岡村靖幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
基本情報
別名 岡村ちゃん、岡村くん、オカムリン、磯野栄太郎
出生 1965年8月14日(48歳)
出身地 日本の旗 日本, 兵庫県神戸市
血液型 B型
学歴 新潟県立新潟東高等学校中退
ジャンル J-POPロックR&Bファンク
職業 シンガーソングライターダンサー
音楽プロデューサー
活動期間 1985年 (1986年) - 2003年
2003年 - 2005年
2007年 - 2008年
2011年 -
レーベル エピックソニー
(1986年 - 2003年)
ユニバーサル
(2004年 - 2008年)
V3 Record / disk union
(2011年 - )

プリンス

岡村 靖幸 (おかむら やすゆき、1965年8月14日 - )は、日本シンガーソングライター音楽プロデューサー兵庫県神戸市生まれ。血液型B型。愛称は岡村ちゃん

経歴[編集]

1965年8月14日神戸市で生まれる。エールフランスに務めていた父親の仕事の関係で、幼少時代は大阪府ロンドン福岡県太宰府市新潟県東京都などを転々とし、小中学校だけで計7回転校している[1]

中学時代の文化祭で初めてのライブを経験する。楽曲は自身によるオリジナルで、友人3人と共に教室で披露した。本人曰く「まあ普通のフォークソングで、今は聴きたくないほど稚拙な作品[1]」。このライブが予想外にうけたことをきっかけに、本格的に音楽へと目覚めていく。

新潟県立新潟東高等学校在学中から音楽活動を始める。機材を買い込みオリジナル楽曲の制作にのめり込んでいく一方で、市内のナイトクラブでハコバンのベーシストを務めるアルバイトも経験した[1]。尚、高校は3年生の時に中退する。将来何になるかで迷い、可能性の無いものからチャレンジしようとレコード会社デモテープを持参し、19歳で作曲家としてデビューする。以後、渡辺美里吉川晃司鈴木雅之らに楽曲を提供。渡辺美里のレコーディングコーラスで参加中、空き時間に踊っていたダンスをプロデューサーに「輝いてる」と見初められたことがシンガーとしてのデビューにつながる。

1986年12月、シングル「OUT OF BLUE」にてデビュー。日本武道館で行われた「TBS開局35周年記念・アニバーサリーロックフェスティバル」のイベントがデビューライブとなり、白井貴子TM NETWORK渡辺美里と共演した。その後コンスタントに5枚のアルバムを発売する。

1987年、広島ピースコンサートでは、親友の尾崎豊との共演を実現。ふたりで岡村の楽曲「Young Oh! Oh!」を熱唱した。同年8月22日には熊本県・南阿蘇アスペクタにてオールナイトコンサートイベントBEATCHILDに出演。ここでも尾崎豊渡辺美里と共演した。このイベントの模様は2013年に記録映画として全国にて期間限定劇場公開された。

1989年7月、渡辺美里西武球場コンサート“SUPER Flower bed BALL '89”にゲスト出演。1990年 、『Peach-どんなことをしてほしいのぼくに』で映画初主演し、金山一彦と共演(この時代はチェッカーズの「TAN TAN たぬき」や吉川晃司の「すかんぴんウォーク」のように歌手が主演する映画が多く作られていた)。

1996年、しばらくの数年間、メディアから離れ、他のアーティストへの楽曲活動が中心となる。川本真琴のデビュー曲『愛の才能』の作曲編曲プロデュースを行い、コーラスも担当。その後西田彩栞黒田倫弘megのデビュー曲を手がけるほか、CHARA「レモンキャンディ」(2001年)やSOPHIA「HARD WORKER」(2002年)、ajapai feat.Yasuyuki Okamura「DAI-SHA-RING」(2002年)など、楽曲提供を行う。

