江渡聡徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
江渡 聡徳
えと あきのり
Akinori Eto cropped 2 Akinori Eto and Ashton Carter 20130317 1.jpg
生年月日 1955年10月12日(59歳)
出生地 日本の旗 青森県十和田市
出身校 日本大学法学部卒業
日本大学大学院法学研究科修了
前職 至誠会副理事長
所属政党 自由民主党
称号 法学修士(日本大学・1981年
公式サイト 江渡あきのり トップページ

日本の旗 第13代 防衛大臣
内閣 第2次安倍改造内閣
任期 2014年9月3日 - 現職

選挙区 青森県第2区
当選回数 5回
任期 1996年10月21日 - 2000年6月2日
2003年11月10日 - 2005年8月8日
2005年9月12日 - 2009年7月21日
2009年8月31日 - 2012年11月16日
2012年12月17日 - 現職
テンプレートを表示

江渡 聡徳(えと あきのり、1955年10月12日 ‐ )は、日本政治家学位法学修士日本大学1981年)。衆議院議員(5期)、防衛大臣第13代)。

社会福祉法人至誠会理事長防衛副大臣衆議院安全保障委員長などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

青森県十和田市生まれ。青森県立青森東高等学校日本大学法学部法律学科卒業。日本大学大学院法学研究科修士課程(公法学専攻)修了。1984年から社会福祉法人至誠会に勤務する傍ら、光星学院八戸短期大学講師を務める(~1995年)。1988年、至誠会副理事長に就任。

政治家として[編集]

2013年3月17日横田飛行場にてアメリカ合衆国国防副長官アシュトン・カーター(右)と

1996年第41回衆議院議員総選挙自由民主党公認で青森2区から出馬し、新進党公認の三村申吾を破り初当選。しかし、2000年第42回衆議院議員総選挙では、前回下した三村(無所属の会公認)に敗れ、比例復活もならず落選。落選後、至誠会理事長に就任。

2003年第43回衆議院議員総選挙に再び青森2区から出馬し、3年ぶりに返り咲く(前回当選した三村は青森県知事へ転じた)。2004年第2次小泉改造内閣内閣府大臣政務官に任命され、第3次小泉内閣まで務める。2005年第44回衆議院議員総選挙で3選。

2006年自由民主党総裁選挙では麻生太郎の推薦人に名を連ねる(ただし高村派会長の高村正彦安倍晋三を支持)が、麻生は安倍に敗れた。2007年安倍改造内閣で、自身が所属する高村派会長の高村正彦防衛大臣の下、防衛副大臣に任命され、福田康夫内閣でも再任された。

2008年自由民主党総裁選挙では再び麻生太郎の推薦人に名を連ね、麻生が自由民主党総裁に選出された。2009年第45回衆議院議員総選挙では、与党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、民主党公認の中野渡詔子を約12,000票差で破り、青森2区で4選(中野渡も比例復活で当選)。選挙に際し、青森県建設業協会の推薦を受けた。

2012年第46回衆議院議員総選挙に青森2区から出馬し、5選。同年12月26日に成立した第2次安倍内閣において、再度防衛副大臣に就任した。2013年10月、防衛副大臣を退任し、衆議院安全保障委員長に就任。なお前任の安全保障委員長であった武田良太は、入れ代わる形で防衛副大臣に任命された。2014年9月、第2次安倍改造内閣で初入閣を果たし、防衛大臣に就任した[1]。同時に、国務大臣としての所管事項として「国の存立を全うし国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備を推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[1]を担当することとなった。

政策・理念[編集]

憲法
憲法改正に賛成[2]集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[2]
外交・安全保障
日本の核武装について検討すべきでないとしている[2]
皇室制度
女性宮家の創設に反対[2]
環太平洋戦略的経済連携協定
日本のTPP参加に反対[2]

略歴[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「人事異動」『官報』号外特14号、国立印刷局2014年9月3日、1面。
  2. ^ a b c d e “2012衆院選 青森2区 江渡聡徳”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A02002003003 2014年9月3日閲覧。 
  3. ^ 国会議員懇談会会員リスト”. 神道政治連盟 (2013年10月25日). 2014年6月12日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
小野寺五典
日本の旗 防衛大臣
第13代:2014年 -
次代:
現職
先代:
木村隆秀
長島昭久
日本の旗 防衛副大臣
2007年 - 2008年
2012年 - 2013年
次代:
北村誠吾
武田良太
議会
先代:
武田良太
日本の旗 衆議院安全保障委員長
2013年 -
次代:
現職