片腕マシンガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
片腕マシンガール
The Machine Girl
監督 井口昇
脚本 井口昇
製作総指揮 ジョン・シラベラ
出演者 八代みなせ
川村亮介
音楽 中川孝
撮影 長野泰隆
編集 田辺賢治
製作会社 日活
Fever Dreams. LLC
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年5月23日
日本の旗 2008年8月2日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

片腕マシンガール』(かたうでマシンガール)は、井口昇監督のスプラッター映画。

低額予算でのB級映画ではあるが、随所に斬新なカット、表現、コミカルなシーンが見られ、海外および国内でカルト的な人気を博している。国内ではロードショー公開されていないが、ゆうばり映画祭や各地のレイトショーで上映された。

なお、日活の作品ではあるがアメリカの映画会社が出資したため、邦画ではなく洋画扱いとなっている。


ストーリー[編集]

忍者服部半蔵の子孫であるというヤクザの息子、木村翔をリーダーとするいじめグループによって弟である日向ユウを殺された女子高生日向アミが復讐に挑む。弟の殺害を隠そうとした翔の舎弟とその両親に復讐を果たすなどいじめグループを追いつめて行くアミであったが、いわゆるモンスターペアレンツと呼ばれるいじめグループメンバーの両親に左腕を天ぷら油で揚げられ火傷を負い、その上、忍びこんだ屋敷で木村の両親に捕まり拷問をうけ左腕を失ってしまう。アミは同様にいじめによって息子を失った若い夫婦の杉原スグル、ミキ夫妻に助けられ、その自動車修理工場で腕にマシンガンを装着される。襲ってくる忍者たちによって、修理工の夫は殺されるが、ミキとアミはマシンガンをかかえて再び復讐に立ち上がる。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:井口昇
  • 音楽:中川孝
  • 撮影:長野泰隆
  • 編集:田辺賢治
  • イラスト:江口寿史
  • VFXスーパーバイザー:鹿角剛司
  • アクション監督:鈴村正樹
  • アクションコーディネーター:園村健介
  • 特殊造型監督:西村喜廣
  • 特殊メイク・造型:石野大雅
  • エグゼクティブ・プロデューサー:ジョン・シラベラ
  • プロデュース:羽山陽子、千葉善紀、中村聡
  • 配給・宣伝:スポッテッドプロダクションズ
  • 配給協力:インターフィルム
  • 宣伝協力:バイオタイド
  • 製作:Fever Dreams.LLC
  • 製作プロダクション:日活

受賞[編集]

  • 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第34位

外部リンク[編集]