水道橋博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水道橋博士
本名 小野 正芳(おの まさよし)
ニックネーム 博士
生年月日 1962年8月18日(52歳)
出身地 日本の旗 日本岡山県倉敷市
血液型 A型
身長 161cm
方言 岡山弁
最終学歴 明治大学経営学部中退
師匠 ビートたけし
出身 浅草フランス座
コンビ名 浅草キッド
相方 玉袋筋太郎
立ち位置
事務所 オフィス北野
活動時期 1987年 -
同期 東野幸治勝俣州和
過去の代表番組 オジサンズ11平成教育委員会ぷれサタ!
他の活動 エッセイスト
配偶者 既婚
親族 子供3人
公式サイト 水道橋博士の悪童日記

水道橋 博士(すいどうばし はかせ、1962年8月18日 - )は、お笑い芸人、タレントで浅草キッドのメンバーである。本名は小野 正芳(おの まさよし)。

岡山県倉敷市出身。オフィス北野所属。身長161cm、体重53kg。

漫才師コメンテーターライターとして雑誌にコラムエッセイの執筆などを行っている。

来歴[編集]

岡山県の紙問屋の次男として生まれる。岡山大学教育学部附属中学校に進学。だが、勉強する意欲が起きなくなり、落ちこぼれる。中学校同級生にザ・クロマニヨンズ甲本ヒロトオウム真理教中川智正がいる。

中学時代に、竹中労の著作を読んだことで、ルポ・ライターに憧れる。また、ブルース・リーや『空手バカ一代』などに大きな影響を受ける。

岡山県立倉敷青陵高等学校に入学。15歳から16歳で過敏性大腸症候群を患い1年留年。青春であるこの時期自分が何者なのか将来何者になるのか閉塞感と絶望で葛藤のはけ口を自慰行為、映画鑑賞に費やす中、少年期を過ごし同級の誰とも口を全く聞かず、19歳の高校3年生のときに始まったラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』を聞き始めてビートたけしに心酔[1]。高校卒業後(および在学中)、長谷川和彦かビートたけしか、と師事先を悩むも[2]「とにかくビートたけし会えば何か展望が開けるに違いない」と漠然とした目的と何ら具体的な計画のないまま上京を目指し、北野の母校である明治大学経営学部に入学。同大学には4日しか通わず[3]単位を取得せず4年間をパチンコとアルバイトに明け暮れた[4]。生来の人間関係構築の不得手から、きっかけを切り出せないまま1986年にたけしの追っかけを7か月続けて『オールナイトニッポン』を放送する深夜のニッポン放送前に通い詰めた結果、他の追っかけ10人と共にたけしに弟子入りを認められる[5]。その後、浅草フランス座で修業を積み、翌1987年玉袋筋太郎浅草キッドを結成。上京がほぼ逐電に近いかたちであったため息子正芳を帰郷するよう説得するべく親が東京に訪れるがことごとく拒否する。

1990年テレビ朝日ザ・テレビ演芸』で10週勝ち抜きチャンピオンに、1991年テレビ東京まねまね天国』の5週勝ち抜きチャンピオンになる。1991年に『オールナイトニッポン』の月曜第2部を開始、翌1992年にテレビ東京『浅草橋ヤング洋品店』などに出演する。

1996年10月に、運転免許証を不正取得した事件で書類送検され[6][7]、4か月の間謹慎・芸能活動自粛をした(詳細は#運転免許証不正取得事件)。謹慎期間中の1997年にパソコンとインターネットを独学で習得し公式サイト『浅草キッドのKid Return』を開設。公式ホームページの開設は芸能人の中で早い部類に入る。「面倒臭いからいつやめるかわからない」と言っていた日記『博士の悪童日記』もほぼ欠かさず毎日更新し、ブログが浸透し始める頃には従来のログを移行。2007年時点で「芸能人ブログの最長記録を持つのは10年間毎日書きつづけている自分である」と自負しているほどである[8]。2009年9月30日放送『シルシルミシル』の「芸能人ブログのお初」にて日本初の芸能人ブロガーと認定された[9][10]

