阪神教育事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デモ隊を鎮圧する大阪市警

阪神教育事件(はんしんきょういくじけん)[1][2][3]は、1948年(昭和23年)4月14日から4月26日にかけて大阪府兵庫県で発生した在日朝鮮人日本共産党による民族教育闘争、大規模テロ、逮捕監禁・騒乱事件で、GHQは、戦後唯一の非常事態宣言を布告した。朝鮮人学校事件[4]、大阪での事件は大阪朝鮮人騒擾事件[5]、また神戸での騒乱事件は神戸朝鮮人学校事件[6]とも呼ばれる(その他の呼称については本項で記す)。

呼称[編集]

この事件の呼称は以下のように様々なものがある。

朝鮮人学校事件[4]在日朝鮮人学校事件[7]四・二四阪神教育事件[8][9]とも呼ばれる。

大阪事件[編集]

大阪府での騒乱事件は大阪朝鮮人騒擾事件[5]朝鮮人府庁乱入事件[10]、または大阪事件[11]とも呼ばれる。

1956年の『大阪市警察誌』では、「朝鮮人学校の閉鎖をめぐる騒じょう事件[12]と表記された。

神戸朝鮮人学校事件[編集]

神戸での騒乱事件は神戸朝鮮人学校事件[6][13][5][14][15][16]、または神戸事件[17][18][19]とも呼ばれる。

在日朝鮮人の運動としての呼称[編集]

この他、梶村秀樹[20]在日朝鮮人運動の観点からは阪神教育闘争[21][22]または四・二四阪神教育闘争[23]とも呼ばれる。他に阪神教育運動[24]神戸教育闘争事件[25]という言い方もある。

事件の発端[編集]

当時の民族教育

1947年(昭和22年)10月、連合国軍最高司令官総司令部総司令官ダグラス・マッカーサーは、日本政府に対して、「在日朝鮮人を日本の教育基本法学校教育法に従わせるよう」に指令した。

このころ在日朝鮮人の子供たちは、日本内地の教育により、朝鮮語の読み書きが充分にできなかったため、日本各地で国語講習会が開催され、文字と言葉を知ったものが先生となり、在日朝鮮人の子供たちに朝鮮語を教えた。教材は独自に作成された。国語講習会は在日本朝鮮人連盟(略称は朝連)事務所や工場跡地、地元の小学校校舎などを借りて開かれた。その後、国語講習会は朝鮮人学校に改組され、学校は全国に500数十校、生徒数は6万余人を数えた。

1948年1月24日文部省学校局長は各都道府県知事に対して、「朝鮮人設立学校の取扱いについて」という通達を出し、朝鮮人学校の閉鎖と生徒の日本人学校への編入を指示した(朝鮮学校閉鎖令)。

同年1月27日、朝連は第13回中央委員会を開催し、朝鮮学校閉鎖令に対し反対を表明した。さらに、「三・一独立運動闘争記念日」に合わせて、彼らの主観における「民族教育を守る闘争」を全国で展開するように訴えた。

大阪府兵庫県ではこの通達に基づき、朝鮮学校の閉鎖を命じた。阪神地区では、朝連の宋性澈が闘争、暴力事件の指導に当たった。在日朝鮮人・金太一が闘争中に警官に射殺されている。

事件の概要[編集]

大阪府[編集]

1948年4月23日9時、大阪府大阪城前の大手前公園で、朝鮮人学校弾圧反対人民大会が開催された。集会には在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余が集結した。16人の代表が選出され、大阪府庁舎で大阪府府知事との交渉を行うことになった。

12時30分、大阪府庁知事室において、副知事(知事は当日不在だった)と朝鮮人代表者16人との交渉が始まったが、合意には至らなかった。代表者はしばしば威圧的、脅迫的な言動を行った。

15時、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余の中から、シュプレヒコールが起こった。50人余の青年が行動隊を編成し、スクラムを組んで大阪府庁前の阻止線を組織的な暴力を駆使して突破した。

15時30分、行動隊に続いて、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余も大阪府庁に暴力で突入し、3階までの廊下を暴力で占拠した。副知事は警察官の誘導により、戦時中に作られていた地下道を通って脱出した。

