小池晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小池 晃
こいけ あきら
Akira Koike.jpg
生年月日 1960年6月9日(53歳)
出生地 東京都世田谷区
出身校 東北大学医学部
前職 医師
所属政党 日本共産党
称号 医学士
公式サイト 小池晃 Koike Akira

選挙区 比例区
当選回数 3回
任期 1998年7月26日 - 2010年7月25日
2013年7月29日- 現職
議員会館 参議院議員会館1208号室
テンプレートを表示

小池 晃(こいけ あきら、1960年6月9日 - )は、日本政治家医師参議院議員(3期)、日本共産党中央委員会政策委員長(政策責任者)、党副委員長、常任幹部会委員。日本共産党参議院議員団長、参議院幹事長を務めた。

来歴[編集]

東京都世田谷区生まれ。東京教育大学附属駒場高等学校東北大学医学部卒業。

大学在学中の1984年(昭和59年)、全国医学生自治会連絡会議(医学連連)委員長として全日本医学生自治会連合(医学連)の再建に努め、翌年、全日本学生自治会総連合(全学連)副委員長、国際部長を務める。

大学卒業後、健康文化会小豆沢病院、医療法人社団北病院を経て、1997年(平成9年)10月から代々木病院に勤務する。1998年(平成10年)、全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)理事に就任した。

1998年(平成10年)7月、第18回参議院議員通常選挙に日本共産党公認で比例区から出馬し、初当選。2004年(平成16年)1月、日本共産党常任幹部会委員、政策委員会責任者(政策委員長)に就任。同年7月、第20回参議院議員通常選挙で再選。その後、党参議院幹事長に就任。2007年(平成19年)には、党参議院議員団長にも就任した。

2010年(平成22年)の第22回参議院議員通常選挙には比例区ではなく、東京都選挙区(定数5)から立候補する意向を表明。共産党は緒方靖夫の引退以来、衆参共に選挙区での議席を有しておらず、そのため緒方の選出選挙区であった東京都選挙区での議席を奪還するため、知名度の高い小池が選挙区に回ったが(当初、同選挙区からの出馬を予定していた田村智子が比例代表に鞍替えした)[1][2]タリーズコーヒージャパン創業者でみんなの党公認の松田公太に約10万票及ばず、次点(6位)で落選し、議席奪還は出来なかった(田村智子は比例区で当選)。

なお小池の立候補表明に際し、超党派革新無党派市民を中心に「小池晃さんを応援する市民勝手連Q」が設立された。これは同選挙区に護憲派有力候補がいなかったことが背景にある(社民党は独自候補を擁立した)。

2011年(平成23年)2月、東京都知事選挙革新都政をつくる会から要請を受け、同会を選挙母体とする無所属日本共産党推薦)で立候補したが、4選をめざした現職石原慎太郎、元宮崎県知事・東国原英夫ワタミ元会長・渡邉美樹(いずれも無所属)に次ぐ4位で落選[3]。得票率が10.4%であったため、供託金の没収は免れた。 2013年(平成25年)1月開催の第6回中央委員会総会で、党副委員長の兼任が決まる。同年7月の第23回参議院議員通常選挙で比例区から出馬し党内1位で当選、国政に復帰した。

政策・主張[編集]

  • 医師の経験を生かし、医療・福祉分野での活動を積極的に行っている。介護保険制度を利用する人たちの要介護度が不当に低く認定されるように厚生労働省が誘導しているのではないかと、同省の内部文書を示して政府を追及した。
  • 2003年(平成15年)に、静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[4]

児童ポルノについて日本ユニセフ協会のメンバーと懇談した際に「現状は放置できないひどい実態」「みなさんの要望をしっかりと受け止める」とコメントしている[5]。同時に、共産党は児童ポルノ単純所持の違法化については反対の意志を表明している[6]

人物[編集]

  • 専門は内科新潟県中越地震では、議員として被災地を訪問した際、臨時に診察を行った[9]
  • 2008年(平成20年)1月28日放送の「とくダネ!」にて、議員力検定に挑戦。20問中20問正解で、民主党松木謙公(同18点)、自民党丸山和也(同18点)を上回る成績をおさめた。
  • テレビ朝日系列のビートたけしのTVタックルに日本共産党所属議員として初めて出演し、反響を呼んだ。それ以降、同番組をはじめとしたテレビ番組に積極的に出演している。
  • ツイッターを愛用しており、選挙でのツイッターを含めたネットの使用の全面解禁を主張している。
  • 2014年3月4日、内閣法制局小松一郎長官に向かって行った「憲法の番人なんだから安倍政権の番犬みたいなことはしないで」という発言を、元共産党の筆坂秀世などから批判された。小池は「断定したわけではない」と弁解したが、筆坂によれば、共産党の一部では、小池は傲慢であるとの批判もあるという。[10]小池の発言は参院予算委の理事会でも問題とされ、同党の大門実紀史議員が陳謝した。

この事件は、本来、国民から選ばれた者同士でこそ許容される放言が、そうした器を持ち合わせていない一介の公務員に向かってしまったことに原因があるとする指摘もある[11]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

連載[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
緒方靖夫、浜野忠夫、広井暢子
日本共産党副委員長
緒方靖夫、浜野忠夫、広井暢子と共同
2013年 -
次代:
(現職)