甲本ヒロト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
甲本 ヒロト
基本情報
出生名 甲本 浩人
出生 1963年3月17日(51歳)
出身地 日本の旗 日本 岡山県岡山市
学歴 法政大学経済学部中退
ジャンル ハードロックパンク・ロックロックンロールフォークロックブルースロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ハーモニカ
ベース
ドラムス
活動期間 1985年 -
レーベル BMG JAPAN
事務所 ハッピーソング
共同作業者 ザ・コーツ
THE BLUE HEARTS
ヒューストンズ
THE HIGH-LOWS
ザ・クロマニヨンズ
公式サイト 甲本ヒロト(公式サイト)

ロバート・ジョンソンビートルズローリング・ストーンズザ・フーキンクスマンフレッド・マンドクター・フィールグッドセックス・ピストルズザ・クラッシュザ・ダムドザ・ジャムラモーンズディープ・パープルキッス

甲本 ヒロト(こうもと ひろと、本名:甲本浩人1963年3月17日 - )は、日本のミュージシャン。身長174cm。既婚。俳優甲本雅裕は実弟。

ラウンド・アバウトザ・コーツザ・ブルーハーツヒューストンズTHE HIGH-LOWSを経て、現在はザ・クロマニヨンズボーカリストを務める(バンドとしての活動については、各項目を参照)。

来歴[編集]

岡山大学教育学部附属小学校岡山大学教育学部附属中学校を経て、岡山県立岡山操山高等学校(現在の岡山県立岡山操山中学校・高等学校)卒業。法政大学経済学部中退。

1985年真島昌利らとTHE BLUE HEARTSを結成。1987年にシングル「リンダリンダ」で、メジャーデビューした。1994年、ザ・ブルーハーツは活動休止。1995年に解散を発表した。

ザ・ブルーハーツが活動休止中(実際には解散状態)の1995年、ソロアルバムを制作し、ジャケットデザインやレコーディングも完了していたが、前所属事務所との契約上のトラブルにより未発表に終わった。また、真島と共に有限会社ハッピーソングを設立。 1997年9月には、真島と共に資金を出して機材倉庫を改装して造られた、アトミック・ブギー・スタジオが完成。

1995年、真島に誘われTHE HIGH-LOWSを結成。10月25日、シングル「ミサイルマン」、アルバム『THE HIGH-LOWS』を同時発表。2005年に活動休止を発表。

2006年7月、ソロ・シングル「真夏のストレート/天国うまれ」発表。ギターのみならず、ベースドラムスなど、ほぼ全てのパートを一人で演奏。

2006年春、真島らとザ・クロマニヨンズを結成、7月23日を皮切りに大型ロックフェスの出演とツアーを敢行した。9月20日にシングル「タリホー」を発表。

2007年10月に急性疾患にかかり、予定していたライブを延期する事態となったがその後、復帰した。

音楽[編集]

中学生時代、セックス・ピストルズに衝撃を受け、「中学を卒業したら高校へは行かずに、上京してロックンローラーになりたい」と親に言うも、反対される。

シド・ヴィシャスの影響で元々はベーシストに憧れていたが、「誰にでも出来る」という理由でボーカリストになった。高校3年生の夏休みに、ボーカルが抜けた友人のハードロックバンド「ラウンド・アバウト」に誘われて加入。これが甲本のバンド初体験だった。

ブルーハーツ初期は、荒削りな歌声だったが、『BUST WASTE HIP』以降は歌い方が変わっている。曲によっては、ギターや10穴ハーモニカ(愛用は、HOHNER社製のSpecial 20)の演奏もする。ハーモニカを始めるきっかけは、ドクター・フィールグッドのレコードを聴いて、自分でも出来そうな気がしたからだという。

パンクロックだけでなくブルースも好きで、インタビューや歌詞に、マディ・ウォーターズサニー・ボーイ・ウィリアムスン等のブルースシンガーの名前がよく出てくる

歌詞[編集]

