坐骨神経痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう、SciaticaSciatic Neuralgia)とは、人の体においてさまざまな原因により、坐骨神経が刺激されることに起因する神経痛。あくまで症状であり、病名ではない。

原因[編集]

原因はさまざまであり、坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群腰部脊柱管狭窄症椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされている。最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされている。

症状[編集]

坐骨神経の走行に沿い、一側の大腿後面から足まで放散する痛みが特徴的である。low back painより強い一側の下肢痛、足かつま先に放散する痛み、痛みと同領域の異常感覚ラセーグ徴候で陽性、1つの神経に由来する神経症状によって坐骨神経痛と診断される、 その日の健康状態や体調によって痛さや箇所が変わることもある。

種類[編集]

  • 根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛
坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛。椎間板ヘルニアが原因となっているケースが多い。
  • 梨状筋性坐骨神経痛
梨状筋による神経圧迫によって起こるもの。
  • 症候性坐骨神経痛
神経の圧迫が原因ではないため、まだ原因が詳しく解明されておらず、治療が困難。

治療[編集]

治療では殿圧点承扶穴殷門穴浮郄穴胞肓穴秩辺穴委中穴外承筋穴陽陵泉穴環跳穴志室穴大腸兪穴委陽穴陰谷穴曲泉穴内膝蓋穴血海穴内隙穴内膝眼穴築賓穴夾脊穴に局所治療を行い、痛みを軽減することを目的とする場合もある。

患った著名人[編集]

関連[編集]