尾崎豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尾崎 豊
基本情報
出生 1965年11月29日
日本の旗 日本東京都練馬区
出身地 日本の旗 日本・東京都世田谷区
死没 1992年4月25日(満26歳没)
日本の旗 日本・東京都文京区
血液型 B型
学歴 青山学院高等部中退
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
実業家
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
ブルースハープ
活動期間 1983年 - 1992年
レーベル CBSソニー
(1983年 - 1986年)
MOTHER&CHILDREN
(1987年 - 1988年)
CBSソニー
(1990年)
ソニー・ミュージックレコーズ
(1991年 - 1992年)
事務所 マザー・エンタープライズ
(1983年 - 1989年)
ROAD AND SKY
(1990年)
アイソトープ
(1991年 - 1992年)
共同作業者 須藤晃
西本明
田島照久
町支寛二
福田信[注釈 1]
公式サイト YUTAKA OZAKI OFFICIAL SITE

{{{Influences}}}

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年11月29日 - 1992年4月25日)は日本ミュージシャンシンガーソングライター

概略[編集]

1983年12月シングル15の夜」とアルバム十七歳の地図』でデビュー。

破滅的で体当たりなパフォーマンスや自己の内面を抉り出すような赤裸々な歌詞の中で、真実の愛や夢、生きることの意味を追い求め、学校や社会の不条理に立ち向かう心の叫びのようなその音楽の世界が1980年代から1990年代初頭にかけての若者を中心に多くの人から共感を呼び、カリスマ的存在となる。その作品と活動と精神性は、日本の音楽シーンに多大なる影響を与え、作品に迸るメッセージは、亡くなってから20年以上経過した現在でも多くのファンやミュージシャンからリスペクトされている[1]

1992年、あまりにも若すぎる26歳での突然の死は、当時、社会的にも大きな衝撃を与えた[注釈 2]。死後20年を過ぎてもなお、尾崎を慕うものは絶えず、新たなファンを生んでおり、彼が遺した曲の数々は多くのアーティストにカバーされ続けている。

ジャクソン・ブラウンブルース・スプリングスティーンビリー・ジョエル浜田省吾佐野元春井上陽水アナーキー甲斐バンドらに強い影響を受けている[2][3][4][5][6]

生涯[編集]

幼少〜学生時代[編集]

1965年昭和40年)11月29日東京都練馬区にて2人兄弟の次男として誕生。練馬区立田柄第二保育園から区立田柄第二小学校に入学したが、1976年(昭和51年)8月に埼玉県朝霞市へ転居。小学校5年の2学期より、朝霞市内の公立小学校へ通う。父親が防衛庁職員であったため、いずれも陸上自衛隊練馬駐屯地朝霞駐屯地の近くであった。母親は保険の外交員で、決して裕福ではないが教育熱心な家庭であった。しかし、転校生という理由で同級生から苛めを受けるようになり、一時不登校にもなった。その後ギターを弾くようになり、それがきっかけで苛められなくなった。このことが、後の人生にも影響している。

小学校を卒業すると、本人の強い希望で練馬東中学校越境入学生徒会副会長、文化祭実行委員長を務めたが、喫煙により停学処分を受ける。高校受験では、第一志望で埼玉県内最難関の私立高校であった慶應義塾志木高等学校には不合格だったが、青山学院高等部に合格。さらに、陸上自衛隊少年工科学校の1次試験にも20倍の競争率を突破して合格した。しかし髪を短くしなくてはいけないと言う理由で、すでに合格していた青山学院高等部に進学することになった。高校在学中には喫煙やオートバイでの事故などで停学、さらに、高校3年生の時に渋谷で同級生達と飲酒した挙句、同じクラスの女子生徒が一気飲みをし急性アルコール中毒で搬送、さらに大学生のグループとパトカーが出動するほど乱闘騒ぎを起こし、無期限停学処分を下される。これがオーディションを受ける契機となる[注釈 3]。のちに停学処分は解けたものの出席日数が足りず留年となり、自主退学。高校在学時には新聞配達[注釈 4]と飲食店でのアルバイトをしていた[9][3]

デビュー〜10代全盛期[編集]

ファーストアルバムの歌詞は何度も書き直されたもので、リテイクの嵐だったソニーでのレコーディングは、尾崎の持つ情熱をいかに文字として表現させるということが当初のテーマであった[注釈 5]。デビュー当初の評価は完全な口コミであったため、ファーストアルバムである『十七歳の地図』はセールスが伸び悩んだが、音楽評論家からは大絶賛され、音楽雑誌では早くも特集が組まれた。中には10ページ以上尾崎の記事や写真で組まれた特集もあった。しかし、その後口コミにより人気が出て、3rdシングル「卒業」の中の過激な歌詞が話題となり、2ndアルバム『回帰線』は大手音楽チャート1位を記録し、尾崎の名は瞬く間に全国へと広がっていった。

特に10代の頃は「社会への反抗・疑問」や「反支配」をテーマにした歌を多く歌い、マスメディアからは「10代の教祖」「若者のカリスマ」などとも呼ばれたが、本人はこうした呼称を嫌っていた[10]。だが、校内暴力や学生による喫煙、飲酒が横行していた時代と相まって一種の社会現象ともなる[注釈 6]

10代最後の日に3rdアルバム『壊れた扉から』を発売しヒット、同時期に行われていたツアーも満員となるなど人気は絶頂を迎える。

無期限活動休止〜完全復活[編集]

10代の代弁者として一世を風靡した尾崎は、20歳になり方向性を見失い突然無期限活動休止を宣言し単身渡米する。当時曲を生み出せないことに苦悩していた尾崎は、何の収穫もないまま半年後に帰国する。そんな中でレコード会社移籍が決定、懇意にしていた音楽スタッフとも離れてしまい、さらには覚せい剤取締法違反で逮捕され精神的に低迷、バックバンド「Heart Of Klaxon」のメンバーとも関係が悪化する。復帰後リリースした「太陽の破片」がヒット、フジテレビ系列の『夜のヒットスタジオ』に最初で最後のテレビ出演、そして東京ドームにて復活ライブを行うが、同時期に制作していたアルバム『街路樹』は発売延期を繰り返し、シングル『核 (CORE)』の完成度を含め満足のいく活動からは程遠かった。

一方プライベートでは一般人女性と結婚、長男が生まれ、新たな価値観を見出した尾崎は1990年平成2年)、レコード会社を古巣のCBSソニーに復帰、2枚組アルバム『誕生』をリリースし、オリコン1位を記録。さらに個人事務所「ISOTOPE」(アイソトープ)を設立し、翌年には大規模ツアーを行うなど、尾崎は完全復活を遂げる。

