藤巻幸大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
藤巻 幸夫
ふじまき ゆきお
生年月日 1960年1月5日
日本の旗 日本東京都
出生地 東京都
没年月日 2014年3月15日(満54歳没)
日本の旗 日本・東京都
死没地 東京都
出身校 上智大学経済学部卒業
前職 実業家
現職 参議院議員
所属政党 みんなの党→)
結いの党
称号 経済学士(上智大学)

選挙区 比例区
当選回数 1回
任期 2012年12月14日 - 2014年3月15日
所属委員会 国土交通委員会
行政監視委員会
テンプレートを表示

藤巻 幸大(ふじまき ゆきお、本名:藤巻 幸夫(読み同じ)、1960年1月5日[1] - 2014年3月15日[2])は、日本実業家政治家参議院議員を1期務めた。東京都出身[3]上智大学卒業[3]。政治活動上は本名の「藤巻幸夫」を用いた。

概要[編集]

神奈川県立港北高等学校を経て上智大学経済学部経営学科卒業後、伊勢丹に入社[4]。ブランディング、ショッププロデュース等の実績から、カリスマバイヤーとして注目される。伊勢丹では「バーニーズ・ジャパン」、「解放区」、「リ・スタイル」等の事業やブランドの立ち上げを担当[4]。独立後はアパレル会社等を経て、2003年に福助代表取締役社長に就任。約1年半で経営再建に成功する。2005年からはセブンアンドアイ生活デザイン研究所代表取締役社長、イトーヨーカ堂取締役執行役員衣料事業部長、セブン&アイ出版取締役を兼任し同社衣料部門の立て直しに取組む[5]。まず着手したビジュアル・マーチャンダイジング注力による「買いやすい店」への改革で結果を出すが、続く新ブランドの展開では目標の売上げに達せず、体調を崩したこともあり、いずれも2008年までに退任した[6]

その後はフジマキ・ジャパン副社長、藤巻兄弟社社長、シカタ代表取締役プロデューサー、テトラスター社長、トランジットジェネラルオフィス特別顧問、ビーバイイー社外取締役、新世界百貨店韓国)顧問、アズウェーブ顧問等を兼任。また、ザッパラスにより運営されるWebサイト「藤巻百貨店」のプロデュースを行なった。

教育分野の活動もあり、明治大学研究・知財戦略機構特任教授、昭和女子大学生活科学部客員教授、アカデミーヒルズ「日本元気塾」講師や各種講演会の講師、また、日本流行色協会「レディースカラー」選定委員等の審査員を務める。著作の執筆、新聞・雑誌の記事連載やコメンテーターとしてのテレビ番組出演等、マスコミにも多く登場した。

2010年7月にはみんなの党から第22回参議院議員通常選挙に出馬、落選するが、2012年12月に第46回衆議院議員総選挙立候補により、当選者が退職(自動的に失職)したことにより参議院議員へ繰り上げ当選[7]。参議院では国土交通委員会委員となり、ビジットジャパンの施策や日本の「デザイン戦略」を提唱[8]、「クールジャパン」を売り込む活動にも関わった[9]。2013年12月に江田憲司らと共に結いの党結党に参加するが、直後にすい炎を患い入院。

2014年3月15日[2]、都内の病院で大動脈破裂のため死去。54歳没。

略歴[編集]

