鈴木馨祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 鈴木 馨祐
生年月日 1977年2月9日(37歳)
出身地 イギリスロンドン
出身校 東京大学法学部卒業
前職 国家公務員財務省
世襲
選出選挙区 比例南関東ブロック→)
神奈川7区
当選回数 2回
所属党派 自由民主党麻生派
会館部屋番号 衆議院第1議員会館423号室
ウェブサイト 鈴木けいすけ 公式ホームページ ~I Believe in Japan~
テンプレートを表示

鈴木 馨祐(すずき けいすけ、1977年2月9日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)。

来歴・人物[編集]

東京大学法学部卒業後、大蔵省に入省。国際局総務課・開発政策課、福岡国税局勤務、ジョージタウン大学フェロー、ニューヨーク副領事、厚生労働省出向などを経て退官。

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙比例南関東ブロック単独で自民党から立候補し、初当選。2006年12月9日、麻生派(為公会)の旗揚げに参加。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙では、引退表明した同じ派閥の鈴木恒夫の後継者として神奈川7区から立候補(同じ苗字だが血縁関係はない)したが落選。

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙では、再度神奈川7区から立候補し当選、国政に復帰した。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 2005年の衆院選では、比例南関東ブロックの自民党名簿で杉村太蔵の一つ上の24位。将来の選挙のための名簿掲載という触れ込みで、選挙中はもっぱら越智隆雄候補の選挙運動などを手伝っていたが、自民党の大勝により期せずして「棚ぼた」当選を果たした。1年生議員ということもあり、TV取材などは基本的に辞退していた(ブログ2005年10月23日)という。
  • 東京大学時代はアメフト部ウォーリアーズに所属したが、負傷してボート部に移籍、対校エイトのクルーを務めた。
  • 開成高校時代はソフトボール部だった。運動会では組責任者だった。
  • 馨祐という字を初対面の人のほとんどが読めなかったらしい。

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 衆院選小選挙区 自民128人推薦 2009年8月7日公明新聞
  2. ^ 委員”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]