その後『放熱への証』の制作に取り掛かるが、1991年末に母親が急死、交友関係も狭くなっていき、再び精神的状況は悪い方向へ向かっていた。翌年尾崎は急逝したため、結果的に『放熱への証』は遺作となった。

20代になってからの尾崎は、かつての「自由」「反支配」といったものとは違い、「真実の愛」「贖罪」「罪」といったものを主題にした歌を多く作っていった。

26歳での突然死[編集]

1992年(平成4年)4月25日早朝、当時の尾崎の自宅であるマンションから約500メートル離れた、足立区千住河原町の民家の軒先に全裸で傷だらけで倒れていたところを住人に発見され、5時45分ごろ、通報で墨田区内の白鬚橋病院に運び込まれる。診察した医師は「生命に関わることも考えられるので、専門医に見てもらった方がいい」と診断したが、尾崎は妻と兄ともに自宅マンションに戻る。しかし、10時ごろになって容体が急変、呼吸が止まっているのに気がついた家族が約1時間後の11時9分に119番通報。搬送先の日本医科大学付属病院で手当を受けるも、午後0時6分に死亡した[11][12][13]。最期の言葉は「僕、本当に勝てるかな」だったという[3]

後日、雨の降る中、東京都文京区護国寺にて葬儀、追悼式が行われ、参列者は4万人近く[注釈 7]に上り、規模は美空ひばり忌野清志郎坂井泉水吉田茂に次ぐものとなった[注釈 8]。密葬は日蓮正宗にて営まれた。戒名は「頌弦院智心碩豊居士」、墓所は埼玉県所沢市にある[注釈 9]

長渕剛は2003年、自身の番組『長渕剛のオールナイトニッポンフライデースペシャル・今夜もバリサン』で「尾崎は最後レコード会社からも見捨てられ、本当に孤独だったんだ。彼みたいな才能ある人間を業界は孤独にさせたらだめだ。」と語っている。

略歴[編集]

  • 1965年
  • 1974年
    • 小学3年生の時に初めて詩を書く。タイトルは『雨』[15]
  • 1980年
  • 1981年
    • 12月26日、「NOA」というバンド名で新宿ルイードにてはじめてライブハウスでのライブを行う。
  • 1982年
    • 夏、「ダンスホール」、「もうおまえしか見えない」、「町の風景[注釈 11]」、「Street Blues[注釈 13]」の4曲の入ったカセットテープをCBSソニーへ送る[16][4]
    • 10月11日、CBSソニーのオーディション『CBS SONY Sound Development Audition 1982』にて「ダンスホール」と「もうおまえしか見えない」を歌う[注釈 14]
    • 11月20日、オーディションに合格。辻仁成がいたECHOESと共に、1982年の最優秀アーティスト賞に選出される。
  • 1983年
  • 1984年
  • 1985年
    • 1月21日、シングル「卒業」がオリコンチャート初登場で20位を獲得、歌詞の一部の過激な表現が話題となる。
    • 3月21日、2枚目のオリジナル・アルバム『回帰線』が初登場1位を獲得する。
    • 3月、渡米。約1ヶ月の休暇をニューヨークで過ごす。
    • 8月25日、初の単独野外スタジアムライブとなった大阪球場での公演で、2万6000人を動員する[注釈 18]
    • 11月14日・15日、代々木オリンピックプール第一体育館にてライブを行い、2日間で3万人を動員する。
    • 11月28日、20歳の誕生日前日に10代最後となる3枚目のオリジナル・アルバム『壊れた扉から』をリリースする。
  • 1986年
  • 1987年
    • 2月10日、CBSソニーから新レーベル・MOTHER&CHILDRENに移籍。同レーベルにはHOUND DOGも所属していた[注釈 20]
    • 7月1日、1年と7ヶ月ぶりのライブツアーがスタート。
    • 8月29日・30日、有明コロシアムで公演。2日間で約2万人を動員する。
    • 9月28日、公演会場に入るも、ライブ前に倒れ、帰国後初のライブツアーが中止。
    • 10月21日、初のライブ・アルバム『LAST TEENAGE APPEARANCE』をリリースする。
    • 12月22日、覚せい剤取締法違反で逮捕
  • 1988年
    • 1月11日、覚せい剤取締法違反で起訴。
    • 1月21、22、25、26日に予定されていた初の日本武道館公演が幻に終わる[注釈 21]
    • 2月22日、東京地方裁判所刑事11部第531号法廷にて、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年の判決が下される[注釈 22]。午後1時30分ごろに東京拘置所から釈放[注釈 23]
    • 5月12日、繁美夫人と入籍。
    • 6月22日、フジテレビ系音楽番組『夜のヒットスタジオ』に最初で最後のテレビ出演。同月21日に発売された新曲「太陽の破片」を歌う。
    • 9月1日、度重なる発売延期を乗り越え、4枚目のオリジナル・アルバム『街路樹』をリリースする。
    • 9月12日、東京ドームで一夜限りの復活ライブ「LIVE CORE」を行い、5万6000人を動員する。
  • 1989年
  • 1990年
    • 1月、所属事務所をデビューから在籍していたマザーエンタープライズから浜田省吾の在籍するROAD & SKYに移籍する。
    • 10月21日、レコード会社を再びCBSソニーに移籍。
    • 11月15日、5枚目のオリジナル・アルバム『誕生』(2枚組)をリリースする。
    • 12月19日、個人事務所・ISOTOPE(アイソトープ)設立。
  • 1991年
    • 3月、雑誌『月刊カドカワ』での対談がきっかけとなった女優・斉藤由貴との不倫が発覚。その後10月に別離したことが報じられる。
    • 3月、公式ファンクラブ「Edge Of Street」設立。
    • 3月21日、シングル「I LOVE YOU」をリリースする。JR東海のCMに使用され、話題になる。
    • 5月20日、3年ぶりのライブツアーが横浜アリーナでスタート。
    • 10月30日、代々木オリンピックプールにてライブを行う。結果的にこれが生涯最後のライブとなった。生前最後に歌った曲はオーディションでも歌われた「ダンスホール」[10]
    • 12月29日、母親が急死。
  • 1992年
    • 4月25日早朝、東京都足立区千住河原町の民家の庭にて泥酔状態で発見され、警察に通報される。救急車で墨田区の病院に運ばれ診察を受け、妻と兄と共に自宅マンションに帰宅する。その後、夫人、兄、マネージャーが見守る中、自宅マンションで暴れたり眠ったりを繰りかえしながら、突如危篤状態となり、救急車で日本医科大学の緊急病棟に収容される。蘇生措置がされるが午後0時6分死亡。享年27(満26歳)。
    • 4月30日、東京都文京区護国寺で行われた追悼式には3万7500人ものファンが詰め掛ける。
  • 1993年
  • 1994年
  • 1995年
  • 1996年
  • 1997年
    • 11月15日、ライブベストアルバム『MISSING BOY』がリリースされる。
  • 2002年
  • 2004年
  • 2006年
  • 2007年
    • 4月25日、CD-BOX『71/71』リリース。生前に発売されたオリジナル・アルバム6作品をすべて収録し、4枚目のアルバム『街路樹』に「太陽の破片」「街角の風の中」を加えた『街路樹+2』を特別収録している。
  • 2008年
  • 2009年
    • 4月18日〜5月5日、尾崎の楽曲から生まれた青春群像劇『MISSING BOYs 〜僕が僕であるために〜』が赤坂ACTシアターにて上演される。
    • 4月22日、オリジナル・アルバム6枚とベスト・アルバム『愛すべきものすべてに』がBlu-spec CDで再リリースされる。『街路樹』はシングル「核 (CORE)」と「太陽の破片」のそれぞれA面・B面収録曲を加えた2枚組スペシャルエディションとして発売された。
    • 4月25日、TOKYO-FM(JFN38局)にて『KDDI presents 尾崎豊メモリアルスペシャル「BIRTH 〜From 1991 to 2009〜」』がオンエアされる。番組は、1991年5月20日に横浜アリーナで行われたツアー初日の初公開音源に加え、須藤晃によるエピソードで構成された。
    • 同日、auの音楽配信サービスLISMOにて、全71曲の着うた配信が開始。同CMに「I LOVE YOU」が使用される。映像は1985年1月12日、日本青年館で行われたライブの一編である[注釈 25]。このCMで尾崎自身の映像がテレビCMに初めて使われる。
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年