2002年、朝日美穂カーネーション直枝政太郎(現:直枝政広)が主体となって岡村に影響を受けた若いアーティストらで作られたトリビュートアルバム「どんなものでも君にかないやしない」が発表された。さらに朝日、直枝によるカバーシングル「だいすき/あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」も発売される。石野卓球とのコラボレーション「come baby」を発表。

2003年1月、石野卓球とのユニットのシングル「New Wave Boy」を同年2月19日、アルバム『THE ALBUM』を同年3月19日にリリースとの発表が一部で行われたが、直後に発売中止となる(その後、『THE ALBUM』はシングルのカップリング曲をボーナストラックとして収録し、同年12月17日に発売された)。2003年2月 エピックソニー25周年記念コンサート「LIVE EPIC 25」に出演が決定したが、チケット発売後に「レコーディングの都合」で出演をキャンセル。

実際は、岡村自身が覚せい剤を所持・使用していたとして覚せい剤取締法違反で逮捕された為、スタッフ間で協議された結果出演が見送られた。翌月2003年3月には東京地裁に於いて懲役2年・執行猶予3年の有罪判決を受ける(この事件は2005年の再犯時に公表されている)。

2003年夏、野外ライブ「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003」でライブ活動を再開。秋には全国ツアー「フレッシュボーイTOUR」公演。2004年夏、シングル発表。昨年同様夏の野外ライブ数ヶ所に出演。秋には約9年ぶりのオリジナルアルバム『Me-imi』を発表。全国ツアー「Me-imi TOUR」公演。対談本『純愛カウンセリング』を出版。2004年11月12日、TBS『筑紫哲也 NEWS23』の「金曜深夜便」では、8年半ぶりに生放送で「ア・チ・チ・チ」「聖書〈バイブル〉」の2曲を披露した。

2005年4月、渋谷区のレコード店内のトイレで覚醒剤を使用。数日後、警察官の職務質問で薬物検査を受けた際に発覚。後日、所属事務所に契約終了を申し出て了承される。2005年5月、所属事務所との契約終了によってファンクラブ「DATE」閉会、オフィシャルサイト閉鎖。同月20日、覚せい剤取締法違反(使用)で逮捕、起訴される。2005年10月21日、東京地裁懲役1年6ヶ月(求刑懲役2年)の実刑判決(執行猶予期間中の再犯により猶予取り消し)。同日、ファンサイトに本人からの謝罪文が掲載される。

出所(2007年10月発行『BARFOUT!』誌(幻冬舎)2007年11月号によると、2006年末)後の2007年3月18日、小林武史が主催するap bankのイベント「AP BANG! 東京環境会議 vol.1」にて復帰、「カルアミルク」「ア・チ・チ・チ」「聖書(バイブル)」「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」の4曲を披露。[2]

2007年9月5日、新曲『はっきり もっと 勇敢になって』発売。10月19日、TBS「NEWS23 金曜深夜便」にて岡村靖幸特集『覚せい剤との決別…歌手・岡村靖幸の生きる道』放送。3月以降の活動の模様やインタビューのほかに、ゴスペルアレンジのピアノ弾き語りで『はっきりもっと勇敢になって』を披露。

2007年10月24日、『Me-imi 〜Premium Edition〜』発売。10月26日から全国ツアー「岡村靖幸TOUR '07『告白』」公演。11月14日、名古屋にてツアー最終日(Zepp Nagoya)。前夜の大阪公演での負傷により公演延期。左腸脛靭帯断裂で全治2か月。その翌日、オフィシャルサイトに『岡村靖幸TOUR '07「告白」11月14日(水)名古屋公演に関するお詫びとご報告』が掲載される。同時に、左腓腹筋筋挫傷により休業加療約60日間を要すとの診断書も公開。

2008年2月5日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で3度目の逮捕。オフィシャルサイトに岡村靖幸コンサート事務局、岡村靖幸ファンクラブスタッフによる謝罪文が掲載される。「岡村靖幸TOUR '07『告白』」の追加・振替公演は中止、発足間もないファンクラブ「DATE」は解散となる。5月2日、東京地裁で初公判、求刑懲役2年6ヶ月。5月8日、懲役2年の実刑判決。2010年2月中頃、出所 。

