マンフレッド・マン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンフレッド・マン
(Manfred Mann)
基本情報
別名 マンフレッズ
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ビート・グループ,ブルース, R&B, サイケデリック・ロック
活動期間 1963年 - 1969年
レーベル HMV
フォンタナ
メンバー
マンフレッド・マン
マイク・ハグ
マイク・ヴィッカーズ
デイヴ・リッチモンド
トム・マッギネス
ポール・ジョーンズ
ジャック・ブルース
リン・ドブスン
ヘンリー・ロウザー
クラウス・フォアマン
マイク・ダボ
ロブ・タウンゼンド
ベニー・ギャラガー
マーカス・クリフ
サイモン・カーリー

{{{Influences}}}

マンフレッド・マンManfred Mann)はイギリスロックバンド

来歴[編集]

  • 1962年 - マンフレッド・マン(本名マンフレッド・ルボウィッツ)、マイク・ハグ、マイク・ヴィッカーズ、デイヴ・リッチモンドがマン・ハグ・ブルース・ブラザーズを結成。ホーン・セクションが参加、その後ポール・ジョーンズがオーディションで加入。
  • 1963年 - ホーン・セクションが脱退。バンド名をマンフレッド・マンに改名。
  • 1964年 - リッチモンド脱退。トム・マッギネス加入。1st「The Five Faces Of Manfred Mann」発表。
  • 1965年 - ジョーンズが独立を発表するが、代わりのボーカルが見つかるまでバンドに残る事となった。
2nd「Mann Made」発表。ヴィッカーズがアレンジャーになるために脱退。ジャック・ブルース加入、マッギネスがギターに転向、リン・ドブスン、ヘンリー・ロウザー加入。
  • 1966年 - ジョーンズ脱退。ブルースもクリーム結成のために脱退。マイク・ダボ、クラウス・フォアマン加入。ホーン・セクションが脱退。3rd「As Is」発表。
  • 1968年 - 映画「Up The Junction」のサウンド・トラックを手がける。第4期メンバーを中心に旧友ヴィッカーズをはじめ外部ミュージシャンが参加している。
4th「Mighty Garvey!」発表。
  • 1969年 - 解散。マンとハグはジャズを本格的に指向するためにサイドプロジェクトとしてエマノン(Emanon:no nameの逆さ読み)を発足、マンフレッド・マン・チャプター・スリーへと発展する。
  • 1991年 - マン以外の主要メンバーを中心にザ・マンフレッズ(The Manfreds)を結成。

メンバーと担当楽器[編集]

マン・ハグ・ブルース・ブラザーズ(Mann Hugg Blues Brothers) 1962年後半[編集]

  • マンフレッド・マン(Manfred Mann) - piano
  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - drums
  • マイク・ヴィッカーズ(Mike Vickers) - guitar
  • デイヴ・リッチモンド(Dave Richmond) - bass guitar
  • イアン・フェンビー(Ian Fenby) - trumpet
  • トニー・ロバーツ(Tony Robrts) - sax
  • ドン・フェイ(Don Fay) - sax

第1期 1963年~1964年[編集]

  • マンフレッド・マン(Manfred Mann) - organ/piano/vocal
  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - drums/vibraphone/vocal
  • マイク・ヴィッカーズ(Mike Vickers) - guitar/sax/flute/vocal
  • ポール・ジョーンズ(Paul Jones) - vocal/harmonica
  • デイヴ・リッチモンド(Dave Richmond) - bass guitar

第2期 1964年~1965年[編集]

  • マンフレッド・マン(Manfred Mann) - organ/piano/vocal
  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - drums/vibraphone/vocal
  • マイク・ヴィッカーズ(Mike Vickers) - guitar/sax/flute/vocal
  • ポール・ジョーンズ(Paul Jones) - vocal/harmonica
  • トム・マッギネス(Tom McGuinness) - bass guitar/guitar/vocal

1st「The Five Faces Of Manfred Mann」、2nd「Mann Made」、ライブ「BBC Sessions」録音。

第3期 1965年~1966年[編集]

  • マンフレッド・マン(Manfred Mann) - organ/piano/vocal
  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - drums/vibraphone/vocal
  • ポール・ジョーンズ(Paul Jones) - vocal/harmonica
  • トム・マッギネス(Tom McGuinness) - guitar/vocal
  • ジャック・ブルース(Jack Bruce) - bass guitar
  • リン・ドブスン(Lyn Dobson) - sax
  • ヘンリー・ロウザー(Henry Lowther) - trumpet

ライブ「BBC Sessions」録音。

1966年1月のギグでは、ジョーンズが交通事故のためエリック・バードン(Eric Burdon)が代理を務めた。

第4期(Manfred Mann Chapter Two) 1966年~1969年[編集]

  • マンフレッド・マン(Manfred Mann) - organ/piano/mellotron/vocal
  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - drums/vibraphone/vocal/keyboard
  • トム・マッギネス(Tom McGuinness) - guitar/vocal
  • マイク・ダボ(Mike d'Abo) - vocal/keyboard
  • クラウス・フォアマン(Klaus Voorman) - bass guitar/flute/vocal

3rd「As Is」、4th「Mighty Garvey!」録音。

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第1期 1991年~1999年[編集]

