ベスパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベスパ
ミラノにあるベスパのモニュメント
サイドカーつきベスパ
フェンダーライト、バーハンドルの古いベスパ

ベスパヴェスパVespa) は、イタリアオートバイ・メーカー、ピアッジオが製造販売するスクーターの製品名。イタリア語スズメバチを意味する。

概要[編集]

最初のベスパは1946年に登場した。スチールモノコックボディや、駆動部までふくめて一体化されたスイングユニットのエンジンは当時としては画期的だった。モノコック構造やタイヤ交換を容易にする前輪の片持ちサスペンションなどは航空機技術に由来する。初期のベスパは戦後大衆への普及を意図した大衆車であり、後にインド及び東南アジア各国でもライセンス生産され、広く使用されてきた。

現行車種[編集]

ベスパ(スズメバチ)という名前の由来にもなった甲高い2ストロークエンジン+ハンドシフトによるマニュアルのエンジン音だったが、欧州排気ガス規制基準(ユーロ・エミッション)への適合から、2000年代以降に登場したベスパは4ストロークエンジンオートマ(Vベルト式CVT)の組み合わせを採用するようになった(50ccは2ストローク)が、外観やスチールモノコックボディ、前輪片持ちサスペンションといったベスパならではの伝統的特徴は継承されている。

  • LX系 - 2005年に発表された丸型ヘッドライトの新モデル。
    • LX50 - 2ストローク
    • LX125/150 - エンジン以外は全て共通。
    • LXV125 - 創業60周年記念車の市販モデル。本革製サドル採用。
    • LXV125_Navy - LXV125のサドルを合成レザーに変更したモデル。
  • S系 - 70年代のPrimaveraデザインを踏襲した角型ヘッドライトのモデル。エンジンはLX系と共通。
    • S50 - 2ストローク
    • S125
  • GT系 - 2005年に発表された。12インチホイールを採用したフラッグシップ。クォーサーエンジンを搭載。
    • GT200 L
    • GTS250ie
    • GTV250ie - 創業60周年記念のコンセプト車の市販版
    • GTV250_Navy - 創業60周年記念のコンセプト車の市販版
    • GTS300ie Super - 歴代中最大の排気量のモデル
  • その他
    • 50ET2 FL - 50ccの2ストローク。シート高を96年型の50 ET2から25mm下げたモデル。
    • VESPA 946 - 2013年に発表。ベスパのプロトタイプ車「MP6」を現代風にリファインしたモデル。125cc。

その他のベスパ[編集]

Vespa Ape
三輪
  • Ape - ベスパの後輪を2輪にした軽便な輸送車輌。当初無蓋で、有蓋荷室をそえなたり車体を大型するなど、バリエーションを増やした。アペと発音し、イタリア語でミツバチの意味。
    • Ape A - 1948年、200kg積、2サイクル単気筒125cc発売。8インチタイヤ。
    • Ape B - 1952年、150cc化。
    • Ape C - 1956年、運転室付加。
    • Ape D - 170cc化。インドでも生産され、初代のオートリクシャーになった。トレーラー(700kg積)も発売。
    • Ape MP - 1966年、リアエンジン化とロングホイールベース化、500kg積190cc発売。10インチタイヤ。
    • Ape MPV - 1968年、600kg積化。1971年220cc発売。
    • Ape 50 - 1969年、車体を小型化、50cc発売。2気筒125ccも発売。
    • Ape TM - 1982年、2人乗り丸ハンドル、220cc発売。1984年、ディーゼル422cc発売。1998年、EV発売。
四輪
  • Vespa 400 - 2枚ドアの乗用車。2人乗り、2ストローク2気筒14hp、最高速度:90km/h、全長:2835mm、全幅:1270mm、全高:1250mm。

日本国内でのベスパ[編集]

  • 日本においては、その独特のデザインと、映画、ドラマ等に使用された事により人気を呼んだ。中でも「ビンテージシリーズ」と呼ばれる排気量50cc - 125ccの小型車種は、旧式化によりイタリア本国での製造が終了したにも拘らず、日本国内での人気から特別に日本向け輸出製品として再生産された。
  • ビンテージシリーズは、バッテリーレスや混合給油といった簡素な機構となっている。日本では、国産車と比較して旧式の機構から「操作が難しい」、「壊れやすい」イメージがあるが、本来耐久性は高い。
  • インドLML社はPXシリーズを以前からライセンス生産しており、日本国内でも「スターデラックス」なる車名で輸入販売されている。生産工場のストライキの影響で輸入は一時停止していたが、125ccと150ccのラインナップで現在は再開されている。

映像作品の中のベスパ[編集]

ローマの休日でのベスパ
モッズ仕様のベスパ

外部リンク[編集]