江口寿史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江口 寿史
本名 同じ
生誕 1956年3月29日(58歳)
熊本県水俣市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家イラストレーター
活動期間 1977年 -
ジャンル ギャグ漫画
代表作 すすめ!!パイレーツ
ストップ!!ひばりくん!
江口寿史の爆発ディナーショー』 他
受賞 第38回文藝春秋漫画賞1992年
公式サイト http://www.eguchinn.com/
テンプレートを表示

江口 寿史(えぐち ひさし、1956年3月29日 - )は日本の漫画家イラストレーター。妻は元アイドル水谷麻里

人物[編集]

熊本県水俣市生まれ。代表作に『ストップ!! ひばりくん!』、『すすめ!!パイレーツ』、『江口寿史の爆発ディナーショー』など。 1977年に、『恐るべき子どもたち』でヤングジャンプ賞(現在の十二傑新人漫画賞)入選、同年『8時半の決闘』で第6回赤塚賞準入選、1978年には『名探偵はいつもスランプ』で第6回愛読者賞を受賞、また1992年には『江口寿史の爆発ディナーショー』で文藝春秋漫画賞を受賞している。

また、1995年には自ら編集長となって「COMIC CUE」を創刊。松本大洋望月峯太郎よしもとよしとも魚喃キリコ古屋兎丸などの意欲的な作家を集めるとともに、「テーマを決めての競作」「名作漫画のカバー」などの従来の漫画界になかった企画も行った。

経歴[編集]

七色仮面』『月光仮面』『鉄腕アトム』などの影響で小学校3年生頃からマンガを描き始める[1]1970年3月、父の転勤に伴って千葉県野田市に転居[1]1974年3月、千葉県立柏高等学校卒業[1]。1年間の浪人生活を経て某デザイン学校に入学したが1か月しか通学せず、その後は学校に籍を置きつつ映画鑑賞と読書とパチンコに明け暮れる[1]1976年甲状腺機能亢進症のために手術を受け、1か月半の入院生活を送り、この間にプロ漫画家デビューへの決意を強くする[1]

1977年にヤングジャンプ賞入選作である『恐るべき子どもたち』で「週刊少年ジャンプ」誌上においてデビューを飾り、同年連載デビュー作である『すすめ!!パイレーツ』の連載を開始する。質の高いギャグによってデビュー作から絶大な人気を集め、当時「週刊少年チャンピオン」で人気を誇っていた『マカロニほうれん荘』の鴨川つばめと並び称される事となる。なお『パイレーツ』の後期より扉絵の構図などにイラストレーションとして見せる為の工夫が見られ始める。その後『ひのまる劇場』の連載を挟み、1981年より自身の最大のヒット作となる『ストップ!! ひばりくん!』の連載を開始する。

この頃より、江口のギャグと並びもう1つの大きな特徴である、「極めて洗練された画風」を確立するにつれ筆の遅さが目立ち始め、また「白いワニ」に比喩される「真っ白な原稿」=「ネタ切れ」にも悩まされる様になる。結果漫画家に厳しい「ジャンプ」としては異様な観すらある破格な優遇を受けながらも『ひばりくん』を中断し、未完のまま放り出してしまう。

以降作品の発表の場を「フレッシュジャンプ」に移し、『江口寿史の日の丸劇場』(単行本は『寿五郎ショウ』として発売)の連載をはじめる。この作品によって以降の江口漫画の主流となる「一話完結のショートギャグ」というスタイルを確立する。『日の丸劇場』の連載終了の翌月より同誌において、作者唯一のストーリー物の連載作品『「エイジ」』の連載を開始。第一部が終了した時点でいったん筆を休め、翌月から再びギャグ連載である『ラブ&ピース』の連載を開始するが2回で終了。

この頃より集英社との専属契約を終了しフリーに。「weekly漫画アクション」(双葉社)で『エリカの星』、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で『パパリンコ物語』と他社での連載を始めるが、いずれも途中で投げ出す。その中にあって1986年から『日の丸劇場』と同じ形式で「月刊ASUKA」(角川書店)で連載された『江口寿史のなんとかなるでショ!』だけは、落稿も1回に止め、円満終了を迎える。

1988年より「アクション」において、『日の丸劇場』、『なんとかなるでショ!』と同様のスタイルで『江口寿史の爆発ディナーショー』を連載。1992年に本作の単行本によって文藝春秋漫画賞を受賞する。なお、この受賞の際に選評で選考委員長の加藤芳郎に“久々の大型新人”扱いされたという逸話がある。

