沖縄県知事一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

沖縄県知事一覧おきなわけんちじいちらん)は、1879年明治12年)3月の廃藩置県によって設置された沖縄県の歴代の県令、官選知事、米軍施政権下の政府首長を経て、現在に至る知事の一覧である。なお、米軍施政権下初期の宮古列島八重山列島の知事については、宮古民政府八重山民政府群島 (沖縄)を参照のこと。

特記事項[編集]

沖縄復帰特措法によれば、法的運用上、同じものが米軍統治移行前に存在していた場合にはその地位を引き継いでいると見做せるようになっており、沖縄県そのものについても米軍統治前にはあったことから、第3条によって他の都道府県同様事実上戦前から続いているものとして扱われる。従って、本項目においては官選時代の知事・県令についても扱う。

なお先島民政府知事については、先島地方も戦前は沖縄県の一部であったこと、米軍統治によって初めて登場したものであることから、別扱いとする。

県令[編集]

木梨精一郎 : 1879年明治12年)3月27日 - 1879年(明治12年)5月19日(県令心得)

  • 初代 鍋島直彬 : 1879年(明治12年)5月19日 - 1881年(明治14年)5月18日(初代県令)
  • 2代 上杉茂憲 : 1881年(明治14年)5月18日 - 1883年(明治16年)4月22日
  • 3代 岩村通俊 : 1883年(明治16年)4月22日 - 1883年(明治16年)12月21日
  • 4代 西村捨三 : 1883年(明治16年)12月21日 - 1886年(明治19年)4月27日
  • 5代 大迫貞清 : 1886年(明治19年)4月27日 - 1886年(明治19年)7月19日

官選知事[編集]

(以後、沖縄戦アメリカ合衆国による沖縄統治へ)

米軍統治下における諸職[編集]

沖縄諮詢会委員長[編集]

沖縄民政府知事[編集]

  • 志喜屋孝信 : 1946年4月24日 - 1950年11月3日

沖縄群島政府知事[編集]

臨時琉球中央政府行政主席[編集]

琉球政府行政主席[編集]

本土復帰後における公選知事[編集]

  • 初代 屋良朝苗 : 1972年(昭和47年)5月15日 - 1976年(昭和51年)6月24日
  • 2代 平良幸市 : 1976年(昭和51年)6月25日 - 1978年(昭和53年)11月23日
  • 3代 西銘順治 : 1978年(昭和53年)12月13日 - 1990年平成2年)12月9日
  • 4代 大田昌秀 : 1990年(平成2年)12月10日 - 1998年(平成10年)12月9日
  • 5代 稲嶺恵一 : 1998年(平成10年)12月10日 - 2006年(平成18年)12月9日
  • 6代 仲井眞弘多 : 2006年(平成18年)12月10日 - 現職
    2010年(平成22年)11月28日施行の選挙で再選。

関連項目[編集]