生前、活動期の詳しい経歴はHeart Of Klaxonも参照。

人物[編集]

クールで尖ったイメージのある尾崎だが、プライベートの尾崎は普通の明るい好青年であった。

尾崎と同じCBSソニーに所属していた俳優の坂上忍はインタビュアーの吉田豪との対談の中で「尾崎はいつも暗い顔して写真に写ってたけど、プライベートはホントに明るくて。こっちのほうがよっぽど暗かったですから。『忍ちゃーん!』とか言って登場してくるぐらいですからね。」と語っている[20]

平成25年(2013年)12月1日に WOWOWで放送された『尾崎豊デビュー30周年記念日-THE DAY』で、尾崎の曲のアレンジャーもつとめたギタリストの町支寛二は「話を交わすときはいつも純真な青年ってイメージで。だから初めてライブを観に行ったとき、スイッチがひとつ入っちゃう感じに鳥肌が立ちましたね。」と、RED WARRIORSベーシストの小川清史は「リハーサルの間に「実は尾崎、俺『Bow!』って曲凄く好きなんだ。」って言ったら、顔をくしゃくしゃにして『本当?』って喜んでくれて。」と語っている[21]

1991年の「1991 BIRTH TOUR」のバックバンドでベースをつとめた渡辺茂は「初対面のときに、それまでいろんな仲間から変わってる奴だとさんざん聞いてたが、普段は礼儀正しくておとなしかった。でもステージの上では破壊的で、跳ぶわ、ピアノの上に寝るわでびっくりしました。」と、サクソフォンを担当した関誠一郎は「服装は派手だけど、普通の人で、気さくな感じだ。」と、パーカッションの里村美和は「熊本(熊本県・阿蘇で行われたロックイベントBEAT CHILDのこと)で僕が佐野元春とやってるときに初めてあったんだけど、真面目で礼儀正しいやつだと思った。」と語っている[22]

また、10代の頃は尾崎自身のカリスマ性やイメージを保つ為に、写真は全てモノクロ(白黒)写真で掲載され、笑顔の写真も自粛された。

バックバンド[編集]

尾崎のバックバンドは、ツアーやライブごとに名称やメンバーが異なっている。詳しくは「Heart Of Klaxon」を参照。

尾崎の友人[編集]

尾崎の友人の1人として、デビューが同期の吉川晃司が挙げられる。2人は1984年8月5日に日比谷野外音楽堂で開催予定だった「TOKYO ROCKFEELING FESTIVAL」で共演しようとしたが、尾崎が前日の「アトミック・カフェ」出演中に足を骨折してしまい、実現しなかった[注釈 26]。その後、無期限活動休止中の1986年1月31日にHOUND DOGの日本武道館での公演で吉川と共演している[23]

吉川の他に、岡村靖幸[注釈 27]金山一彦RED WARRIORSのメンバー、渡辺美里川上麻衣子白井貴子中村あゆみ南野陽子白竜村上龍坂本龍一米米CLUB石井竜也チェッカーズ藤井フミヤ沢木耕太郎筑紫哲也、元横綱の北勝海[注釈 28]との交流もあり、大友康平泉谷しげるキラー・カーン坂上忍とんねるず石橋貴明中山秀征加藤登紀子小田和正なども素の尾崎を懐かしむコメントを出している[注釈 29]光GENJIとしてデビューする以前の大沢樹生とも、よく夜の六本木で遊んでいた。また、高橋克典は高校の1年先輩である。

弟分として、俳優の吉岡秀隆がいる。尾崎の影響を受け、曲作りを始めたという。吉岡が出演したフジテレビ系ドラマ『北の国から』では、尾崎の曲をBGMとして使ったこともある。生前、尾崎豊は自作の小説『幻の少年』を映画化することがあれば、吉岡を主人公にしたいと思っていた[要出典]

オーディション受賞が同じだった辻仁成とはニューヨーク滞在時にも会っていて自身の悩みを相談していた関係であった[25]

死因について[編集]