2002年に12歳年下の一般女性と結婚。現在は3人の子供がいる。伊集院光など昔から仲の良い芸能人の話では、「女に飢えていておかしくなりそうな時期もあった」とのことである。ちなみに息子の名前に『たけし』と名づけ、師匠であるビートたけしの前でネタにし『ふざけんなコノヤロー!』と冗談交じりに言わせたことがあった。なお、娘の名前は高田文夫にあやかり、『文(ふみ)』である。

2004年、浅草キッドの名義で著した『お笑い男の星座2』が大宅壮一ノンフィクション賞にノミネートされ、ライターとしても評価を受ける。思春期の頃から竹中労に憧れ、ゴーストライターを使わず、全ての原稿を自分で執筆。ルポライター芸人の異名を取る[4]。単独著の『博士の異常な健康』『筋肉バカの壁』も12万部の好セールスを記録している[11]。番組で共演していた石原慎太郎から文体を、三島由紀夫の影響を受けていると指摘されているが、水道橋自身は三島を読んだ経験はない[12]2006年1月19日フジテレビで25時から放送のバラエティ番組北野タレント名鑑』に出演し4問正解。自己アピール時間の最中、今まで帽子ばかりかぶっていた理由は、実は髪の毛が異常に薄かったからだと、その写真とともに告白した。現在では、いろいろ試した増毛法の組み合わせが劇的な効果を上げた。それらの博士が健康になるまでの体験や秘訣を2006年の著書『博士の異常な健康』のなかで明らかにしている。

2000年代頃からは単独でコメンテーターとしても活躍しているが、2013年6月15日、レギュラー出演している「たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜」で橋下徹大阪市長が出演した際、「視聴者は冷静だな。小金稼ぎのためのコメンテーターとは違う」と橋下市長が発言したことに対して、生放送中にもかかわらず「今回で番組を降ろさせてもらいます」と途中降板する一幕があった[13]

芸名[編集]

手塚治虫作『鉄腕アトム』の登場人物・お茶の水博士パロディである。メガネを掛けた風貌が「博士」風であり、また、通っていた明治大学の最寄り駅が御茶ノ水駅である事にも因むが、「ひとつ手前でいいや」とたけしの判断から水道橋となった(水道橋駅はJR中央線の隣駅にある)。

1988年頃に浅草キッドブラザースのメンバーだった亀頭白乃介の二代目を襲名し、3ヶ月程名乗ったこともあったが、所属事務所から亀頭と玉袋のコンビでは仕事を取りにくいと言われ、定着せずに元の芸名に戻った。この亀頭白乃介の襲名披露は、1988年11月17日に師匠のラジオ『ビートたけしのオールナイトニッポン』で放送された。この芸名変更は、もともと水道橋博士という芸名を嫌がっていた水道橋が「おいしい」という判断で自ら希望して、兄弟子のダンカンに頼んで襲名が実現したものだった[14][15]

この「水道橋」という芸名から、プロ野球読売ジャイアンツ(本拠地である後楽園球場東京ドームの最寄り駅が水道橋駅)のファンと思われることがあると本人は語っている[16]

芸能界の先輩だけではなく、後輩や文化人からも「博士」と呼び捨てで呼ばれている。また、水道橋の義理の弟も「義兄さん」と呼べず、芸名で「博士」と呼んでいる[17]

資格[編集]

宅地建物取引主任者。明治大学を中退したことで親から資格を取るように言われて、半年の勉強で試験に合格[11]。時折テレビ番組の不動産特集に解説者として出演することもある。[18]

人物[編集]

