THE HIGH-LOWS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「↑THE HIGH-LOWS↓」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
↑THE HIGH-LOWS↓
基本情報
別名 ハイロウズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1995年 - 2005年
レーベル キティMME
(1995年 - 2000年
ユニバーサルミュージック
(2000年 - 2004年
BMG JAPAN/HAPPYSONG RECORDS
(2004年 - 2005年
事務所 ハッピーソング
公式サイト ザ・ハイロウズ
↑THE HIGH-LOWS↓
メンバー
甲本ヒロトボーカルギター
真島昌利ギターコーラス
調先人ベースコーラス
大島賢治ドラムスコーラス
旧メンバー
白井幹夫キーボードコーラス

↑THE HIGH-LOWS↓ザ・ハイロウズ)は、1995年に結成された日本のロックバンドである[1]

概要[編集]

1995年に解散したロックバンド、THE BLUE HEARTSの主要メンバーであった甲本ヒロト真島昌利を中心に結成された。ブルーハーツ解散後、ちょうどバンドを組もうとしていた真島がブルーハーツ関係者であった大島賢治白井幹夫を誘い、ボーカリストが見つからず、「バンドを辞めて暇そうにしていたので(真島談)」甲本を誘ったのがバンド結成の経緯である。当初は主に学園祭を中心に活動していたが、シングル「ミサイルマン」で正式にデビュー。バンド名の由来は、真島がある日突然閃いたといわれる。また、ギアのハイとローという説もある。

2005年11月、活動休止。その後、2006年に甲本と真島がザ・クロマニヨンズを結成、調先人と大島がSELKIEを結成したため、現在は事実上の解散状態である。

かつての公式ファンクラブ名は「FAN-JET」であった。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

略歴[編集]

1995年
1996年
1999年
  • 甲本と真島が自前のスタジオ(アトミック・ブギー・スタジオ)で録音したアルバム『バームクーヘン』を発表。
2000年
2001年
  • シングル「ニューヨーク」発売の1か月前、偶然にもアメリカ同時多発テロ事件が起き、テロをモチーフにした曲だと勘違いされる。曲はテロが起きる前からできており、歌の内容もテロとは無関係だったが、「100年経ったらウンコも残らないニューヨーク」という虚無的な歌詞がふくまれていたため(テロが起きる前に作られたが故にいっそう)、物議を醸した。
2003年
  • 2002年11月26日 - 2003年7月13日にかけて行われたツアー「2002-2003 angel beetle」の最終日、大阪城野外音楽堂でのライブをもって白井幹夫脱退。
2004年
  • レコード会社をユニバーサルミュージックからBMG JAPANに移籍(所属事務所である有限会社ハッピーソングがBMG JAPANと提携したため)。プライベートレーベル「HAPPYSONG RECORDS」を立ち上げる。
  • 事実上のラストオリジナルアルバムとなった『Do!! The★MUSTANG』を発表。
2005年
  • 5月18日、シングル「サンダーロード」発売。これがラストシングルとなった。
  • 11月5日中央大学にて行われた学園祭「中大炎上!!↑THE HIGH-LOWS↓LIVE」出演。これがラストライブとなった。なお、最後に演奏した曲は「ハスキー(欲望という名の戦車)」であった。
  • 11月11日、↑THE HIGH-LOWS↓活動休止発表。そのまま解散状態となる。11日以前にファンクラブ会員にはダイレクトメールで活動休止を発表していた。休止及び解散理由等については発表されていない。
2006年
  • 1月1日、ベストアルバム『FLASH 〜BEST〜』発売。

活動休止について[編集]

ファンクラブ(FAN JET)等の業務上の手続きのため、2005年11月に活動休止を発表。「休止とか解散とか、言葉なんかどっちでもいい。10年間やっていたバンドを、今はやっていないだけ」と甲本。「三谷幸喜の映画のために書き下ろした曲を、ハイロウズでやるために準備をしていた矢先にバンドが活動休止になった。大島や調が決定権を持って辞めようと言ったわけじゃない」と甲本は発言している。

