丸山和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗参議院議員 丸山 和也
生年月日 1946年1月23日(68歳)
出身地 日本の旗 日本 兵庫県揖保郡新宮町
(現:たつの市
出身校 早稲田大学法学部
ワシントン大学ロースクール
学位・資格 法学士、LLM
前職 弁護士
所属委員会 文教科学委員会
政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会
憲法審査会(幹事)
世襲
選出選挙区 比例区
当選回数 2回
所属党派 自由民主党(無派閥)
党役職 参議院政策審議会副会長
会館部屋番号 参議院議員会館913号室
ウェブサイト 政治に魂を! 丸山和也
テンプレートを表示

丸山 和也(まるやま かずや、1946年1月23日 - )は、日本の政治家自由民主党参議院政策審議会副会長参議院議員(2期)。弁護士(登録番号:13673、第一東京弁護士会)、丸山国際法律・特許事務所代表[1]タレント歌手

人物[編集]

兵庫県揖保郡新宮町(現たつの市)出身。血液型A型身長167cm。家族は妻と長女。

1969年に早稲田大学法学部を卒業。国家公務員上級甲種試験に合格し、法務省職員となる。1970年に司法試験に合格。1976年4月にはワシントン大学ロースクールに入学。卒業後、ロサンゼルスの法律事務所に3年間勤務。1980年に日本に帰国。

弁護士としては、企業間の紛争交渉等を中心とした国際法務を得意とする他、個人の法律問題にも幅広く取り組む。学生時代は新聞奨学生を2年務めた。

地方出身なので東京に出てみたくなり、とりあえず早稲田大学を受験したら合格。さらに、とりあえず司法試験も受けてみたら合格した。趣味は、座禅寒中水泳滝行ランニング温泉入浴。特に水泳は都内の川を朝早く泳ぐほどの水泳好き。

タレント活動[編集]

テレビに出始めたきっかけは、汚い服装で歩いていたら警察官職務質問され、職業を聞かれて「弁護士」と答えたら、「そんな弁護士がいるか!」と言われたというエピソードが、芸能界に伝わったこと[2]阿部寛出演の日本テレビ系ドラマ『最後の弁護人』にも出演。

2000年から日本テレビ系の『行列のできる法律相談所』に出演し、広く知られるようになる。2005年6月26日の同番組において、『24時間テレビ28』(同年8月27日28日放送)のチャリティーマラソンランナーになることが発表された。番組生放送中の8月28日20時43分に目標の100kmを完走した[3]日本武道館までのゴール700m手前からは長女が伴走している。この当時、丸山は59歳であり、24時間マラソンの最高齢ランナーであったが、2007年には当時66歳の萩本欽一が、さらに2011年には当時70歳の徳光和夫が、最高齢記録を塗り替えた[4]

橋下徹とは、仲が良く、紅白歌合戦常連の大物歌手に橋下と誘われたり、『行列のできる法律相談所』で、意見が一致した場合、互いに、援護射撃的に同等の意見を言うことがある。

2006年1月18日に『浪漫(ゆめ) -さらば昨日よ-』(作詞荒木とよひさ作曲Face 2 fAKE)でCDデビュー、「弁護士 丸山和也」として発売。1月30日付けのオリコンシングルチャートで総合34位、演歌・歌謡部門2位で初登場。60歳以上の新人デビューシングルとしては史上初めて、同チャートで初登場トップ40入りを果たした[5]

2006年にはゲーム『逆転裁判』シリーズにおけるイメージキャラクターとして起用された(ゲーム中への登場ではなく、CMなどの宣伝活動)。

国会議員として[編集]

2007年4月8日投票の東京都知事選挙に立候補のための書類を入手し、一時は動向が注目されたものの、立候補せず。

同年7月の第21回参議院議員通常選挙に、自由民主党公認で比例区で出馬し、270,754票を獲得し、自民党内では4位で初当選。この参院選への出馬で、出演していた「行列の出来る法律相談所」を2007年6月から一時降板。議員活動との兼ね合いは困難となることから、そのまま降板する事も検討されたが、番組には欠かせない存在であり、今後は準レギュラーとして不定期で出演することになった。

2011年10月11日、自民党大阪府連会長であった谷川秀善参議院議員より、2011年11月27日投票の大阪府知事選挙への出馬を打診される。10月28日に出馬の意向を伝えるものの、同党大阪府連がすでに倉田薫の支援を決定していたこともあり、11月1日に不出馬を宣言。

政治活動[編集]

自民党の改革[編集]