1989年4月~9月には、FM東京系の深夜放送番組スーパーFMマガジン「NORU SORU」のパーソナリティーを務める。

1990年、交際を続けていた元アイドル水谷麻里と結婚(江口は2度目)。

この頃より、イラストレーターとしての仕事が増え、徐々に仕事の中心がイラストの方へと移って行く。

1995年は「COMIC CUE」の編集の仕事があったとはいえ、発表された漫画は合計でわずか14ページであり、漫画家として事実上廃業状態となる。

しかし、1998年より「アクション」誌上において『キャラ者』の連載を開始し、連載漫画家としての復帰を果たす。毎週1ページと短く休載も多いながらも、途中で投げ出される事なく続き、掲載誌を「weelkyぴあ・関東版」(ぴあ)に移した後2008年6月まで連載され、彼にとって最長の連載期間となった。

2003年より放映を開始したテレビアニメ『無人惑星サヴァイヴ』にキャラクター原案で参加。

2004年12月より「イブニング」にて月1連載の『寿丼」が始まるも、3回にて休載。作者のホームページでは体勢建て直し中との事であったが、イブニング編集部より連載終了が正式に公表されている。

2008年7月より「A-ZERO」にて『ゼロの笑点』を連載。月刊誌でなおかつオールカラー4ページ漫画ではあったが、2009年6月の休刊まで休載がなかった。

遅筆・放棄[編集]

江口は遅筆な事で有名であるが、遅筆のエピソードとしては、「ジャンプ」の愛読者賞用の作品『POCKY』が、途中からネーム状態のまま掲載されるというものがある。そして遅筆の結果、印刷に間に合わずに落稿する事も多く、当初から不定期掲載を謳った連載も多い。

また、無事に連載が終了されている作品の多くが一話完結方式で連載されていたもので、いつでも最終回とする事ができた作品が多いのに対し、連載による継続したストーリー展開を必要とした作品については円満に終了された作品はほぼ皆無である。

1996年、『週刊ヤングジャンプ』で連載した『ラッキーストライク』にいたっては僅か3回で放棄した。

代表作の1つである『ストップ!! ひばりくん!』は長期の中断を経て、『ストップ!! ひばりくん! コンプリート・エディション』(小学館クリエイティブ刊 全3巻)において、27年越しで完結した[2]


未完のまま放棄された作品[編集]


作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • ◎:連載作品(年度は連載開始年)
  • 《収録短編集》■:GO AHEAD!!/□:寿五郎ショウ/◆:なんとかなるでショ!/◇:爆発ディナーショー/▼:お蔵出し/●:THIS IS ROCK!!/★:自選傑作集/▽:犬の日記、くさいはなし、その他の短篇/☆:青少年のための江口寿史入門/※:単行本未収録
  • 連載作品についた□・★・☆については作中の何編かが収録されている事を示し、全編を収録している訳ではない
  • 《短編集以外への収録短編》1:『すすめ!!パイレーツ』に収録/2:『ひのまる劇場』に収録/3:『なんとかなったワケ!』に収録/4:KAWADE夢ムック『総集編江口寿史』に収録/5:『江口寿史の正直日記』に収録/6:吾妻ひでお著『うつうつひでお日記DX』に収録
1977年
  • 恐るべき子ども達■
  • 8時半の決闘1
  • プロレス風雲録2
  • すすめ!!パイレーツ
  • 2100年宇宙ベースボール■
1978年
1979年
  • 桜の花サイタ?■
1980年
  • GO AHEAD!!■
1981年
1982年
  • SPACE PIRATES▼
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
  • 武蔵野日記▼
  • 不治は日本一の病◆
  • だからいったじゃないの◆
  • うしろにだれかが立っている▽
  • 江口寿史の正しい漫画のかき方教室▼
  • 加山美香ちゃん(17歳)が晃司について語ってくれた二、三の事情●
1988年
1989年
  • Red Monkey Yellow Fish●
1990年
  • イーぢゃないかっ!3(『その後のわたしたち』▽)
  • バカッチ野球軍▼
  • KV-201XR◇★☆
  • 立ち喰いソバ屋のケンちゃん▼
  • 「エイジ」'85▽
1991年
  • 「エイジ」2◎
  • 命、果てるまで●
  • GOGO!! フリッパーズ●
  • 岡村靖幸ライブレポート●
  • カサブタ君▼
  • 日本フェ○○○振興会▼
  • BOXERケン
1992年
  • ヌードラマ▼
  • 最終家庭教師●
  • 今月のお買い物◎
  • 江口寿史のBAHO LIVE見聞録●
1994年
  • 犬の日記▽
  • Denny's Comic◎▽
  • BAHO HAPPENINGS▽
  • 真夏の夜の夢▽
  • P男■
  • 小山田系▽
  • くさいはなし▽
1995年
  • 民翁▽
  • 絶食▽
1996年
1998年
  • HOMERUN CATCHER(原作:高田嘉)◎※
  • サインはY▽
  • 火の玉ボーイとワシ▽
  • キャラ者
  • うなじ4
  • 岡本綾☆
2001年
  • マフラーズ(原作:一条マサヒデ)※
2002年
* 平成大江戸巷談 イレギュラー(原作:椿屋の源)◎※
2003年
  • 今日までそして明日から4
  • ラーメン漫画大全 みんなのラーメン※
  • マフラーズ(原作:一条マサヒデ)※
  • イソノの嫁(漫画アクション No.39)※
2004年
  • 寿丼◎※
  • 御一行様※
  • ゲームする女(週刊ファミ通832号)※
2005年
  • 金沢日記5
2007年
  • ご近所探検隊リターンズ 闇太郎で呑む※
  • ハタチの頃とかなんとか…※
  • ぬいぐるみお父さんのホケン劇場!!(Web漫画,@nifty保険アドバイザー)◎※
2008年
  • うつうつひでお日記を読む6
  • ゼロの笑点◎※

