大村秀章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大村 秀章
おおむら ひであき
Hideaki Omura (2014.03.23) 5.jpg
生年月日 1960年3月9日(54歳)
出生地 愛知県碧南市
出身校 東京大学法学部
所属政党 自由民主党平成研究会)→)
無所属→)
日本一愛知の会
称号 法学士
公式サイト 大村ひであきOfficial Site

愛知県の旗 民選第17代 愛知県知事
当選回数 1回
任期 2011年2月15日 - 現職

選挙区 比例東海ブロック→)
愛知13区→)
比例東海ブロック(愛知13区)
当選回数 5回
任期 1996年10月20日 - 2011年1月14日
テンプレートを表示

大村 秀章(おおむら ひであき、1960年昭和35年)3月9日 ‐)は、日本政治家農水官僚愛知県知事(民選第17代)、日本一愛知の会会長(代表)、日本維新の会顧問。

衆議院議員(5期)、厚生労働副大臣麻生内閣)、内閣府副大臣安倍内閣)等を歴任。

来歴・人物[編集]

愛知県碧南市生まれ。愛知県立西尾高等学校東京大学法学部卒業。大学卒業後の1982年4月、農林水産省に入省する。

1986年林野庁企画課係長、1988年徳島市ニューフロンティア推進部長兼理事、1991年農林水産省経済局農業協同組合課課長補佐、1993年食糧庁企画課課長補佐(総括)。

衆議院議員[編集]

1996年第41回衆議院議員総選挙自民党公認で愛知県第13区から出馬。愛知13区では新進党公認の嶋聡に敗れるが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、初当選を果たした(当選同期に平沢勝栄河本三郎桜田義孝下村博文下地幹郎滝実棚橋泰文谷畑孝田村憲久戸井田徹など)。主な敗因は大村が碧南市の出身であるため、愛知13区の大票田である安城市での知名度不足であった。そのため選挙後に安城市篠目町に転居し、町内行事等に積極的に参加。また選挙事務所の本部を三河安城駅前に常設した。当選後は当時の橋本龍太郎首相の出身派閥である平成研究会に入会。4年後の2000年第42回衆議院議員総選挙では愛知13区で民主党の嶋聡を僅差で破り、再選(嶋も比例復活)。この時の大村・嶋の得票差はわずか339票であった。2001年4月、第1次小泉内閣で当選2回ながら経済産業大臣政務官に任命される。2002年9月、第1次小泉改造内閣内閣府大臣政務官に就任。2003年第43回衆議院議員総選挙では再び愛知13区で嶋を破るが、再度嶋に比例復活を許した。2005年第44回衆議院議員総選挙では自民党への強い追い風に乗り、愛知13区で嶋に大差をつけて4選。

2006年10月、自民党選挙対策総局次長に就任するが、同年12月28日渡辺喜美内閣府副大臣内閣府特命担当大臣就任に伴い、後任の内閣府副大臣に任命される(なお渡辺と大村は96年初当選の同期)。2008年麻生内閣厚生労働副大臣に就任。舛添要一厚生労働大臣の下、当時社会問題化していた派遣切りに対応し、年越し派遣村厚生労働省の建物(講堂)を開放する決定に携わった。2009年第45回衆議院議員総選挙では、愛知13区で民主党公認の大西健介に敗れ、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、5選。この選挙では、愛知県の全選挙区で民主党が議席を獲得し、比例復活した自民党の候補者も大村ただ1人であった。同年の自由民主党総裁選挙では河野太郎を擁立し、選挙対策本部の中核を占めるも、河野は谷垣禎一財務大臣に敗れた。なおこの総裁選で河野陣営に参加した大村や松本純新藤義孝菅義偉はいずれも96年初当選の同期である。2010年衆議院決算行政監視委員長に就任。

愛知県知事[編集]

2010年10月、名古屋市河村たかし市長から、翌2011年2月に実施される愛知県知事選挙への出馬を打診され[1]、11月13日には出馬の意向が報じられた[2]。これらの報道に対し、自民党からは「どうしても立候補すると言うなら、今の時点で離党してもらわなければいけない」(伊吹文明自由民主党幹事長)等の批判がなされた[3]。12月1日、自民党愛知県連から大村が愛知県知事選に出馬した場合の除名を求める上申書が党本部に提出された[4]。12月3日、大村は石原伸晃幹事長に離党届を提出し[5]、12月6日に正式な出馬表明を行った。12月8日、自民党党紀委員会は離党届を受理せず、反党行為により大村の除名処分を賛成10票・反対5票の賛成多数で決定した[6]。また、除名後も大村が選挙区支部を解散しなかったため、2011年7月、自民党本部が総務省に対して解散を届け出た。