2010年5月7日、自身のMySpaceに「パラシュート★ガール」のデモ音源がアップロードされる。[3]

2011年5月11日、SWEET LOVE SHOWER 2011への出演を発表。6月17日には2枚のリアレンジアルバム発売とライブツアーの実施を発表し、本格的に活動を再開することになった。同時に覆面DJユニット「OL Killer」を結成し、様々なイベントに参加。

2011年8月28日、公式サイトがプレオープンし、スタッフによるツイッターアカウントも開設された。新曲「ぶーしゃかLOOP」を無料配信。

2011年9月7日から東名阪ツアー「2011 岡村靖幸LIVE『エチケット』」公演。

2012年1月10日から全国ツアー「岡村靖幸 LIVE TOUR 2012 『エチケット+』」9カ所12公演。

2012年2月15日、廃盤となっていたアルバム6作品がBlu-spec CD仕様でリマスタリング再発。

2012年6月1日、公式ファンクラブ「DATE」が、モバイルで復活。

2012年6月13日発売のMEGのシングル「TRAP」(作詞MEG  作曲岡村靖幸 編曲 大沢伸一)に参加。

2012年7月11日発売のベースボールベアのミニアルバム「初恋」に収録された「君はノンフィクション」(編曲、プロデュース)に参加

2012年9月17日から東名阪ホールツアー「岡村靖幸 LIVE TOUR 2012 『スポーツ』」公演。

2013年3月15日から全国ツアー「岡村靖幸 LIVE TOUR 2013 『むこうみずでいじらしくて』」公演。

2013年10月2日、前作から7年ぶりとなるシングル「ビバナミダ」リリース。 2014年1月放送のテレビアニメ『スペース☆ダンディ』の主題歌に起用され、アニメスタッフによるPVも制作された。

2013年10月16日から「岡村靖幸 LIVE 2013 『アイボリー』」2カ所3公演。追加1公演。

2013年10月30日発売の木村カエラのアルバム「ROCKS」にカバー曲「TAKE ON ME」(演奏、編曲、プロデュース)に参加。

2013年12月18日発売の「大貫妙子トリビュートアルバム」に「岡村靖幸+坂本龍一」名義で「都会」(ボーカル、編曲、プロデュース)で参加。 

2013年12月18日発売のカーネーション・トリビュート「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」で「学校で何おそわってんの」(ボーカル、編曲、プロデュース」で参加。

2014年1月29日から「ビバナミダ(スペース☆ダンディ盤)」が iTunes StoreAmazon.comレコチョクmora など国内外の主要配信サイトより世界一斉配信。

2014年4月2日 シングル「愛はおしゃれじゃない」リリース。Base Ball Bear(BBB)の小出祐介 & 漫画家 久保ミツロウとのトリプルコラボレーション。

2014年4月6日から全国ツアー「岡村靖幸 LIVE TOUR 2014 『将来の夢』」5カ所6公演。追加2公演。

2014年8月30日 スペースシャワー主催の夏フェス「スイートラブシャワー」出演

2014年9月13日 氣志團万博2014 に参加。


人物[編集]