当初の公表と死体検案書との乖離
初めは、事件性がないとして行政解剖が行われる予定だったものの、千住署、警視庁、検察庁が前日夜に協議した結果、全身にすり傷があり右目の上にコブもあることから、司法解剖に切り替えられ、午前10時から東京監察医務院の医師らによって検視、その後解剖が行われた[26]。その結果、死因は肺に水がたまる肺水腫であると発表され、極度の飲酒によるものだと考えられた[26][27]。しかし、1994年、尾崎の体内から検出された覚醒剤に言及した司法解剖の結果が記載れた「死体検案書」のコピーがマスコミに流出すると、当初報じられた司法解剖の結果に疑義が呈された[27]
司法解剖医による見解
検死を担当した支倉逸人によれば、尾崎の死因は肺水腫であることのみを発表し、肺水腫の原因が覚醒剤中毒であることは伏せられていた。中毒は経時的な悪化によるものではなく、大量の覚醒剤服用(オーバードース、薬の多量摂取)による急性メタンフェタミン中毒が引き起こした肺水腫と結論付けられている。内臓も覚醒剤を経口摂取した形跡があり、肺にも覚醒剤中毒の症状が見られたという[28]
他殺の疑惑
尾崎の遺体には全身の殆どに多数の傷やあざがあり、亡くなった当初は傷害致死の可能性も指摘された。しかし警察は、状況捜査や司法解剖を行った結果から「事件性なし」として調査を終結している。検死をした支倉逸人の著書によれば、擦過傷と打撲傷をじっくり調べた結果、他者からの暴行によって生じるものとは異なる状態であったとの記述がある。またそれを裏付けるように尾崎が転倒したり暴れて転げ回っていたという証言を警官が確認しており、このような異常行動は覚醒剤中毒者によく見られるものである。なお、支倉によれば頭部に小さな外傷性くも膜下出血も確認されているが、極めて微量の出血であり、死に至るほどの重症ではなかったと言う[28]
1994年にはテレビ朝日が流出した「死体検案書」のコピーやジャーナリストが取材した結果を元に妻と知人が覚醒剤を飲ませて殺害したという説を主張、尾崎の死を検証する番組を製作した。ところが尾崎の妻がテレビ朝日と記事を執筆したジャーナリストを相手取り訴訟を起こしたため番組はお蔵入りとなり放送されることはなかった[29]。結果は原告の尾崎の妻が一審・二審・最高裁全てで勝訴した[28]。(テレビ朝日は一審判決後原告と和解)。
7年後の1999年には週刊誌『フライデー』に蘇生措置を施されている尾崎の写真と死体検案書が掲載された。しかしこの記事は検死を行った支倉に対して一切の取材を行わずに書かれたものであったことが著書で述べられている。支倉は著書内で、覚醒剤の致死量は個人差が大きく、薬殺の手段として用いるには酒と同じくらい不確実性が高いことも指摘している[28]

死後のエピソード[編集]

死亡直後の影響
尾崎の死後、尾崎のアルバムが急激に売れる現象が起こり、1992年5月25日付けのオリコンアルバムチャートでは、TOP10中6作を尾崎が占める現象が起こった(1位『放熱への証』、4位『回帰線』、5位『十七歳の地図』、6位『LAST TEENAGE APPEARANCE』、7位『壊れた扉から』、9位『誕生』。なお、TOP10外に14位『街路樹』がある)。また、同年6月16、17日の初の日本武道館ライブ[注釈 30]を含む全国コンサートツアーが予定されていたが、尾崎の死によって中止となった。しかし、チケットを手元に置くファンが多かったためか、チケットの払い戻しに来る人はほとんどなかった。
尾崎が倒れていた東京都足立区千住河原町の民家の部屋は1人の女性ファンが毎日訪問した事をきっかけに所有者の好意によってファンに開放され、「尾崎ハウス」と呼ばれてファンの交流の場になっていたが、2011年10月、改築のため解体された[31]
教科書への掲載
その思想や活動、若者におけるカリスマ的人気から、中学・高校などの教育現場で長らくタブー視されて来たが、死後、十年以上経った現在では、評価も変わって来ており、高校教科書に顔写真や「15の夜」の歌詞が掲載される(『高等学校 新倫理 - 人間とは何か 思索の糧に - 』 清水書院2002年)。『新課程用 倫理用語集』(山川出版社2005年)には、「尾崎豊」は用語頻度「3」で掲載され[注釈 31]、「1980年代に活躍し、夭折したシンガーソングライター」「自ら作詞・作曲した歌の世界に没頭しながら全身全霊をこめて歌い」というように記述されている(ISBN 4634053500)。
海外でのカバー化
尾崎の代表曲である「I LOVE YOU」はアジアのみならず世界各国の歌手にカバーされ、カバー曲を含めた総売上は全世界で1,000万枚に達する。
遺書の公開
2011年11月9日、翌10日発行の文藝春秋に「遺書」全文が公開されることが報じられた。文藝春秋の記事はジャーナリストの加賀孝英が執筆した。「遺書」と言われる文書の存在は1994年の月刊誌で報じられたが、全文掲載は初めてとなる。加賀が同年に入手していたが、尾崎の妻から「長男の尾崎裕哉が物心つくまで公表しないでほしい」と要請され、全文公開を控えていた。裕哉が成人してアーティストとしてCMで歌声を披露したことや、上述の「尾崎ハウス」が解体されたことを契機として、公開に至ったとしている[32]
一方、NEWS ポストセブンによると、1994年に本来なら未公開で有るはずの「死体検案書」が一部のマスコミに流出して他殺説が噂され、また、当時父が署名を集め警察に再捜査を要請したなどの経緯も有る事から、父は遺書の公開に付いても尾崎の遺書で有る事に疑問を挟み「いまとなっては、他殺だとは思ってないけど、あれは自殺じゃない。豊じゃないからわからないけど、なんで死んだんだって…いまでも思ってます」と自殺で有る事を否定した[33]

ファンクラブ[編集]

尾崎の公式ファンクラブは「Edge Of Street」と呼ばれており、1991年3月に設立された。

ファンクラブでは同名の会報も発行されており、0℃から3℃[注釈 32]までは尾崎自身が手がけていた[注釈 33]。尾崎の死後も会報は発行されていたが、57℃をもって、発行を休止している。

ファンクラブは尾崎の死後も活動を続けていたが、2005年末をもって、一旦休止している。公式サイトでは『2006年春以降に新しい形態でスタートする予定』と発表されているが、現在は新規入会を受け付けていない[34]

「Edge Of Street」という名称については、会報の創刊号である「Edge Of Street 0℃」において、『浜田省吾が「ROAD[注釈 34]」なら、自分は「Edge」だ[注釈 35]。』と書かれている。

死後の特集番組[編集]

尾崎の死後にはさまざま特集番組が放送されている。

テレビ[編集]

NHK[編集]