12月21日、地域政党日本一愛知の会」の設立を発表[7][8]し、同会会長に就任した。2011年1月14日、横路孝弘衆議院議長に辞職願を提出し許可され、衆議院議員を辞職。大村の辞職により、望月義夫繰り上げ当選した[9]

2011年2月の愛知県知事選挙では、同日実施された名古屋市長選挙に立候補した河村たかし同様、県民税の10%減税を掲げ、愛知県知事選史上2番目に多い1,502,571票(得票率49.3%)を獲得して圧勝[10]。なお選挙戦では、自民党の菅義偉や河野太郎の支援も受けた。同年10月、愛知県知事選の公約であった県民税10%減税を断念し、実施を2014年度に先送りする意向を表明した[11]

2012年1月、政治塾「東海大志塾」の設立を発表し、塾長に就任した[12]。同年8月、政治団体「中京維新の会」を設立する意向を表明。橋下徹が設立した大阪維新の会に呼応する動きであったが、中京維新の会設立に減税日本代表の河村名古屋市長は強い不快感を示した[13]

政策[編集]

エピソード[編集]

刀匠麺を食べる大村秀章

不祥事[編集]

  • 2005年(平成17年)の衆議院選挙の際に、大村派選挙運動員として活躍していた当時の碧南市議が自らの後援会メンバーに接待を行った疑いで逮捕された[17]
  • 衆議院議員在職中、自民党愛知県第13選挙区支部長を務めていたが、2007年から2008年にかけて暴力団山口組と強い関係があるとして愛知県の公共工事入札から排除された人材派遣会社から、計24万円の政治献金を受けていたことが判明した[18]。大村自身は、「暴力団と関係があったとは知らなかった」と弁明している[19]

所属団体・議員連盟[編集]

テレビ出演[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “河村市長、自民・大村氏に愛知知事選出馬要請” (日本語). 読売新聞. (2010年10月16日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101016-OYT1T00126.htm 2010年11月13日閲覧。 
  2. ^ “河村市長が要請…自民・大村氏、愛知知事選へ” (日本語). 読売新聞. (2010年11月13日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101113-OYT1T00381.htm 2010年11月13日閲覧。 
  3. ^ 大村氏、知事選出馬なら離党を=自民・伊吹氏時事ドットコム 2010年11月18日
  4. ^ 選挙:愛知県知事選 自民県連、大村氏除名の上申書を提出--立候補意向を受け毎日jp 2010年12月1日
  5. ^ 自民・大村議員が離党届、愛知県知事選へ意欲YOMIURI ONLINE 2010年12月3日
  6. ^ 自民、知事選出馬の大村氏除名 党愛知県連は別候補擁立 - 共同通信 2010年12月8日配信記事
  7. ^ http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201101130035.html
  8. ^ 大村ひであき活動レポート大村ひであきblog 2010年12月21日
  9. ^ 衆議院:大村秀章氏が辞職 望月義夫氏が繰り上げ当選毎日jp 2011年1月14日
  10. ^ “大村氏へ秋波…愛知県議選、公認・推薦求めて”. 読売新聞. (2011年2月11日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110211-OYT1T00001.htm 2011年2月11日閲覧。 
  11. ^ 大村愛知知事:県民税減税、14年度に実施…規模は未定
  12. ^ 東海大志塾 大村ひであきオフィシャルサイト 2012年3月27日
  13. ^ 愛知県知事・大村秀章vs名古屋市長・河村たかし “中京維新”バトルの行方
  14. ^ 野田聖子「選択的夫婦別姓制度」2001年11月6日
  15. ^ 知事ら円高是正を要請 政府・日銀に 中日新聞 2011年7月29日
  16. ^ 復興債の日銀引き受け要請 知事会、円高阻止・デフレ脱却で SankeiBiz 2011年8月17日
  17. ^ 大村氏派運動員を逮捕 公選法違反容疑[リンク切れ]
  18. ^ 献金:組関係企業が愛知知事団体に24万円--07~08年 毎日新聞 2011年8月5日
  19. ^ 大村・愛知県知事:組関係企業献金「知らなかった」 毎日新聞 2011年8月5日
  20. ^ 「パチンコ・チェーンストア協会」(PCSA)
  21. ^ [1]

外部リンク[編集]