  • 中高生時代はバスケットボール部に所属しており、岡村の楽曲にもバスケットボール部の事を反映したフレーズが歌われている。
  • かつて同じレーベルに所属していた大沢誉志幸松岡英明、岡村と同年で且つ同じミュージシャンである吉川晃司尾崎豊等と親交が深い。
  • 妹が一人居る。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  リリース日 タイトル 規格 規格品番 備考
1st 1986年12月1日 Out of Blue 7Inch 07・5H-329
2nd 1987年3月5日 Check Out Love 7Inch 07・5H-340
3rd 1987年5月21日 Young oh! oh! 7Inch 07・5H-356
4th 1987年7月21日 Dog Days 7Inch 07・5H-366
5th 1988年2月1日 (7Inch)
1988年2月26日 (CD)
イケナイコトカイ 7Inch
8cmCD
07・5H-407
10・8H-3006
6th 1988年4月21日 SUPER GIRL 7Inch
8cmCD
07・5H-3025
10・8H-3025
アニメシティーハンター2」エンディングテーマ
7th 1988年9月21日 聖書 (バイブル) 8cmCD 10・8H-3058
8th 1988年11月2日 だいすき 8cmCD 10・8H-3074 HondaNEW today」CF曲
9th 1989年4月21日 ラブ タンバリン 8cmCD 10・8H-3104
10th 1989年12月21日 友人のふり 8cmCD ESDB-3070
11th 1990年2月21日 Peach Time 8cmCD ESDB-3075
12th 1990年7月21日 どぉなっちゃってんだよ 8cmCD ESDB-3128
13th 1990年10月10日 あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう 8cmCD ESDB-3145
14th 1990年12月1日 カルアミルク 8cmCD ESDB-3177
15th 1991年7月25日 ターザン ボーイ 8cmCD ESDB-3232
16th 1992年10月21日 パラシュート★ガール 8cmCD ESDB-3332
17th 1995年10月21日 チャーム ポイント 8cmCD ESDB-3620 NHK-FMミュージック スクエア』オープニングテーマ
18th 1995年12月23日 Peach X'mas 12cmCD ESCB-1711
18th再発 1996年11月21日 Peach X'mas 12cmCD ESCB-1847 完全生産限定盤
19th 1996年12月1日 ハレンチ 8cmCD ESDB-3734
18th再発 1998年12月2日 Peach X'mas 12cmCD ESCB-1921 完全生産限定盤
20th 1999年11月20日 セックス 12cmCD ESCB-2056
21st 2000年4月19日 真夜中のサイクリング 12cmCD ESCB-2097 初回紙ジャケット仕様
22nd 2000年6月21日 SexeS 12cmCD ESCB-2151 初回紙ジャケット仕様
23rd 2001年3月28日 マシュマロ ハネムーン feat. Captain Funk 12cmCD ESCB-2223
24th 2004年5月19日 モン・シロ 12cmCD UICJ-5033
25th 2004年7月28日 ミラクルジャンプ 12cmCD UICJ-5035 フジテレビ系 『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』エンディングテーマ
26th 2007年9月5日 はっきりもっと勇敢になって 12cmCD UMCK-5182
27th 2013年10月2日 ビバナミダ 12cmCD XQME-1001 テレビアニメ『スペース☆ダンディ』主題歌 
28th 2014年4月2日 愛はおしゃれじゃない 12cmCD XQME-1002 Base Ball Bear小出祐介 & 漫画家 久保ミツロウとのトリプルコラボレーション

オリジナルアルバム[編集]

  1. yellow(1987年3月21日)
  2. DATE(1988年3月21日)
  3. 靖幸(1989年7月14日)
  4. 家庭教師(1990年11月16日)
  5. 禁じられた生きがい(1995年12月13日)
  6. Me-imi(2004年9月1日)

ベストアルバム[編集]

  1. 早熟(1990年3月21日)
  2. OH! ベスト(2001年3月28日)

セルフリミックスアルバム[編集]

セルフリアレンジアルバム[編集]

その他アルバム[編集]

BOX[編集]

  • 岡村ちゃん大百科(2005年3月16日)
  1. 『yellow』から『禁じられた生きがい』までのオリジナルアルバムに加え、ライブ弾き語り集、カップリング集、ビデオクリップなどを収録。完全限定生産盤。
  • 20世紀と伝説と青春(2012年12月19日)
  1. 『Love φ Sex '88 DATE』から『ファンシーゲリラ』までのライブDVDにボーナス映像を加え、さらに主演映画『Peach –どんなことをしてほしいのぼくに』、ビデオクリップなどを収録したDVD-BOX。完全限定生産盤。