  • 2009年8月実施の第45回衆議院議員総選挙の直前に、古賀誠(当時:自由民主党選挙対策委員長)が東国原英夫宮崎県知事を擁立しようとした際には、「自民党の内部改革もしないで、外部の力を借りようなどとは、言語道断だ」と怒り、古賀に対して抗議を行っている。また第45回衆議院議員総選挙での自民党惨敗には、自らのプライベートブログでは「積年の弊害を片付けてくれた」と語り、9月9日の両院議員総会では「今こそ新しいリーダーを本気で選ぶエネルギーがあるのか!」と党の執行部の姿勢を質した。
  • 2012年8月29日に、消費増税反対を理由とした野田佳彦首相に対する問責決議での投票を棄権した。自民党はこれ以前に消費税増税に賛成しており、政局・政争的な行動であり、茶番劇。(自身の属する自民党の)自己矛盾極まりない、と述べた[6]

人権関連[編集]

  • 国会では、「死刑執行は死刑囚本人が執行のボタンを押せるようにしろ」と提案した。人権擁護法案については、「人権擁護に関する基本法があっていい。そういうのがないのがおかしい」と主張[7]

選択的夫婦別姓制度[編集]

  • 2012年6月19日に参議院法務委員会で選択的夫婦別姓制度をはじめとする民法改正に関して質問するなど、選択的夫婦別姓制度等に一定の理解を示す。その質問の中で丸山は、婚姻したら夫婦同一姓になるというのは明治30年頃になってからであり、日本的伝統でも何でもない。個人のいろんな形態を、多様な形態を認めて、強い個人同士のきずなによって、自由なつながりによって強い社会をつくっていくべきである、と述べた[8]

司法制度への提言[編集]

  • 2014年6月、自民党司法制度調査会会長として、与党の責任者として、将来のあるべき司法について提言をまとめる。とりわけ、司法試験合格者数は当面1,500人として、一旦体質を強化する必要があるとの結論を出した。

STAP細胞問題への対応[編集]

研究不正行為を行った小保方晴子によるSTAP細胞再現実験について、国を挙げてのサポート体制を築いたうえでの検証実験をすべきと政府、文部科学省などに申し入れた。また、「STAP細胞の財産的価値を日本の知財の輝ける成果として、世界に挑戦してゆくことこそが望まれている。」と述べた[9]

その他[編集]

  • 2008年5月19日決算委員会で「各省庁の大臣がおられるけれども文科大臣というのが僕は一番偉いと思っている」と発言し、与党席から野次が飛んだが「いや、本当にそうなんですよ」と発言した。

経歴[編集]

出演作品[編集]

テレビ番組[編集]

レギュラー

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

CD[編集]

書籍[編集]

  • 正義の味方「丸山法律相談所」(二見書房)
  • 正義の判決(小学館
  • 痛快!「丸山法律塾」(成美堂出版)
  • 丸山弁護士のビジネスマンが行列する身近な法律相談所(学習研究社
  • 丸山和也の蓮の花は泥沼に咲く(新紀元社)
  • 行列のできる丸山法律塾(小学館)

WEBドラマ[編集]

  • 歌で逢いましょう♪(GyaO

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 過去に第一実業の監査役を務めていた。
  2. ^ 西川貴教「西川貴教のとなりの芝生」での発言。西川は「サラッと早稲田に合格してサラッと司法試験に合格?」と驚愕していた。[要ページ番号]
  3. ^ 『24時間テレビ』放送中にゴールできなかった場合を考慮し、その後枠の『行列』の生放送でカバーする予定であったが、『24時間テレビ』中にゴールした事により、丸山を祝福する番組となった。
  4. ^ 萩本が自身の記録を塗り替えた際、丸山は「俺より年寄りの人はもう出ないと思ったのに」と悔しがった。ただし、萩本・徳光の走行距離は年齢の関係で丸山より短いもの(前者は70km、後者は63.2km)であり、現在も走行距離の長さでの最高齢記録は丸山が保持している。
  5. ^ きんさんぎんさんは1992年に99歳で同チャート最高39位を記録しているが、初登場は78位である。
  6. ^ 朝日新聞2012年8月30日記事
  7. ^ 第169回国会参議院法務委員会2008年3月25日
  8. ^ 参議院会議録情報 第180回国会 法務委員会 第8号
  9. ^ 丸山弁護士が緊急激白「STAP細胞の存在証明を祈る」2014年7月14日
  10. ^ 入管時代の同期として、元東京入国管理局局長坂中英徳、現名古屋経済大学大学院教授荒木和夫の2人がいる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

メールマガジン
サイト


議会
先代:
礒崎陽輔
日本の旗 参議院文教科学委員長
2012年 - 2014年
次代:
水落敏栄