真島は「(バンドが)活気を失った感じがした」と発言。「(失った活気を)取り戻すために何かするのは、それ自体おかしなこと。バンドを存続させていくことに意味を感じてない」という甲本がそれに同調して活動休止を公式に発表した。ただし甲本と真島、調と大島が別々で新バンドでの活動を始めたため、事実上解散である。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 備考・タイアップ
1st 1995年10月25日 ミサイルマン 48位 タモリのSUPERボキャブラ天国」エンディングテーマ
2nd 1995年11月25日 グッドバイ 100位 週刊地球TV」オープニングテーマ(ミサイルマン)
激生!スポーツTODAY」エンディングテーマ(ジュー・ジュー)
3rd 1996年1月25日 スーパーソニックジェットボーイ 40位 「M'sな夜」オープニングテーマ
4th 1996年2月21日 胸がドキドキ 10位 名探偵コナン」初代オープニングテーマ
5th 1996年6月24日 相談天国 10位 日産シルビアCMソング
6th 1996年12月6日 ロッキンチェアー 45位 「Q99」オープニングテーマ
7th 1997年2月14日 Happy Go Lucky 56位 日産・シルビアCMソング
8th 1997年6月11日 月光陽光 44位 ミュージックスクエア」6・7月オープニングテーマ(月光陽光)
JR東日本CMソング(開かないドア)
9th 1998年4月29日 千年メダル 39位 「真夜中の王国」オープニングテーマ
10th 1998年8月26日 真夜中レーザーガン 45位 -
11th 1998年12月16日 ローリング・ジェット・サンダー 27位 ストリートファイターZERO3」CMソング
12th 1999年4月21日 罪と罰 24位 リングの魂」オープニングテーマ
13th 1999年6月9日 ハスキー(欲望という名の戦車) 33位 王様のブランチ」エンディングテーマ
14th 2000年5月24日 青春 8位 伝説の教師」テーマソング
15th 2000年9月6日 FLOWER 18位 いきなり!黄金伝説。」エンディングテーマ(不死身の花)
16th 2001年8月8日 十四才/フルコート 15位 「王様のブランチ」エンディングテーマ(十四才)
17th 2001年10月11日 ニューヨーク 30位 -
18th 2002年2月20日 いかすぜOK 15位 コカ・コーラアクエリアス」CMソング
19th 2002年9月4日 Too Late To Die 15位 CoCo壱番屋CMソング
20th 2002年11月6日 一人で大人 一人で子供/俺たちに明日は無い 20位 映画「school daze」主題歌 (一人で大人 一人で子供)
21st 2003年6月25日 夏なんだな 9位 コカ・コーラ「アクエリアス」CMソング
22nd 2004年2月11日 日曜日よりの使者 20位 Honda「Do You Have a HONDA?」イメージソング
映画「ゼブラーマン」主題歌
23rd 2004年6月9日 荒野はるかに/ズートロ (69バージョン) 10位 JOC(日本オリンピック委員会)アテネオリンピック 自転車競技」応援ソング(荒野はるかに)
POKKA「キレートレモン」CMソング(ズートロ)
24th 2004年7月21日 砂鉄 16位 -
25th 2004年12月15日 スパイダー・ホップ 26位 -
26th 2005年5月18日 サンダーロード 16位 リクルート「From A」CMソング
世界行ってみたらホントはこんなトコだった!? 」エンディングテーマ

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1st 1995年10月25日 THE HIGH-LOWS 5位
2nd 1996年12月6日 Tigermobile 6位
3rd 1998年5月8日 ロブスター 5位
4th 1999年6月9日 バームクーヘン 8位
5th 2000年6月9日 Relaxin' WITH THE HIGH-LOWS 3位
6th 2001年9月5日 HOTEL TIKI-POTO 4位
7th 2002年11月27日 angel beetle 6位
8th 2004年9月1日 Do!! The★MUSTANG 9位

ミニアルバム[編集]

  1. 4×5 (フォー・バイ・ファイブ) (1997年5月14日)
  2. GO! ハイロウズ GO! (1999年12月1日)

ベストアルバム[編集]