帰省のために息子と乗った新幹線の車内で、サッカー日本代表に招集されて試合会場のある大阪へ移動中の山田直輝に遭遇し、このことがきっかけで水道橋は浦和レッズに興味を持った[19]。一方で、アントニオ猪木の大ファンで、2002年に猪木のイベントを観戦しに行った際に、目が合った瞬間にいきなり平手打ちされ、その場で倒れてしまったこともある。猪木、村松友視古舘伊知郎の「御三方の言葉には影響を受けまくりました……」[20]とのこと。

年に1回、浅草キッドが師匠たけしとの立場を逆にした「逆接待」をしている。キッドが師匠でたけしが弟子となり、キッドが料亭でたけしにごちそうをして、帰り際にキッドがたけしに「車代」としてポチ袋に入れたお金を渡すというものであった。その後、博士がたけしの家に行った際、キッドから貰ったポチ袋を神棚の上にていねいに飾ってあるのを見た博士は、嬉しさのあまり号泣してしまう[要出典]

中学校の同級生だった甲本ヒロトとは友達といえる間柄であり、家族同士の付き合いをしていると本人は言う[21]

Tokyo Boy』での共演を通じて親交のある石原慎太郎に文章力を評価され、「会うたびに、『書いているか』と聞かれる」、という[要出典]

妻の実家は愛知県大府市内でうなぎを中心とした会席料理『味三昧みかど』を経営している[22]

映画にも造詣が深く自身の出演するラジオやテレビ番組にも映画に関わるコーナーをもっている。映画関係者にも知人が多い(園子温町山智浩など)。

運転免許証不正取得事件[編集]

これは「運転免許証の写真を笑えるものにする」というたけし軍団内のお遊びを行った際、水道橋博士は3年に1度の免許更新を待ちきれずに紛失したと偽って免許証を3度再取得。そのときに、本来は紛失したとして免許証の再交付を受けた後に紛失した免許証が見つかった場合は古い方を返納する義務があるが、それを行なわなかったため、道路交通法違反で書類送検され、略式起訴・罰金10万円が科された。これにより4か月の間謹慎・芸能活動自粛を余儀なくされた。返納すべき免許証を『笑っていいとも!』などいくつかのテレビ番組で披露したことで、不正が警視庁に発覚し事件となった。なお免許証交付時には1か月前から風貌を変える準備をし、まるで変装したかのような写真を免許証で使っており、写真の内容は「東南アジア人(アフロヘアに口ひげ姿)」「不自然眉毛(黒ブチの真ん丸メガネ姿で本来の眉毛は剃毛し、そり残した頭髪が額のはるか上部にあってそれを眉毛に見せようとしている)」「重症患者(頭を包帯で巻き、首にはギプス)」で、この写真は1997年2月14日に「たけし弟子謹慎原因写真」と東京スポーツの1面等を飾っている。この事件は、2003年に出版した『お笑い男の星座2 私情最強編』で「変装免許証事件」と題して1章分を費やし自らネタにし[23][24]、オフィス北野ライブで「面子証事件」と命名された。

師匠のビートたけしは、内心では大笑いしてこの事件に喜んでいたが、おおっぴらには褒められないため、水道橋を罵倒しようとマスコミのインタビューを楽しみにしていたが、この事件についてたけしへの取材は一切なかった。なお、水道橋が問題とされたのは、変装ではなく不正に免許証を取得したからであり、ダンカンも水道橋同様に免許証の写真を遊んでいたが、正規の更新時のみだったために問題とされなかった[25]

著書[編集]

  • 1995年『水道橋博士の異常な愛情―または私は如何にして心配するのを止めて風俗とAVを愛するようになったか。』(プラザ
  • 2005年『本業―タレント本50冊・怒涛の誉め殺し!』(ロッキング・オン
  • 2006年『博士の異常な健康』 (アスペクト
  • 2007年『筋肉バカの壁〔博士の異常な健康PART2〕』(アスペクト)
  • 2012年『藝人春秋』(文藝春秋
玉袋筋太郎との浅草キッド名義での共著は浅草キッドを参照

