新世界百貨店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新世界百貨店
各種表記
ハングル 신세계 백화점
漢字 新世界 百貨店
発音 シンセゲ ペックァジョム
英語 Shinsegae Department Store
テンプレートを表示

新世界百貨店(しんせかいひゃっかてん)は大韓民国ソウル特別市に本店を置く百貨店。運営会社名は株式会社新世界주식회사 신세계、Shinsegae Co., Ltd.)であり、流通・外食等のサービス業を展開する新世界グループの中核企業である。

歴史[編集]

1930年三越京城店として開業した。終戦後は韓国の人間が経営することとなり東和(トンファ・とうわ)百貨店と改称され、

1963年にはサムスングループの傘下となり、店名は公募により新世界百貨店と改められた。

1991年、サムスングループから独立宣言、1997年に公式分離(会社ホームページ記述に基づく。なお会長の李明熙はサムスングループ創設者李秉喆の娘・同グループ会長李健熙の妹であり、新世界の筆頭株主でもある)。

2001年3月には商号を「新世界百貨店」から「新世界」に変更した。

2006年9月にはウォルマートの韓国法人(16店舗)を買収し、これによって新世界グループは韓国流通業界全体において、売上規模ではロッテ百貨店グループを上回って首位に立った。

イーマート[編集]

新世界が大型スーパーマーケット(ディスカウントストア)として展開しているイーマート(E-MART)は、韓国内に100以上の店舗を展開する業界トップのブランドであり、1997年からは中国にも進出している。

店舗[編集]

新世界百貨店[編集]

新世界百貨店本店

現在、首都圏に本店を含めて6つの店舗を有し、その他、馬山と光州、および釜山に店舗を持つ。

新世界センタムシティ[編集]

  • 2009年5月、各店舗面積を調査した結果、釜山のセンタムシティ店が29万3905平方メートルとなって世界最大となることが判明した。これを受けて、まず同月12日に韓国記録院が「大韓民国最大記録公式認証書」を授与。続いて、記録院を通じギネス・ワールド・レコーズに世界記録の認定を求めることになり[3]、同年6月29日、ギネスより正式に「世界最大の百貨店」として認定された[2]。それまでの店舗面積の世界記録は米国ニューヨーク市マンハッタンにあるメイシーズ百貨店の19万8500平方メートル。
  • 2009年5月、4Fにある屋内スケート場のガラス、8Fの映画館の天井の構造に欠陥があることが判明、改修工事が新聞沙汰となった[4]

イーマート[編集]

イーマート#店舗現況参照。

関連会社[編集]

米国のスターバックス・コーヒー・インターナショナル社と新世界百貨店の共同出資により設立。新世界百貨店の商品券が使用可能である。

脚注[編集]

  1. ^ 新世界デパート(センタムシティー店)がいよいよ明日オープン!”. 韓国観光公社 (2009年2月25日). 2012年4月23日閲覧。
  2. ^ a b gwr_michael (2009年6月29日). “Largest Department Store”. guinnessworldrecords.com. 2012年4月23日閲覧。
  3. ^ 朝鮮日報電子版による。
  4. ^ http://www.chosunonline.com/news/20090521000057

外部リンク[編集]