鴨下一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
鴨下 一郎
かもした いちろう
生年月日 1949年1月16日(65歳)
出生地 東京都足立区
出身校 日本大学医学部医学科卒業
日本大学大学院医学研究科博士課程修了
前職 医療法人青十字会理事長
現職 衆議院議員
所属政党 日本新党→)
新進党→)
無所属→)
自由民主党額賀派→無派閥)
称号 医学博士
医師
公式サイト かもした一郎

選挙区 旧東京10区→)
東京13区→)
比例東京ブロック→)
(東京13区→)
(比例東京ブロック→)
東京13区
当選回数 7回
任期 1993年 - 現職
所属委員会 国家基本政策委員会
議員会館 衆議院第1議員会館1023号室

日本の旗 第9・10代 環境大臣
内閣 第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
任期 2007年8月27日 - 2008年8月2日
テンプレートを表示

鴨下 一郎(かもした いちろう、1949年1月16日 - )は、日本政治家医師医学博士自由民主党所属の衆議院議員(7期)。

環境大臣(第910代)、厚生労働副大臣第1次小泉第1次改造内閣福田康夫改造内閣)、衆議院厚生労働委員長自民党国会対策委員長(第54代)、自民党幹事長特別補佐等を歴任。

来歴[編集]

東京都足立区青井生まれ。足立区立第四中学校東京都立足立高等学校卒業。中学・高校の2年先輩にビートたけしがいる。都立足立高校卒業後、日本大学医学部医学科へ進学。日本大学大学院医学研究科博士課程を修了し、医学博士の学位を取得。専門は心療内科で、医療に関する著書も多い。

1993年第40回衆議院議員総選挙日本新党公認で旧東京10区(定数5)から出馬し、公明党山口那津男に次ぐ2位で初当選。1994年羽田内閣環境政務次官に就任するも、羽田内閣はわずか64日で退陣に追い込まれた。同年末、日本新党が解党し、新進党結党に参加。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年第41回衆議院議員総選挙では東京13区から新進党公認で出馬し、再選。

1997年7月、新進党を離党し、同年12月に自由民主党に入党。2000年第42回衆議院議員総選挙では自民党公認で東京13区から出馬し、民主党城島光力らを破り3選(城島も比例復活)。2002年厚生労働副大臣に就任。2003年第43回衆議院議員総選挙では前回下した城島に敗れるも、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、4選。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、前回敗れた城島に比例復活すら許さない大差をつけ、東京13区で5選。2007年8月、安倍改造内閣環境大臣に就任し、初入閣を果たした。入閣後間もなく資産等報告書の記載の不備が発覚したが、安倍晋三首相が内閣改造からわずか1ヶ月余で辞意を表明したため、不祥事そのものがあまり注目されないまま終わった。当時は事務所費架空計上問題が騒がれ、安倍内閣農林水産大臣だった松岡利勝が自殺する事態にまで発展しており、新内閣で鴨下が再任されるかが一部で注目されたが、福田康夫内閣でも環境大臣に再任された。山岡賢次渡部恒三ら、民主党幹部にも資産等報告書の記載の不備が発覚したため民主党の追及も弱まり、鴨下への問責決議不信任決議は結局議題には上らなくなった。

2008年福田康夫改造内閣では、大臣経験者ながら再び厚生労働副大臣年金担当)に就任。しかし福田康夫首相も内閣改造から1ヶ月余で辞任し、福田の辞任を受けて行われた2008年自由民主党総裁選挙では、石破茂の推薦人代表を務めた。

2009年第45回衆議院議員総選挙では民主党新人の平山泰朗に東京13区で敗れたが、比例東京ブロックで復活し、6選。翌2010年山本有二が立ち上げた政策グループのぞみに参加。2011年、「日本の復興と再生を実現する議員連盟」の設立を呼びかけ、同議連の世話人に就任[1]。同議連には民主、自民、公明の各党から計162名の国会議員が参加した[2]

2012年自由民主党総裁選挙では、石破茂の推薦人代表を務める。2012年9月、安倍晋三執行部において幹事長代理に就任。同年12月、自民党国会対策委員長に就任。2013年10月11日、体調不良のため自民党国会対策委員長を辞任した[3]2014年2月17日、新設された幹事長特別補佐に就任[4]

政策・主張[編集]

  • ミサイル防衛構想に賛成している。
  • 年金・医療・介護を一体的に運用して利用者が選択するカフェテリア方式を主張している。
  • 2009年の臓器移植法改正では、自民党の根本匠、民主党の藤村修笠浩史らと共に「D案」の取りまとめに尽力した。

人物[編集]

  • 年金・医療をはじめ、自民党における社会保障政策の論客の1人。年金記録問題が国会で盛んに議論されるようになった2007年頃、年金問題に関してテレビ番組に出演した大村秀章片山さつきが視聴者、国民から不興を買ったため、党執行部は年金問題に関してテレビに出演する議員を鴨下一人に限り、鴨下以外の議員は年金問題関連で出演しないよう、所属議員に命じた[5]
  • 新進党時代から石破茂と親しく、2008年2012年の自由民主党総裁選挙ではいずれも石破の推薦人に名を連ねている。

不祥事[編集]

政治資金[編集]

  • 消費者金融(サラ金)など貸金業界の政治団体全国貸金業政治連盟」(全政連)から政治献金を受けていると日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」に報道された[6]
  • 環境大臣就任後の2007年9月5日、鴨下の政治資金管理団体が提出した1996年以降の政治資金収支報告書に記載されている金額に食い違いがあり、個人の資産等報告書(衆議院議長宛てに提出するもの)に記載された金額とも食い違いがあることや、東京都足立区に200平方メートル超の土地を所有していることが、1993年の初当選時から2007年まで、資産等報告書に記載されていなかったことなどが判明した[7]。この件が鴨下の進退問題にかかわる可能性について安倍晋三首相(当時)は、「記載ミスだったと聞いている。誤記であれば、それに当たらないのではないか」として、鴨下に辞任を求めない考えを示していた[8]が、野党からは資産等報告書の不備を理由に、鴨下に対して参議院問責決議案を提出すべきとの声も上がった[9]。鴨下の事務所では「借入金額を裏付ける書類が残っておらず、分からない」 とし、鴨下自身は「ずさんと言われれば、甘んじて受けなければならない。 反省している」と述べた[7]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

議会
先代:
山本幸三
日本の旗 衆議院消費者問題に関する特別委員長
2014年 -
次代:
現職
先代:
衛藤晟一
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2004年 - 2005年
次代:
岸田文雄
公職
先代:
若林正俊
日本の旗 環境大臣
第9・10代:2007年 - 2008年
次代:
斉藤鉄夫
先代:
西川京子岸宏一
宮路和明狩野安
日本の旗 厚生労働副大臣
2008年
2002年 - 2003年
次代:
大村秀章渡辺孝男
谷畑孝森英介
党職
先代:
浜田靖一
自由民主党国会対策委員長
第54代:2012年 - 2013年
次代:
佐藤勉