BS2」・「BSプレミアム」では尾崎の特集番組[注釈 36]1999年からほぼ毎年放送されている。

NHK総合
  • 1993年(平成5年)4月25日「I LOVE YOU 真実の証」
  • 1998年(平成10年)9月15日「僕が僕であるために」- リハーサル中の映像などが初公開となる。
  • 2012年(平成24年)4月28日「SONGS」- 尾崎のライブ映像で構成。出演は尾崎の他に須藤晃ら。
BS2
  • 1999年(平成11年)12月9日「21歳の夏」- 1987年8月29日、30日に行われた有明コロシアムでの舞台裏での様子やライブ映像を放送。「TREES LINING A STREET TOUR」のライブ映像は初公開となった。後にこの番組の映像に未公開映像を加えたライブ・ビデオ「OZAKI FILM ALIVE AT ARIAKE COLOSSEUM IN 1987 THE TWENTY-FIRST SUMMER」が発売。
  • 2000年(平成12年)4月20日「永遠の詩」- 電話でリクエストを募集。リクエストランキング総合1位は「卒業」。
  • 2001年(平成13年)4月20日「尾崎豊への伝言 10th Anniversary」-「Rock」・「BALLAD」・「MESSAGE」の分野別にリクエストを募集。リクエストランキング総合1位は「 I LOVE YOU 」。
  • 2002年(平成14年)4月21日「尾崎豊 青春の叫び BORN TO RUN」- 初公開となる1985年8月25日の大阪球場でのライブ映像を中心に構成。「BORN TO RUN」は尾崎に大きな影響を与えたブルース・スプリングスティーンの曲[注釈 37]
  • 2003年(平成15年)4月26日「永遠の肖像」- 1987年8月22日に開催されたロックイベント「BEAT CHILD」の「Driving All Night」、「Bow!」などのライブ映像が初公開となる。出演は白井貴子加藤登紀子島田紳助ら。
  • 2004年(平成16年)4月24日「尾崎豊 十代の素顔」- サブタイトルは「不滅の名曲・その原点に帰る」。1988年9月12日に東京ドームで行われた「LIVE CORE」のリハーサル映像が初公開される。
  • 2005年(平成17年)4月23日「尾崎豊に会える日」- サブタイトルは「帰らざる青春の光と風」。1987年8月29日の有明コロシアムでの「誰かのクラクション」や1985年11月14日に代々木オリンピックプールで歌われた「米軍キャンプ」などが初公開となる。
  • 2007年(平成19年)4月28日「尾崎豊15年目のアイラブユー」- 1988年9月12日に東京ドームで開催された「LIVE CORE」での「遠い空」や1987年8月22日の「BEAT CHILD」での「街角の風の中」などが初公開となる。
BSプレミアム
  • 2010年(平成22年)4月24日「歌伝説 尾崎豊 ~少年のように駆け抜けた男~」- 主に尾崎の同級生らの話で構成されている。
  • 2012年(平成24年)11月10日「ヒーローたちの壮絶人生 おとなになった君たちへ 尾崎豊 20年目の真実」- 1984年8月4日に開かれた反核イベント「アトミック・カフェ」で「Scrambling Rock'n'Roll」の間奏の際に高さ7mの照明器具から飛び降りる映像がテレビ初公開となる[注釈 38]
NHKハイビジョン
  • 2003年(平成15年)11月29日「迷宮美術館」- 尾崎が描写したパステル画「動脈静脈」を紹介。

テレビ東京系列[編集]

テレビ東京
BSジャパン

フジテレビ系列[編集]

フジテレビ
  • 1992年(平成4年)6月2日「尾崎豊 ~作られた教祖~」
  • 1993年(平成5年)5月5日「絆の証」

日本テレビ系列[編集]

日本テレビ

テレビ朝日系列[編集]

テレビ朝日
  • 1999年(平成11年)12月31日「今夜蘇るカリスマ尾崎豊の光と影」
ABCテレビ
  • 1993年(平成5年)11月5日「驚きももの木 20世紀」- 尾崎が友人の結婚式で「I LOVE YOU」を歌う映像が初公開となる。
  • 1999年(平成11年)11月19日「ターニングポイント」-「知られざる尾崎豊の神話」と題し尾崎の生涯を放送。出演はユースケサンタマリア優香ら。

WOWOW[編集]

  • 2001年(平成13年)8月19日「尾崎豊 もうひとつのリアリティ “Live + Documentary”」- 尾崎のライブツアー『1991 BIRTH TOUR』から1991年8月27日の郡山市民文化センターでのライブ映像や須藤晃による尾崎のインタビュー映像を放送。のちに、未公開映像3曲を加えてこの番組を再編集したライブビデオ『もうひとつのリアリティ “LIVE + DOCUMENTARY”』が発売されている。
  • 2013年(平成25年)12月1日「尾崎豊30周年記念日-THE DAY∼prologue∼」、「尾崎豊30周年記念日-THE DAY-」、「復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20」- デビュー30周年を記念して3つの番組で計3時間以上にわたって特集された。1982年秋にCBSソニーにデモテープが届いてからデビューアルバム『十七歳の地図』が出来上がるまでのストーリーを描いた『尾崎豊デビュー30周年記念日-THE DAY- ~prologue~』[注釈 39]、デビューから1992年4月25日に26歳の若さで夭折するまでの約9年間を特集した『尾崎豊デビュー30周年記念日-THE DAY-』が放送されている。出演は須藤晃田島照久藤井フミヤら。また、昨年、期間限定で劇場公開された尾崎の生前最後のツアーとなった「1991 BIRTH TOUR」の横浜アリーナでの初日公演の模様を収録した『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』が放映されている[35]

ラジオ[編集]

