血のメーデー事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
血のメーデー事件
Bloody May Day Incident2.JPG
日付 1952年昭和27年)5月1日
概要 第23回メーデーにおいて暴徒化したデモ隊と警察部隊とが衝突した。
攻撃手段 投石棍棒竹槍
死亡者 1名(デモ隊)
負傷者 デモ隊200名、警察隊750名(1956年1月に頭部打撲の後遺症で1名が死亡)
防御者 警視庁予備隊
対処 催涙剤拳銃を使用

血のメーデー事件(ちのメーデーじけん)は、1952年昭和27年)5月1日(木曜日)に東京皇居外苑で発生した、デモ隊警察部隊とが衝突した騒乱事件である。事件は一部の左翼団体暴力革命準備の実践の一環として行われたものと見られている[1]。戦後の学生運動で初の死者を出した。

概要[編集]

デモ隊によって転倒させられた自動車

GHQによる占領が解除されて3日後の1952年(昭和27年)5月1日、第23回メーデーとなったこの日の中央メーデーは、警察予備隊についての「再軍備反対」とともに、「人民広場(注:皇居前広場)の開放」を決議していた。本来のデモ隊の解散予定であった日比谷公園から北朝鮮旗を翻した朝鮮人を含む一部のデモ隊がそのまま皇居前広場に乱入するなど暴徒化して混乱は午後5時半ごろまで続いた。

この日、行進を行ったデモ隊の内、日比谷公園で解散したデモ隊の一部はその中の全学連左翼系青年団体員に先導され、朝鮮人日雇い労務者らの市民およそ2,500名がスクラムを組んで日比谷公園正門から出て、交差点における警察官の阻止を突破して北に向い、その途中では外国人(駐留米国軍人)の自動車十数台に投石して窓ガラスを次々に破壊しながら無許可デモ行進を続け、馬場先門を警備中の約30名の警察官による警戒線も突破して使用許可を受けていなかった皇居前広場になだれ込んだ[1][2]。これに対し警視庁は各方面予備隊に出動を命じた。

乱入したデモ隊は二重橋前付近で警備していた警察官約250名に対し指揮者の号令で一斉に投石したり、所持していた棍棒竹槍で執拗な攻撃を繰り返して警察官1名を内堀に突き落とし、他の多くの警察官も負傷する状態に至り警察部隊は止むを得ず後退を始めた[1]。応援の予備隊が到着してその総数は約2,500名となったがデモ隊は数を増して約6,000名となった上、組織的な攻撃も激しくなった[1]。警察部隊は催涙弾を使用したが効果は上がらず、警察官の負傷者が増加したため、身体・生命の危険を避ける目的で止むを得ず拳銃を発砲し、ようやくデモ隊は後退を始めた[1]

この間にもデモ隊は警察官3名を捕え、棍棒で殴打して重傷を負わせ外堀に突き落とし、這い上がろうとする彼らの頭上に投石した[1]。同時に別のデモ隊は外国人自動車等に棍棒、石ころを投げ、駐車中の外国人自動車十数台を転覆させて火を放ち、炎上させた[1]。デモ隊と警察部隊の双方は激しく衝突して流血の惨事となった。デモ隊側は死者1名[3]、重軽傷者約200名[1]、警察側は重軽傷者約750名(重傷者約80名が全治三週間以上、軽傷者約670名。さらに1956年1月に頭部打撲の後遺症法政大学学生1名が死亡)、外国人の負傷者は11名に及んだ。

当日は警察予備隊の出動も検討されていたが、一般警察力によって収拾されたため、出動を命じられるには至らなかった[4]。出動した警視庁予備隊は後の機動隊であり、警察予備隊とは異なる。

その後の経過[編集]

デモ隊からは1232名が逮捕され、うち261名が騒擾罪の適用を受け起訴された。裁判検察側と被告人側が鋭く対立したため長期化し、1970年(昭和45年)1月28日東京地裁による一審判決は、騒擾罪の一部成立を言い渡したが、1972年(昭和47年)11月21日東京高裁荒川正三郎裁判長)による控訴審判決では、騒擾罪の適用を破棄、16名に暴力行為等の有罪判決を受けたほかは無罪を言い渡し、検察側が上告を断念して確定した。

国会では事件直後から事件の責任をめぐり与野党間で激しい応酬があり、6月には相次ぐ騒乱事件の対処不手際や破壊活動防止法案・集団示威運動等の秩序保持に関する法律案の制定企図に反対する立場から衆議院木村篤太郎法務総裁不信任案が提出されたが、否決された[5]

なお、同時期に起こった公安警察による事件でっち上げ(菅生事件)などの煽りを受け事件発生の5ヵ月後に行われた総選挙日本共産党は全議席を失った。同水準の議席数を回復したのは1970年代のことであった。

事件を題材にした作品[編集]

小説[編集]

映画[編集]

絵画[編集]

アニメ[編集]

  • クロノクルセイド』 - 最終回で、主人公の死後に起きた予言通りの事件の一つとして描かれている。

ノンフィクション[編集]

  • 岡本光雄『メーデー裁判』(メーデー事件被告団、1958年)

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 第13回国会本会議において木村篤太郎法務総裁より事件の概況、被害状況、その後の取締り及び背後関係に関する陳述がなされている(第13回国会 本会議 第38号”. 衆議院 (1952年5月6日). 2009年5月25日閲覧。
  2. ^ なお、国の拒否回答を不服とした提訴に対し使用容認判決が出されており、許可申請があれば拒否出来なかった政府は控訴していた。
  3. ^ 警察の拳銃発砲によるものであるが、これはデモ隊の襲撃によって自己または他人の生命、身体に対する急迫不正の侵害に対する防衛のためなされたものと認められた(第13回国会本会議における木村篤太郎法務総裁説明)。
  4. ^ 第13回国会本会議 警察予備隊担当国務大臣大橋武夫答弁。
  5. ^ 第13回国会会議録 衆議院本会議 第52号(昭和27年6月10日)など。
  6. ^ 色川大吉『カチューシャの青春 昭和自分史』(小学館、2005年)。

関連項目[編集]