望月峯太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
望月 峯太郎
本名 望月 峯太郎
生誕 1964年1月29日(50歳)
日本の旗 日本 神奈川県
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1985年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 バタアシ金魚』全6巻
座敷女』全1巻
ドラゴンヘッド』全10巻 他
受賞 第21回講談社漫画賞
(『ドラゴンヘッド』)
第4回手塚治虫文化賞優秀賞
(『ドラゴンヘッド』)
公式サイト ⓜminetarodotjp
テンプレートを表示

望月 峯太郎(もちづき みねたろう、1964年1月29日 - )は、日本漫画家神奈川県横浜市出身。男性。『東京怪童』以降、ペンネームを望月 ミネタロウに改名。

略歴[編集]

東京デザイナー学院卒業後、グラフィックデザインの仕事を始める。漫画家を目指したのは高校時代に友人の漫画が入賞したのを見たからであるらしく、本人も漫画少年であった。1985年に『週刊ヤングマガジン』にてデビュー。同年、『バタアシ金魚』を連載。

この時期はニューウェーブ作家として注目される。『ヤングマガジン』を中心に活躍。その作風は後の漫画家にも大きな影響を与えた。映像化されることが多い漫画家で、『バタアシ金魚』、『ドラゴンヘッド』、『鮫肌男と桃尻女』が映画化され、「お茶の間」はテレビドラマ化されている。

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

外部リンク[編集]