水谷麻里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水谷 麻里(みずたに まり、1971年7月18日 - )は、1980年代後半に活動した日本の元女性アイドル歌手。本名、江口 葉子(えぐち ようこ)。旧姓:水谷。

愛知県津島市出身。現役時代の所属事務所はサンミュージック、レコード会社はビクター音楽産業(現在:ビクターエンタテインメント)。堀越高等学校卒業。

略歴[編集]

1985年資生堂主催の「'86ミスヘアコロン・イメージガール・コンテスト」に応募、10月26日に中野サンプラザで行われた全国大会で54,129名の中からグランプリとなる。このコンテストでは酒井法子がBOMB賞を得て、デビューのきっかけを作る。カラスの鳴き真似が得意で、コンテストでも演じ、これが審査員に大受けした事から“鶴の一声”ならぬ“烏の一声”でグランプリを獲ったと評される。

1986年3月21日、「21世紀まで愛して」で歌手デビュー。

デビュー年はアイドルブーム真っ只中で、年末には銀座音楽祭メガロポリス歌謡祭新宿音楽祭日本レコード大賞など多くの音楽祭が行われており、山瀬まみポピンズ真璃子少年隊らと各新人賞を争い、彼らと共に多くの新人賞を獲得する。

歌手デビュー1年目は、可愛らしさのみを前面に立てた典型的なアイドル曲を、どちらかといえば線の細い歌唱力で歌っていた。1987年1月に発売した4thシングル「春が来た」から歌唱が一変、見違えるように声が太くなり歌が安定する。またこの頃からバックコーラスとして“あしたの黄色をつかみ隊”(後のPumpKin)を従えるようになる。以降、「不思議路線」と銘打ってハイテンションで意味不明な暴走パワーに満ちたシングルを連発する。

1987年秋、雑誌の対談をきっかけに、デビュー前からファンだった漫画家江口寿史との交際が親密化し、次第に芸能活動への熱意を失う。そして1988年3月25日に東京・こまばエミナースで行われたコンサートを最後にメジャーの芸能活動を休止する。その後は地元向けのDJやCMの仕事を続け、1990年に江口と結婚し、芸能界を完全に引退した。

作品[編集]

シングルは1986年から1988年までに8枚発売され、オリコンチャートでは内4枚が連続でベスト10入りした。最高位は「乙女日和」「春が来た」「ポキチ・ペキチ・パキチ」の週間売上9位。また、アルバムはオリジナル3枚、ベスト盤が2枚発売されている。

シングル[編集]

  1. 21世紀まで愛して (1986年3月21日) 作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:船山基紀
    (c/w) 銀のロケット
  2. 地上に降りた天使 (1986年7月1日) 作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:大谷和夫
    (c/w) 幸福になろーね
  3. 乙女日和 (1986年9月25日) 作詞:松本隆 作曲:筒美京平 編曲:武部聡志
    (c/w) 幻のユリ
    「乙女日和」のイントロとアウトロは、2010年7月まで、福島県民放テレビ局福島テレビ(FTV)の「FTVお天気情報」のオープニング・エンディングのBGMにて使用されていた。
  4. 春が来た (1987年1月1日) 作詞:松本一起 作曲:佐藤健 編曲:鷺巣詩郎
    (c/w) 待ちぼうけばかり
  5. ポキチ・ペキチ・パキチ (1987年4月8日) 作詞:松本一起 作曲:佐藤健 編曲:戸塚修
    (c/w) ミラーボールのためいき
  6. バカンスの嵐 (1987年7月16日) 作詞:尾関昌也 作曲:井上ヨシマサ 編曲:戸塚修
    (c/w) 灼熱…ドキュメント
  7. メビウス天国 (1987年10月21日) 作詞:尾関昌也 作曲:国安わたる 編曲:入江純
    (c/w) 乱気流
  8. 春休み (1988年3月2日) 作詞:サエキけんぞう 作曲:平井夏美 編曲:川上了
    (c/w) 音姫リバティー <銀色夜叉>

アルバム[編集]

  • なかよし(1986年8月21日)
    (地上に降りた天使 / 風になりたい / パステルの雨 / なかよしNo.1 / 21世紀まで愛して / ウ・ラ・ラ亡命 / スプーン&ナイフ / サニーサイドVSムーンサイド / 愛こがれる 50's / I Still Love You)
  • ほがらか(1987年2月5日)
    (春が来た / ハートを狙うキューピッド / あやしい… / 独りぼっちのマリ / 待ちぼうけばかり / 乙女日和 / ハロー!ス・キ! / 赤いジェラシー / IZAYOI小町 / 夢で逢いましょう)
  • あしたの黄色をつかみたい(1987年8月21日)
    (君のヒトミは・よいところ / アステリスクでいっぱい / Misty Rain / ダリア畑でつかまえて / ポキチ・ペキチ・パキチ / バカンスの嵐 / 明日の黄色をつかみたい / ミントあじSummer Boy / もっとハリケーン / Forever)
  • PICNIC(1987年12月16日)ベスト + 未発表2曲
    (21世紀まで愛して / 地上に降りた天使 / 乙女日和 / 春が来た / ポキチ・ペキチ・パキチ / バカンスの嵐 / メビウス天国 / KI・RA・KI・RAぱにっく / 悲しみNO GAME / 落葉のグラビテーション)
  • コレクション(2004年2月21日)ベスト、全シングルAB面 + アルバム選抜2曲
  • 水谷麻里ゴールデン☆ベスト(2009年9月16日)コンプリートベスト、引退後初の本人インタビューによる、セルフライナーノーツ封入

参加作品[編集]

  • ぴーひょろ一家(1987年11月21日) - 姫木薫理原作コミックのイメージアルバム、ボーカル1曲2バージョン(オリジナルと応援隊)収録。曲名は「KIRAKIRA ぱにっく」。(オリジナルバージョンはPICNICに収録)

イメージビデオ[編集]

  • きまぐれ天使(1987年3月5日)

写真集[編集]

  • 水谷麻里マガジン M-3(1987年4月20日発行、近代映画社
  • 水谷麻里写真集 思いがけないことしたら…(1988年4月19日発行、リイド社

出演[編集]

ラジオ
テレビドラマ
映画
CM
その他

外部リンク[編集]