  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - keyboard
  • ポール・ジョーンズ(Paul Jones) - vocal/harmonica
  • マイク・ダボ(Mike d'Abo) - vocal/keyboard
  • トム・マッギネス(Tom McGuinness) - guitar
  • マイク・ヴィッカーズ(Mike Vickers) - sax/flute
  • ロブ・タウンゼンド(Rob Townsend) - drums
  • ベニー・ギャラガー(Benny Gallagher) - bass guitar

「5-4-3-2-1」、「Live」録音。

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第2期 1999年~2003年[編集]

  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - keyboard
  • ポール・ジョーンズ(Paul Jones) - vocal/harmonica
  • マイク・ダボ(Mike d'Abo) - vocal/keyboard
  • トム・マッギネス(Tom McGuinness) - guitar
  • マイク・ヴィッカーズ(Mike Vickers) - sax/flute
  • ロブ・タウンゼンド(Rob Townsend) - drums
  • マーカス・クリフ(Marcus Cliffe) - bass guitar

「Maximum Manfreds」録音。

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第3期 2003年~2006年[編集]

  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - keyboard
  • ポール・ジョーンズ(Paul Jones) - vocal/harmonica
  • マイク・ダボ(Mike d'Abo) - vocal/keyboard
  • トム・マッギネス(Tom McGuinness) - guitar
  • タウンゼンド(Rob Townsend) - drums
  • マーカス・クリフ(Marcus Cliffe) - bass guitar
  • サイモン・カーリー(Simon Currie) - sax/flute

「Uncovered」録音。

ザ・マンフレッズ(The Manfreds) 第4期 2007年~[編集]

  • マイク・ハグ(Mike Hugg) - keyboard
  • ポール・ジョーンズ(Paul Jones) - vocal/harmonica
  • トム・マッギネス(Tom McGuinness) - guitar
  • ロブ・タウンゼンド(Rob Townsend) - drums
  • マーカス・クリフ(Marcus Cliffe) - bass guitar
  • サイモン・カーリー(Simon Currie) - sax/flute

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • The Five Faces Of Manfred Mann (1964年 第2期)
  • Mann Made (1965年 第2期)
  • As Is (1966年 第4期)
  • Mighty Garvey! (1968年 第4期)
  • 5-4-3-2-1 (1998年 The Manfreds 第1期)
  • Maximum Manfreds (2000年 The Manfreds 第2期)
  • Uncovered (2003年 The Manfreds 第3期)

ライブ・アルバム[編集]

  • BBC Sessions (1998年 第2期~第3期)
  • Live (1999年 The Manfreds 第1期)

シングル(イギリス盤)[編集]

  • Why Should We Not / Brother Jack (1963年 第1期)
  • Cock-A-Hoop / Now You’re Needing Me (1963年 第1期)
  • 5-4-3-2-1 / Without You (1964年 第2期)
  • Hubble Bubble (Toil And Trouble) / I’m Your Kingpin (1964年 第2期)
  • Do Wah Diddy Diddy / What You Gonna Do? (1964年 第期)
  • Sha La La / John Hardy (1964年 第2期)
  • Come Tomorrow / What Did I Do Wrong (1965年 第2期)
  • Oh No, Not My Baby / What Am I Doing Wrong (1965年 第2期)
  • If You Gotta Go, Go Now / Stay Around (1965年 第2期)
  • Pretty Flamingo / You’re Standing By (1966年 第3期)
  • You Gave Me Somebody To Love / Poison Ivy (1966年 第2期)
  • Just Like A Woman / I Wanna Be Rich (1966年 第4期(A面)、第3期(B面))
  • Semi-Detached Suburban Mr James / Morning After The Party (1966年 第4期)
  • Ha! Ha! Said The Clown / Feeling So Good (1967年 第4期)
  • Sweet Pea / One Way (1967年 第4期)
  • So Long, Dad / Funniest Gig (1967年 第4期)
  • Mighty Quinn / By Request – Edwin Garvey (1968年 第4期)
  • Theme from "Up The Junction" / Sleepy Hollow (1968年 第4期)
  • My Name Is Jack / There Is A Man (1968年 第4期)
  • Fox On The Run / Too Many People (1968年 第4期)
  • Ragamuffin Man / A 'B'side (1969年 第4期)

EP盤[編集]

  • Manfred Mann's Cock-A-Hoop With 5-4-3-2-1 (1964年 第1期~第2期)
  • Groovin’ With Manfred Mann (1964年 第2期)
  • The One In The Middle (1965年 第2期)
  • No Living Without Loving (1965年 第2期)
  • Machines (1966年 第2期 マイク・ヴィッカーズ脱退後)
  • Instrumental Asylum (1966年 第3期)
  • As Was (1966年 第2期~第3期)
  • Instrumental Assassination (1966年 第4期)

コンピレーション[編集]

  • Mann Made Hits(1966年 第1期~第3期)
  • Soul Of Mann (1967年 第1期~第3期)
  • What A Mann (1968年 第4期)

その他[編集]

  • Original Sound Track『Up The Junction』/Manfred mann Go Up The Junction (1968年 第4期)
  • Manfred Mann Chapter Three / Volume One (1969年)
第4期でのシングル曲“A 'B'side”を“Travelling Lady”として再演している。

関連項目[編集]

 (日本語訳詞 1978年12月リリース ヌーベル・バーグ4曲目)