THE PRIVATES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE PRIVATES
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1983年 -
レーベル 東芝EMI1987年 - 1994年
公式サイト THE PRIVATES OFFICIAL WEB SITE
メンバー 延原達治(ボーカルギター
手塚稔(ギター)
高橋達哉(ベース
森原光司(ドラムス
旧メンバー 吉田学(キーボード
一条徹(ギター)

THE PRIVATESザ・プライベーツ)は、1983年東京で結成された日本ロックバンド1987年東芝EMIよりメジャーデビュー。

唯一無二のロックンロール・バンドとして現在も精力的に活動中。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

ボーカルギター担当。岡山県出身[1]。AB型。
子役の三宅零治(現・OKAMOTO'Sドラマー、オカモトレイジ)の実父。
ギター担当。愛称・ショーネン。神奈川県出身。B型。
前妻はタレントのYOU
ベース担当。愛称・乙ちゃん(おっちゃん)。東京都出身。A型。
ドラムス担当。鳥取県出身。AB型。

過去に在籍したメンバー[編集]

  • 吉田学(よしだ まなぶ)
キーボード担当。1991年まで在籍[2]
  • 一条徹(いちじょう とおる)
ギター担当。通称・JOE KIDS。1991年から1996年まで在籍。

略歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • キャプテンレコード
    • CITY COCKTAIL(1985年)
  • 東芝EMI
    • 君が好きだから(1987年8月26日、PVの監督は泉谷しげる
    • STOP BREAKIN' DOWN(1988年6月25日、PVの監督は利重剛
    • LUCKY MAN(1988年9月26日、PVの監督は利重剛)
    • PINBALL LOVERS(1989年3月8日)
    • 気まぐれロメオ(1989年5月24日)
    • DO THE ROCK(1989年10月28日)
    • SHERRY (reason for tears)(1990年3月7日、アニメ『バットマン(1990年版)』エンディングテーマ)
    • 切り裂きジャック(1991年6月7日)
    • EX LOVERS(1992年3月4日)
    • BLOW IN THE WIND(1993年)
    • LOVE IS STRANGE! 彼女に首ったけ(1994年1月26日)
  • フェイス
    • BE HAPPY!(1998年2月18日)
    • SUMMER WIDOW(1998年6月3日)
    • DESPERATE(1998年9月18日)
    • SWEET SOUL STEP(1999年5月19日)
  • インディーズ
    • It's alright!(2004年10月10日)
    • BAREFOOTIN'(2005年6月8日) ※Robert ParkerとFire Escapeのカバー曲を収録した7インチ・アナログ盤
  • ワーナーミュージック・ジャパン
    • ONE MORE TIME(2014年4月23日) ※配信限定
    • キッスを、もう一度(2014年8月6日) ※配信限定

アルバム[編集]

  • 自主制作カセットテープ
    • CANNON BALL ’86 BOOTLEG(1986年)
  • 東芝EMI
    • REAL TIME BLUES(1987年9月25日)
    • MONKEY PATROL(1988年10月16日)
    • SPEAK EASY(1989年6月28日)
    • IT'S FREEDOM(1990年4月4日)
    • WILD & VAIN(1991年7月26日)
    • HONEY DROPS(1992年6月17日)
    • THRILL! SPEED! SEX!(1994年3月23日)
  • フェイス
    • THE PROUD HIGHWAY(1998年11月6日)
    • Bright Lights, Beat City(2000年7月19日) ※2枚組
    • BUZZ A WHILE(2001年7月18日)
    • PSYCHO GENERATOR(2001年10月6日)
  • インディーズ
    • NO.12 EVIL CITY INVADER(2002年10月25日)
    • SPIKE DRIVER LIVE(2003年11月12日) ※ライブアルバム(2003年6月8日、磔磔にて収録)
    • CRAWDADDY STOMP(2004年4月7日)
    • 真夜中の太陽 (The Sun Of The Midnight)(2006年3月8日)
    • BEAT BEAT BEAT(2007年5月9日) ※カバーアルバム
    • JOHN THE CONQUER ROOT(2007年9月21日)
    • El Pistolero(2009年9月2日)
  • ワーナーミュージック・ジャパン
    • Les beat hi-fi mono(2014年10月1日) ※2枚組

その他のアルバム[編集]

  • ベストアルバム
    • GREATEST HITS VOLUME 1 1987-1993(1993年5月26日)
    • LITTLE MONSTERS SUCK Early Years Selection '87〜'94(2006年9月29日) ※2枚組
  • 企画アルバム
    • RESPECT & RUDIMENTS LIVE AT NISSIN POWER STATION 28 DECEMBER.1992(1993年) ※日清パワーステーションの企画で限定生産されたライブアルバム
  • 参加アルバム
    • ALL WE NEED IS LOVE ~愛こそはすべて~(1990年)
    • ロックの生まれた日(1990年) ※延原と手塚がそれぞれユニットを組んで参加
    • アーシアン ORIGINAL ALBUM 3(1990年)
    • MOTH POET HOTEL 〜A TRIBUTE MOTT THE HOOPLE〜(1996年)
    • TRIBUTE TO MODERN DOLLZ ~ブラインド越しの俺達~(2002年10月4日)
    • CollaBo GumBos Vol.1 ~BO GUMBOSトリビュートアルバム~(2005年1月26日) ※YO-KING & THE PRIVATESとして参加
    • RESPECT THE STONES(2006年3月8日)
    • RESPECT THE STONES 2(2007年9月5日)
    • ニッポンのロックンロール 〜DR.FEELGOOD TRIBUTE〜(2007年12月5日)
    • BO DIDDLEY TRIBUTE ALBUM "HEY! BO SLINGER!!"(2009年12月16日)

映像作品[編集]

  • クリップ集
    • FOR SHERRY & RUDE BOYS(1988年1月25日)
    • SHAPE OF ICE(1989年1月28日)
    • SINGLES(1992年)
    • THRILL! SPEED! SEX!(1994年)
  • ライブビデオ
    • SPEAK EASY TOUR '89 LIVE AT SHIBUYA KOKAIDO 1989.10.26(1990年)
    • WHAT'S FREEDOM TOUR '90(1990年)

メディア[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小学生時に都内に転居しているため、プロフィールによっては東京都出身と表記されている。
  2. ^ 完全にバンドを離れた訳ではなく、1991年以降も変則的ではあるがライブやレコーディングに参加している。
  3. ^ THE PRIVATESとして初めてライブを行った1983年12月18日を結成日としている。
  4. ^ 一時期アンジーの岡本雅彦、THE BELL'Sの野山昭雄と松崎太も在籍していた。
  5. ^ 5th、6th、9thアルバムのレコーディングもボガルサで行った。
  6. ^ 10th、11th、14th、16thアルバムもロンドンレコーディングである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]