バイク(「MONKEY」「ピストン」「49cc」)、釣り(「テトラポットの上」)、NBA(「フルコート」)、ルチャリブレ(「Born To Be Pooh」「メキシコの星」)など、好きなものをモチーフにした歌詞がある。

ライブパフォーマンス[編集]

体を大きく振って跳んだり、舌を出したり、鼻をほじったり、全裸になったりなど、エキセントリックなライブパフォーマンスを見せる。

真島昌利との関係[編集]

  • 真島昌利とはTHE BLUE HEARTSから、およそ30年近くバンドを組み続けている。甲本のインタビューによれば、若い頃から、将来は親の世話になろうと思っていて働く気の無かった自分を[1]、真島が「お前はやれば出来る子なんだよ!」と、叱咤激励し続けてきたと語っている。また、上京して友達がなかなか出来なかった甲本にとって[2]、誰より自分を理解してくれた真島を、「自分にとって特別な存在だから、彼の期待を裏切りたくない」と言っている。真島とはプライベートでの交流も盛んであり、休日には二人で中古レコード店を回ったりすることもある。2013年2月8日のテレビ番組で、真島と一緒にディズニーランドに行って、チップのグリーティングに割り込んで(故意ではない)写真を撮ろうとしてチップに注意されたエピソードを披露した。
  • ブルーハーツ結成直後、真島とバンドの今後について話し合いをしていたところ、突然、「『バッテンロボ丸』の再放送が観たい」と言って自分の部屋に戻ってしまった。これに真島は激怒し、甲本の部屋に突入するや否や、「こんなもの(テレビ)があるからいけないんだ!」と言いテレビを撤去し、隣に住んでいた山川のりをの部屋に持っていってしまった。その時の真島の態度に甲本はショックを受け、信頼を取り戻すために、「リンダリンダ」と「ブルーハーツのテーマ」を制作した。

人物・エピソード[編集]

  • 好物は豆とハム。
  • 幼少時代のあだ名は「ボケ作」(小学校の担任教師が名づけた)。
  • 子供の頃、桃太郎少年合唱団に所属していて賛美歌などを歌っていたが、過去の定期演奏会パンフレットや名簿などに彼の名前は存在しない。
  • 小学校の夏休みの宿題に爪楊枝を折って「歯の裏をほじれるツマようじ」として提出した。毎年、夏休みの宿題を提出していなかったヒロトは、参観日の日に母親に褒めてもらえると期待していたが、作品に気付いてもらえなかった。それを聞いた真島は、「他の人の作品の部品が転がってると思ったんじゃない?」と追い討ちをかけた[3]
  • 高校時代は剣道部。
  • 実家はクリーニング店「ドライ甲本」を経営していた(2013年現在は閉店)。父について、「父親はアイロンを握っている姿が一番カッコよかった」と語っている。
  • 初めて買ったレコードは、西城秀樹の『薔薇の鎖』。本当は、『激しい恋』を買うつもりが間違えた。
  • 真空管アンプを自作している。
  • インタビューなどで雑誌に写真が出る時は、大抵、ロックTシャツを着ている。ファッション雑誌の表紙を何度か飾っている。
  • ザ・コーツ解散時に彼が住んでいた笹塚の廃家は、霊感の強い友人曰く、の通り道になっており、甲本も数々の心霊現象を体験している(例・を履こうとしたら中に大量の血が入っていたなど)。
  • インディーズ時代、アルバイト先のラーメン屋「珉亭」で「ロケット号」にまたがり出前をしていた。
  • 1981年5月、日本テレビ系列で放送されていた「スター誕生!」の前説にラウンド・アバウトで出演。甲本が生まれて初めて作った曲「Jump'in Jap 3-3-7」を演奏した。
  • ザ・ローリング・ストーンズザ・フーが来日すると、スケジュールを開けて、出来る限りライブを観に行っている[4]
  • ソロでイベントに出演する際、セックス・ピストルズの「アナーキー・イン・ザ・U.K.」を自作の日本語の歌詞をつけて歌うことが多い。
  • お金を払って見に行った日本のバンドのライブはDragon Ashだけ(しかし1995年のライブでは「この前イエモンのチケット買うて武道館行ったんやけど‥」と発言している)。
  • ツアー中の体脂肪率は「6.5ぐらい」とのこと[5]
  • 2005年放送の日本テレビ系踊る!さんま御殿!!」に弟の雅裕が出演した際、明石家さんまが雅裕に「兄貴(ヒロト)は、荒くれ者でしょう?」と問うと、雅裕は「いや、僕より謙虚ですよ」と語っていた。
  • ブルーハーツ結成直後、丸坊主に白い肌着という、それまでのロックのイメージに反する様相でステージに立つことに迷いを抱くが、「ものすごくロックが好きな自分がいいと思うんだから、これでいいんだ」と思い、自分らしさを貫いた。
  • 浅草キッド水道橋博士とは友人で、家族ぐるみの付き合いをしている[6]。中学時代の同級生であったが、その当時は知り合っておらず、芸の世界に入ってから交流を持った。水道橋曰く、「ヒロトはいつもの自然体で答える。対して、僕はタメ口で喋っていてもぎこちない」[7]
  • 2009年5月の忌野清志郎の葬儀には革ジャン姿で現れ、弔辞を述べた。

