トリビュート・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリビュート・アルバムとは功績のある人物、グループに対して称賛するために作られるアルバムのこと。複数のミュージシャンによって対象となるミュージシャンの曲をカバーしたコンピレーション・アルバムのような形式になることが多い。

概要[編集]

トリビュートとは「称賛・賛辞・尊敬・感謝」といった意味で、自分自身に大きく影響を与えたり、尊敬していたり、あこがれの存在であったりするアーティストに対して敬意を表すアルバムであり、単なるカバー曲集ではない。ミュージシャン以外では手塚治虫アイルトン・セナのトリビュート・アルバムが製作されたこともあった。

1990年代後半から2000年代前半に日本国外のミュージシャン(特にHM/HR)を題材としたトリビュート盤が流行したが、単なるカバー大会に終わっているものや、無名の若手バンドの売名行為としか思えない作品など粗製濫造が横行したため批判を呼び、現在はトリビュートブームは沈静化している。

かつて日本では、トリビュート・アルバムを追悼盤とする誤解があった。これは、亡くなった海外のアーティストのトリビュート・アルバムが販売されることが多かったために起こった誤解である。1997年に発売された加山雄三の還暦を記念して作られたトリビュート・アルバム60 CANDLESが発売された時にはテレビ・ラジオなどの番組で少なくないタレントらが「トリビュートって追悼盤っていう意味じゃなかったんですね」などと発言していた。

日本ではレコード会社間の関係等が障壁となってなかなか制作されることがなかったが、前述の60 CANDLESの制作によって先例が出来たことやカバー曲ブームも重なり、1997年以後トリビュート・アルバムが多数発売されている。

主な作品[編集]

ミュージシャンを取り上げたトリビュート盤[編集]

作品を取り上げたトリビュート盤[編集]

作詞家・作曲家を取り上げたトリビュート盤[編集]

阿久悠
  • VELFARRE J-POP NIGHT presents DANCE with YOU (1997年)
  • 歌鬼 (Ga-Ki) 〜阿久悠トリビュート〜 (2008年)
  • VISION FACTORY COMPILATION 〜阿久悠、作家生活40周年記念〜 (2008年)
  • 歌鬼2 〜阿久悠vs.フォーク〜 (2009年)
  • Bad Friends (2009年)
  • 歌鬼3 〜阿久悠×青春のハーモニー〜 (2010年)
森雪之丞

Words of 雪之丞 (2006年)

筒美京平
服部良一

レーベルを取り上げたトリビュート盤[編集]

その他のトリビュート盤[編集]