世田谷文学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 世田谷文学館
Setagaya Literary Museum
施設情報
正式名称 世田谷区立世田谷文学館
愛称 世田谷文学館
専門分野 世田谷区に関連した文学資料
館長 菅野昭正
事業主体 世田谷区
管理運営 公益財団法人せたがや文化財団
建物設計 杉村憲司
開館 1995年4月
所在地 157-0062
東京都世田谷区南烏山1-10-10 
位置 北緯35度40分1.4秒 東経139度36分32.1秒 / 北緯35.667056度 東経139.608917度 / 35.667056; 139.608917
アクセス 京王線芦花公園駅
ウェブサイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

世田谷文学館(せたがやぶんがくかん)は、東京都世田谷区南烏山にある博物館で、1995年東京23区初の近代総合文学館として開館した。運営は、公益財団法人せたがや文化財団東京都道311号環状八号線(環八通り)と蘆花恒春園の近くに位置し、隣には、ウテナ創設者久保政吉の旧邸宅がある。

概要[編集]

地上2階の構造。展示室は1・2階にある。展示室は2階のほうが広い。年に数回企画展示があるが、どちらの階で行うかはその都度違う。また、常設展示も企画展示次第で場所が変わる。

展示室の他に、1階には世田谷区ゆかりの書物を中心に約8万点を所蔵するライブラリーがある。また、オープンスペースの文学サロンがあり、ここでは映画会やコンサートが開催される。他には、喫茶室などを備えている。2階には、展示室の他に講義室がある。

沿革[編集]

  • 1995年平成7年)4月 - 開館。
  • 2005年(平成17年) - 10周年を機に常設展示リニューアル。

ムットーニのからくり箱[編集]

常設展示は世田谷区にゆかりのある展示を中心に行っているが、展示室入口付近にムットーニ製作のからくり箱が3つあり、これらは1時間毎に稼動している。2007年にも、「ムットーニのからくり書物」と題した企画展が行われたことがある。

利用案内[編集]

  • 京王線芦花公園駅より徒歩5分
  • 開館時間・休館日・料金その他の利用案内は、公式サイトを参照のこと。

関連項目[編集]

  • 佐伯彰一 - 初代館長(1995年4月 - 2007年6月)、名誉館長
  • 菅野昭正 - 第2代館長(2007年6月 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]