西野亮廣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西野 亮廣
本名 西野 亮廣
生年月日 1980年7月3日(34歳)
出身地 兵庫県川西市
血液型 O型
身長 173cm
方言 神戸弁
最終学歴 兵庫県立川西緑台高等学校卒業
出身 吉本総合芸能学院 (NSC) 22期生
コンビ名 キングコング
相方 梶原雄太
芸風 ツッコミ
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1999年 -
現在の代表番組 つながりファンタジー いつも!ガリゲル
他の活動 俳優 劇作家 アホ図鑑編集長
配偶者 未婚
公式サイト 西野公論

西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年7月3日 - )は、日本タレント男優絵本作家であり、漫才コンビキングコングツッコミ、ネタ作り担当。相方は梶原雄太兵庫県川西市出身。吉本興業所属。川西市立多田東小学校、川西市立多田中学校、兵庫県立川西緑台高等学校卒業。身長173cm、体重57kg。

経歴[編集]

名前の「亮廣」(「あきひろ」)は、『三国志』の「諸葛亮(しょかつりょう)」から「亮」という字をとった。父親が大の三国志好きで、賢い子になるようにと付けた。「廣」は画数で縁起がいいからである。主演映画『ガキンチョ★ROCK』での「コウメイ」という名前も諸葛亮の「孔明」に由来する。

1999年コンビ結成。主に漫才をしている。吉本総合芸能学院 (NSC) に22期生として入った時は、別の相方と「グリーングリーン」というコンビを組みボケを担当していた。

2001年、『はねるのトびら』のレギュラーに選ばれる。番組内ではツッコミ役であり、進行を務めることが多い。

2005年7月、フジテレビ月9ドラマスローダンス』でドラマデビュー。本来標準語で記載されている台本を自ら関西弁に直していた。同年秋からソロトークライブ『西野亮廣独演会』を月一で開催。

2005年11月21日にブログ『西野公論』を立ち上げ、それ以来毎日更新していたが、2010年7月3日、西野が30歳の誕生日を迎えたのを機に終了した。このことは、本人自らブログ内で明かしていた。

音楽戦士 MUSIC FIGHTER』の企画で、自らムード歌謡曲を作詞作曲。2006年2月22日、西野亮廣とおかめシスターズとして「逢いたくて五反田」でソロCDデビュー。初登場80位。

2011年現在はコンビとしての活動のほか、過去に配信していたインターネット番組から生まれた「ろくでもない夜」等のイベント、舞台脚本絵本等の制作など、個人でさまざまな活動をしている。

2011年5月、シンガーソングライター植村花菜との仲を報道され、同月18日、自身のライブイベントにおいて交際を認めた。しかし2012年4月に破局。

2012年、8年ぶりに復活するABCテレビの人気シリーズ「駐在さん」の四代目に抜擢される。

2013年2月、ニューヨークのトライベッカ「One Art Space」で初の海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開催した。また、11月には「TDW ART FAIR 2013」の「小川登美夫賞」「川崎健二賞」を受賞した。

人物[編集]

