山田俊男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗参議院議員 山田 俊男
生年月日 1946年11月29日(67歳)
出身地 富山県小矢部市
出身校 早稲田大学政治経済学部卒
前職 全国農業協同組合中央会専務理事
所属委員会 農林水産委員会委員
予算委員会委員
災害対策特別委員会委員
世襲
選出選挙区 比例区
当選回数 2回
所属党派 自由民主党(無派閥)
党役職 参議院政策審議会副会長
農林水産関係団体委員会副委員長
環境関係団体委員会副委員長
写真映像局次長
農林年金対策議員協議会事務局長
会館部屋番号 参議院議員会館809号室
ウェブサイト 参議院議員 山田としお 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

山田 俊男(やまだ としお、1946年11月29日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、自民党参議院政策審議会副会長

来歴[編集]

富山県小矢部市(埴生地区)生まれ。富山県立高岡高等学校卒業。早稲田大学政治経済学部卒業。大学卒業後、全国農業協同組合中央会に入会。組織経営対策部長、農業対策部長、常務理事、専務理事を歴任。

2007年第21回参議院議員通常選挙自由民主党公認候補として比例区から出馬し、全国農政連を支持母体に約45万票を集めて党内2位で初当選。農協に勤めていた実績から現在、参議院農林水産委員会に所属している。

2010年、自民党政権力委員会で農水副担当を務めた。

2010年8月11日に行われた自民党参議院議員会長選挙では中曽根弘文の推薦人に名を連ねたが、海外出張を理由に選挙を欠席することになり、不在者投票は認められていないために棄権を余儀なくされた(選挙では得票同数による抽選の末に中曽根が選出された)。

2013年第23回参議院議員通常選挙で再び比例区から出馬し、約34万票を集めて党内2位で再選。

人物[編集]

  • 趣味 : 水泳、里山歩き、カラオケetc
  • 座右の銘 : 「誠心誠意」

政策[編集]

  • TPP反対の急先鋒。TPPについて、「なぜ、日本側が自由化率について提起したうえで、タリフライン(関税細目)の議論をやらなきゃいけないのか」と、安倍総理を厳しく追及した。自民党内から「これでは公約違反だ」といった声も上がった[1]
  • 「米国内ではTPP問題の比重はそんなに大きくなく、とくに共和党議員からは“あれはオバマ(大統領)の貿易政策だ”と酷評されるほど」、「必要なのは、各国農業の多様性、気候風土を含めた日本農業の特性を基本に据えて、農産物貿易はどうあるべきかを議論すること」、「食と農を抜きにした国の存立はあり得えないのです。」といった発言をした[2]

食べていける農林漁業[編集]

  • 「多面的直接支払法」、「担い手総合支援新法」を実現し、農業・林業・漁業を営む者の所得アップを目指す[3]

東日本大震災からの迅速な復興[編集]

  • 除染や汚染廃棄物の処理を進め、風評被害に苦しむ農産物林産物水産物の一日も早い出荷制限の解除に全力を尽くす[3]

日本の故郷を守れる経済政策[編集]

  • 都市農業基本法を制定し、漁村や田畑といった日本特有の景観を守れる資本主義経済の確立を目指す。[3]

所属団体・議員連盟[編集]

  • 農林水産委員会[4]
  • 予算委員会[4]
  • 東日本大震災復興特別委員会[4]
  • TPP参加の即時撤回を求める会 事務局長[4]
  • TPP交渉における国益を守り抜く会 事務局長[4]
  • いのちを守る森の防潮堤推進議員連盟 事務局長[4]
  • 水田農業振興議員連盟 事務局長[4]
  • 食品産業振興議員連盟 事務局長[4]
  • 果樹農業振興議員連盟 副会長[4]
  • 全国農業者農政運動組織連盟 常任顧問[4]
  • 全国農政協議会 常任顧問[4]
  • NPO法人 ふるさと回帰支援センター 顧問[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレ朝NEWS 2013年10月24日 安倍総理に身内のTPP反対派から“厳しい攻撃” オリジナル
  2. ^ 農業協同組合新聞2013年11月13日【インタビュアー】山田俊男参議院議員に聞く 多様な日本の国土、食と農を守り抜け
  3. ^ a b c 参議院議員 山田としお 公式ウェブサイト 山田のめざす5つの政策
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 参議院議員 山田としお 公式ウェブサイト プロフィール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]