単行本[編集]

ワイド版、文庫版などの同一内容の再版本は割愛

  • ケンとエリカ
  • 犬の日記、くさいはなし、その他の短編
  • キャラ者
  • 青少年のための江口寿史入門 A Young Person's Guide to Eguchi Hisashi
  • なんとかなったワケ!
  • 江口寿史 JUMP WORKS
  • 文藝別冊 KAWADE夢ムック総集編江口寿史
  • 江口寿史の正直日記
  • ラーメン道場やぶり
  • 江口寿史のお蔵出し 夜用スーパー

デザイン[編集]

ジャケットイラスト(音楽)[編集]

イラスト集[編集]

  • NO MATTER(1988年)
  • ILLUSTRATION H(1991年)
  • EGUCHI HISASHI WORLD 1980s(1995年)
  • EGUCHI HISASHI WORLD 1990s(1995年)
  • ポストカードブック ONLY IN DREAMS(1996年)
  • 江口寿史 ストリップショウ H(1999年)
  • 江口寿史 スクラップブック E(1999年)
  • 素顔 Sugao -美少女のいる風景-(2004年)
  • WORKs EH 95-08(2008年)

アート関連の本[編集]

  • 江口寿史監修ポーズ集・基本編(1994年)
  • 江口寿史監修ポーズ集・動き編(1995年)
  • 江口寿史監修ポーズ集・日常編(1995年)
  • 江口寿史監修ポーズ集・カップル基本編(1996年)
  • 江口寿史監修ポーズ集・カップル日常編(1996年)
  • 江口寿史監修ポーズ集・二人のポーズカラー版(2001年)
  • 江口寿史の塗り絵(2008年)

江口が影響を受けた漫画家[編集]

アシスタント[編集]

逸話[編集]

  • 高校1年のとき吉田拓郎を知ってフォークに夢中になりマンガは描かなくなった[4]。しかし、ギターが上達せず音楽はあきらめ、19歳の時、初めて本気で漫画家になろうと決意したという[4]。江口は「マークII」(1985年)という吉田拓郎に心酔する高校時代の自身を描いた短編を書いているが[5]、2010年のレコード・コレクターズ増刊「日本のフォーク/ロック アルバム・ベスト100 1960-1989」で、私のベスト1レコード/CDに、吉田拓郎のアルバム元気です。』を挙げ、「このレコードとの出会いがなかったら今の自分はないという意味で断然1位であります」と記している。[6]
  • 佐野元春は同い年ということもあり、江口が敬愛するミュージシャンの一人でもある。また対談したこともあり、佐野から「江口さんもきっと僕と同じように何かと戦っているんだと思う」と言われ、江口が答えに困ったというエピソードがある。
  • 『ひばりくん』連載時、「今度締切を守れなかったら坊主頭になります」と宣言したが、案の定締切は守れず坊主頭になったことがある。
  • 『ストップ!!ひばりくん!』の劇中には江口本人である江口"Candy"寿史(えぐち キャンディ ひさし)なる人物が登場した。
  • 漫画でも自身が遅筆であることを自虐したネタを描くことが多々ある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『KAWADE夢ムック 別冊文藝 総特集江口寿史』巻末略年譜(河出書房新社、2003年)による。
  2. ^ “先ちゃん27年越しで最終話描く。「ひばりくん」完結”. ナタリー. (2010年2月27日). http://natalie.mu/comic/news/28357 2010年2月27日閲覧。 
  3. ^ 水俣市の観光をPRするラッピング列車が運行を開始しました。水俣出身の漫画家江口寿史さんのイラストが車体に描かれています。是非、ご乗車してみてください!
  4. ^ a b ココロの旅 | 関西テレビ放送 KTV 2011年8月9日放送
  5. ^ 江口寿史のお蔵出し、1994年4月、自著、イーストプレス、p13-27に収録
  6. ^ レコード・コレクターズ増刊「日本のフォーク/ロック アルバム・ベスト100 1960-1989」、2010年11月、ミュージック・マガジン、p41