堂本暁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
堂本暁子
どうもと あきこ
Governor Akiko Dōmoto.jpg
堂本 暁子
生年月日 1932年7月31日(82歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
出身校 東京女子大学文理学部
所属政党 日本社会党→)
新党さきがけ→)
無所属の会→)
無所属
公式サイト 堂本あき子オフィシャルウェブサイト

Flag of Chiba Prefecture.svg民選第16・17代 千葉県知事
当選回数 2回
任期 2001年4月5日 - 2009年4月4日

選挙区 比例区
当選回数 2回
任期 1989年7月24日 - 2001年3月8日
テンプレートを表示

堂本 暁子(どうもと あきこ、1932年7月31日 - )は、日本政治家ジャーナリスト

千葉県知事(民選第16・17代)、参議院議員(2期)、新党さきがけ議員団座長を歴任。

来歴[編集]

アメリカ合衆国カリフォルニア州生まれ。清泉女学院中学高等学校東京女子大学文理学部卒業。1959年、TBS[1]に入社。1980年、報道ドキュメンタリー「ベビーホテルキャンペーン」で日本新聞協会賞、放送文化基金賞、民間放送連盟賞を受賞。

1989年第15回参議院議員通常選挙日本社会党公認で比例区から出馬し、初当選を果たした。1993年社会党シャドーキャビネット環境庁長官に就任。その後社会党を離党し、新党さきがけに入党。同党参議院議員会長に就任する。

1995年第17回参議院議員通常選挙では新党さきがけ公認で比例区から出馬し、再選。1996年には新党さきがけ議員団座長に就任し、辞任した井出正一代表に代わり、事実上の党代表職を務める。この間、新党さきがけは自社さ連立政権村山内閣橋本内閣に参画し、堂本は自由民主党加藤紘一社会民主党辻元清美らが結成したNPO議連に参加。「特定非営利活動促進法NPO法案)」の成立に尽力した。1997年UNEP国連環境計画)の「環境に貢献した25人の女性リーダー」に選ばれた。新党さきがけを離党後、参議院クラブを経て無所属の会に入党。第19回参議院議員通常選挙には不出馬。

2001年千葉県知事選挙に市民の党の応援を受ける形で無所属で出馬。「無党派」を標榜し、自民・公明推薦の岩瀬良三民主・社民・連合千葉推薦で出馬した若井康彦らを破り、当選を果たした。太田房江大阪府)、潮谷義子熊本県)に次ぐ全国で3人目の女性知事。この選挙を支えたのが「無党派選挙の神様」の評があった市民の党代表の斎藤まさしであった。

2005年の千葉県知事選挙では一転、政党(自民・民主・社民・公明・市民ネットワーク・千葉県)、宗教団体労働組合市民団体の推薦を受けて組織型選挙を展開。終盤では自民党本部が推薦する森田健作を破り、再選を果たした。

2009年千葉県知事選挙への出馬にも当初は意欲を見せていたが[2]、最終的に3選不出馬を表明し、2期8年で千葉県知事を勇退した[3]。退任にあたり、いすみ鉄道社長の吉田平を後継指名したが、吉田は森田健作に敗れた。

障害者団体向け割引郵便制度悪用事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪で起訴された村木厚子(後にまったくの無罪であることが判明し、検察が批判を受けた)をめぐり、弁護士の住田裕子らと共に、2009年7月9日に厚労省を訪れ、「無実の村木厚子さんの解放を求めます」などとする声明を発表した[4]

政策・主張[編集]

  • 女性の社会的地位の向上や、女性の家庭における処遇の改善がライフワーク。
  • 選択的夫婦別姓制度導入推進を支持。2000年には、堂本ら超党派女性国会議員50名が、夫婦別姓選択制を求めて当時の森総理に申し入れを行った。申し入れでは、「とくに若い世代では、夫婦別姓選択制を望む声が高まっています。政府には、世論を喚起するなど、夫婦別姓選択制を導入するための努力を望む」としている[5]
  • 東京湾岸の干潟三番瀬埋め立て計画を白紙(埋め立てについては禁止しない)に戻した。
  • 首都圏中央連絡自動車道の建設を推進した。
  • 「障害者差別をなくす条例」の審議において、自民党県議から慎重論が出されたが、最終的に自民党の賛成を得て、成立にこぎつけた。
  • 男女共同参画センター設置関連条例を千葉県議会に提出したが、自民党県議の反対により否決された。その後、「男女共同参画センター」の名称を「ちば県民共生センター」に改め、規模も縮小した上で再度条例案を提出。自民党も修正案に賛成し、可決された。

役職歴[編集]

著書[編集]

  • 南極にいどむ―アムンゼンとスコットの物語(教育社、1988)
  • 立ち上がる地球市民―NGOと政治をつなぐ(河出書房新社、1995)
  • 生物多様性(岩波書店、1995)
  • 堂本暁子のDV施策最前線(新水社、2003)
  • 堂本暁子と考える医療革命―性差医療が日本を変える(中央法規出版、2009)
  • 生物多様性―リオからなごや「COP10」、そして…(ゆいぽおと、2010)

編著[編集]

  • ベビーホテルに関する総合調査報告(晩声社、1981)
  • 温暖化に追われる生き物たち―生物多様性からの視点(築地書館、1997)
  • 無党派革命―千葉が変われば日本が変わる(築地書館、2001)
  • 移入・外来・侵入種―生物多様性を脅かすもの(築地書館、2001)
  • 温暖化と生物多様性(築地書館、2008)

脚注[編集]

  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ&コミュニケーションズ
  2. ^ “宣言ではないが…堂本知事3選ヤル気満々”. スポーツニッポン. (2009年1月23日). http://s04.megalodon.jp/2009-0316-2334-42/www.sponichi.co.jp/society/special/2009politics/KFullNormal20090123100.html 
  3. ^ “堂本氏、3選不出馬へ 千葉県知事選”. 朝日新聞. (2009年2月5日). http://www.asahi.com/politics/update/0204/TKY200902040319.html 
  4. ^ “【郵便不正】「元局長は無実」 堂本前知事、住田弁護士らが訴え”. 産経新聞. (2009年7月9日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090709/crm0907091842039-n1.htm 
  5. ^ 夫婦別姓選択性導入などを盛りこんだ民法改正案推進を求める申し入れ 2000年9月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]