連載[編集]

  • 『水道橋博士のちんちん日記』(熱烈投稿)
  • 「水道橋博士が語るはかせのはなし」(広報 東京都
  • 「水道橋博士のメルマ旬報」(BOOK STAND)メールマガジン

主な出演番組[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『本人本01 ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選!』太田出版、2008年、pp.35-36。水道橋博士インタビュー。
  2. ^ NHKラジオ第1すっぴん!」2012年11月
  3. ^ 『オールナイトニッポン傑作選』p.39。水道橋博士インタビュー。
  4. ^ a b 木村元彦「現代の肖像 水道橋博士」『AERA』2006年1月30日号
  5. ^ 『オールナイトニッポン傑作選』pp.41-42。水道橋博士インタビュー。
  6. ^ 目盛一喜「一般紙が報じた戦後の主な芸能界スキャンダル事件」『別冊宝島299 芸能界スキャンダル読本』宝島社、1997年、p.269
  7. ^ 「日本映画史年表」『映画百年 映画はこうして始まった』読売新聞文化部編集、キネマ旬報社、1997年、p.261
  8. ^ 水道橋博士「オヤジ 父への私小説」『文藝春秋』2008年1月号、p140。
  9. ^ 元祖・芸能人ブログは水道橋博士!! livedoorが選ぶ今日のブロガー 2009年9月30日
  10. ^ Blogによると、ダウンタウンの松本人志に強い興味を持っているらしく、松本のラジオ番組『放送室』を第1回から欠かさずチェックしている。なお、2006年12月15日、『人志松本のすべらない話』収録後の打ち上げで、松本人志の横に座ることができ、宴席開始の深夜より朝まで質問攻めに成功している。
  11. ^ a b 佐藤祥子「家の履歴書 水道橋博士」『週刊文春』2007年11月8日号
  12. ^ 水道橋博士「Y.INOUEの『昨日・今日・明日』とは何か?」『殺し 活字プロレスの哲人 井上義啓 追悼本』kamipro編集部編、エンターブレイン、2007年、p.237
  13. ^ 橋下氏の「小金稼ぎためのコメンテーター」発言に憤慨…水道橋博士が番組降板を宣言、生放送中に去る] 産経新聞 2013年6月15日]
  14. ^ 西城昇『トウキョウコメディアンの逆襲』光文社文庫、1998年、p.120
  15. ^ 『オールナイトニッポン傑作選』pp.46-47。水道橋博士インタビュー。
  16. ^ 2012年10月30日放送分のNHK総合テレビあさイチ』内で水道橋は、前日に巨人がクライマックスシリーズを制したことに関連して「NHKNHK放送センター)内で『おめでとうございます』と言われ困惑した」と語った。なお、本人は巨人ファンではないという。
  17. ^ 2012年12月22日放送分の東海テレビぷれサタ!』内「旅人照英」より。
  18. ^ なお、資格者を名乗るためには、合格後に所定の要件を満たした上で都道府県知事登録し、宅地建物取引主任者証の交付を受ける必要がある。主任者証の所持は確認されていない。
  19. ^ 「浦和レッズマガジン」2010年10月号
  20. ^ 水道橋博士『藝人春秋』95頁
  21. ^ 水道橋博士『藝人春秋』233頁ほか。同著には、甲本と水道橋の付き合いについて2章が割かれている。
  22. ^ 水道橋博士の博士の悪童日記(2004年10月27日水曜日)
  23. ^ 浅草キッド『お笑い男の星座2 私情最強編』文藝春秋社、2003年、pp.141-196.
  24. ^ ビートたけし『東スポ客員編集長 北野武問題発言集 '91-'98 たけしの「号外」!!』洋泉社、1998年、p.234。問題の運転免許証写真を掲載した東京スポーツ1面の写真を再録。
  25. ^ 『たけしの「号外」!!』pp.175-176、237

外部リンク[編集]