山本左近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本左近
Sakon Yamamoto 2010 Motorsport Japan.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊橋市
生年月日 1982年7月9日(32歳)
F1での経歴
活動時期 2006-2007, 2010
過去の所属チーム '06 スーパーアグリ
'07 スパイカー
'10 HRT
出走回数 21
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 2006年ドイツGP
最終戦 2010年韓国GP
タイトル 0
テンプレートを表示

山本 左近(やまもと さこん 1982年7月9日 - )は、F1ドライバー。愛知県豊橋市出身。血液型:A型。フジテレビF1中継でのニックネームは「不屈の三河武士」。

経歴[編集]

国内レース[編集]

愛知県豊橋市で生まれる。愛知県豊橋市立青陵中学校、愛知県立豊橋南高等学校卒業。南山大学総合政策学部中退。

レーシングカート時代は1999年に全日本カート選手権FAクラスチャンピオンを獲得。2000年鈴鹿サーキットレーシングスクール (SRS-F) へ入校。2001年トムスより全日本F3選手権へ参戦しシリーズ4位。2002年はドイツF3選手権、2003年ユーロF3へ参戦。2004年はトムスより再び全日本F3へ参戦し、初優勝を記録(シリーズ7位)。

2005年は国内最高峰のフォーミュラ・ニッポンに昇格し、近藤真彦率いるKONDO Racingから参戦。SUPER GTでは片岡龍也とコンビを組み、GT500クラスにトムス・スープラ[1]で参戦。SUPER GT第4戦SUGOで初優勝を遂げた。フォーミュラ・ニッポン第8戦(ツインリンクもてぎ)では、チャンピオンを決めた本山哲を最後まで追い詰めての2位で初表彰台を獲得した。

2006年シーズン当初は、フォーミュラ・ニッポンは引き続きKONDO Racingより参戦。SUPER GTに関してはNISMOに移籍。ミハエル・クルムとともに参戦した。

F1/GP2[編集]

2005年[編集]

2006年イギリスGP

2005年10月のF1日本GPで、ジョーダンのサードドライバーとして参戦し1日目午前のフリー走行1回目を走行し、レギュラードライバーよりも速いタイムをマークした。

2006年[編集]

2006年6月のイギリスGPより急遽スーパーアグリF1チームのサードドライバーとして参戦し、ドイツGPからはフランク・モンタニーに代わってセカンドドライバーとして参戦した。

ドイツGPハンガリーGPイタリアGPではリタイアに終わるもラスト3戦(中国GP日本GPブラジルGP)では完走を果たす。なお、F1参戦に伴い、KONDO RacingとNISMOとの契約は解除された。

2007年[編集]

2007年イタリアGP

2007年はBCN CompeticionからGP2にフル参戦すると共に、スーパーアグリに残留しテストドライバーも務めた。ただ、ジェームズ・ロシターが同チームのテストドライバーとして参加してからはテストでも走行機会がなく、GP2への参戦とスーパーアグリの広報活動に専念していた。

しかし、スパイカーF1チームのレギュラードライバーであったクリスチャン・アルバースが同チームを解雇された後、その後釜として白羽の矢が立ち、第11戦より最終戦までのレギュラードライバー契約を結んだ。そのため、スーパーアグリはテストドライバー契約の解除に応じた。

なお、スパイカーのシート獲得に関しては、ナレイン・カーティケヤンクリスチャン・クリエンなどの経験豊富なライバルを蹴落としての契約であった。

2008年[編集]

2008年2月、ルノーF1とテストドライバー契約を結んだことが発表された。ルノーのテスト開発プログラムを担当するとともに、レースチームに全戦帯同している。ルノーはすでにルーカス・ディ・グラッシおよびロマン・グロージャンとテストドライバー契約を結んでおり、山本とのテストドライバー契約は3人目となる。なお、この契約の中には世界各地で行われる「ルノー・ロードショー」と呼ばれるデモランイベントでのドライブも含まれていた。

2008年7月16日、GP2シリーズへの復帰が発表され、ARTグランプリより第6戦ドイツ・ホッケンハイムから出走した。第7戦ハンガリー・ハンガロリンクのレース2で4位に入りGP2シリーズ初入賞。シリーズランキングは23位。

2009年[編集]

2008年-2009年のGP2アジアシリーズにメインシリーズで所属したARTグランプリよりフル参戦することが発表された。前年のチャンピオンチームから出走となり、エースカーであるカーナンバー1をドライブしていた。シリーズランキングは9位。なおこの年はF1チームとの契約及び参戦はなかった。

2010年[編集]

2010年ドイツGP

2010年HRT F1とテストドライバー兼リザーブレースドライバー契約を結ぶ。イギリスGPでは、レギュラードライバーであるブルーノ・セナに代わり山本が出走[2]。戦闘力が低い上に慣れないマシンために予選は24位と低迷したものの、2007年以来の決勝出走を果たし、20位で完走した。続くドイツGPからは、カルン・チャンドックの代わりに正ドライバーとして参戦することになった[3]