NHK-FM
  • 2011年(平成23年)5月5日「今日は一日“尾崎豊”三昧」- 正午から10時間生放送。コメンテーターは落合昇平。
ニッポン放送
  • 1992年(平成4年)6月22日「15の夜 ラストナイト」- サブタイトルは「尾崎豊 FINAL TOUR 92 ON THE RADIO」。尾崎が高校生のときに組んでいたバンド「NOA」時代に歌った「町の風景」が初公開された。
  • 2009年(平成21年)4月20日「オールナイトニッポンGOLD」- パーソナリティーは早乙女太一
TOKYO-FM
  • 2003年(平成15年)5月4日「Hits from the Radio~感動へのトリビュート」- 西本明氏が「I LOVE YOU」の誕生秘話を語る。出演は他に須藤晃氏。
  • 2004年(平成16年)4月29日「僕が僕であるために 26歳のメッセージ」- リスナーからのリクエスト番組。リクエストのベスト5は一位から順に「I LOVE YOU」、「卒業」、「僕が僕であるために」、「15の夜」、「シェリー」。
  • 2009年(平成21年)4月25日「KDDI presents 尾崎豊メモリアルスペシャル BIRTH 〜From 1991 to 2009〜」- 1991年5月20日に横浜アリーナで行われたツアー初日の初公開音源に加え、須藤晃によるエピソードで構成された。
東海ラジオ
  • 1997年(平成9年)11月29日「だから僕には君のクラクションが聞こえる」- 1985年11月20日に放送された「誰かのクラクション[注釈 40]」の再放送。
  • 2006年(平成18年)3月18日「誰かのクラクション Again」- 「誰かのクラクション」の再放送。 パーソナリティーは須藤が務める。
北日本放送
  • 2003年(平成15年)4月26日「おかしな惑星」- 須藤晃が「Scrambling Rock'n'Roll」について語っている。
  • 2004年(平成16年)2月7日「続・おかしな惑星」
TBSラジオ
  • 2009年(平成21年)3月30日「kakiiin尾崎豊」- プロデビュー前の1980年に原宿音楽祭で歌った「町の風景」や1984年6月の札幌ペニーレインでの「OH MY LITTLE GIRL」が初公開される。
InterFM
  • 2010年(平成22年)10月2日「CONCERNED GENERATION」- この番組で尾崎の長男である尾崎裕哉がDJデビュー。

作品[編集]

シングル[編集]

オリジナルアルバム[編集]

公演[編集]

同じツアー内でも、ライブ会場によってセットリストは一部異なっていた。

形態 タイトル 公演規模・会場・セットリスト  収録作品
1984年  単発コンサート LIVE HOUSE APPEARANCE     ビデオ『OZAKI・18』
コンサートツアー 六大都市ライブハウス・ツアー -
単発コンサート - -
単発コンサート アトミック・カフェ・ミュージック・フェスティバル'84     -
1984年 - 1985年 コンサートツアー FIRST LIVE CONCERT TOUR     ビデオ『OZAKI・19』
1985年 コンサートツアー TROPIC OF GRADUATION TOUR     アルバム『MISSING BOY』
アルバム『OSAKA STADIUM on August 25th in 1985 Vol.1』
アルバム『OSAKA STADIUM on August 25th in 1985 Vol.2』
DVD『625 DAYS』
1985年 - 1986年 コンサートツアー LAST TEENAGE APPEARANCE TOUR     アルバム『LAST TEENAGE APPEARANCE』
アルバム『MISSING BOY』
ビデオ『LAST TEENAGE APPEARANCE』
DVD『625 DAYS』
 1987年 - 1988年 コンサートツアー TREES LINING A STREET TOUR[注釈 46]   アルバム『MISSING BOY』
DVD『OZAKI FILM ALIVE AT ARIAKE COLOSSEUM IN 1987 THE TWENTY-FIRST SUMMER』
1987年 単発コンサート 広島平和コンサート「ALIVE HIROSHIMA '87」     アルバム『Alive! HIROSHIMA 1987』
単発コンサート 熊本BEAT-CHILD     映画『ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987』
1988年 単発コンサート LIVE CORE     ビデオ『LIVE CORE』
アルバム『MISSING BOY』
Blu-ray & DVD『LIVE CORE 完全版〜YUTAKA OZAKI LIVE IN TOKYO DOME 1988・9・12』
アルバム『LIVE CORE LIMITED VERSION YUTAKA OZAKI IN TOKYO DOME 1988/9/12』
1991年 コンサートツアー TOUR 1991 BIRTH ビデオ『TOUR 1991 BIRTH』
アルバム『MISSING BOY』
DVD『AFTER THE BIRTH』
DVD『もうひとつのリアリティ “LIVE + DOCUMENTARY”』
映画『復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』[注釈 52]
コンサートツアー TOUR 1991 BIRTH ARENA TOUR 約束の日 THE DAY ビデオ『TOUR 1991 BIRTH』
アルバム『約束の日 Vol.1』
アルバム『約束の日 Vol.2』
ビデオ『約束の日 LAST APPEARANCE』
DVD『約束の日 LAST APPEARANCE 完全版』
1992年 コンサートツアー TOUR 1992 “放熱への証” Confession for Exist[注釈 53] -

書籍[編集]

著書[編集]

写真集[編集]

関連書籍[編集]

  • 尾崎豊ストーリー 未成年のまんまで (1985年、落合昇平著、ソニー・マガジンズISBN 4789701964
  • 失くした1/2 尾崎豊にアンサー・コール (1986年、ソニー・マガジンズ) ISBN 4789702464
    ファンからのメッセージ集。
  • 尾崎豊「誕生」想い出の幼少年時代 (1993年、尾崎健一著、リム出版新社) ISBN 9784898000083
    尾崎の父による著作。
  • 放熱の行方 (1993年、吉岡忍著、講談社ISBN 978-4062063593
    ノンフィクション作家によるドキュメンタリー。
  • 弟尾崎豊の愛と死と (1994年、尾崎康著、講談社) ISBN 4062070049
    尾崎の兄による尾崎伝。
  • 尾崎豊が伝えたかったこと (1995年、須藤晃著、主婦と生活社ISBN 439111741X
  • 尾崎豊覚え書き (1998年、須藤晃著、ソニーマガジンズ、小学館ISBN 4094021019
    尾崎を育てたプロデューサーによる尾崎伝。
  • 親愛なる遥(とお)いあなたへ  尾崎豊と分けあった日々 (1998年、尾崎繁美著、東京書籍) ISBN 4487754089
    尾崎の妻の著作。
  • 尾崎豊物語(ヤング・ジャンプ・コミックス愛蔵版)(1998年、堀口純男著、集英社ISBN 4087825582
  • KAWADE夢ムック 尾崎豊(2001年、河出書房新社ISBN 4309976069
  • 尾崎豊 目覚めゆく魂 - 母と子の物語(2001年、尾崎健一著、春秋社ISBN 4-393-33196-6
    尾崎の父による著作。
  • 尾崎豊物語(KCデラックス)(2002年、長緒隆也著、講談社) ISBN 4063346048
  • 愛すること、それがすべて 尾崎豊との永遠の絆 (2003年、鬼頭明嗣著、扶桑社ISBN 4594041930
    尾崎の元マネージャーによる著作。
  • 誰が尾崎豊を殺したか (1993年、大楽光太郎著、ユニオンプレス) ISBN 4-946485-01-5
  • 新 誰が尾崎豊を殺したか (1995年、大楽光太郎著、松文館) ISBN 978-4790100898
  • 尾崎豊 7年目の真実 (1997年、大楽光太郎著、ジャパンミックス) ISBN 978-4883214358
  • 最後のひとかけら - 誰が尾崎豊を殺したか 最終章 (2003年、大楽光太郎著、サウンドシャワーパブリッシャー) ISBN 978-4860620134
    尾崎の最後のマネージャーであり、死を看取った一人による著作。