  1. flip flop (2001年1月24日)
    アルバム未収録曲、及び既発曲の別バージョンを収録。
  2. flip flop2 (2003年11月12日)
    同上。
  3. FLASH 〜BEST〜 (2006年1月1日)
    CMにはダウンタウン松本人志が出演した。

映像作品[編集]

  1. ハイロウズ登場!! !TOUR (1996)
  2. ハイロウズのホリデイズ・イン・ザ・サン (1997)
  3. that summer feeling (2001)
  4. Puttin'onthe Style (2004)
  5. THE HIGH-LOWS THE★MUSTANG 04-05 (2005)
  6. FLASH BACK vol.1 (2006)
  7. FLASH BACK vol.2 (2006)
  8. TRASH BAG (2006)

未発表曲[編集]

  1. SOTOデナ
    ベイ・シティ・ローラーズの楽曲、「SATURDAY NIGHT」の替え歌セックス・ピストルズが来日した時のライブの前座で、『エジンバラからの亀甲縛り、ベイ・シッティー・ローラーズ』として演奏された。
  2. ウェルカム・ピストルズ
    内田裕也&尾藤イサオ&ジャッキー吉川とブルーコメッツの楽曲、「ウェルカム・ビートルズ」の替え歌。SOTOデナと同じく、ピストルズのライブの前座で、『ベイ・シッティー・ローラーズ』として演奏された。
  3. テクノ・クィーン
    忌野清志郎の楽曲のカヴァー。忌野清志郎30周年記念RESPECT!にて演奏。
  4. Automatic
    宇多田ヒカルの楽曲のカヴァーバームクーヘンツアーにて演奏。

その他参加作品[編集]

  1. モット・ザ・フープルトリビュート・アルバム『MOTH POET HOTEL』 (1996) に「THE GOLDEN AGE OF ROCK 'N' ROLL〜ロックンロール黄金時代〜」で参加。(『flip flop』に収録。)
  2. 西城秀樹のトリビュート・アルバム『KIDS' WANNA ROCK!』 (1997) に「情熱の嵐」で参加。(『flip flop』に収録。)
  3. 矢沢永吉のトリビュート・アルバム『JOY RIDE』 (2001) に「ルイジアンナ」で参加。(『flip flop2』に収録。)
  4. コンピレーション・アルバム『MODS MAYDAY 25th』 (2005) に「Mod Track」で参加。(これが厳密には、ハイロウズとして最後に発表されたオリジナル曲となっている。ただしflip flopやベストには未収録。)

テレビ出演[編集]

テレビ出演時には何かと突飛な行動を取ることが多かった。

初登場。メンバー全員が楽器ではなく、時間の問題で生演奏させてもらえずトナカイの着ぐるみで踊りながら歌った。
時間の問題で生演奏させてもらえず ショルダー型ストライプ水着と浮き輪を着用し甲本は生歌。白井は犬の着ぐるみ(HEY!HEY!HEY!ではトラ)で大島はドラムを擬似演奏。真島と調は楽器を抱えて弾かずに仁王立ち。
アカペラで山下達郎の「クリスマスイブ」(サビ)をスローテンポに歌い演奏開始。甲本がカメラマンを蹴っていた。終了直前にカメラレンズにツバを吐く。カメラマンが甲本に近づき過ぎた為最初は離れるよう歌いながら指示を出していたが、繰り返し近づき衝突したため、マイクを捨てスタンドやモニタースピーカーをカメラに向け放り投げた。
  • 「ミサイルマン」(HEY!HEY!HEY!)
松本人志が「乳首相撲はやった仲なんですけれどもね」と、浜田雅功が「自分らほんとテレビ向きちゃうわ」などと発言。また、松本からの「もう『リンダリンダ』はやらないの?」との問いに甲本が「そーですね・・・『リンダリンダ』しません」と宣言した。
  • 「青春」(ミュージックステーション)
白井が「五十」と腹部に書かれた着ぐるみを着て演奏。
白井が収録中に松田聖子からサインをもらう。

脚注[編集]

  1. ^ イギリスで、THE HIGH LOWS(ザ・ハイ・ロウズ)というバンドがデビューしているが、無関係である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]