17時ごろ、群衆は知事室になだれ込み、ドアや調度品を破壊するといったテロ活動をした。

日本共産党大阪地方委員会に派遣されていた増山太助は、川上貫一衆議院議員とともに知事室に駆けつけたが、どうにもできなかった。

夜、大阪城周辺の各所で在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人が篝火を焚いた。

朝連は、川上貫一を代表として交渉の場を作ろうとしたが、アメリカ軍や武装警官が到着した。その後、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人らは、武装警官隊と乱闘となり、在日朝鮮人のうち1人が死亡、20人が負傷した。警官側の負傷者は、それを上回る31人だった。179人が騒擾罪で検挙された。

4月25日、朝連や日本人約300人が大阪南警察署に押しかけ、逮捕者の釈放を要求、脅迫した。警官隊は、約300人に向けて威嚇射撃を行い追い返した。

4月26日、朝連は大阪東成区旭区などで「朝鮮人学校弾圧反対人民大会」を開催した。

午後、朝鮮人代表者と大阪府知事との間で再度交渉が行われた。

15時40分、別室に待機していた大阪軍政部のクレーグ大佐が、交渉の中止と、大手前公園に集結していた在日朝鮮人2万人の解散を指示した。

在日朝鮮人1600人のデモ隊が再び大阪府庁に向かい、武装警官隊の阻止線で投石を開始する暴力行為を行った。武装警官隊は消防車に放水をさせ、デモ隊に突入し拳銃で発砲した。在日朝鮮人金太一が死亡した。

検挙者は軍事裁判にかけられ、日本人9人と在日朝鮮人8人が重労働4年以下の判決を受けた。

阪神教育闘争の指導者の一人であった朴柱範は逮捕・投獄され、釈放された直後に死亡した。

事件解決後、大阪市警察局は、アメリカ陸軍第25師団司令部より感謝状が贈呈された。

兵庫県[編集]

アイケルバーガー司令官の神戸視察を報じた神戸新聞(1948年4月27日付)

1948年4月10日、兵庫県県知事岸田幸雄は、朝鮮人学校に対して、封鎖命令を出した。

4月14日、朝連は兵庫県庁を訪れ、岸田との交渉を要求した。言動はしばしば威圧的、脅迫的になった。

4月23日、警官隊とMPは、朝鮮人学校灘校と東神戸校を封鎖した。

4月24日、朝鮮人学校灘校と東神戸校の封鎖に抗議する在日朝鮮人や日本人が、兵庫県県庁前に集結した。

9時30分、兵庫県庁知事室で、岸田、神戸市市長小寺謙吉検事正ら15人は、朝鮮人学校閉鎖仮処分執行問題と、在日朝鮮人の抗議集会対策を協議した。朝連は兵庫県知事室での密談の情報を入手し、約100人の在日朝鮮人や日本人が兵庫県庁内に突入し、知事応接室を占拠して備品などを破壊するテロ行為をした後、壁を打ち破って知事室になだれ込み、岸田幸雄やMPを拉致監禁した。在日朝鮮人や日本人約100人は、電話線を切断するテロ行為を行って外部との連絡を絶ち、「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」などを、自由を奪った状態の岸田幸雄に強要した。

17時、岸田は、暴力的な威圧の下で「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」を誓約させられた。

22時、岸田、吉川兵庫県副知事、市丸検事正、田辺次席検事、出井兵庫県警察長、古山神戸市警察局長らは、占領軍兵庫県軍政部に集められた。

23時、兵庫県軍政部は「非常事態宣言」を発令した。これによって、全警察官はアメリカ軍憲兵司令官の指揮下に入った。兵庫県庁への乱入者の徹底検挙が命じられ、岸田幸雄が暴力的な威圧下で誓約させられた「学校閉鎖令の撤回」「朝鮮人学校閉鎖仮処分の取り消し」「朝鮮人学校存続の承認」「逮捕された朝鮮人の釈放」などは、脅迫によるものであったこともありすべて無効とされた。

4月25日早朝、アメリカ軍憲兵や日本警察官は兵庫県庁への乱入する集団テロの関係者の検挙を開始。

4月28日、非常事態宣言解除。

4月25日から4月29日までに、1590人もしくは7295人[26]が検挙された。日本共産党神戸市市議会議員堀川一知も検挙された。

検挙した者から主だった者を拘留し、23人を軍事裁判にかけた。日本人は堀川のみで、重労働10年の判決を受けた。在日朝鮮人には最高重労働15年の判決が出され、刑期終了後は本国に強制送還されることになった。

