破哲三とともに生きる』上田七加子著)
  3. ^ 『時代の証言者・不破哲三2』読売新聞、2010年11月2日付。
  4. ^ 「読売」連載に不破氏登場 来月から30回 「時代の証言者」”. しんぶん赤旗 (2010年10月25日). 2013年8月17日閲覧。
  5. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第十六章 (PDF)”. 2013年8月17日閲覧。
  6. ^ ユーキャン新語流行語大賞全受賞記録
  7. ^ 2006年4月19日(水)「しんぶん赤旗」「筆坂秀世氏の本を読んで」不破哲三(2013年8月2日閲覧)
  8. ^ 『私の戦後六〇年 日本共産党議長の証言』(新潮社 2005年)
  9. ^ 毎日新聞2008年8月4日付。
  10. ^ [時代の証言者]共産党・ 不破哲三(2)「神国」信じた軍国少年 読売新聞 2010年11月2日
  11. ^ 前回 第25回 日本 メガネ ベストドレッサー賞 ”. 国際メガネ展 IOFT. 2013年8月17日閲覧。]

関連項目[編集]

党職
先代:
宮本顕治
日本共産党議長
第3代 : 2000年 - 2006年
次代:
-
先代:
宮本顕治
村上弘
日本共産党委員長
第2代 : 1982年 - 1987年
第4代 : 1989年 - 2000年
次代:
村上弘
志位和夫
先代:
新設
日本共産党書記局長
初代 : 1970年 - 1982年
次代:
金子満広