  • 1960年 東京都生まれ。
  • 1978年 神奈川県立港北高等学校卒業。
  • 1982年 上智大学経済学部経営学科卒業後伊勢丹に入社。
  • 1990年 バーニーズジャパン設立メンバーとしてレディスバイヤーを担当。
  • 1994年 「解放区」を企画・立案・運営。
  • 1994年 「リ・スタイル」を企画・立案・運営。
  • 2000年 「BPQC」の立ち上げに参加。
  • 2000年 伊勢丹を退職し独立。エス・テ・ス取締役、キタムラ専務取締役に就任。
  • 2003年10月 福助代表取締役社長就任。約1年半で経営再建を行う。
  • 2005年4月 福助取締役副会長に就任。
  • 2005年4月 セブンアンドアイ生活デザイン研究所代表取締役社長に就任。
  • 2005年5月 イトーヨーカ堂取締役執行役員衣料事業部長に就任。
  • 2005年5月 セブン&アイ出版取締役に就任。
  • 2006年9月 福助取締役副会長を辞任。
  • 2006年10月 福助ターンアラウンドアドバイザーに就任。
  • 2007年5月 セブン&アイ出版取締役を退任。
  • 2007年8月 セブンアンドアイ生活デザイン研究所代表取締役社長を退任。
  • 2008年1月 イトーヨーカ堂取締役執行役員衣料事業部長を退任。
  • 2008年2月 イトーヨーカ堂顧問に就任。
  • 2008年2月 フジマキ・ジャパン代表取締役副社長に就任。
  • 2008年4月 デザイナー丸山敬太と組み株式会社テトラスターを設立、代表取締役に就任。
  • 2008年8月 「CRUM(クラム)」をプロデュース。
  • 2008年10月 明治大学研究・知財戦略機構特任教授に就任。
  • 2009年1月 イトーヨーカ堂との顧問契約が終了。
  • 2009年2月 株式会社藤巻兄弟社を設立。幸夫が社長、健史が会長に就任。
  • 2009年2月 JR品川駅構内、ecute品川内に<日本発見・発信>をテーマに、コンセプトショップ”Rails藤巻商店”を開店。
  • 2009年4月-2010年2月 NHK教育テレビジョン知る楽』にてゲスト(語り手)およびトランスレーター(聞き手)。
  • 2010年6月3日 みんなの党参議院比例第15支部の代表となる[10]
  • 2010年6月 NHK教育テレビジョンNHKワールド・プレミアム仕事学のすすめ』にてトランスレーター(聞き手)。
  • 2010年7月 第22回参議院議員通常選挙において比例区にみんなの党から出馬したが[1]、落選[11](当選者は7名で藤巻は9位だった)。
  • 2010年11月30日 みんなの党参議院比例第15支部が解散する[12]
  • 2010年12月コンセプトショップ”Rails藤巻商店” 閉店。
  • 2011年8月‐2012年9月 テレビ朝日系列 モーニングバードにてレギュラーコメンテーター。
  • 2012年5月 Webサイト「藤巻百貨店」ザッパラスによる運営)をオープン。
  • 2012年12月 第22回参院選比例区の上位当選者が第46回衆議院議員総選挙に立候補したことに伴う自動失職により、繰り上げ当選[7][13]。ファッション業界関係者としては初めての国会議員となった[14]
  • 2012年12月27日 みんなの党参議院比例第15支部の代表となる[15]
  • 2013年12月9日 江田憲司らとともに離党届を提出。
  • 2013年12月18日 江田憲司が旗揚げした結いの党に参加。
  • 2014年3月15日 都内の病院で大動脈破裂のため死去[16]

人物[編集]

短髪に眼鏡の個性的な容姿と評論が特徴。朝日新聞土曜日版「be」では実兄の藤巻健史とともに「やっぱりフジマキに聞け」を連載。連載開始時よりタイトルを変えながら7年間にわたり執筆し、読者からの各種相談に答えた[17]。(2011年1月からは健史単独で週刊朝日で「案ずるよりフジマキに聞け」を連載。)

人の長所を見出し人を引き込むことを志向しており、人脈が豊富である。日本の技術・感性にこだわり、日本をキーワードに人とモノをつなぐことをテーマに「全国を飛び回っている」と述べている。夢は「商品のほとんどがメイド・イン・ジャパン、あるいはプロデュース・バイ・ジャパンの『日本の百貨店』を作ること」である[5]。 講義、講演等では熱い語り口が特徴であり、内容は専門であるマーケティング、ブランディング分野の他、リーダー論、仕事術、人生哲学等にも渡る。

