柿沢未途

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
柿沢 未途
かきざわ みと
Mito kakizawa.jpg
2010年11月16日、衆議院本会議で発言する柿沢未途
生年月日 1971年1月21日(43歳)
出生地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
出身校 東京大学法学部
前職 NHK記者
所属政党 無所属→)
民主党→)
(無所属→)
みんなの党→)
(無所属→)
結いの党→)
維新の党
称号 法学士(東京大学)
親族 父・柿澤弘治
公式サイト www.310kakizawa.jp

選挙区 比例東京ブロック→)
東京15区
当選回数 2回
任期 2009年8月30日 - 現職

選挙区 江東区選挙区
当選回数 2回
任期 2001年7月 - 2008年2月12日
テンプレートを表示

柿沢 未途(かきざわ みと、1971年1月21日 - )は、日本政治家維新の党所属の衆議院議員(2期)。党政務調査会長。元東京都議会議員(2期)。

父は、外務大臣衆議院議員山梨県知事特別顧問、自由党党首(柿澤自由党)を歴任した柿澤弘治。妻は東京都議会議員の野上ゆきえ(戸籍名:柿澤ゆきえ)[1]

来歴[編集]

大蔵官僚の父・柿澤弘治の赴任先のベルギーで生まれる。生後3ヶ月で日本に帰国。江東区立数矢小学校麻布中学校・高等学校東京大学法学部卒業。東大在学中は評論家の呉智英が主宰する論語の私塾「以費塾」にも通っていた。東大卒業後の1995年4月、NHKに入局。長野放送局に勤務し、長野オリンピックの報道にも携わった。1999年、弘治の東京都知事選挙[2]への出馬を契機にNHKを退職。2000年第42回衆議院議員総選挙で弘治が当選して国政に復帰したため、父の秘書を務める。

2001年6月、「東京12区構想」を掲げる無所属政策集団「1/2の会」を旗揚げ。同年の東京都議会議員選挙江東区選挙区から出馬し、初当選する。その後、民主党に入党し、2005年東京都議会議員選挙には民主党公認で出馬して再選された。同年8月、都議会民主党政調会長に就任(-2006年2月)。

2008年2月9日、知人と焼肉店で飲食後、首都高速道路酒気帯び運転による自損事故を起こし[3]、飲酒の発覚を免れようと雪を言われているが定かではない。2月12日に都議会議員を辞職、民主党を離党した[4][5][6]。その後、滋賀県にある臨済宗永源寺派大本山永源寺で修行を重ね、帰京後は食道癌に罹患した弘治の看病に携わった。

2009年8月、みんなの党に入党。第45回衆議院議員総選挙にみんなの党公認で東京15区から出馬し、小選挙区では、民主党の東祥三自由民主党木村勉の後塵を拝したが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、初当選。2012年第46回衆議院議員総選挙では、東京15区において民主党から日本未来の党へ鞍替えした東祥三や自民党の秋元司らを下し、初めて小選挙区で当選した。

みんなの党では江田憲司幹事長側近として活動し、政調会長代理を務めたが、江田が渡辺喜美代表との対立により2013年8月7日付で幹事長を解任されると、柿沢も政調会長代理を解任された[7]。同年8月23日、みんなの党へ離党届を提出[8]し、受理された。

2013年12月、結いの党が結党されると政策調査会長に就任。日本維新の会との合流へ向けて政策協議を進める。 2014年9月、日本維新の会結いの党が合流して、維新の党の結党にともない引き続き、政務調査会長となる。

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 12月7日付都政新報
  2. ^ 当選者は石原慎太郎。弘治の得票数は総投票数の10%を上回ったものの、6位で落選した。
  3. ^ “柿沢都議が飲酒事故 辞職意向”. 朝日新聞・夕刊: p. 18. (2008年2月12日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ “「自覚ない」民主にも批判 酒気帯び運転事故、柿沢都議辞職”. 朝日新聞・朝刊・東京都心: p. 27. (2008年2月13日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  5. ^ “柿沢都議が酒気帯び事故 議員辞職へ”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年2月12日). http://www.47news.jp/CN/200802/CN2008021201000224.html 2013年8月23日閲覧。 
  6. ^ “注目区をゆく・15区 個人戦 下町と近未来都市住民の票は誰に”. 産経新聞. (2012年12月6日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/121206/tky12120622090017-n1.htm 2012年12月31日閲覧。 
  7. ^ “みんなの党 亀裂決定的に 江田幹事長を更迭”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/08/07/kiji/K20130807006375170.html 2013年8月23日閲覧。 
  8. ^ “みんなの党の柿沢氏が離党届 代表が「出ていってくれ」と”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年8月23日). http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082301001433.html 2013年8月23日閲覧。 
  9. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
(結成)
維新の党政務調査会長
初代:2014年 -
次代:
(現職)
先代:
(結成)
結いの党政策調査会長
初代:2013年 - 2014年
次代:
(解党)