市井紗耶香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
市井紗耶香
基本情報
出生名 市井紗耶香
愛称 さやりん、母さん(かあさん)
出生日 1983年12月31日(30歳)
血液型 A型
出生・出身地 日本の旗 日本 千葉県船橋市
職業 タレント女優、元歌手
活動期間 1998年5月 - 2000年5月
2001年10月 - 2003年11月
2009年8月 -
事務所 アップフロントエージェンシー(現:アップフロントプロモーション)(1998年5月 - 2003年11月)
ランベス
(2009年8月 - 2013年?)
アンダーゼットグループ
(2014年? - )
グループ/
ユニット等
モーニング娘。
プッチモニ
青色7
市井紗耶香 in CUBIC-CROSS
公式サイト 市井紗耶香

市井 紗耶香(いちい さやか、1983年12月31日 - )は、日本タレントモデル女優で、元モーニング娘。のメンバー。現OFR48(おふろフォーティーエイト)メンバー。愛称市井ちゃんさやりん母さん[1]千葉県船橋市出身。血液型A型身長158cm。所属事務所アンダーゼットグループ

略歴[編集]

人物[編集]

活動[編集]

モーニング娘。時代[編集]

  • モーニング娘。加入当時は目立たないメンバーだったが、第3期メンバー、後藤真希の教育係を担当し、その模様が『ASAYAN』で放送され、『うたばん』で石橋貴明に「母さん」という愛称を付けられた1999年初秋から人気に火が点き始め、センターポジションを務めたプッチモニで人気が急上昇する。
  • シングル「恋のダンスサイト」がリリースされた当時には、安倍なつみや後藤真希と並ぶ人気メンバーとなり、青色7でセンターポジションを務め、映画『ピンチランナー』では安倍とダブル主演と言っても良い程の重要な配役を担当するが、2000年4月に突然、「シンガーソングライターになり、ソロ活動をしたい。」と宣言し、2000年5月21日の日本武道館のコンサートを最後に卒業、一時休業した。
  • モーニング娘。を脱退した当時から謎とされてきた脱退の理由には幾つかの説が有り、ASAYAN公式本『モーニング娘。5+3-1』の編集担当者は、同じ宝島社から出版された『モーニング娘。バイブル』に収録されたインタビューの中で「後藤真希のことを中心にしたこの本(『モーニング娘。5+3-1』)の続編が計画されていたが、いろいろな理由があって駄目になった。」と語っており、その「いろいろな理由」の第一に「市井がちょっと不幸な理由で辞めたこと」をあげている。この「不幸な理由」の詳細については明らかにされていない。

ソロ活動〜引退[編集]

  • 2001年10月に復帰を果たすが、公約していたシンガーソングライターとしてではなく、中澤裕子との「FOLK SONGS」でアイドル歌手として復帰する。
  • 水着写真集の発売や握手会等も行う一方、歌手としてはソロではなく、市井紗耶香 in CUBIC-CROSSとして、ユニットでの再デビュー。ファーストシングルでは、プロデュースを担当したたいせー等に作って貰った曲を歌い、デビュー曲は自らの作詞ではなかったが(カップリング曲を作詞)、セカンドシングル以降は作詞を担当している。
  • 因みに、中澤裕子以降の脱退(卒業)組は、モーニング娘。の籍を抜いたのみで、ハロー!プロジェクトメンバーとして、モーニング娘。とのTV番組、コンサートでの共演も有るが、市井が共演したのは復帰直後の『MUSIX!』への出演と後藤真希卒業特番のみであり、その他の活動はハロー!プロジェクトとは一線を画した活動を行っていた。
  • 2003年9月、ソロとして「4U〜ひたすら〜」をリリースするが、直後の2003年11月9日にホームページで「幸せを探したい」と宣言、芸能界を引退した。

復帰[編集]

  • 2009年8月、所属事務所をランベスに移籍して芸能界に再び復帰。その後時期は不明だが、ランベスの関連会社[6]であるアンダーゼットグループに籍を移している。
  • 2014年30代を対象としたグリコ主催のキャンペーンである「大人AKBオーディション」に応募し、2014年4月初頭に1次選考を通過したが[7]、同月の最終選考で落選した[8]
  • 元モーニング娘でありながら大人AKBオーディションに応募してしまった禊として、5月4日放送の日本テレビ「有吉反省会」にてOFR48(おふろフォーティーエイト)のオーディションに応募し合格した[9]

作品[編集]

シングル[編集]

  • 市井紗耶香
  1. 4U〜ひたすら〜 (2003年9月3日) - モンスターファーム4主題歌。

アルバム[編集]

  • 市井紗耶香 with 中澤裕子
  1. FOLK SONGS (2001年11月29日)

映像作品[編集]

出演[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • パチンコクイーン・七瀬(2011年7月8日)- 主演:鮎川七瀬 役
  • パチンコクイーン・七瀬2(2011年8月5日)- 主演:鮎川七瀬 役
  • パチンコクイーン・七瀬3(2012年2月3日)- 主演:鮎川七瀬 役
  • パチンコクイーン・七瀬4(2012年3月2日)- 主演:鮎川七瀬 役

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • プッチモニダイバー(1999年10月 - 2000年5月まで、TOKYO FM
  • 市井紗耶香 RADIO DELUXIAN(2002年4月 - 2003年11月、TOKYO FM)
  • SUPER STAR QR(2002年4月 - 2003年7月、文化放送

CM[編集]

ステージ[編集]

舞台[編集]

  • 悪魔の絵本(2010年10月) - 主演:川田希 役
  • SmokeCompany vol.1「夏の終わりに」(2011年8月31日 - 9月4日、笹塚ファクトリー)

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • saita (2010年1月 - 、セブン&アイ出版) - 市井紗耶香のナチュラルコスメ。

過去の参加グループ・ユニット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1999年9月9日放送の『うたばん』出演時に石橋貴明に、お母さんみたいと言われ付いた愛称飯田圭織の愛称「ジョンソン」と同じくこの愛称は定着し、以後『うたばん』出演時に名前で呼ばれる事はほとんど無かった。
  2. ^ 能地祐子 『モーニング娘。×つんく♂』 ソニー・マガジンズ、2002年9月27日、初版、175 - 184頁。ISBN 978-4789719322
  3. ^ 元モー娘・市井紗耶香が約5年ぶりに芸能界復帰 ニュース - ORICON STYLE-
  4. ^ 市井紗耶香インタビュー - タレントデータバンク
  5. ^ 公式ブログ「ご報告」2013年3月25日当日閲覧
  6. ^ 会社概要 - アンダーゼットグループ
  7. ^ “元モー娘・市井紗耶香 大人AKB1次選考通過「やったー!」”. スポーツニッポン新聞社. スポニチアネックス. (2014年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/03/kiji/K20140403007904050.html  2014年4月3日閲覧。 
  8. ^ “元モー娘。市井紗耶香、大人AKB落選を報告「初心を見つめ直すことが出来た」”. ORIKON STYLE (オリコン). (2014年4月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2036327/full/ 2014年4月29日閲覧。 
  9. ^ 温泉・サウナ・銭湯…お風呂屋さんで働くアイドル”. OFR48 (2014年5月4日). 2014年5月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]