松井一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
松井 一郎
まつい いちろう
Ichiro Matsui Ishin IMG 5775 20130713.JPG
2013年7月撮影
生年月日 1964年1月31日(50歳)
出生地 大阪府八尾市
出身校 福岡工業大学工学部
前職 大阪府議会議員
現職 大阪府知事
所属政党 自由民主党→)
大阪維新の会→)
日本維新の会
公式サイト MATSUI ICHIRO OFFICIAL HOME PAGE

大阪府の旗 民選第18代 大阪府知事
当選回数 1回
任期 2011年11月28日[1] - 現職

当選回数 3回
任期 2003年4月30日 - 2011年11月10日
テンプレートを表示

松井 一郎(まつい いちろう、1964年1月31日 - )は、日本政治家大阪府知事(民選第18代)。日本維新の会幹事長。大阪維新の会幹事長。前大阪府議会議員(3期)。住之江競艇の照明・電気設備関係の工事・保守を一手に請け負う株式会社大通の元代表取締役。父は大阪府議会議長(1996年)を務めた松井良夫。

経歴[編集]

大阪府八尾市で幼少期を過ごす。不祥事を起こして大阪工業大学高校を退学となり、笹川良一が関係する福岡工業大学附属高等学校編入1986年(昭和61年)3月に福岡工業大学工学部電気工学科卒業。松井は少年期の素行の悪さをツイッター上で告白し、しかしその結果で福岡で一人暮らしをした経験が人間的に成長させたと書いている。

関西電力グループのきんでん勤務などを経て、2003年(平成15年)4月13日実施の第15回統一地方選挙において大阪府議会議員選挙に八尾市選挙区から自由民主党の公認を得て立候補し、初当選。以来当選3回。

松井は自民党大阪府議団の政調会長まで務めたがWTC府庁移転問題を機に自分と考えが違うと言う理由で「自民党維新の会」を結成した。

2010年(平成22年)に橋下徹が代表を務める地域政党大阪維新の会に参加して、幹事長に就任。2012年(平成24年)には国政政党日本維新の会に参加して、幹事長に就任した。

大阪府知事選出馬[編集]

2011年(平成23年)4月10日第17回統一地方選挙で、松井は橋下徹を市長選挙に出るように説得したが「やるんやったら、知事選には松井先生です。そのパターンでなかったら出ません」と口ではなく行動で示すように言われた。松井は「無理やで」と拒否し続けたが、今度は橋下に説得された。

2011年10月22日の未明に大阪府知事の橋下は府議会議長に10月31日付での辞職願を提出して、大阪府知事の座から退くことを表明した。これにより、任期満了に伴う大阪市長選挙と橋下の辞職に伴う大阪府知事選挙が同年11月27日同日選として実施されることになった[2]

10月23日に松井は橋下と共同で会見を行い、橋下が大阪市長選挙に立候補して、松井が橋下の後継として大阪府知事選挙に立候補することを発表[3]。それに伴い、大阪維新の会大阪府議会議員団幹事長を退任した[4]

11月10日大阪維新の会公認候補として立候補を届け出た。それに伴い大阪府議会議員を自動失職した。

11月27日に大阪府知事選挙にて、前池田市長の倉田薫らを破り初当選。翌日、選挙管理委員会による当選の告示があり第18代大阪府知事に就任した[5][1]。大阪府知事としては初の大阪府議会議員出身者であり、また大阪府出身の人物が知事に就任するのは岸昌以来となる。

橋下徹との関係[編集]

  • 元府議会議長だった父の代から、橋下徹の実父や叔父と関係が深い[6]
  • 自民党府議時代の盟友・西野茂は橋下徹の従兄弟を秘書にしていた[6]

発言[編集]

  • 2012年(平成24年)6月11日、前日に大阪市内で発生した通り魔事件の被疑者が自殺に失敗した後に犯行に及んだことについて、「『死にたい』と言うんだったら自分で死ねよと。人を巻き込まずに自己完結してほしい」と述べた[7]
  • 2014年1月17日 - 松井が属する大阪維新の会が推進する大阪都構想に関して、その特別区設置協議会(法定協)の会合が行われた。都構想反対の立場に立つ花谷充愉(自民党大阪府議会議員団幹事長)との討論が行われる中、松井は突然激昂し、花谷に指を突きつけながら「どうするんや。答えろや! 答えてみぃや!」と怒号を浴びせた[8]

出典[編集]

  1. ^ a b 平成23年(2011年)11月28日大阪府選挙管理委員会告示第176号「平成23年11月27日執行の大阪府知事選挙における当選人の決定」:『大阪府公報』 平成23年(2011年)11月30日 第3510号
  2. ^ “橋下知事が辞職願 大阪市長選に出馬表明、ダブル選へ”. 朝日新聞. (2011年10月22日). http://www.asahi.com/national/update/1022/OSK201110210203.html 2011年10月24日閲覧。 
  3. ^ “行政と渡り合えるのは松井氏だけ…橋下氏が擁立”. 読売新聞. (2011年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20111023-OYT1T00616.htm 2011年10月24日閲覧。 
  4. ^ “(22日)「市長選出ます」橋下知事宣言 平松市長「大阪都はまやかし」”. 産経新聞. (2011年10月23日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111023/waf11102308070002-n1.htm 2011年10月26日閲覧。 
  5. ^ “橋下、松井両氏に当選証書=本人欠席、代理人受け取る-大阪ダブル選”. 時事通信. (2011年11月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011112800323 2011年11月28日閲覧。 
  6. ^ a b 橋下徹42歳 書かれなかった「血脈」(週刊文春 2011年11月03日号 pp.26-29 )
  7. ^ “大阪知事、通り魔に「死にたいなら自分で死ね」”. 読売新聞. (2012年6月11日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120611-OYT1T00224.htm 2012年6月11日閲覧。 
  8. ^ 「答えろや! 答えてみぃや!」松井知事の怒号 自民府議との激論でヒートアップ産経新聞 2014年1月18日9時24分配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
橋下徹
大阪府の旗 大阪府知事
民選第18代:2011年 -
次代:
(現職)
党職
先代:
(結成)
日本維新の会幹事長
初代:2012年 -
次代:
(現職)
先代:
(結成)
大阪維新の会幹事長
初代:2010年 -
次代:
(現職)