  • 自他ともに認めるナルシストであり、番組中やそれ以外でも、自分が「イジリ」を受けることを極端に嫌い、大先輩であるタモリ明石家さんまにイジられた時にも怒りの態度を表したことがある。しかし「アメトーーク!」の企画「好感度低い芸人」において「キング・オブ・低好感度」の称号を獲得して以来、それをネタにイジられることが多い。
  • 2007年12月28日、ブログで2ちゃんねるを批判し、「評論のルールとして、マナーとして。最低でも反論を受け付けるステージを設けるという事。表に立つという事」と述べた。毎日午前0時には必ず更新していた。それ以後も匿名掲示板だけでなくインターネットユーザーを徹底的に敵視し、挑発と捉えやすい発言を幾度となくしている。
  • 面倒臭がり。このことはブログでもいくつか明かされている。
  • はねるのトびら』の収録前の楽屋に毎回無意味にランニングして息を切らせながら来たり、わざわざ目立つように絵本の下書きをして露骨に共演者らの興味を惹き褒められたがるなど、自己顕示欲が極めて強い。そのことに不快感を抱いていたピース綾部祐二や、レギュラー出演者であるドランクドラゴン塚地武雅インパルス板倉俊之らに、その過剰な自己顕示欲を「自分で自分の号外を撒いている」「(自己)アピールが渋滞してる」と『はねるのトびら』番組内で痛烈に批判される(『はねるのトびら』2010年11月3日放送より)。
  • 将来の夢はウォルト・ディズニーだと公言している。
  • 「とにかく寝ない、食べない。睡眠時間は長くても1日2時間、食事は1日1食。全く食べない日も年に2回ある」とのことだったが、『はねるのトびらSP』(2008年3月19日放送分)において、普段普通に寝て食欲も人並みにあることを梶原および他のレギュラー出演者に暴露されている。
  • 「もともと金銭欲はさほどなく、生活に困らない程度でいい」「デビューしてからというもの、給料明細すら見たことがない。あるのは仕事欲(ただし、あくまでギャラより内容が優先)と、いい仕事をして美味しい酒が飲みたいという酒欲だけ」とのことだったが、上記の『はねるのトびらSP』にて梶原から封の開いた給料明細を西野の車の中から発見したと暴露されている。
  • 上述のように猛烈に自己顕示欲が強い性格であるため、そのことを激しく嫌っているお笑い芸人は、南海キャンディーズ山里亮太や上記のピース綾部祐二らがいる。(しかし山里は西野のライブにゲストとして出演しているなど本当に仲が悪いわけでなく、自身のラジオで「井上が嫌い」と発言しており、綾部もテレビでのビッグマウス発言などで天狗キャラで嫌われている)
  • マラソンが得意で、『オールスター感謝祭』(TBS)の名物コーナー「赤坂5丁目ミニマラソン」で、2002年秋に初出場初優勝を達成。その後ハンデが課せられたにもかかわらず、2004年4月3日の春の放送では、個人戦・団体戦(駅伝レース)ともにトップでゴールするという快挙を成し遂げた。2004年10月2日の秋の放送では、史上3人目となる春秋連覇を果たした。 毎年10月にMBSテレビで放送される『吉本陸上競技会』では、2001年 - 2003年のマラソンで1位でゴールしていた。ただし2004年以降は出場していない。
  • 絵画を特技としている。美術教師に美術大学進学を勧められたが、小さい頃からお笑い芸人になることしか考えていなかった。単独ライブでも舞台セットには彼の絵の拡大パネルが使用されている。2005年3月には『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』で初めてテレビ番組のセットをデザインし、その後も『大キングコング 情熱!しゃべり隊!!』の舞台イラストを手掛けた。また、『メレンゲの気持ち』のコーナー「ありえないグランプリ」での本の表紙のイラストを描いた。2009年1月26日には初の著書となる絵本『Dr.インクの星空キネマ』を発売、2010年1月25日には2冊目の絵本『Zip&Candy -ロボットたちのクリスマス-』を出版、銀座では完成記念個展も開かれた。
  • ギターが得意で、『恋するハニカミ!』に出演した際には、相手役の宮地真緒にギターの弾き語りをプレゼントした。梶原が休業から復帰する際、一方的な態度を謝罪するため訪れた梶原にギターを弾きながら「ええで」と言った。ただし『はねるのトびら』で「気分上々↑↑」(mihimaru GT)を歌った際にはあまりに音を外していたため周りの一同に引かれていた。
  • また、ギターの他にもピアノも練習しており、『新春かくし芸大会2005』に『はねるのトびら』メンバー全員で出演した際には、演目でピアノ演奏をした。『はねるのトびら』の「走れオーケストラン」という企画でも、キーボード(黒鍵盤)パートを担当している。また、『恋するハニカミ!』に2回目に出演した時には、椎名英姫美空ひばりの「川の流れのように」を披露した。
  • 2013年2月、自身のツイッター上で放送作家・鈴木おさむの著書「芸人交換日記」に対し批判的なツイートをしたことで炎上。これに対し鈴木の妻である森三中大島美幸が激怒し、FNS27時間テレビにて共演した際に西野に対し挑発的な態度をとった。西野もこれに反論したことで生放送中にもかかわらず一触即発の状態となる。以降、長きにわたり正式な和解はなされなかったが、同年11月14日放送の「アメトーーク」で「好感度低い芸人」として出演した際、ゲストとして呼ばれた鈴木と対面。その場で謝罪し、和解が成立した[1]
  • 脚本を手がけた舞台『ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック』(2013年の再演)の前売り券の売り上げが低迷し、演劇の前売り券としてはあまり例を見ない、半額に値下げをした。
  • 2014年8月9日に『西野亮廣独演会 in 日比谷公会堂』を開催し2,000人を集めるも、当日用意したファンレターボックスにはファンレターが2通しか入って居なかった。