政治への進出ではみんなの党幹事長の江田憲司に請われ、2010年7月の第22回参議院議員通常選挙みんなの党から出馬した[1]が落選[11]。2012年12月には第46回衆議院議員総選挙への参議院議員上位当選者の立候補失職に伴う繰り上げ当選[7]により、参議院議員となる。江田は藤巻死去の際に「永田町に新しい息吹を、と考え半ば強引に口説いた。カリスマバイヤーと言われ、型破りな発想と行動力、人脈を駆使し、縦横無尽に日本や世界を駆け巡る逸材を、ニ世、三世、官僚出身等でよどんだ政界に入れたかった。」と述べている[9]。国会質問では国土交通委員会委員として、外国人観光客増加(ビジットジャパン)の施策としての外国メディアの活用や国土形成へのデザイン導入の重要性、クールジャパンとビジットジャパンの政策融合について、首相、国交大臣、観光庁長官等に提案を行なう[8]。また、国政として日本各地の名産品をブランディングし世界に売り込んでいく試みは、バイヤー時代から一貫した活動の延長線上となるものである[8][9]。「フジマキに聞け」では選択的夫婦別姓制度への賛成を示している。

2012年からは名前の公的表記を「幸夫」から「幸大」に変更した(読みは同じ)[18]。ただし国会議員としての活動は本名で行った。

親族[編集]

主なテレビ出演[編集]

主な著書[編集]

  • 『藤巻のたのしく商売する法則』 藤巻幸夫、日本実業出版社、2003年11月。
  • 『藤巻兄弟の大人塾。』 藤巻健史・藤巻幸夫、朝日新聞社、2003年12月。
  • 『自分ブランドで勝負しろ!』 藤巻幸夫、オーエス出版、2004年1月。
  • 『俺ならこう売る!―カリスマバイヤーが教える商売の成功法則』 藤巻幸夫、青春出版社、2004年2月。
  • 『チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつくる』 藤巻幸夫、インデックス・コミュニケーションズ、2005年2月。
  • 『福助再生! 靴下からはじめよう』 藤巻幸夫、ダイヤモンド社、2005年3月。
  • 『藤巻幸夫のポジティブ語録』 藤巻幸夫・川島隆明、PHP研究所、2005年4月。
  • 『勝ちたければ現場をつかめ ! フジマキ流突破力』 藤巻幸夫、きこ書房、2006年2月。
  • 『藤巻幸夫のつかみ。―瞬時に相手の心をつかむ会話のコツ』 藤巻幸夫、実業之日本社、2006年4月。
  • 『人脈の教科書〜図解フジマキ流シビれる人生をつくる〜』 藤巻幸夫、インデックス・コミュニケーションズ、2007年1月。
  • 『フジマキに聞け!―お金持ちになりたい?カッコよくなりたい?』 藤巻健史・藤巻幸夫、朝日新聞社、2007年3月。
  • 『自分ブランドの教科書』 藤巻幸夫、インデックス・コミュニケーションズ、2007年12月。
  • 『志マーケティングのすすめ』 藤巻幸夫・東急エージェンシー、東急エージェンシー、2008年10月。
  • 『仕事学のすすめ 2009年4ー5月 (NHK知る楽/木)』 藤巻幸夫、NHK出版、2009年3月。
  • 『藤巻流 実践・巻き込み術』 藤巻幸夫、講談社、2009年4月。
  • 『一流になるための人生の棚卸し術』 藤巻幸夫、ベストセラーズ、2009年4月。
  • 『茶色いクツをはきなさい!』 藤巻幸夫、ダイヤモンド社、2009年5月。
  • 『勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」〜自分ブランドで課題克服』 勝間和代・藤巻幸夫、日本放送出版協会、2009年10月。
  • 『絶対に仕事が楽しくなる ポジティブシンキングの授業 (ビジネスマンの学校)』 藤巻幸夫、アクセス・パブリッシング、2009年10月。
  • 『特別講義 コミュニケーション学』 藤巻健史・藤巻幸夫、実業之日本社、2010年1月。
  • 『大改訂 図解 チームリーダーの教科書』 藤巻幸夫、ダイヤモンド社、2010年6月。
  • 『ビジネスパーソンの街歩き学入門』 藤巻幸夫、ヴィレッジブックス、2010年12月。
  • 『[図解]できるチームリーダーの仕事術』 藤巻幸大、PHP研究所、2012年1月。
  • 『目利き力 (PHPビジネス新書)』 藤巻幸大、PHP研究所、2012年2月。
  • 『10年後を後悔しない君へ』 藤巻幸大、ディスカヴァー・トゥエンティワン、2012年4月。
  • 『人生を楽しみたければ ピンで立て!』 藤巻幸大、あさ出版、2013年1月。
  • 『なぜあの人はいつも助けてもらえるのか (PHPビジネス新書)』 藤巻幸大、PHP研究所、2013年11月。