イタリアGPのピットイン時には、ロリポップが上がり、残りのピットクルーがマシンから離れた後も作業を行っていたメカニックが、山本がピットレーンから発進した際にリアウイングと接触し負傷するというアクシデントに見舞われた[4]。なおこのレースでは、23位からスタートし19位で完走した。第14戦シンガポールGPでは食中毒で欠場を余儀なくされ、山本の代役にクリスチャン・クリエンが務めることとなった[5](実際は別の要因であったといわれている[6])。

10月10日に行われた日本GPには2戦ぶりに出場、予選24位からスタートで完走扱いを除く完走者(ニコ・ロズベルグがタイヤ離脱でリタイヤも完走扱いで17位)の中では最後尾の16位ながら中盤にはティモ・グロックを十数周に渡ってブロックし続けるなど見所を作り、地元ファンを湧かせた。

第18戦ブラジルGPと、続く最終戦アブダビGPはクリエンと交代した。クリエンは第14戦シンガポールGPに代役出場した際、左近のスポンサーの1つがなかった為、クリエンの方がチームにとって大きな資金をもたらしたため言われており、終盤2戦の交代劇もこの影響があるものと考えられている[7]

なお、山本がヒスパニア・レーシングのシートを獲得した背景には500万ドル(約4億3500万円[8])ものスポンサーマネーが動いたと言われており[9]、豊富なスポンサー資金でシートを得たとする見方もある[6]。フジテレビの地上波放送では2010年シーズン参戦初戦のイギリスGPと、下位ながら見せ場を作った日本GPを除けば、小林可夢偉の陰に隠れほとんど取り上げられることはなかったが、ヒスパニア・レーシングの2011年シーズンにおける有力ドライバー候補に残るなどをしており、チームからは山本の金銭面以外の部分にも良い評価を勝ち得ていた[10]

2011年[編集]

2011年はHRTからのフル参戦の可能性もあったが、結局HRTはドライバーをナレイン・カーティケヤンヴィタントニオ・リウッツィに変更し、山本はHRTから放出される。その後リザーブドライバーとしてヴァージン・レーシングと契約した[11]。当初は3戦限定での契約であったが、その後のレースもリザーブドライバーとしてチームに帯同。また、F1イタリアGP中にミラノで開催されたF1ロックスにDJとして出演した。

その後[編集]

2012年は1月に開幕予定だった新カテゴリーi1スーパーカー・シリーズに参戦予定だったものの、2013年に開幕が延期となったため今季のレーススケジュールついては白紙となった[12]。5月8日には、地元である愛知県の豊橋市民球場で行われたプロ野球セ・リーグ公式戦「中日-ヤクルト戦」で始球式を務めた。

エピソード[編集]

  • 小学校に入学する頃、鈴鹿F1日本GPを観戦してレーサーに憧れるようになった。11歳の頃、「F1ドライバーの半分以上は12歳までにカートを始めている」という記事を読み、両親に土下座してレースを認めてもらった[13]
  • 高校時代にレコードを集めだしてからターンテーブルを手に入れ、プロレーサーになってからもDJを趣味としている[14]。腕前はプロ並みで、ミュージシャン達とクラブイベントに参加しているほか、F1の音楽イベント「F1ロックス」にも出演している。
  • 2008年6月には、セレブタレントとして知られるマリエと路上でキスしている写真が写真週刊誌フライデー』に掲載され話題となった[15]。元々マリエの父親が大手石油会社の国内代理店を経営しており、福田良など多くのドライバーの育成にも関わっていたところから知り合ったと言われている。
  • 現在はスペインに住んでおり、スペイン語を第2言語として使っている山本はヒスパニア・レーシングチーム代表であるコリン・コレスとスペイン語で会話をしている。また、英語に堪能との評価もある。
  • 2011年シーズンの開幕直前に起こった東日本大震災に際し、F1グランプリオーストラリアGP冒頭で、日本へ向けたメッセージとしてセバスチャン・ベッテルを筆頭に出場ドライバー24人の日本語によるメッセージビデオが放送された。このビデオの企画やメッセージ文の構成は山本によるものであり[16]、F1公式サイトを通じて全世界にも配信された[17]

レース戦績[編集]

SUPER GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2005 TOYOTA TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT500 OKA
6
FUJ
6
SEP
13
SUG
1
MOT
8
FUJ
7
AUT
Ret
SUZ
7
7位 43
2006 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
12
OKA
3
FUJ
9
SEP
SUG
SUZ
MOT
AUT
FUJ
21位 15

フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2005 KONDO RACING MOT
14
SUZ
Ret
SUG
Ret
FUJ
Ret
SUZ
4
MIN
8
FUJ
Ret
MOT
2
SUZ
11
10位 9
2006 KONDO RACING FUJ
6
SUZ
4
MOT
14
SUZ
AUT
FUJ
SUG
MOT
SUZ
11位 3.5

F1[編集]