出演作品[編集]

現在の出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

レギュラー番組

その他[編集]

過去の出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

インターネット

  • キングコング西野の"ろくでもない夜"(casTYコンテンツ『ひかり荘』 月曜レギュラー24時頃 - 26時頃、2006年11月 - 2007年10月)

ドラマ

バラエティ

映画[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

  • 「西野亮廣独演会」

書籍[編集]

にしの あきひろ名義

  • Dr.インクの星空キネマ(2009年1月26日発売、幻冬舎、ISBN 978-4-344-01610-1
  • ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス(2010年11月11日発売、幻冬舎、ISBN 978-4-344-01907-2
  • オルゴールワールド(原案:タモリ、2012年11月9日発売、幻冬舎、ISBN 978-4-344-02275-1

連載[編集]

  • Kindai 「キングコング西野亮廣のおしゃべり地球人」(近代映画社、2007年6月号 - ?)
  • 過去に『ザッピィ』(メディアファクトリー)で4コマ漫画を連載していた。
  • にしのあきひろエンヤコラ日記~絵本作りはつらいよ~(Webマガジン幻冬舎、2012年4月 - 連載終了)
  • ニコニコチャンネル「西野公論」(2012年11月 - ) - ブロマガは毎週土曜日更新(西野が30歳になるまで更新を続けたブログの復活版)

定期単独ライブ[編集]

  • 西野亮廣独演会(2005年秋 - ) - 以前は月一回のペースで日本各地で開催していたが、2014年現在不定期。
  • ろくでもない夜 - ネイキッドロフトにて2014年現在、月一回開催中。
  • 喋りたい人(2013年6月 - ) - 月1回のトークライブ。なおライブの模様はニコニコチャンネルの「西野公論」内でも閲覧できる。(有料)
  • サムライ★ロケット - 2004年頃にうめだ花月で開催していた。

監督作品[編集]

舞台脚本[編集]

  • 日の出アパートの青春(2008年1月16日 - 20日、神保町花月
  • ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック(2008年7月15日 - 8月26日の7月29日を除く毎火曜日、新宿7キャンプシアター・大久保公園 / 再演・2013年8月21日 - 29日、紀伊国屋サザンシアター、2013年9月5日、電力ホール、2013年9月8日、名鉄ホール、2013年9月13日 - 15日、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)
  • ダイヤル38(2009年5月3日 - 6日、神保町花月) - 脚本の他に主演、演出を担当。
  • THE 大航海デイズ(2012年11月13日 - 19日、神保町花月)
  • ピラミッドだぁ!(2014年2月4日 - 5日、10日 - 11日、神保町花月)
  • サリーが逃げた!(2014年6月10日 - 15日、神保町花月)

CDジャケット制作[編集]

  • 宮田和弥(2010年9月) - 宮田和弥のソロアルバム。
  • Diamond Stars(2013年10月) - CLIFF EDGEのミニアルバム。
  • 回遊記-Round About-(2014年7月) - KIDSのメジャー1stアルバム。

その他[編集]

  • 「ナイスなやつら」- NONSTYLEの石田明と、不定期に行っているトークライブ。2011年7月より、全国各地で開催。
  • アンラッキー花札 - NONSTYLE石田明考案のゲームのイラストを担当。
  • 戦国時代の余談のよだん。 - 和田竜著。カバーと本文絵を担当。また、和田竜の連載コラムの挿絵も担当している。

脚注[編集]

  1. ^ ツイッター事件から9ヶ月…キンコン西野と鈴木おさむが初対面で全面和解オリコン
  2. ^ 2013年1月26日20:56 本人のTwitterにて発言

外部リンク[編集]