事件の決着[編集]

同年5月5日、朝連教育対策委員長と文部大臣との間で、「教育基本法と学校教育法を遵守する」「私立学校の自主性の範囲の中で朝鮮人独自の教育を認め、朝鮮人学校を私立学校として認可する」との覚書が交わされた。

脚注[編集]

  1. ^ 戦後革命運動事典編集委員会編『戦後革命運動事典』新泉社、1985年
  2. ^ 姜在彦『日本による朝鮮支配の40年』朝日新聞社、1992年
  3. ^ 多文化共生キーワード事典編集委員会編『多文化共生キーワード事典』明石書店、2004年
  4. ^ a b 法政大学大原社会問題研究所編『日本労働年鑑第24集 1952年版』時事通信社、1951年
  5. ^ a b c 尾崎治『公安条例制定秘史 戦後期大衆運動と占領軍政策』柘植書房、1978年
  6. ^ a b 布施柑治『布施辰治外伝 幸徳事件より松川事件まで』未来社、1974年
  7. ^ 日本近代史研究会編『近代日本史』国文社、1968年
  8. ^ 篠崎平治『在日朝鮮人運動』令文社、1955年
  9. ^ 金徳龍『朝鮮学校の戦後史』社会評論社、2004年
  10. ^ 大阪府警察史編集委員会『大阪府警察史 第3巻』大阪府警察、1973年
  11. ^ 警察庁警察史編さん委員会編『戦後警察史』警察庁長官官房、1977年
  12. ^ 大阪市行政局編『大阪市警察誌』大阪市、1956年
  13. ^ 『新修神戸市史 歴史編Ⅳ』神戸市、1994年
  14. ^ 原田勝正『昭和世相史』小学館、1989年
  15. ^ 兵庫県警察史編纂委員会編『兵庫県警察史 昭和編』兵庫県警察、1975年
  16. ^ 神戸新聞創刊85周年記念兵庫県大百科事典刊行委員会編『兵庫県大百科事典』神戸新聞出版センター、1983年
  17. ^ 警察庁警察史編さん委員会編『戦後警察史』警察庁長官官房、1977年
  18. ^ 瓜生敏雄『動乱と警察』慶応通信、1983年
  19. ^ 法政大学大原社会問題研究所編『社会・労働運動大年表 第3巻』労働旬報社、1986年
  20. ^ 梶村秀樹『解放後の在日朝鮮人運動(第5回朝鮮史セミナー夏期特別講座 )』神戸学生青年センター、1980年
  21. ^ 朴慶植・張錠寿・梁永厚・姜在彦『体験で語る解放後の在日朝鮮人運動』神戸学生青年センター、1989年。鄭鴻永『歌劇の街のもうひとつの歴史 宝塚と朝鮮人』神戸学生青年センター、1997年。歴史教科書在日コリアンの歴史作成委員会編『歴史教科書 在日コリアンの歴史』明石書店、2006年。金賢『現在がわかる!在日コリアン』九天社、2006年。文京洙『在日朝鮮人問題の起源』クレイン、2007年など。
  22. ^ 民族教育ネットワーク編『民族教育と共生社会 阪神教育闘争50周年集会の記録』東方出版、1999年
  23. ^ 金慶海編『在日朝鮮人民族教育擁護闘争資料集』明石書店、1988年。4.24を記録する会『4・24阪神教育闘争 民族教育を守った人々の記録』ブレーンセンター、1988年。梁永厚『戦後・大阪の朝鮮人運動』未来社、1994年
  24. ^ 金太基『戦後日本政治と在日朝鮮人問題』勁草書房、1997年
  25. ^ 姜徹『在日朝鮮韓国人史総合年表』雄山閣、2002年
  26. ^ 兵庫県警察史編纂委員会『兵庫県警察史 昭和編』では、1590人。公安資料では、7295人

参考文献[編集]

  • 宮崎学『不逞者』幻冬舎 幻冬舎アウトロー文庫、平成11年(1999年)、ISBN 4-87728-734-5
  • 神戸市警察史編集委員会『神戸市警察史』、昭和31年(1956年
  • 大阪府警察史編集委員会『大阪府警察史 第3巻』、昭和48年(1973年
  • 兵庫県警察史編さん委員会『兵庫県警察史 昭和編』、昭和50年(1975年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]