店舗[編集]

  • Rails(レイルズ)藤巻商店(2009年3月開店 2010年12月閉店)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2010年(平成22年)6月30日参議院比例代表選出議員選挙選挙長告示第1号「平成二十二年七月十一日執行の参議院比例代表選出議員の選挙において、政党その他の政治団体から参議院名簿の届出があった件」
  2. ^ a b 『官報』第6252号9ページ「国会事項 参議院 議員死去」、2014年(平成26年)3月18日
  3. ^ a b 参院選2010 プロフィル”. 読売新聞. 2012年12月14日閲覧。
  4. ^ a b 元伊勢丹バイヤー・藤巻幸夫氏 カリスマ伝説と直面した誤算”. NEWSポストセブン (2014年3月18日). 2014年3月20日閲覧。
  5. ^ a b ewoman (2009年7月). “佐々木かをり対談win-win第31回 藤巻幸夫さん”. 2012年10月10日閲覧。
  6. ^ nikkeibz. “藤巻幸大が語る「失敗」と「引き際の美学」”. 2009年4月23日閲覧。
  7. ^ a b c 2012年(平成24年)12月14日中央選挙管理会告示第36号「平成二十二年七月十一日執行の参議院比例代表選出議員の選挙における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件」
  8. ^ a b c 元参議院銀藤巻幸夫 (2013年6月). “藤巻!国会参上!駆け抜けた150日間!”. 2014年7月28日閲覧。
  9. ^ a b c 結いの党 (2014年3月). “藤巻幸夫参議院議員が、15日深夜、亡くなりました”. 2014年7月28日閲覧。
  10. ^ 2010年(平成22年)9月30日総務省告示第357号「政治資金規正法の規定による政治団体の届出があったので公表する件」
  11. ^ a b 2010年(平成22年)7月20日中央選挙管理会告示第16号「平成二十二年七月十一日執行の参議院比例代表選出議員の選挙における参議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件」
  12. ^ 2011年(平成23年)3月25日総務省告示第100号「政治資金規正法の規定による政治団体の解散の届出があったので公表する件」
  13. ^ 参院5人が繰り上げ当選=民主、自民、みんな【12衆院選】時事通信
  14. ^ ファッション界から政界へ 藤巻幸大が繰り上げ当選 渋谷で初演説”. Fashionsnap.com News. レコオーランド (2012年12月8日). 2012年12月13日閲覧。
  15. ^ 2013年(平成25年)2月26日総務省告示第94号「政治資金規正法の規定による政治団体の届出があったので公表する件」
  16. ^ 「結いの党」結党直後に…藤巻幸夫参院議員が死去(03/16 07:37)”. テレビ朝日 (2014年3月16日). 2014年3月16日閲覧。
  17. ^ 週刊ポスト「瞬間の残像」藤巻幸夫. 小学館. (2008-11). 
  18. ^ PHP INTERFACE 藤巻幸大

外部リンク[編集]