関連項目[編集]

  • 須藤晃
  • CBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)- 尾崎がデビューの際に所属したレーベル会社。
  • マザーエンタープライズ - 尾崎がデビューの際に所属した事務所。
  • Heart Of Klaxon - 尾崎のバックバンド。
  • ISOTOPE - 尾崎が設立した個人事務所。
  • 渋谷クロスタワー - 旧東邦生命ビル。尾崎が高校時代によく通っていた場所で、「街の風景」の歌詞が刻まれた石碑がある[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 尾崎の所属事務所『マザー・エンタープライズ』およびレーベル『MOTHER&CHILDREN』の社長。
  2. ^ 当時、1ヶ月にも及んで、民放のみならずNHKも含めたテレビ各局は連日のように尾崎の特集を組んだ。
  3. ^ 尾崎は2、3年生共に文化祭直前に停学処分を受けており、文化祭に出られなくて悔しかったことをオーディションの際に述べている[7]
  4. ^ 月給は2万円で、尾崎の担当区域は180部だった[8]
  5. ^ 須藤は「尾崎がノートに書いてくるのは歌詞ではなく、もはや散文のようなもので、それもノート1ページだけではなく、時には2、3ページ書いてくることもあった。」と語っている[7]
  6. ^ 実際に当時は「卒業」の歌詞に影響されて、学校の校舎の窓ガラスを割るという事件が頻発した[10]
  7. ^ 人数については様々な憶測があり、3万8000人、4万人、5万人、5万3000人などの説がある。
  8. ^ それぞれ、美空ひばり、忌野清志郎の追悼式は4万2000人、坂井泉水の追悼式は4万100人、吉田茂の国葬は4万人という規模であった[14]
  9. ^ 防犯上、警備上の理由のため、実際にはこの墓地には尾崎の遺骨は納骨されていない。
  10. ^ のちに、Mr.Childrenらを生んだ小林武史が優勝している。
  11. ^ a b ファーストアルバム『十七歳の地図』に収録されている『街の風景』の原曲。
  12. ^ 原宿音楽祭での「町の風景」は平成21年(2009年)3月30日に放送されたTBSラジオのラジオ番組「kakiiin尾崎豊」にて公開されている。
  13. ^ 十七歳の地図」の原曲。尾崎がつけたタイトルは「野良犬の道」。
  14. ^ オーディションは前日の10月10日に行われたが、尾崎はオーディションを受けなかった。翌日、CBSソニーのプロデューサーである丸沢和宏に説得され、オーディションを受けた[16]
  15. ^ この日に尾崎は友人らを招いて『退学記念パーティー』を開催、「街の風景」と「僕が僕であるために」を涙で声をつまらせながら歌った[4]
  16. ^ 正確には「Scrambling Rock'n'Roll」の間奏中。
  17. ^ その後もなんとかスタッフに支えられステージに這いつくばりながらセットリストのすべての曲を歌い切った。
  18. ^ 大阪球場でのライブはライブツアー「Tropic of Graduation Tour」時に開催されたものであるが当時のツアーパンフレットには日程が記載されておらず、大阪球場での公演2日前の8月23日でツアーは終了する予定であったがツアー開始初日の5月6日に関係者の間で会見を行い公表した。チケットは発売後に即日完売したことからも当時、尾崎の人気が一気に高まっていたことが伺える。
  19. ^ 最初にニューヨークへ渡ったのは1月で、その後は行ったり帰ったりを繰り返し、6月から長期滞在していた。
  20. ^ 同社はのちにアルファ・ムーンと合併しエム・エム・ジーとなり、その後イーストウエスト・ジャパンとなる。
  21. ^ 日本武道館でのライブは尾崎の夢だったが、同じく日本武道館での公演がプログラムされた「放熱への証」ツアーも尾崎の急死によって中止に終わり、結局叶うことはなかった。
  22. ^ 裁判官は尾崎に対して「人気歌手として社会に与えた影響は大きい。仕事上のスランプは理解できないわけではないが、法律が厳禁している覚せい剤の使用は決して許されるべきではない。両親が歌手生命が絶たれても警察に通報して救おうとした熱意などもあり、もう一度更生の機会を与える。一日も早く立ち直るように」と話した。また尾崎は判決が下されるまで実刑を信じていたという。[17]
  23. ^ 釈放時、右手には手垢が滲みた村上春樹の「羊をめぐる冒険」を持っていた[18]。またファンらが彼の出所を祝うかのように「存在」や「卒業」を歌ったという。
  24. ^ 2013年現在、このCDの売り上げが尾崎史上最高となっている。
  25. ^ このライブの模様は映像作品『OZAKI・19』に収録
  26. ^ 結局「TOKYO ROCKFEELING FESTIVAL」は尾崎以外の出演者で行われた。
  27. ^ 岡村とは1987年8月6日の広島平和コンサート「ALIVE HIROSHIMA '87」で共演し、岡村の楽曲「Young Oh! Oh!」を岡村と共に歌っている。
  28. ^ 北勝海とは亡くなる前々日の1992年4月23日に東京・六本木スナックで知り合っている。その際に尾崎は北勝海に「次の僕のコンサート必ずきてくださいよ。チケット送りますから。」と話したという[24]
  29. ^ RED WARRIORSや大友康平(HOUND DOG)らは尾崎と同じ事務所であるマザーエンタープライズに所属していた。
  30. ^ 武道館でのライブは尾崎の夢であった[30]
  31. ^ 現行教科書11種類のうち3種類の本に記述があること。
  32. ^ 巻数は『~℃』で表されていた。
  33. ^ 3℃は1992年4月に発行され、その直後の4月25日に尾崎は急死した。
  34. ^ 浜田は事務所の名や曲名などに「ROAD」を多用している。
  35. ^ 尾崎は自分のイメージを鋭く尖ったナイフのような『Egde』だと解釈していたことによる。
  36. ^ 主にライブ映像を中心として構成されている。
  37. ^ 今番組内で放送された「ハイスクールRock'n'Roll」のMCでブルース・スプリングスティーンに関する話をしている。
  38. ^ 既に2010年に開催された音楽イベント「フジロック」において公開されていた。
  39. ^ この番組は無料放送として放送された。
  40. ^ 「誰かのクラクション」は尾崎がパーソナリティを務めたレギュラー番組で、1985年10月から1986年3月、1986年10月から1987年3月にオンエアされていた。番組ディレクターは加藤与佐雄。
  41. ^ アルバム版では『Driving All Night』となっている。
  42. ^ アマチュアバンドの前座として参加。
  43. ^ 核 (CORE)」の原曲。
  44. ^ 白井貴子の前座として参加。
  45. ^ 一部の関連本で、大阪球場での「Scrambling Rock'n'Roll」はプログラムからカットされた、とあるのは誤り。
  46. ^ ツアー途中に尾崎本人の急病により、ツアーが中断している。
  47. ^ 4日後の9月28日に公演会場である新潟県民会館へ入るも、ライブ前に倒れ、ツアーは中断されたため、結果的にこの日が本ツアーの最後の公演となった。
  48. ^ 多数の関連書では「15の夜」がプログラムされておらず、「十七歳の地図」となっているが、両曲ともに演奏されている。
  49. ^ 「・ism」が演奏された公演もあり
  50. ^ 6日の出演は予定になく、急遽出演したため「シェリー」、「僕が僕であるために」のみを演奏している。
  51. ^ 一部の関連本では、アンコールに「15の夜」がプログラムされているが誤り。
  52. ^ 2012年12月1日公開。
  53. ^ 尾崎本人が急死したため全公演中止となった。
  54. ^ 後に、未収録写真を76点を追加して「FREEZE MOON+」として再発売されている《2009年、春日出版、ISBN 4863211546》。