趣味[編集]

趣味バンド「モンキー・アンクルズ」では、ベースを弾いている。

自らカスタムする程のバイク好き(ハーレートライアンフ乗り)。沖縄に行くとハーレーのレンタバイクを借りて、タコス屋等を一人で回っている。

アニメ・特撮戦隊ヒーローモノも好む。アニメでは、「タイムボカンシリーズ」や「ドラえもん」、「いなかっぺ大将」を好む。『キン肉マン』も大好きで、「キン肉マン77の謎」の投稿超人コーナーに甲本が考案した超人「クアドロフェニア(名前はザ・フーのアルバム『四重人格(Quadrophenia)』から)」が掲載される。

また、 プロレス格闘技や映画が好き。同郷のプロレスラー田村潔司ジムU-FILE CAMP」の創設期の会員(No.2)で、ジムに何度か通っていた。またプロレス雑誌のKAMINOGEの表紙も飾っている。

ミュータント・タートルズ」や「ガンビー」などのフィギュアの収集をしている。

タイムボカンシリーズ[編集]

タイムボカンシリーズの熱烈なファン。タイムボカンシリーズの再放送が見たいがために、バンドの練習に行きたくないと駄々をこねたことがあった。同シリーズの音楽担当である山本正之のファンでもあり、ザ・コーツ時代から親交を深めている。それが縁で山本のアルバムなどにコーラスとして参加するなどしている。

ディスコグラフィー[編集]

ゲスト参加[編集]

楽曲提供[編集]

  • 宮沢りえ「ボーイフレンド」「恋が命中」作詞・作曲(1993年)
  • 坂井真紀「ビーナス」作詞・作曲(1997年)
  • 坂井真紀「シャボン玉」作詞・作曲(1998年)
  • 2丁拳銃「見せてごらん」作詞・作曲(1999年)
  • あのねのね「∥(ひと)」作詞・作曲(2001年)
  • PUFFY「モグラ」作詞・作曲(2006年)
  • 木村充揮「プロフェッショナル」作詞・作曲(2006年)
  • 中ノ森BAND「イソブラボー」作詞・作曲(2007年)

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「一生、親に養ってもらって、テレビとお菓子の生活をする」のが小さい頃の人生設計
  2. ^ 上京後は友人・知人がほとんど出来ず、原宿新宿を歩き回って友人探しに明け暮れていた。
  3. ^ ブルーハーツのしおり-ひと夏の経験編 角川書店、1990年
  4. ^ 6月13日 金曜日 水道橋博士の「博士の悪童日記」、2003年6月13日。
  5. ^ NHK-FMミュージック・スクエア』、2002年11月
  6. ^ 水道橋博士『藝人春秋』233頁、文藝春秋社、2012年12月5日
  7. ^ 水道橋博士『藝人春秋』234頁

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]