所属チーム カーナンバー 獲得ポイント ランキング 決勝最高位・回数 表彰台回数 *予選最高位・回数
2006年
第12~18戦
スーパーアグリF1 23 0 19位 16位・2回 0回 19位・1回
2007年
第11~17戦
スパイカーF1 21 0 24位 12位・1回 0回 22位・7回
2010年
第10~17戦
ヒスパニアレーシング 20/21[18] 0 26位 15位・1回 0回 21位・1回

*予選順位はペナルティなどを反映した決勝グリッド

年度 チーム マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2006 スーパーアグリ SA06 BHR
MAL
AUS
SMR
EUR
ESP
MON
GBR
CAN
USA
FRA
GER
Ret
HUN
Ret
TUR
Ret
ITA
Ret
CHN
16
JPN
17
BRA
16
26位 0
2007 スパイカー F8-VII AUS
MAL
BHR
ESP
MON
CAN
USA
FRA
GBR
EUR
HUN
Ret
TUR
20
ITA
20
BEL
17
JPN
12
CHN
17
BRA
Ret
24位 0
2010 HRT F110 BHR
AUS
MAL
CHN
ESP
MON
TUR
CAN
EUR
GBR
20
GER
Ret
HUN
19
BEL
20
ITA
19
SIN
JPN
16
KOR
15
BRA
ABU
26位 0

GP2[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 総合順位 ポイント
2007 BCNコンペティション BHR
FEA

11
BHR
SPR

9
ESP
FEA

14
ESP
SPR

18
MON
FEA

Ret
FRA
FEA

11
FRA
SPR

13
GBR
FEA

16
GBR
SPR

Ret
EUR
FEA

13
EUR
SPR

11
HUN
FEA

HUN
SPR

TUR
FEA

TUR
SPR

ITA
FEA

ITA
SPR

BEL
FEA

BEL
SPR

VAL
FEA

VAL
SPR

30位 0
2008 ARTグランプリ ESP
FEA

ESP
SPR

TUR
FEA

TUR
SPR

MON
FEA

MON
SPR

FRA
FEA

FRA
SPR

GBR
FEA

GBR
SPR

GER
FEA

12
GER
SPR

NC
HUN
FEA

10
HUN
SPR

4
EUR
FEA

Ret
EUR
SPR

Ret
BEL
FEA

18
BEL
SPR

Ret
ITA
FEA

Ret
ITA
SPR

Ret
23位 3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スポンサーは当初ダイナシティだったが、シーズン途中でオープンインタフェースに交代。
  2. ^ 山本左近、ブルーノ・セナに代わってイギリスGPに参戦 - F1 Gate.com 2010年7月9日
  3. ^ 山本左近、カルン・チャンドックに代わってドイツGPに参戦 - F1 Gate.com 2010年7月17日
  4. ^ F1=イタリアGP、山本のマシンとメカニックが接触事故”. ロイター (2010年9月13日). 2011年1月10日閲覧。
  5. ^ “山本左近、食中毒でシンガポールGPを欠場 … 代役はクリエン”. F1 Gate.com. (2010年9月24日). http://f1-gate.com/sakon/f1_9266.html 2010年9月26日閲覧。 
  6. ^ a b “山本左近、シンガポールGP欠場は大人の事情?”. F1 Gate.com. (2010年9月25日). http://f1-gate.com/sakon/f1_9291.html 2011年3月23日閲覧。 
  7. ^ “クリスチャン・クリエン 「山本左近の代役は一戦限り」”. F1 Gate.com. (2010年9月27日). http://f1-gate.com/klien/f1_9340.html 2011年3月23日閲覧。 
  8. ^ 2010年7月下旬での為替相場 = 1ドル約87円でのレート換算
  9. ^ “Yamamoto set to keep HRT seat for Hungary”. motorsport.com. (2010年7月26日). http://old.motorsport.com/news/article.asp?ID=379438?ID=379438 2011年3月23日閲覧。 
  10. ^ “山本左近、それでもヒスパニア・レーシングの有力候補”. FMotorsports F1. (2011年1月12日). http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/247385/0/66648798 2011年3月23日閲覧。 
  11. ^ “山本左近、ヴァージンとリザーブドライバー契約”. F1 Gate.com. (2011年3月23日). http://f1-gate.com/sakon/f1_11175.html 2011年3月23日閲覧。 
  12. ^ 「レース延期」 公式ブログ「From左近」(2012年2月4日)より。2012年7月16日閲覧。
  13. ^ "山本左近". 覚悟の瞬間. 2013年8月13日閲覧。
  14. ^ DJ KAWASAKI×F1レーサー 山本左近 音楽対談(2)”. LOUNGE INTERVIEW. Web Magazine OPENERS. pp. 2/3 (2010年9月3日). 2012年1月29日閲覧。
  15. ^ マリエ&F1左近、路上で熱烈キス - MSN産経ニュース
  16. ^ 「この一ヶ月」本人公式ブログ「From左近」(2011年4月12日)より 2012年7月16日閲覧。
  17. ^ Video - Formula One racing pays tribute to Japan該当部分は動画の7:20頃から。2012年7月16日閲覧。
  18. ^ セナ、チャンドックの双方のマシンをシェアする為、車番が異なる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]