出典[編集]

  1. ^ BEATCHILD(ビートチャイルド)映画公式サイト「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」出演者
  2. ^ 永井雄一 『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日ISBN 4-88718-117-5
  3. ^ a b c 「風の少年~尾崎豊 永遠の伝説~」(2012年3月21日、BSジャパン
  4. ^ a b c フジテレビ系列「尾崎豊 ~作られた教祖~」平成4年(1992年)6月2日放送分より
  5. ^ 「尾崎豊ストーリー 未成年のまんまで」(1985年、落合昇平著、ソニー・マガジンズISBN 4789701964
  6. ^ 「尾崎豊 青春の叫び BORN TO RUN」(2002年4月21日、NHK-BS2
  7. ^ a b 2012年11月10日 NHK-BSプレミアム『ヒーローたちの壮絶人生』より
  8. ^ 永井雄一 「第2章 伝説の始まり」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、67頁。ISBN 4-88718-117-5
  9. ^ 永井雄一 「第2章 伝説の始まり」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、67-68頁。ISBN 4-88718-117-5
  10. ^ a b c d 日本テレビ系列「知ってるつもり?!」1997年4月13日放送分より
  11. ^ 永井雄一 「第1章 風になった尾崎」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、18ページ。ISBN 4-88718-117-5
  12. ^ 読売新聞 1992年4月26日朝刊
  13. ^ 朝日新聞 1992年4月26日朝刊
  14. ^ “ひばりさん4.2万/著名人葬儀参列者数”. 日刊スポーツ. (2009年7月5日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20090705-514400.html 2014年3月14日閲覧。 →アーカイブ(テキスト部分のみ)》
  15. ^ 須藤晃『尾崎豊 覚え書き』(1998年、小学館、ISBN 4094021019)P147より
  16. ^ a b 永井雄一 「第2章 伝説の始まり」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、72頁。ISBN 4-88718-117-5
  17. ^ 永井雄一 「第4章 神話崩壊」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、168頁。ISBN 4-88718-117-5
  18. ^ 永井雄一 「第4章 神話崩壊」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、169頁。ISBN 4-88718-117-5
  19. ^ アイソトープ公式サイト「OZAKI20」
  20. ^ “吉田豪×坂上忍の衝撃トーク いまだから語れる素顔の尾崎豊”. NEWSポストセブン. (2012年6月13日). http://www.news-postseven.com/archives/20120613_118048.html 2014年3月15日閲覧。 →アーカイブ
  21. ^ WOWOWで尾崎豊デビュー30周年記念番組 - EMTG.JP
  22. ^ 須藤晃 「真夏の記念日」『尾崎豊 覚え書き』 小学館、1998年1月1日、180-181頁。ISBN 4-09-402101-9
  23. ^ 「forever OZAKI」(1999年4月25日発行、ルー出版)
  24. ^ 永井雄一 「第1章 風になった尾崎」『尾崎伝説 愛の伝道師』 株式会社データハウス、1992年6月25日、19頁。ISBN 4-88718-117-5
  25. ^ “辻仁成 尾崎豊さんから悩みを聞いた”. デイリースポーツ. http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/07/24/0007175475.shtml 2014年7月25日閲覧。 
  26. ^ a b 復刻・尾崎豊さん肺水腫だった”. nikkansports.com. 2014年5月24日閲覧。
  27. ^ a b 尾崎豊さん「遺書」月刊誌に全文掲載”. nikkansports.com. 2014年5月24日閲覧。
  28. ^ a b c d 支倉逸人『検死秘録』 ISBN4-334-97352-3
  29. ^ 朝日新聞1999年10月7日号
  30. ^ 須藤晃『尾崎豊 覚え書き』(1998年、小学館、ISBN 4094021019
  31. ^ “尾崎の記憶永遠に”. 読売新聞. (2011年10月4日). https://web.archive.org/web/20111010050604/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20111004-OYT8T00284.htm 2014年3月15日閲覧。 ※現在はインターネットアーカイブに残存(掲載写真画像を除く)
  32. ^ “尾崎豊さんの“遺書”あった 10日発売の「文藝春秋」に掲載 「先日からずっと死にたいと…」”. 産経新聞. (2011年11月9日). https://web.archive.org/web/20131001042327/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111109/ent11110914340014-n1.htm 2014年3月15日閲覧。 
    ※全2頁構成《上記リンクは第1頁を表示;→第2頁》。何れも現在はテキスト部分のみインターネットアーカイブに残存
  33. ^ “尾崎豊の遺書公開に実父 「本当の遺書?」「自殺じゃない」”. NEWSポストセブン. (2011年11月18日). http://www.news-postseven.com/archives/20111118_71059.html 2014年3月15日閲覧。 →アーカイブ
  34. ^ アイソトープによる公式サイト
  35. ^ 尾崎豊 デビュー30周年記念日 -THE DAY- | WOWOWオンライン

外部リンク[編集]