VIDEO/DVD/Blu-ray[編集]

  • Date In Short Pictures
  • Date Love & Sex 88
  • It's A Peachful World
  • Peachどんなことをしてほしいのぼくに
  • PeachTime
  • Peach Show 89
  • Live家庭教師'91
  • ファンシーゲリラ Video Shop 92
  • Symposium
  • Me-imi Tour 2004
  • エチケットLIVE2011(初回限定盤には3曲のボーナストラックと安斎肇デザインTシャツが付属、ブルーレイも同時発売)

提供曲[編集]

  • 渡辺美里
    • GROWIN' UP(1985年 作曲、コーラス)
    • すべて君のため(1985年 作曲)
    • Lazy Crazy Blueberry Pie(1985年 作曲、編曲、コーラス)
    • Bye Bye Yesterday(1985年 作曲)
    • Long Night(1986年 作曲)
    • 素敵になりたい(1986年 作曲、コーラス)
    • 19才の秘かな欲望(1986年 作曲)
    • Resistance(1986年 作曲)
    • 悲しき願い (Here&There) (1986年 作曲)
    • みつめていたい (Restin'InYourRoom) (1986年 作曲)
    • A Happy Ending(1986年 作曲)
    • Lovin' You(1986年 作曲)
    • Half Moon(1986年 作曲、編曲、コーラス)
    • シャララ(1988年 作曲)
    • 19才の秘かな欲望 (The Lover Soul Version) (1988年 作曲)
    • 跳べ模型ヒコーキ(1989年 作曲)
    • 冷たいミルク(1989年 作曲)
    • 虹をみたかい(1989年 作曲、編曲)
    • 虹をみたかい (Honey-bee Version) (1990年 作曲、編曲、コーラス)
    • 虹をみたかい (tokyo mix) (1990年 作曲、編曲、コーラス)
    • はだかの気持(1991年 作曲、編曲、コーラス)
    • 泣いちゃいそうだよ(1992年 作曲)
    • ジャングルチャイルド(1993年 作曲、コーラス)
    • BIG WAVEやってきた(1993年 作曲)
    • 若きモンスターの逆襲(1993年 作曲、コーラス)
    • さえない20代(1993年 作曲)
  • 吉川晃司
    • 奪われたWink(1986年 作曲)
  • 鈴木雅之
    • 別の夜へ〜Let's go〜(1986年 作曲)
  • 川本真琴
    • 愛の才能(1996年 作曲、編曲、コーラス)
    • FRAGILE(2000年 作曲 磯野栄太郎と明記)
  • 西田彩栞
    • どうなっちゃってるの どうだっていいんじゃない(1998年 作曲、編曲)
  • 黒田倫弘
    • スリルバカンス(2000年 作曲)
  • CHARA
    • レモンキャンディ(2000年 作曲)
  • meg
    • スキャンティブルース(2002年 作曲)
    • TRAP(2012年 作曲)
  • SOPHIA
    • HARD WORKER(2002年 編曲、プロデュース)
  • デーモン閣下
    • SING LIKE A HUG(2003年 作曲、編曲)
  • 櫻井敦司
    • SMELL(2004年 作曲、編曲)
  • 朝日美穂
    • 秘密のフランボワーズ(2004年 作曲)
  • FREENOTE
    • 遥かへのスピードランナー(2004年 作曲)
  • HALCALI
    • ストロベリーチップス(2005年 リミックス)
  • 桜塚やっくん
    • あせるんだ女子は いつも 目立たない君を見てる(2007年 作詞、作曲、編曲)
    • かめれおんガール(2007年 作曲、編曲)
  • XA-VAT
    • NUMANS-ROXETTE by YASUYUKI OKAMURA(2010年 リミックス)
  • 一青窈
    • Lesson(2012年 作曲、編曲、プロデュース)
  • 在日ファンク
    • 爆弾こわい 岡村靖幸REMIX(2012年 リミックス)
  • Base Ball Bear

書籍[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]